無料ブログはココログ

August 22, 2016

多彩な色に光る単一分子蛍光物質

岐阜大、多彩な色に光る単一分子蛍光物質を開発

岐阜大学は2016年8月3日、単一の蛍光発光分子でありながら、酸を添加することで蛍光色が変化する蛍光物質を開発したと発表した。特定の酸との混合比を調整することで白色蛍光も可能。将来的には、有機EL照明や有機ELディスプレイ、重金属などを検出するための化学センサーチップなどへの応用が期待される。

 これまで研究グループは、硫黄原子と複数の窒素原子を導入した低分子有機化合物群(アミノチアゾール)のうち、五員環のある特定の位置に窒素原子を導入した新たな蛍光化合物を開発した。五員環の部分と窒素原子が導入された部分が大きくねじれた特徴的な分子構造を持ち、ここに異なる置換基や元素を組み込むことで、蛍光色を青色から赤色まで制御し得ることを明らかにしている。

 今回、この新たな蛍光化合物の特定の部位に、塩基性官能基を導入することで、酸を添加することで発光色を微調整できる物質を構築した。具体的には、青色蛍光化合物に塩酸を加えていくと、青色の蛍光が徐々に消え、代わって黄色の蛍光を示す。酸の選択によっても蛍光色が異なる。

Gifu_03

岐阜大学のお知らせ

村井利昭教授らのグループだそうです。

村井教授らは,この新たな蛍光化合物の特定の部位に塩基性官能基を導入することで,単一の蛍光発光分子でありながら,酸の添加という操作により発光色を微調整し,多彩な発光を実現できる系を構築しました。具体的には,青色蛍光化合物に塩酸を加えていくと,青色の蛍光は徐々に消え,代わって黄色の蛍光を示します。酸の選択によっても蛍光色が異なります。さらに,ある特定の酸との混合比を調整することで,たった一つの分子からなる,白色発光も実現しました。蛍光灯は,赤,緑,青色の組合せで白色発光を達成しています。それに対して,二色を組合せて白色発光を実現することもできます。その一つが青色と橙色です。ここでは先の当量比の微調整で,もともと青色発光化合物だったものの一部が,酸の作用で橙色発光化合物に変化し,これらで白色発光に至っています。  この化合物の蛍光は酸と塩基の中和反応に由来するため,酸を加えて発光色を作成した後に,塩基を加えると,もとの青色発光色が再現されます。

特許もたくさん出されております。
最新公表分がこれ。

【公開番号】特開2014-196290(P2014-196290A)

【発明の名称】新規複素環化合物及びそれを含む有機薄膜
【出願日】平成26年3月6日(2014.3.6)
【優先権主張番号】特願2013-44941(P2013-44941)
【優先日】平成25年3月7日(2013.3.7)
【優先権主張国】日本国(JP)
【出願人】国立大学法人岐阜大学
【発明者】芝原 文利
【発明者】村井 利昭

アマサイはディスプレイに採用されることを期待しています。
小型であったなら実用化の道はあるんじゃないでしょうか。

しかし、発行物質はどれも青色を出すのが難しいようですな。

関東だけでなく、地方の大学も世界的研究を目指していてうれしいです。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 17, 2016

ジャパンディスプレイの行方はいかに?

JDI「革新機構から支援の確約」 有機EL強化めざす

中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は9日、筆頭株主の政府系ファンド、産業革新機構から、金融支援を含む全面的な支援の確約を得たことを明らかにした。液晶に代わって需要の伸びが見込まれる有機ELパネルなどへの投資に備えて財務体質を強化するため、機構に金融支援を要請していた。今後、機構から数百億円規模の支援を受けるとみられる。

JDIの本間充会長は9日開いた2016年4~6月期決算の記者会見で、産業革新機構への金融支援要請について、「機構から全面的に支援していくとのコメントを得ており、慎重に協議を行っている」と語った。今後、機構の出資を軸に調整が進むとみられる。

主にスマートフォン向け液晶パネルを製造するJDIが金融支援を要請したのは、主要顧客である米アップルが、17年以降に発売するスマホ「iPhone(アイフォーン)」の新型機に、液晶だけでなく有機ELのディスプレーを採用するとみられていることが大きい。JDIには有機ELの量産実績がなく、生産設備を整えるには数千億円規模の投資が必要になる。

だが、JDIの業績は足もとで悪化している。iPhoneを中心とする高価格帯スマホの売れ行きが世界的に鈍り、液晶パネルの売り上げも落ち込んだためだ。この日発表した16年4~6月期の売上高は1743億円と前年同期と比べて29・2%減。営業損益は、前年同期の22億円の黒字から34億円の赤字へ転落し、2四半期連続の営業赤字となった。純損益も117億円の赤字だった。

えっ~、大丈夫なんすかねえ、やっちまった感満載なすけど(もやもやさまぁ~ず風ナレーション)

JDI創立時からナマ暖かく見守ってきたアマサイでござる。

JDIと言えば、ソニーモバイルディスプレイ株式会社、東芝モバイルディスプレイ株式会社、株式会社日立ディスプレイズの3社の寄せ集め事業統合で電子立国日本をの復活をめざし、、、うぅぅ、書いてるだけで苦しくなってきた。ソニーも東芝もだめな子ちゃんになった今、なにに希望を見出せばいいのやら。
エルピーダとは違う、と言われてもね。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/523360.html

とにかくこれ以上日本技術に汚点をつけないでもらいたい。

このメーカー各社のもっさり感はなんなのだろう。//人気ブログランキング(自然科学)に投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 12, 2016

JPEGにまつわるいろいろ話

JPEGはなぜここまで普及したのか? ~専門家に聞いてきた~
9回 WebPへの見解とお金にまつわる困難

連載9回目ということだそうだ。

答えているのは拓殖大学電子システム工学科・渡邊修准教授

――JPEGほか現状Web閲覧に使われている画像形式にかわる新たなものとして、GoogleがWebPという新方式を出しています。これについて、JPEG団体内で話題になったことはありますか?

はい、あります。Googleが何かやろうとしているなということで、会議の中で話に上がりました。性能表を見る限り、JPEG 2000ほどではないがJPEGよりきれいで、JPEG 2000より処理が高速である、というような内容でした。

――企業主導のフォーマット開発も注視されているんですね。

はい、JPEGとしてはWebPのような新しい規格は気にしています。Web向けの画像フォーマットなのでメインの用途とは違うとは思うのですが、ある一企業が考えたフォーマットというのは、やはりその他の会社は使いにくいため、閲覧以外の用途での広がりは難しそうに感じました。JPEGから置き換えるのではなく、各種画像をWebPに変換する方法をGoogleのほうで考えるという流れの方が自然に思います。

Googleがどんなに特許料を取りませんと宣言していたとしても、後から撤回されるリスクはぬぐいきれない。怖くて手が出せないというのがあります。

――やはり特許料の問題は非常に大きいのですね。

JPEGはロイヤリティーフリーをポリシーにしているのですが、参加企業に対して「もしそれに従うのが嫌だったら、使用料の徴収を宣言してください」と明示しているんです。ただ、各社とも色々な思惑がありますから、すんなりとは出てこなかったりしますが。

そのような不確定な状態の技術が採用された方式ですと、カメラメーカーが採用することは難しいと思います。今は日本くらいしかデジカメを作っている国はないので、もしかしたら個別にアプローチされて各社に請求が行くかもしれない。ステートメントを出さないということは、「技術の利用料を取られるかもしれない」ということなんです。

(JPEGの)会議には会社を代表してやってきている人が集まっているわけなので、逐次会社との確認が必要になるため、その場で解決に向かう話し合いはなかなか進まないですね。こういうところが、標準規格の規格化プロセスの難しさのひとつだと思います。

そうだね、JPEGはいくつかある画像規格のうちの一つだった。どうしてここまで標準規格になったのか不思議と言えば不思議だ。

その経緯を10回にわけて話しておられるわけだが。

JPEGはパテントプールの案件だと思っているのだが、
ぐぐったら出てきた。

『パテントプールを巡る諸課題に関する調査研究報告書』

平成25年2月 株式会社 三菱総合研究所 JPEGに関しては、日本企業が中心となってパテントプールを構築した。技術会議の議長がロイヤリティフリーの案を提示した。しかし、「無償」は料率のベンチマークとは成りえない。本来は無償ではなく、ライセンサー/ライセンシーが利益を皆享受できる状況を作ることを目指したいと考えている。

ふーむ、まだ特許権問題は解決してないわけだな。
で、Googleが何か悪さ?を案じていると。

いやいや、標準規格の問題は油断できませんな。
これからもウォッチしていこう。

拓殖大学のHPなんだかさっぱりしすぎてるな。もうちょっと情報を書き込めばいいのに。//人気ブログランキング(自然科学)に投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 09, 2016

ディベート甲子園2016

ディベート甲子園の審判に行ってきました。

---------------------------

第21回 全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園) 
主催
読売新聞社、全国教室ディベート連盟

協賛
パナソニック、日本テレビ放送網

特別協力
立教大学

後援
文部科学省

開催日
2016年8月6日(土)~8日(月)

場所
立教大学 池袋キャンパス 5号館 (東京都豊島区)           

http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/

論題
中学校の部
「日本は地方公共団体の首長の多選を禁止すべきである。是か非か」
・ 人物が同一地方公共団体で通算3期以上、首長に就任することを禁止する。

高校の部
「日本は国民投票制度を導入すべきである。是か非か」
・ここでいう国民投票制度とは、18歳以上の有権者の署名により、法律の制定、改正、廃止に ついて請求する制度とする。
・投票の結果は法的拘束力を持つものとする。
-----------------------------------------
7日の中日です。8日最終日準決勝に行く学校を決める大事な日です。

私は高校の部の2試合をジャッジしました。

●予選リーグ第3試合
・肯定側:岡山県立岡山大安寺中等教育学校(岡山県・初出場)
・否定側:青山高等学校(三重県・初出場)
両方とも初出場とは思えない素晴らしいスピーチデリバリーでした。
岡山県の学校はなんと4人とも女子一年生です。来年、再来年には決勝リーグに出てくるのではないでしょうか。
立論はどちらも良いできでしたが、メリットの民意の反映よりデメリットの政治の質の低下の方が大きく取れてしまいました。国民はムードに流されやすい、カルフォルニア州の国民投票の結果のように財政破綻をもたらす、などの方がインパクトがありました。

●決勝リーグ
・肯定側:広島学院高等学校(広島県・4年連続4回目)
・否定側:創価高等学校(東京都・21年連続21回目)

高校ディベートの老舗・創価高校の登場です。
広島学院はプランに「税制・外交は取り上げない」「100万人以上の署名が必要」などを追加して、デメリットをブロックしていました(スパイクプランといいます)。
これに創価はどう対応するのか。
質疑で肯定側に「民意とは何か、国民が良いと言えば良い」のかとしつこく訊いていました。否定側はプラン後プロの官僚が決めている政策を素人の国民が決めるので政治の質が下がると説明していました。ここでもカルフォルニア州の例を取り上げています。これは税制の変更も含まれています。肯定側がそれをつくと「税制だけでなく、補助金に関しても同じロジックが使える、国民は自分の利益になる方に投票するのだ」と反駁していました。これも普通ならなかなか通りにくい議論ですが、21年の経験値(OBからいろいろ教えてもらうので)がものを言いました。

審判タイムの時、票は割れて、断然否定側という話でもなく、肯定側にも見るべき点はあったと思います。結局、創価高校は準決勝選ベスト4に入りました。

この試合と試合の間に中学生の試合を見学に行ったのですが、どちらも議論が拮抗し、私が見ても判断が難しかったです。松本茂先生が主審を勤め、どちらもうまく議論を主張し反駁していたと講評していました。負けた学校の子は泣いていましたね。

うっうっ、おばちゃんも悲しいよ、両方勝ちにしてあげたい(;_;)。

ここ2,3年で中学も高校も格段にうまくなっています。情報がうまく循環しているのでしょうか。私でもあのようなスピーチをできるかどうかわかりません。

酷暑の日曜日、爽やかな試合に触れられてよかったです。
(*^_^*)

ご注意:試合の内容はうる覚えで書きましたので正確でないかもしれません。

おばちゃんもディベートがんばるよぉ。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 05, 2016

ビッグデータの可視化

膨大な論文や特許の引用関係に着目し分析 将来、成長領域となり得る技術を早期に発見

2015.07.07森純一郎=東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻 特任講師 2万3319の論文を分析対象に、相互の関連性を示す引用関係に着目して「知識」の関係性を可視化した。まとまった研究領域を色付きのクラスターとして抽出し、キーワードや出版年から成長性も予測できる。

 技術の細分化や分野を横断したそれらの技術の融合が急速に進み、研究開発のサイクルが早まる中、企業の技術開発投資において将来を見通すための予測活動は一層困難になりつつある。そんな困難な問いに応える研究が、東京大学大学院工学系研究科の坂田・森研究室で行われている「学術・産業技術俯瞰システム(以下、俯瞰システム)」だ。全世界の膨大な学術論文や特許のデータを分析して抽出した「知識」の関係性を可視化することで、将来的に成長領域となる可能性のある技術を早期に発見することを支援する、いわば技術開発投資先を見つけるための地図のようなものだ。

 論文や特許には相互の関連性を示す引用関係が存在する。俯瞰システムではこの引用関係に着目し、膨大な論文や特許の大規模な引用ネットワークを構築してネットワーク分析を行う。さらにテキストマイニングやデータマイニングなどの技術を用いて、個々の論文や特許に対してテキスト分析を行い、対象技術領域の知識の関係性を自動的に抽出する。
(中略)
技術開発投資の調査のため、数万の論文を人手で読むことは現実的ではないが、俯瞰システムを用いれば対象領域の全体像を容易に俯瞰できるとともに、近年成長している技術も特定できる。政府あるいは企業において、技術ロードマッピングやホライゾンスキャニングのような未来予測を行う場合、通常は専門家の合議など人知に基づく。一方で、膨大な論文や特許データから導き出された俯瞰マップが示すものは、学術・産業技術の知識の客観的な地図であるとも言える。

同じような研究をしている人、去年のテキストマイニング研究会でもいた。

この手のものは、可視化できたから何!という問いに答えねばなあ。

私もビッグデータを可視化することはこの一つのテーマでは有り得るんだけど。

使い方が難しいですな。

それよりなにより、「日経ビッグデータ」というコラムがあることにびっくりです。
なんと月刊誌もあったのですよ、奥さん
http://business.nikkeibp.co.jp/bigdata/

日経デジタルマーケティングの姉妹誌ね、なるほど。

人工知能が病気直した、みたいな話はただ今調査中です。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 02, 2016

生体システムビッグデータ解析、だそうです。

早稲田大学に「産総研・早大 生体システムビッグデータ解析オープンイノベーションラボラトリ」(CBBD-OIL)を設立
-情報解析技術の高度化で生体システムの理解と制御を目指す-

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)は、平成28年7月29日に「産総研・早大 生体システムビッグデータ解析オープンイノベーションラボラトリ」(AIST-Waseda University Computational Bio Big-Data Open Innovation Laboratory; CBBD-OIL)を早稲田大学【総長 鎌田 薫】(以下「早大」という)と共同で設立しました。産総研のオープンイノベーションラボラトリ(OIL)は、産総研の第4期中長期計画(平成27年度~31年度)で掲げている「橋渡し」を推進していくための新たな研究組織の形態で、CBBD-OILがその第四号案件となります。また、CBBD-OILは私立大学と共同で設立する初めての組織となります。

 現在、世界中でバイオ分野に情報技術を組み合わせることで、医薬分野をはじめ食品分野、化学品分野など多岐にわたる産業への応用が期待されています。最近では実験技術や機器の進歩が加速し、細胞単位、生体単位、集団単位と様々なレベルにおけるDNA、RNA、タンパク質といった様々な階層の生命データが指数関数的に増加しています。これらの増加しつづける生命データを有効に活用し、生命・医薬・健康分野の産業に役立つ知見を創出するためには、迅速に結果を示すことが可能な最適な情報解析技術を開発しなければ、世界的にも競争の激しい医薬品産業・健康産業においてアドバンテージを取ることはできません。

 早大は、一細胞単位での挙動を解析するシングルセル解析において日本最大の技術を蓄積しており、人の腸内フローラ(細菌叢)や海洋生物(カイメン等)の共生・共在細菌群のゲノム全部を網羅的に測定するメタゲノム解析や、臓器等の生体組織から微量組織の連続的近接接取技術をシングルセル解析と組み合わせて、新しい生命データ創出に向けて世界をリードする基礎研究を行っています。また、超高速シーケンサーデータの情報解析技術やRNA配列からの機能・構造・相互作用予測に関する情報解析技術にも秀でています。一方、産総研は、大規模なゲノム配列を高速・高精度に比較し、遺伝子の持っている機能や疾病要因となっているゲノム上の変異等の知見を効率的に見出す情報解析技術や、疾患にともなって後天的に起こるゲノム修飾の異常を高精度に検出する情報解析技術を有し、これらの技術は世界有数のレベルにあります。また、システムズバイオロジー的なアプローチとして、遺伝子発現データ等の数値データから細胞内での遺伝子同士、タンパク質同士の相互作用を推定するネットワークモデリング情報解析技術の研究開発実績が多くあります。

Soudai_sansoken

なんだか、よくわかんないけど、札束が飛んでる感満載w
「バイオ分野に情報技術を組み合わせる」っていうからアマサイのケンキューとも関係あるのかな。
(アマサイの場合、研究といえるほどのことはしてないので、カタカナで表示しています)

でも、こんな多岐にわたった研究4年くらいでできるのだろうか。これは10年経たないと結果がでないんではないかな。

そのうち中間発表とかあると思うのでそれを待ちましょう。

この程度で世界一位になれるんでしょうか。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 30, 2016

『百合子さんの絵本 ~陸軍武官・小野寺夫婦の戦争』

NHKドラマ『終戦スペシャルドラマ 百合子さんの絵本 ~陸軍武官・小野寺夫婦の戦争』をみました。

http://www4.nhk.or.jp/yurikosan/

Yurikosannnoehonn

昭和16 年―
小野寺百合子(薬師丸ひろ子) は、陸軍武官としてストックホルムに駐在していた夫・信(香川照之) がいるスウェーデンに旅立った。到着したその日から、百合子は夫が入手した極秘情報を暗号化し日本の参謀本部に送る毎日を過ごす事となる。夫婦共同で諜報作業にあたり、機密を守るためだった。
外出の時には必ず見張りがつき、子供の命が危険にさらされる緊張の日々が続いた。百合子は母としての悲痛な気持ちを押し殺し電文を送った。そんなある日、信はヤルタ会談で交わされた連合国の密約の存在を知る。それは「ソ連ガ対日参戦ヲ決メタ」というもの。日本の敗戦を決定づける極秘情報だった。
百合子は、この情報を本国が受け取ればきっと和平に動くと信じ打電し続けた。しかし、小野寺夫婦の情報はついに活かされる事なく、原爆が投下され、日本は敗戦を迎える…。

戦後、百合子は『ムーミンパパの思い出』など児童文学の翻訳に携わる。一方、信は戦時中の事には堅く口を閉ざし、無念の思いで日々を過ごしていた。夫にかつての誇りを取り戻して欲しいと願う百合子は、自分たちはもう1度、過去と向き合うべきだと語る。信は、消えた電文の行方を探る決意をする。
戦争の最前線を生きた稀有な女性の姿を通して描く、夫婦の愛の物語。

日米対戦を食い止めようとした人々がいるとは聞いていましたが、小野寺夫妻のことは初めて知りました。

やっぱり、米国との戦争は避けるべきだ、敗戦は目に見えていると、わかって情報を送り続けた人がいるのですね。

日本でもヒトラーを英雄視されていたのですね。ドイツ、イタリアと同盟を結べば、日本は勝てる、と信じていたようです。
ドイツに駐留している外交官が百合子にいいます。
「日本に必要なのは、米国に勝つための方策です。軍が喜ぶような情報を流すようご主人を説得してください」
小野寺は、日本は戦争を続けてはいけない、終戦にもっていくべきだという情報を日本に送り続けています。小野寺は正確な情報を渡しているのに。
百合子は答えます。
「私は軍人の娘であり、軍人の妻ですが、戦争は嫌いです。日本は一刻も早く戦争をやめるべきです」

小野寺夫妻が日本に打電した情報を軍の上層部によって握りつぶされ、東京大空襲、原爆投下へと進んできます。

情報戦で負けたら、勝てるわけないのになあ。
日本は後進国だったのだな。

今は情報先進国であると信じています。

戦争はノリでやるものではないのだよ。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 29, 2016

日本医療研究開発機構(AMED)の行方

【生かせ!知財ビジネス】AMEDの役割と戦略(上)
【生かせ!知財ビジネス】AMEDの役割と戦略(下)

サンケイビズの知財記事はいつもたしたことないのですがw、読んでみました。

安倍晋三首相と甘利明前健康・医療戦略担当相の肝煎りで昨年春に誕生した日本医療研究開発機構(AMED)が1年を経過。文部科学、厚生労働、経済産業の3省に分散していた健康・医療関連研究を統合し、早期に戦略的な出口に結びつけて社会実装し、競争力強化を図るのが狙いだ。初代AMED知的財産部長の天野斉氏(経産省特許庁出向)に聞いた。

--AMED知財部が健康・医療関連研究に関する実質的な知財戦略の司令塔になるのか

 「AMEDは実施機関の位置付けで、国全体の知財戦略を作る立場にはない。それは首相以下、全閣僚からなる健康・医療戦略推進本部の下にある健康・医療戦略室が所管する。同室に知財政策の専門家がいないためAMEDの行うべき知財戦略や支援について準備組織段階からさまざまな施策案や資料を提案し採用されている。発信源の一つであることは確かだろう」

--具体的にはどういう案が出されているのか

 「健康・医療戦略推進本部が策定する医療分野研究開発推進計画には、集中的かつ計画的に実施すべき施策として知財マネジメントの取り組みを掲げてある。これだけでは十分ではなく当然さらに充実させていく必要があり、検討を進めている。知財部で調査・分析する中で出てきた課題などをAMEDの執行役会で議論をしている」

なんだ、実施集団じゃないのか。能書きたれてるだけか。


--日本の医薬・医療機器分野の知財のレベルは

 「産業としては貿易赤字の状態で、医療分野研究開発推進計画でも2020年に向けて輸出倍増などの改善目標が示されている。年間約30万件ある国内特許出願のうち医薬は2500件、医療機器関連は1万件だがライフサイエンス・臨床医学分野の論文は年間3万数千件あり、引用件数も多く、世界トップクラスと考えてよい」

まあ、世界レベルでいけば上位であることはたしかですが、トップクラスと言い切ることには抵抗があります。



--基礎研究力が産業競争力に反映されていない

 「日本の製薬会社は基礎研究を控え、その部分はアカデミアに期待しているところがある。過去10年に米国で承認された医薬品の約60%は大学・研究機関とバイオベンチャー由来の研究だが、日本では20%もない。日本のアカデミアを活用する伸び代は大いにある」

だって、日本はベンチャー企業を育てないんだもん。そこを内閣府機関でどうにかしてくれないとね。アメリカ―自体ザ・ベンチャーだから日本はまだまだだにゃー


--産学での意思疎通はさらに重要になる

 「そうだ。しかし最近、医療機器などの開発で、企業と連携している病院からは、製品開発におけるニーズ提供の対価として報酬を支払うべきとの声が高まってきた。ニーズに対する解決策を出した人は特許がとれ、企業は製品化で利益を得ているからだ」

病院と企業というと癒着の方がきになりますが。

AMEDという機関を作ったことは評価できますが、何かよい効果は出るでしょうか。
生暖かく見守りたいと思います。

アマサイはこの分野の特許事情を生半可知っているだけに忸怩たる思いです。。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 27, 2016

ロボット工房のらとりえ

日曜日に行った博物ふぇすてぃばるでこげなストラップを購入しました。

Strap

どうよ、どうよ、胸熱ものでしょうがっ!

これは、ロボット工房のらとりえさんが出店していたのです。
http://noratelier.cart.fc2.com/

Noratorie

このような電子おもちゃ的なものや定規なども売っていました。

まだ既成商品は少ないですが、いろんなものを作ってほしいですね。

夏休みなので電子工作教室なども開かれるようです。

またぜひ伺いたいです。

Twitterアカウント @noratelier

アマサイもラズパイ買って自分でいろいろ作りたい!//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 24, 2016

博物ふぇすてぃばる

博物ふぇすてぃばる、なる催し物に行ってきました。
http://hakubutufes.com/

Hakubutsufes

理系の聖地、丸の内公園の科学技術館で7/23,24の二日間やっていました。

Hakufesu_kaijou

その名の通り、博物学のいろいろなグッズが展示販売しています。
科学技術館の4エリアでやっていたので、結構大がかりな催しです。

Twitter仲間のうっちーさんが出店しているというので私も見てきたのです。

Ucchy

うっちーさんとその仲間、看板娘たちです。

Goods

細胞拡大図クリアファイルとMaxwell方程式のTシャツをゲットしました。

生物関係が多いようです。
竜骨についてのプレゼンを見ました。

Ryuukotsu

一日いても飽きないですね。
来年も行きたいです。

物理グッズが少ないので自分で物理屋をやろうかな。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 21, 2016

ARMの真実?

「次のパラダイムシフトであるIoTに賭けた」、孫社長がARM買収の理由を説明

「次のパラダイムシフトであるIoT(インターネット・オブ・シングズ)に将来を賭けた」。ソフトバンクグループの孫正義社長(写真1)は2016年7月18日(英国時間)、英ロンドンで記者会見を開き、英ARM Holdingsを約240億ポンド(約3.3兆円)で買収する理由などを語った。

 孫社長はソフトバンクグループが、テクノロジーの大きなパラダイムシフトが始まる初期に、必ず大きな投資をしてきたと説明する。PCが登場した1980年代にはソフトウエアの流通会社としてソフトバンクを起業し、PCインターネットが登場した1990年台半ばには米Yahoo!に出資。PCブロードバンドが登場した2000年代始めには「Yahoo! BB」を開始し、モバイルインターネットが登場した2000年台半ばには英ボーダフォン日本法人を買収した。

孫社長はIoTがこれらに匹敵するパラダイムシフトだと主張し、「(スマートフォンなどの)モバイルだけでなく、家電、自動車、インフラストラクチャーなどあらゆるモノに半導体が搭載されるIoTの時代に、ARMプロセッサの出荷個数や売り上げは爆発的に増加する」として、ARM買収を決断したと述べた。


孫のおぢちゃんは言うことが一々大げさですな。
こういうのはパラダイムシフトとは言わない。

ARMほどの優良企業、買えるもんなら買いたいというのが企業家の本音でしょう。

英国のEU離脱とは関係ないと言っておられます。
そりゃそうです。あれは誰も予想だにしなかったのですから。
EUにあろうとなかろうとARMの価値は変わらないと思いますよ。

しかし、ARMが買収に応じたというのが不思議です。ソフトバンクの傘下に入ると何か得なのでしょうか。

欧米の企業家は良い値であれば会社をうっぱらうことはなんでもないので、大した理由はないのかしら。

ARMがどういう企業かしらない人はいないと思いますが備忘録的に。
ソフトバンクが大枚をはたいた「ARM」はどんな企業か--そのスマホに“ARMの技術あり”

アマサイも大株主になって配当でくらしていきたいなあ。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 18, 2016

『俳都松山キャラバン2016in新宿』

7月17日に
「夏目漱石没後100年記念 俳都松山キャラバン2016in新宿~十七音が景色を変える~」
という催しに行ってきました。

Haito2016_04

Haito2016_01

あのプレバトで有名な夏井いつき先生の講演を聞きたかったのです。

お話自体は、俳句甲子園など松山市の俳句流布の取り組みに関してでした。

松山俳句甲子園


俳句ポスト365

結構おもしろかったのはその後の俳句トーナメントでした。
2人が交互に俳句を作ります。
第一句はあらかじめ決めます。
今回は正岡子規の句の中から選ばれました。
その中で、
・季語は除いて、
・その句の中の名詞を一つ以上使って一句詠みます。
後手の人は先手の句を同じように名詞を使って一句読みます。

Haito2016_2


Haito2016_03


それぞれの句を審査員が10段階評価します。
三句づつ読んで、合計点の大きい方が勝者です。
時間制限とか細かいルールはまだあるのですが、
要は即興俳句大会です。

終わったあとの審査員の評価がおもしろかったです。

同じ句なのに4点をつける人もいれば8点を入れる人もいます。

評価の言葉も真っ二つです。
「非常にまとまってすっきりした句」
「何を意図して詠んだのか、私にはわからない」

ある意味、審査員の感性も問われると思いました。

夏井先生のあの毒舌から俳句に興味を持っていましたが、自分でもやってみたくなりました。

炎天下句を詠む男女に風そよぐ

夏井先生に「才能なし」と言われそうです(^_^;)


ワードパワーをつけるために俳句をやろう!//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 17, 2016

映画『海よりもまだ深く』

映画『海よりもまだ深く』を見てきました。


Umiyorimomadafukaku


筋書きらしいものは特にありません。

篠田良多こと阿部ちゃんは、元小説家の探偵事務所勤務。典型的なダメ男。ギャンブル好きで、仕事も大してできない。妻であった真木よう子に離婚を突き付けられ、一か月に一度息子に会うのが唯一の楽しみ。それも元妻から、養育費も払えないでいつまで経ってもいい加減な人、と叱られます。父が亡くなって、一人暮らしをしている母・樹木希林の住む団地に足を向けるようになります。

樹木希林と息子は、祖母・孫として良い関係を保っています。それをきっかけになんとか真木よう子とよりを戻せないかと策略しています。

アマサイも団地で育ったので、樹木希林の住む団地は懐かしい風景です。
(設定では清瀬市の旭ケ丘団地になっています)
ああ、私の住んでいたのもあんな感じだなあ、と安心感を覚えます。

劇中で阿部ちゃんが母の作った何か液体を冷凍したようなものを食べます。
「なに、これ、固すぎるよ、スプーンがはいらねえじゃん」
「あら、ちょっと固すぎたかしら」
「それにさあ、なんか臭うよ、冷蔵庫にへんなもの入れてんじゃねえの」
「そんなことないわよ」
「第一さあ、カルピスの味しねえじゃん」

ああ、カルピスを薄めて凍らしたやつか、うちでもよくやったな。
アマサイは3人兄弟なので、夏にカルピスを買っても1本すぐになくってしまいます。
母はいくらあっても足りないとあまり買ってくれませんでした。

なんてことを思い出しました。

阿部ちゃん、樹木希林、真木よう子、小林聡美など、アマサイの好物俳優ばかり出ているのでこれを見逃すわけにはいきません。

是枝ワールドは最高ですね。


今度は何を観に行こうかな?//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 15, 2016

女性がいなければ技術立国にはなれない。

元エンジニア、現中央大学理工学部教授・竹内健さんのブログです。

IoTはおじさんだけの発想では対応できない(2016-07-12)

こうした目標設定が簡単だった時代では、おじさん、と言うと語弊があるかもしれませんが、男性の同じような経験を積んだエンジニア中心の開発でもさほど問題にならなかったのかもしれません。

ところが、IoTでは先ほど述べたように、技術開発の目標を設定する時にも多様な経験が必要ですし、開発チームのメンバのバックグランドも多様性が必要になります。

端的に言って、現在の大手メーカーのように、理工系の大学院・大学を出た男性ばかりが集まり、新卒入社から何十年も同じような職場に居る男性のエンジニア集団だけでは、対応できなくなっているのではないでしょうか。

パナソニックのショウルームでは、実用化前の最先端の技術を展示して、どれが実際に消費者に受け入れられるのか、調査のためにも展示を使っているようで、これはなかなか良いアプローチだと思いました。

開発陣だけでは将来のニーズがわからないのならば、ショウルームで直接消費者の声を聞けば良い、ということです。

また最近、電機メーカーに限らず、色々な業界で、女性社員が提案した商品やサービスが当たった、と聞くようになりました。

特に女性向けのサービスでは、おじさん中心の経営陣には理解されず、女性の消費者に後押しされることで、ようやく社内で認められるようになった、というわけです。

もう何年も前のことですが、東芝のおじさんが奥さんに「家電の提案書を出さなくてはいけない。女性の目線から何かアイデアはないか」と訊いている場面に遭遇しました。

彼女がなんと言ったのか、わかりませんが、一部女性から意見を吸い上げても製品に反映されることはなかったのでしょう。今の東芝を見れば明らかです。

おじさん天国(地獄ともいう)で何十年も成り立ってきたのだから問題はなかったのでしょう。

20年前くらいから綻びがあったのはあきらかですが。

開発に女性はいなくても商品企画部や営業部には女性はいたでしょうに、彼女らを活用できなかったのはなぜでしょう。

国は女性活躍を政策に上げていますが、民間企業が重い腰を上げれば簡単にできることだと思うのです。

まずはメーカーに女性役員がほとんどいないという状況を解消すべきです。社長をまかせてもいいような人材はいくらでもいるはずです。「ガラスの天井」は早くとっぱらってください。

竹内健さんの意見とはちと方向性がちがっちゃいました//人気ブログランキング(自然科学)に投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 14, 2016

放送大学院科目『ことばとメディア』

今学期は『ことばとメディア』という科目を取りました。
もうすぐ試験です。

◆ことばとメディア('13)―情報伝達の系譜―◆

・主任講師
 宮本 徹 (放送大学准教授)大橋 理枝 (放送大学准教授)
・テキスト共同執筆者
 井口篤(慶應義塾大学准教授)佐藤卓己(京都大学大学院教授)


●1 様々な情報伝達メディア
この科目における「情報伝達メディア」の考え方を提示し、各回を担当する講師それぞれが情報伝達メディアをどのように捉えているかを示す。
【キーワード】
情報、伝達、メディア、文字、ことば、媒体


●2 書物の「胚胎」
東洋の代表として、中国における書物誕生以前の状況について述べる。メディアとしての書物が成立するより前、いかなるメディアによりどのような情報伝達がなされたかを考察する。
【キーワード】
甲骨文、金文、口頭言語、書物化、押韻規則


●3 書物の「誕生」
竹簡や帛書から始まった中国における書物化は、やがて紙へとそのメディアを変えていく。その中で誕生した韻書という書物と、それが持つ規範性の変容について考察する。
【キーワード】
紙、反切、五家韻書、切韻、規範性 宮本徹

●4 書物の「成長」
書物が写本から版本へとそのメディアを「成長」させる過程において、書物自身も成長を遂げた。その具体的な様相を切韻系韻書を例に考察する。
【キーワード】
写本、版本、韻書、切韻、広韻


●5 中世ヨーロッパの写本文化
手書きの書物、とくに西洋中世における写本を見ることで、西洋の前近代におけるメディア・情報伝達の特質について考える。
【キーワード】
写本、句読点の導入、音読と黙読、修道院、ラテン語と母語、識字率

●6 メディアとしての大学
大学を知・情報を媒介するメディアととらえ、とくに中世ヨーロッパの大学に焦点を当てて、黎明期にあった大学における情報伝達のあり方について考える。
【キーワード】
大学の誕生、スコラ哲学、自由学芸、12世紀ルネサンス、ジョン・ウィクリフ 井口篤

●7 カトリック教会―神と人のメディア―
中世ヨーロッパにおいて神と人間を媒介するメディアとして機能していたカトリック教会の特質について解説する。とくに説教と演劇について詳しく説明し、これらの情報伝達手段がどのようにして中世ヨーロッパのカトリック信仰を形成していたのかについて概観する。
【キーワード】
カトリック教会、説教、演劇、プロパガンダ、検閲、正統信仰の統制 井口篤


●8 印刷文化とヨーロッパ
15世紀後半にヨーロッパにおいて導入された印刷技術が初期近代ヨーロッパの社会にどのような社会的・文化的影響を及ぼしたかについても概観する。
【キーワード】
印刷術、グーテンベルク、母語、識字率、宗教改革、愛国心、ヒューマニズム、ルネサンス


●9 書籍・雑誌 文字情報を大量発信する形態である書籍や雑誌の歴史を振り返りつつ、それらの在り方や影響について考える。
【キーワード】
書籍、雑誌、出版


●10 新聞 幾つかの国における新聞発達の歴史を概観しながら、一元化された情報を紙面上の文字を使って大量に発信する新聞の在り方を考える。
【キーワード】
新聞、文字情報、大量発信、政論、報道


●11 電信・電話
19世紀末期頃以降、電気的な手段による情報伝達の技術が確立され、遠隔・同時・多数への同報、等々、情報伝達は質的に大きな変化を遂げた。有線電信・有線電話・無線電信・無線電話~放送、各々の基本的な構成と技術の特色をを概観し、送り手からの情報を核になる局に集約して受け手に再配信する情報伝達システムの本質を考える。
【キーワード】
電信、電話、有線、無線、放送、局


●12 ラジオ
「声」から「文字」へと発展してきたメディア文化は、電気通信技術を媒介により二次的な「声の文化」を生み出した。この「ラジオ文明」の意義を1920年代の議論から考える。その上で、ラジオが黄金時代を迎えた1930ー40年代を中心に音声メディアにおけることばの政治的機能とその効果を考える。
【キーワード】
ラジオ放送、ラジオ文明、場所感覚の喪失、ラジオ人、ファシスト的公共性、総力戦体制


●13 テレビ
ラジオ放送は国境を越えたが「言葉の壁」までは超えられなかった。音声に映像が加わったテレビにおいて、ようやく「言葉の壁」は絶対的なものではなくなった。しかし、その代わりにテレビ方式による「政治の壁」が立ちはだかっていた。音声と映像が一体化した最後の「国民化メディア」における言葉を教育(国民再生産)の視点で考える。
【キーワード】
テレビ放送、教育型テレビ、一億総白痴化、ビデオ革命


●14 インターネット 電信電話からラジオ、テレビを経てテレ・コミュニケーションはインターネットに到達した。双方向性を重視して公共性を放棄した電話と、公共性を重視して双方向性を放棄した放送は、インターネット時代に再び融合する。情報が瞬時に国境を越える「地球村」において、ソーシャル・メディアと電子書籍の普及とは、ことばと文字テクストにどのような影響を与えるのかを考える。
【キーワード】
WWW、地球村、SNS、ウェブ2.0、ソーシャル・メディア、電子ブックス 佐藤卓己


●15 情報の伝達
「情報を伝達する」ことの意味(歴史的観点、伝達の背後にある意図など)や、文字に記すことの意義と文字に記さないまま伝達することの意義を考えることを通じて、情報伝達媒体としてのことばを考える。
【キーワード】
情報、伝達、メディア、もの、西洋的(キリスト教的)観点、東洋的(儒教的)観点

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

単位は満タンなのですが、ケンキューが理系なもので、文章を書く機会があまりないので、わざと文系で記述式試験のあるやつを取りました。

以前、書いたようにもうメディア系の2科目取っています。それはそれで講師の方々の違った視点で情報学をみることができるのでよいかなと思います。

・水越伸先生『21世紀のメディア論』
http://page-only-one.cocolog-nifty.com/imotora7/2016/01/post-f60d.html

・『情報化社会研究('05)-メディアの発展と社会-』
http://page-only-one.cocolog-nifty.com/imotora7/2008/01/post_78e2.html

最近知ったのですが、この科目は今期でなくなるそうです。
明らかに水越先生のメディア論と重なりますからな。
同じプログラムで多様性は保てていても、他のプログラムとの接触は考慮されていないですな(水越先生のは情報学、これは人文学)。

『情報化社会研究』では「通信指導の添削がなってない!」と怒っていましたが、今回はめでたく「A」をいただきました。

Kotobatomedia

「日本語の表現が若干不正確」と書かれていますが(^^;)
それでも「A」をくれた井口篤先生、らぶ~(。・ω・。)ノ

試験でも「A」を目指すぞ。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 11, 2016

情報アクセスと可視化マイニング

先週の土曜日、人工知能学会の分科会に行ってきました。

勤め人なので、土曜日にやってくれるのはありがたいです。

第13回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング

第13回研究会開催要領 ・日時 2016年7月9日(土)13:00 - 16:50 ・場所 東京大学駒場IキャンパスKOMCEE West レクチャホール


1)時系列データの探索的分析を支援する可視化システム:記事と時系列データのアラインメント方式の提案
 ○内藤 峻(関西大学),古田 遼樹(数研出版),松下 光範(関西大学)

本研究の目的は,ユーザの興味や関心に応じて様々なモダリティの情報へのアクセスを繰り返しつつ時系列データを分析するための支援システムの実現である.著者らはこれまでに,新聞記事と地図,統計データを対象に,ユーザが時系列データの経時的変化とその変化の要因を把握できるようにする可視化インタフェースを提案してきた.本稿では,新聞記事と時系列データのアラインメント方式を提案する.この方式をシステムに組み込むことにより,効率的に時系列データと文章を対応付けることができる.さらに,新たに実装したインタフェースの機能について述べる.


2)レビュー閲覧履歴からの価値観モデリングを用いた情報推薦システム
 ○高間 康史,清水 涼人(首都大学東京)

本発表では,ユーザがレビューを評価した履歴に基づきその価値観をモデリングする手法,およびこれを利用した情報推薦システムを提案する.我々は,ユーザの投稿したレビューから価値観に関するユーザモデルを提案しているが,本発表では閲覧レビューからのモデル構築に拡張することで,価値観モデリングの適用範囲を拡大する.ユーザ実験により,提案する推薦システムの有効性を示す.


3)語の分散表現と上位下位関係 ー研究動向と今後への試案ー
 ○鷲尾 光樹(東京大学)

語の分散表現を用いて,与えられた二語が上位下位関係にあるかどうかを推測するタスクがある.本稿では,古典的な共起頻度ベクトルから上位下 位関係を推測するために提案されてきた方法から,近年の主流である,Skip-gramモデルなどのニューラルネットワークから獲得した分散表現を用 いて語のペアの分類を学習する方法にいたるまでの研究動向を概観し,近年の学習について指摘されている問題点などについて考察する.


<<チュートリアル講演>>

●これから始めるディープラーニング
岡本 一志(電気通信大学)


●よく目にするサポートベクトルマシン,ブースティングって?
小野田 崇(青山学院大学)


東大駒場は何年かぶりに行きましたが、古き良き東京の住宅街といった感じで心地よかったです。帰るころには雨も止み、静かな夏を堪能しました。

1)の発表はアマサイの研究にかかわりがありそうですが、途中から聞いたのでよくかわりませんでした。ふーむ、可視化するのが重要なのか。

推薦システムについてはよく知りません。評価する投稿が10件で十分な解析ができると説明され、ビッグデータを扱うアマサイとしてはうらやましい限りです。

3)はコーパス構築に適用できるのかなと思いました。発表している方も試行錯誤中でまだうまくいっているわけではないようです、というのが質疑応答の時間にわかました。

チュートリアルは正にアマサイが知りたかったことです。レジメが現場で配られたのですが、部数が足りずアマサイはもらい損ねました。人気の講演でありました。早くwebに資料をアップしてほしいです。

アマサイもこういうところで発表できるケンキューをしたいものです。

今度の人工知能はブームでは終わらないかも。//科学ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 10, 2016

大和和紀原画展

池袋の東武百貨店で大和和紀原画展を見てきました。デビュー50周年だそうです。まだ60代後半かしら。『はいからさんが通る』の新作アニメもできるそうです。
・講談社HP
http://comic-sp.kodansha.co.jp/yamatowaki50th/index.html

私ははいからさんも好きですが。
『アラミス'78』
『フスマランド4.5』
『ベビーシッター・ギン!』
などのラブコメディが好きです。

源氏物語の漫画版『あさきゆめみし』も昔描いた『ラブパック』が原点になっているはずです。
今は『イシュタルの娘~小野於通伝~』という連載をしているようです。
時代が戦国時代ということでパラパラと立ち読みをしたのですが、あまり武将の姿はなかったような。
小野於通という人の目線で描いているのであまり出てこないのかな。
和紀さまが描く信長、秀吉、家康をたくさん見てみたいです。

江戸時代だったら、『西むくさむらい』というのがあるんですが。

とにかく会場では和紀さまの画力に圧倒されます。同じ和紀ファンの並々ならぬ熱気も感じます。一枚一枚丹念に見ていきました。

会場では『あさきゆめみし』のカラーページの作成の様子がビデオで流されていました。
うーむ、漫画家はすごい、クールジャパンは職人気質でできています。
50年間、ほとんど描き続けているのでお体が心配です。

まだまだがんばって良い漫画を描いていってほしいですね。

1468151312937

1468151297445

大和和紀は『はいからさんが通る』から長い付き合いです。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 07, 2016

回路基板ぐにゃぐにゃ。

凹凸のある3次元曲面に電子回路を印刷@日経テクノロジー


山形大学の有機材料システム研究施設を筆者は2016年6月に訪問し、その一部を見学した。4回に分けて報告する。第1回目の前回は、山形大学の有機材料システム研究の全体像、および研究施設について有機エレクトロニクスイノベーションセンター「INOEL」と実証実験工房スマート未来ハウス「MIHO」を中心に紹介した。今回は、3次元曲面への電子回路印刷技術について紹介する。

素晴らしい、さすが山形大学だ。

ブランケットと呼ばれる印刷転写材を用いる手法を「オフセット印刷」という。オフセット印刷では、「版の形状と表面」「インクの物性」「ブランケットの表面」「基板の表面」という4つの条件が適切でなければ印刷できない。さらに、それぞれの条件の中には各種物性のパラメーターがあり、その無限大とも思われる組み合わせの中から最適な条件を選び出さなければならない。中でも「インク」と「ブランケット」の相性が成功要因の6割を占めると言われている。

 山形大学有機エレクトロニクス研究センター センター長で卓越研究教授の時任静士氏の研究室では、これまで銀(Ag)ナノ粒子をベースに、デバイスの電極としても、それらを接続する配線としても良好な特性を持ち、かつ印刷特性の良好なインクを開発してきた。しかし、インクの開発だけでは限界があり、インクに最適化できるブランケットの技術が必要であると考え、研究を展開し始めた。 具体的には、柔軟性を維持しつつ、インクの受理をスムーズに行える機械物性と表面物性を両立するソフトブランケットを開発した。

 図1に、ソフトブランケットグラビア(SBG)印刷による曲面への印刷原理を示す。まず凹版にインクを「充填」し、次に凹版からソフトブランケットにインクを「受理」、そしてソフトブランケットから曲面にインクを「転写」する。ブランケットが柔らかいので、曲面に追従する。
Fig1_500


回路をフィルム化できるのはアマサイ的には大賛成!


グラビア版の作製には、空気制圧軸受とリニアモーターを採用した同時5軸ナノメートル制御加工機を用いて、10μm以下の線幅を実現した。この印刷法の適用範囲の現状は、図4の通りである。まだ凸形状への印刷しかできないので、凹形状への印刷も望まれる。また、隣接して凹凸がない場合に限られているが、この制約もなくしたい。想定される用途は以下の通りである(図5)。

・自動車(ワイヤーハーネス代替、曲面センターコンソール)
・ロボット(表面へのセンサーの作り込み)
・新たなデバイスの提案(ウエアラブルデバイス、曲面デバイス)
・3Dプリンター技術との融合(造形+機能性付与)

Fig4_5_500


ロボットや車載機器まで影響を受けるとはアマサイには及びもつかない。
この調子で発展してほしいものである。

これで人工知能が搭載できれば鬼に金棒だ!//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

July 06, 2016

『明解量子重力理論入門 』学習会

放送大学の物理好きの仲間とこの本を学習することになりました。


Mikai


●『明解量子重力理論入門 (KS物理専門書)』
発行:2011年7月26日
著者:吉田 伸夫

----------------------
内容紹介

超ひも理論も、ループ量子重力理論も、第一歩からわかる知的興奮の書!

相対論と量子論を統一することはできるのか? 最先端理論が説く宇宙の過去と未来とは? 近年発展の著しい量子重力理論の最先端を、基礎から明解に説き明かす入門書

第1部 量子重力理論までの道程
第1章 量子論の基本原理
第2章 場の量子化とくりこみ
第3章 時空のゆがみとしての重力
第4章 重力の量子化
第2部 量子重力理論の具体例
第5章 時空構造の極限を求めて――ループ量子重力理論
第6章 素粒子論的アプローチ――超ひも理論
第7章 半古典的取り扱い――ホーキング放射
第8章 宇宙論への応用

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ重力の量子化が困難なのか?量子重力理論は、何を解決しようとしているのか?ループ量子重力理論とは、超ひも理論とは、どのような理論なのか?学部学生程度の物理学から出発し、量子重力理論という最先端へ読者をいざなう、専門書を読む前の、はじめの一歩に最適な入門書。
-----------------------
先日は進行役の方が素晴らしかったので1章を学習し終わりました。
§1 古典物理学と最小作用の原理
§2 不確定性関係と量子論の原理
§3 経路積分の手法
§4 波動関数とシュレディンガー方程式
§5 振動するシステムのエネルギー量子
§6 特殊相対論と場のアイデア

自習では理解できないことがわかるようになり、頭がすっきりしていい感じです。

次回の勉強回を楽しみにしています。

久しぶりに物理帝国主義者としての活動でした。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

March 07, 2016

電子立国日本は崩壊か?

「シャープ身売り」に抱いた違和感 銀行に翻弄、結局「当事者能力ゼロ」 
2016年3月7日(月)井上 理

鴻海によるシャープ買収は、それとは次元の違う話として捉えるべきだろう。もはや鴻海の郭台銘会長を信じるしかないが、この先、シャープの雇用がどうなろうと従うしかない。「雇用を守る」としていた郭会長は既に、「40歳以上のリストラ」を匂わせている。子会社となれば、いかようにも好きに料理できる。

 また、郭会長の辣腕によってシャープのブランドが磨かれようとも、それは台中の栄華を象徴するものとなるだろう。それどころか、投資開発が進み、鴻海傘下の有機EL事業が急成長したら、唯一のディスプレイ国産メーカーとなったJDIすら潰され、日本のディスプレイ産業は息の根を止められる可能性すらある。

韓国のサムスン電子が買われたら…

 だがそれも、仕方のないことかもしれない。もはやシャープの経営陣に当事者能力はなかった。

 13人いるシャープ取締役のうち、プロパーの取締役は髙橋社長以下、4人のみ。一方、金融機関系の取締役は7人。中立的な立場は2人。多勢に無勢で、銀行に生殺与奪を握られていた髙橋社長は、特にこの1カ月、「どっちつかずの操り人形と化していた」(関係者)という。

 鴻海案を強行に推したのは、シャープの主力取引銀行で多額の債権を持つみずほ銀行だったとされる。機構は、優先株の放棄など約3500億円の追加支援を主力行に求めていた。対して鴻海は、優先株を買い取り、追加支援は求めないという破格の条件を提示。みずほ銀行は鴻海とも大口の取り引きがあり、関係も深い。シャープを手に入れたい郭会長と利害が一致。みずほがシャープに送り込んだ社外取締役が中心となり、機構案を推す人間を駆逐していった。

 国や機構の関係者は、「シャープは、国益ではなく私益を追う銀行に売られた」「銀行は売国奴だ」と悔しさをにじませる一方、「経営陣を見る限り、守るだけの価値もなかったということだろう」とも漏らす。

 ともあれ、1912年に早川徳次が創業した日本企業は100年以上の歴史に終止符を打ち、外資に飲み込まれる。仮に、韓国のサムスン電子が鴻海に買われたら、韓国人は国中を挙げて嘆くだろう。そうはならないのは、やはりシャープにその価値はないということなのだろうか。

創業から百年持ったのですから、よくやったというべきでしょう。

しかし、電子工学科出身としては、こうもハードウエアメーカーが倒れていく、瀕死状態であるということは嘆ざるおえません。

本社ビルを見ながら、あんな会社に入れたらいいなあ、なんて若いころ思っていたところが次々と消滅していくのですから。

この記事のように日の丸印のディスプレイはなくなってしまうのでしょうか。

もう絶望に近いのかもしれませんが、電子立国日本はいつまでもあってほしいものです。

これからは機械学習、人工知能の時代なのかな。それならアマサイも活躍できるはず。//人気ブログランキングに投票してください。【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

«伊藤笏康先生との再会

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31