無料ブログはココログ

June 19, 2019

三島憲一vs野口雅弘 ヨーロッパ論

昨日、6月18日は、ドイツの哲学者ユルゲン・ハーバーマスの90歳の誕生日でした。丁度、青山にあるドイツ文化会館ではハーバーマスの翻訳新刊「デモクラシーか 資本主義か: 危機のなかのヨーロッパ (岩波現代文庫 学術 406)」の発刊記念トークイベントがありました。尊敬する三島憲一先生のお話が聴けるというので行ってきました。
Doitukaikan
「ハーバーマスのヨーロッパ論『デモクラシーか資本主義か』刊行に際して」
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/sta/tok/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_id=21583861&

会場はほぼ満員で、こんなにも、ドイツあるいはハーバーマスに関心のある人がいるのかと勇気づけられました。内容はほぼ新刊に沿って行われました。
私も何か質問しようと頭をひねり、結局水島治郎vs山本圭対談(https://www.akashi.co.jp/news/n28157.html)のときと同じ質問をしました。
「日本人はハーバーマスの著作から何を学ぶべきでしょうか。ハーバーマスは「知識人よ、いかなるときもその責任を果たせ」と言っています。サイードもエマニュエル・トッドも同様な発言をしています。翻って日本ではさほど知識人を尊ぶ気質はないと私は思います。先生方はハーバーマスに何を見出すのでしょうか」
野口先生からは「私はハーバーマスから普遍的な思想を学ぶべきと思います。民主主義の考え方はところに寄らないと思います」、
三島先生からは「米国は概ね反知主義です。日本も昔は知識人の発言を重んじた。株の上下と同じです。知識人の価値も上がったり、下がったりする。ハーバーマスの知識人というくくりはけして大学教授だけではない、誰でも自由に考えを述べればいいのです。気づいた者が発言すればよいのです。カントは自分の職務を離れたら人々の間に入って自由に議論すればよい、と言っています。日本でもそれはできると思います」というお答えをいただきました。
流石に日本を代表する哲学者のお二人です。どんな質問にもさらりと応じられる。

楽しい一夜でした。終了後をおつまみと飲み物が出ましたが、知り合いがいないので、ジュースを一杯飲んだだけで帰ってきました。

人はたくさん居たけど、おじいちゃん割合が高かった。ドイツ語はあまり若い人は勉強しないのかな。

そういえば、ベルリンの壁が崩壊して30年ですね。//人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。 【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫
http://blog.with2.net/ping.php/42675/1107150128

May 03, 2019

放送大学大学院「知能システム論」

今、放送大学大学院で「知能システム論」というのを取っています。
人工知能を含む知能工学についての講義です。
<a href="https://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/2019/daigakuin/B/joho/index.html">放送大学情報学プログラム</a>


第1回 知能システム研究の概要
・人工知能論ではなく知能システム論であることの説明です。


第2回 探索に基づく問題解決 (1)
・状態空間モデルなど


第3回 探索に基づく問題解決 (2)
・ゲーム理論、機械学習


第4回 知識に基づく問題解決(1)
・エキスパートシステム、プロダクションシステム


第5回 知識に基づく問題解決(2):知識表現
・意味ネットワーク、オントロジー、フレーム、スクリプト


第6回 知識に基づく問題解決(3):推論
・演繹、帰納、アブダクション、類推、非単調推論


第7回 知識に基づく問題解決(4):知識獲得
・教師あり学習、教師なし学習、決定木の学習、クラスタリング


第8回 ニューラルネットワーク
・神経回路網、ニューラルネットワーク、パーセプトロン、誤差逆伝播法、深層学習


第9回 遺伝的アルゴリズム


第10回 群知能
・群知能、蟻コロニー最適化、粒子群最適化、カッコウ探索



第11回 強化学習
・強化学習、状態、行動、報酬、行動則、Bellman方程式、TD学習


第12回 統計的機械学習
・回帰問題、分類問題、カーネル法、モデル選択、正則化


第13回 ネットワークと知能
・ネットワーク、ネットワーク解析、複雑ネットワーク


第14回 自然言語処理
・形態素解析、構文解析、意味解析、コーパス、統計的言語処理、機械翻訳、質問応答システム


第15回 諸々の話題
・記号接地問題、認知アーキテクチャ、計算論的神経科学、汎用人工知能


オンライン科目なので、動画を見て小テストを解きます。
やっと半分終わります。中間と最終にレポート提出しなくてはいけないので、早めにやってしまおうと思っています。


人工知能の話題のだいたいを網羅しているので助かります。


<u><strong>研究は続けています。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。</strong></u><a href="http://blog.with2.net/link.php/42675">【押す】</a><strong>≪コメントは<a href="http://9331.teacup.com/amasci2/bbs">応接室</a>にお願いします。≫</strong>
http://blog.with2.net/ping.php/42675/1107150128

April 24, 2019

知財読書会「アップルに勝った男」

御用とお急ぎでない方は是非おこしください。

 

■第49回知的財産読書会 開催予定
1.課題図書:『iPod特許侵害訴訟 アップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家』
https://www.amazon.co.jp/dp/4532322294
2.発表者: ama_sci
3.日程: 2019/5/11 13:00~
4.場所:京橋プラザ区民館 4号室洋室
http://chuo7kuminkan.com/about/kyobashi-p.html
京橋プラザ区民館サイトl
NHK「逆転人生」でも放映されたアップルに勝った男:斎藤憲彦さんの4000日を本人及び関係者インタビューで弁理士の新井さんが描いた本。
最強アップルVS.貧乏発明家
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/4470/1795001/index.html
これを読まなきゃ知財人とは言えないよw。

 

 

アマサイもがんばって勝てるような特許出願をしたいな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫ http://blog.with2.net/ping.php/42675/1107150128

知財読書会「アップルに勝った男」

御用とお急ぎでない方は是非おこしください。

■第49回知的財産読書会 開催予定
1.課題図書:『iPod特許侵害訴訟 アップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家』
https://www.amazon.co.jp/dp/4532322294
2.発表者: ama_sci
3.日程: 2019/5/11 13:00~
4.場所:京橋プラザ区民館 4号室洋室
http://chuo7kuminkan.com/about/kyobashi-p.html
京橋プラザ区民館サイト
NHK「逆転人生」でも放映されたアップルに勝った男:斎藤憲彦さんの4000日を本人及び関係者インタビューで弁理士の新井さんが描いた本。
最強アップルVS.貧乏発明家
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/4470/1795001/index.html
これを読まなきゃ知財人とは言えないよw。

知財を知らなくてもわかる読書会です。

<u><strong>アマサイもがんばって勝てるような特許出願をしたいな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。</strong></u><a href="http://blog.with2.net/link.php/42675">【押す】</a><strong>≪コメントは<a href="http://9331.teacup.com/amasci2/bbs">応接室</a>にお願いします。≫</strong>
http://blog.with2.net/ping.php/42675/1107150128

April 13, 2019

アップルに勝ったすごい人

逆転人生「最強アップルvs貧乏発明家」を観ました。
面白かったです。
知財界隈は、「演出を越えたありえない表現をしていた」という人が結構いました。
特許やってる人はアタマが固いからww。

全然自然な出来だったと思います。
(まあね、「特許申請」じゃない、「特許出願」だといちゃもんつける人がいるくらいですから、まったくねえ)

才能は与えられていても、それを理解し、支える人がいないと発揮できないことを強く感じました。

ここでは、代理人となった弁護士と斎藤氏のご両親です。

弁護士は、素人の書いた明細書でよく「素晴らしい発明です!」と言えるのかなあ。
私だったら、それを見抜けるだろうか(弁護士じゃないので、知財担当者としてね)。

ご両親も寛大ですね。彼の発明を理解しているわけではないけれど、うちの息子が一所懸命やっているのだから、何かよいものだろう、と感じられる親が日本にどのくらいいるのでしょうか。

だが、しかし、信じて成功しなかった例も多々あると思われます。

番組の中で気になったのは、日本に発明ブームがあったということです。

ん?そんなものあったかなあ。そういえば、私が子供のころに発明グッズ屋があったような気がします。

小学校のときは「発明くふう展」というのがあったし、学習雑誌で「私の発明」なるコーナーがありました。

アマサイも小学校のころ「モノ取り機」という素晴らしいw発明をしたのですが、夏休みの工作の宿題で終わってしまいました。

斎藤氏の最後の言葉
「一番に発明した人が褒めたたえられなくて、二番や三番でよし、としたら、誰も一番に発明しようとは思わなくなってしまうじゃないですか」

誠にそうです。努力し、結果を出した人が報われる世界でなくてはいけません。

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/4470/1795001/index.html

アマサイが特許の仕事をしているのは一番の人に関わり合いたいからかな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 26, 2019

一旦、卒業しました。

放送大学の社会と産業コースを卒業しました。
https://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/2019/kyouyou/C/syakai/index.html

政治学を中心に単位を取ってきました。どうせなら政治学士の学位がほしいなと思い、引き続き、社会と産業コースの科目をとっていく予定です。

次は情報コースに編入します。
https://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/2019/kyouyou/C/joho/index.html

20単位≒10科目取ると
「データサイエンス」エキスパートという放送大学独自の資格を取れるのでそれも狙っていきたいですね。

編入すると62単位取らなくちゃいけないなあ、と思っていたのですが、放送大学を卒業し、他のコースに編入するとなぜか、そのコースの専門科目16単位で卒業できちゃうという不思議なシステム。2回目の入学の人は期限内6年間を満喫するとおしゃっています。

大学側は何回も入学して入学金を払ってください、というヘンテコな意向。

6コース全部修了したら、名誉学生という上がりが用意されています。

そうすると正規の学生に戻れないので(1年期限の選科履修生のみ)、迂回して単位をとっていきます。

1回目の入学をした20世紀はなかなか科学系の単位が取れず、卒業したときは晴れ晴れとした気分になったものです。

いつまでも学部の勉強していて物好きだなあ、と思っていましたが、私もその物好きになっているようです。

どうやら生涯学生証を手放すことはないようです。

<u><strong>気持ちはいつもアマサイ(素人科学者)の研究者たりたいです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。</strong></u><a href="http://blog.with2.net/link.php/42675">【押す】</a><strong>≪コメントは<a href="http://9331.teacup.com/amasci2/bbs">応接室</a>にお願いします。≫</strong>
http://blog.with2.net/ping.php/42675/1107150128

March 18, 2019

量子コンピューティングシンポジウム

量子コンピューティングシンポジウム@東京会場に行ってきました!

https://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/2019/quantum_symposium.html

IPAからメールでご招待いただきました。
IPAって情報処理試験やってるところでしょ、試験以外にも事業をやってるのねん。

●基調講演 Benchmarking NISQ-era quantum processors
「NISQ時代の量子プロセッサのベンチマーク」
Dr. Jay Gambetta ジェイ・ガンベッタ博士
IBM Fellow and Global lead of Quantum Computing Theory, Software, and Applications

●パネルディスカッション

モデレータ:嶋田 義皓 氏
国立研究開発法人 科学技術振興機構
研究開発戦略センター フェロー

田中 宗 氏
早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構
主任研究員(研究院准教授) 兼 JSTさきがけ研究者

棚橋 耕太郎 氏
株式会社リクルートコミュニケーションズ
リードエンジニア

山本 直樹 氏
慶應義塾大学 量子コンピューティングセンター センター長
理工学部 物理情報工学科 准教授 博士(情報理工学)

佐藤 貴彦 氏
慶應義塾大学 量子コンピューティングセンター
特任助教

●未踏ターゲット事業

「バイオインフォマティクス領域におけるアニーリングアプリケーションの開発」
山崎 清仁 氏
 
「量子アニーリングマシンを使用したスケジューリング問題ソルバーの開発」
盛川 英典 氏、石崎 文雄 氏 

●個別セッション

「オンラインサービスでの量子アニーリングの応用」
西村 直樹 氏
株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部

「メルカリにおける量子情報研究」
永山 翔太 氏
株式会社メルカリ R4D シニアリサーチャー 博士(政策・メディア)

「PyQUBOで変わるアニーリングライフ」
棚橋 耕太郎 氏
株式会社リクルートコミュニケーションズ
リードエンジニア

「IBMでの量子計算研究のご紹介」
渡辺 日出雄 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 部長 工学博士

●閉会挨拶
早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構
主任研究員(研究院准教授) 兼 JSTさきがけ研究者
田中 宗 氏
------------------
私には所々わかるといった感じでした。
でも量子コンピューティングはすごく進歩している、というのが実感できました。

未踏ターゲット事業に「量子アーニリング」と「ゲート式量子コンピュータ」と両方が実施されているそうです。
よくわらないが、それはすごいことのような気がします。
リクルートのPyQUBOのデモしてるところは見てみたいですね。
Pythonちっくらしいけど、アマサイには操作できそうにないです。

長年情報を追い続けてきた量子コンピュータがやっと実用化されようとしている。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 12, 2019

たまには特許の話をしよう その4

日曜日はカンギレム勉強会に行ってきました。

『科学史・科学哲学研究』
を輪読しています。フランス語の堪能な方もいらして、原文から解釈してくれるので、非常にわかりやすいです。
それぞれの専門家が集まっているので、付属情報も聞けます。
やっぱ、科学史はいいなあ。
私も科学史の研究に時間を費やしたい。
Kangiremu

そうだ、私は科学史・科学哲学の研究者を志していたのであった。
放送大学で科学史、科学哲学に出会いすっかり魅了されてしまった。
http://page-only-one.cocolog-nifty.com/imotora7/cat22166821/index.html

「科学史・科学哲学」の看板を出していたのは、東大しかなかった。
(東工大もあったような気がするけど)
そこの大学院に入るには相当に勉強しなくてはいけない。
アルバイトしながら受験勉強するか。
いやいや、役者とか歌手めざすんじゃないんだから、そんなぐーたらなことは許されない。やはり、働かなくては。
と思い立ったのが特許事務所。なにをするかは知っている、一年間派遣社員で働いたことがあるから。私が得意とする書く力、英語力を活かせるし、最新技術を知ることができる。

それに、科学史とちょっと関わりがあるのではなかろうかと考えた。
そういう志向がいないわけではないが、だいたい、理工系か法律系の人しか来ない業界である。

まあ、いいや、科学史の勉強は細々とやっていけば。

食べてはいける。

ということで、新橋のとある特許事務所に勤めることになった。

特許事務所の他に考えたのは学芸員である。これは科学史と相性ばっちりであろう。
でも、これは就職口が少なそうなので、諦めた。
学芸員の人は傍らで研究もしているらしいので、狙いとしては良かった。

就職のポイントは、働きながら(科学史)研究というか、勉強をできるところであった。

元々体力のない人なので、フルタイムで働いて他に何かをやるのは難しい。
難しいがなんとかここまで来たみたいな感じ。

やっと思い出した。アマサイが特許業界に来たのは、科学史と関係ありそうだったからである。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 24, 2019

【季節がら?】Python始めました。

Pythonの勉強始めました。

すごいですね、ちょーサクサクコードが書けますね。

さすがに、プログラミング言語の勉強は初めてではないので、今までの蓄積があってのことですが。

アマサイは小学校のプログラミング教育必修について反対でしたが、
もうなっちゃったもんは仕方ないですね。

というか、考えなおしました。
英語にしてもプログラミングにしても、家庭の収入格差是正につながると思いました。

英語にしてもPCにしても、親が教育熱心でお金さえあれば、学ぶ環境は整えられます。しかし、世帯収入の低い家庭の子供にはそれができません。

もし、英語学習やプログラミングに向いている子だったら、必修をきっかけにどんどん能力の向上が可能です。

そして、人並み以上の能力になれば、それらで世界で戦えます。

日本でプログラマーとして勤めるとか、ちっちゃいことではなく、
海外で起業したり、教えたりすることができます。

文科省がそこまで考えたとは思えませんが、公立学校しか選択肢がない子にとっては大きな希望です。

日本の国力なんて考えず、ばしばし成長してほしいですね。

これを読んでいます。
『世界でいちばん簡単な Pythonプログラミングのe本』
https://www.amazon.co.jp/dp/4798049794/

Pythonbook


アマサイも教育に携わり、そういう人材を輩出したいです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 18, 2019

第14回 テキストアナリティックシンポジウム@関西

http://www.ieice.org/~nlc/tm14.html
先々週にテキストアナリティックシンポジウムに行ってきました。
どの発表も興味津々で楽しめました。

1日目パート1が終わった時点で、質疑応答が始まりました。
(1) 12:40-13:05 特許調査のための技術要素の分類に関する研究 NLC2018-35
○秋山賢二・齋藤隆文(東京農工大)
(2) 13:05-13:30 災害時における信頼性の高い救助要請の見つけ方 ~ 西日本豪雨「救助」ツイートの検証 ~ NLC2018-36
○宋 晨潔・藤代裕之(法政大)
(3) 13:30-13:55 公共的意思決定過程の議論内容の把握に関する検討 ~ 淀川水系流域委員会の議事録を対象として ~ NLC2018-37
○岩見麻子(法政大)

年配のオジサマ(だぶんどっかの大学のエライ先生)が、
2番目の人に、
「政府情報は安倍政権に忖度しているのが、テキスト情報からわかりますか?」
3番目の人に、
「こういう地方自治体の公報というのは、時の政府に、あるいは自治体に忖度していますか、テキスト情報からそれがわかりますか?」
1番目の人に、
「最初の方にも同じ質問をします、特許明細書は特許庁に、というか、特許明細書の目的はテキスト情報を解析することでわかりますか?」
という質問をしていました。

みんな学生さんなのにむちゃぶり的な質問にできるだけ答えていました。
1番目の人が狼狽しているようだったので、
「それは私が代わってお答えします」
とアマサイが手をあげました。(私カッコいいよねw)

「特許明細書には目的があるものと、無いものがあります。「製品のバージョンアップしたからこれ特許にして」と弁理士にふられる場合もあるので、そういう場合は目的も適当に書きます。あと、忖度の件ですが、テキストを解析しても忖度はわからないです。そもそもテキストから読み取れるものは忖度とは言わないです」

まるくその場は収まりました。

休憩時間にさっきのオジサマが近づいてきて、
「あなた、さっき答えていた人だよね。僕は、特許明細書にも主体と客体があると思うんだ。最近特許庁、形式変えてきたよね、「発明の目的」がわからなくなっている。でも、必ず、発明には目的があると思うんだ。それが書いてなければ、特許法2条の問題になるよ。」

アマサイは、特許法2条ってなんだっけかな、と思いながらも、
「そうですか、そんなこと考えたことなかったです。勉強になります」
とだけ返しておいたよ。

------
第二条 この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。
2 この法律で「特許発明」とは、特許を受けている発明をいう。
3 この法律で発明について「実施」とは、次に掲げる行為をいう。
一 物(プログラム等を含む。以下同じ。)の発明にあつては、その物の生産、使用、譲渡等(譲渡及び貸渡しをいい、その物がプログラム等である場合には、電気通信回線を通じた提供を含む。以下同じ。)、輸出若しくは輸入又は譲渡等の申出(譲渡等のための展示を含む。以下同じ。)をする行為
二 方法の発明にあつては、その方法の使用をする行為
三 物を生産する方法の発明にあつては、前号に掲げるもののほか、その方法により生産した物の使用、譲渡等、輸出若しくは輸入又は譲渡等の申出をする行為
4 この法律で「プログラム等」とは、プログラム(電子計算機に対する指令であつて、一の結果を得ることができるように組み合わされたものをいう。以下この項において同じ。)その他電子計算機による処理の用に供する情報であつてプログラムに準ずるものをいう。
-----
(これがなんで問題になるのか、わからんなあ)

東京にはああいう面白いオジサマはいないんで楽しかったです。

Ryuukokuuniv

場所は京都の龍谷大学だよ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 03, 2019

たまには特許の話をしよう その3

【たまには特許の話をしよう その3】

アマサイは高度成長期の日本に生まれ、電子立国日本と言われた時代に育った。
年に1回開かれるCEATEC JAPAN(シーテックジャパン、Combined Exhibition of Advanced Technologies)はその昔エレクトロニクスショーと呼ばれていた。産業はだいたい「エレクトロニクス」という言葉に落とし込むことができた。いろいろな関連展示会を合わせて今のCEATECとなった。

中学生になるとアマチュア無線の免許を取った。まだ1年生だったので√という概念がわからず無線工学がわけわかめになってしまい、国家試験には落ちてしまった。たぶん、法規とか無線機のブロック図はほとんど暗記できたと思う。どうしても初級数学がイミフだった。親にねだって有料の講習会に行かせてもらった。貧乏なうちだったのに費用を出してくれた母には今でも感謝している。

将来は、電子工学科にいくしかないっしょ、と思っていた。中学生のときは英語か歴史の先生になりたかったのだが、文学部なんて行って、就職はどうするのだ、と15歳なりに考えた。英語は自分で勉強すればいいし、歴史は本を読めば身に着くはずだ。ここは潰しの効く工学部、その中でも電子工学にいけばいいじゃん、と結論に至った。

工業高専に行きたかったのだが、学力が伴わず、断念。行けなくてよかったと後年思った。理系の学問ばかり、5年もやっていたら死んでしまう。国語や社会も存分にやりたかった。私立の女子高を経てなんとか私大の電子工学科に進学できた。

面接試験でなぜ電子工学科なのか、と問われて、
「今の世の中はエレクトロニクス時代です。電子工学を勉強して、その分野で技能を活かしてみたいのです」
と胸を張って答えた。

特許とエレクトロニクスの関係は重要である。
この間に日米半導体戦争とか、コダック特許訴訟、サブマリン特許問題とか、あったのはまだ知らぬ世界であった。

続く)

これは本題パート1だよ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

January 29, 2019

たまには特許の話をしよう その2

【たまには特許の話をしよう その2】

その1をFBとブログに公開したが、SNSが炎上することも、家にカミソリを送られてくることも今のところない(過去に著作権の真実?をTwitterで語ったら大勢の素人にバカ呼ばわりされる事態が起きた)。アマサイのような小物を相手にするほどのお手すきの方はいらっしゃらないのだろう。

ずいぶんと特許事務所のことをこき下ろしたが、別にこれはアマサイ独自の意見ではない。特許業界に巣くう弁理士という輩がしょうもないのだから仕方がないのである。若い人はそうでもないけれど、老害が酷い業界なのだ。

十数年ほど前に大手特許事務所の所長が何かの講演会で、
「最近の人はマナーがなっていない。一般企業でビジネス経験を積んでから特許事務所に入ってきていただきたい」と抜かした。
はぁ?お前のところに来るのはマナー違反の非常識な人間ばかりなのか。
なぜ、特許事務所ごときに入るために安定した企業勤めを捨てていかねばいかんのか。お前のとこではビジネスマナーも教えてやれんのか。そんなことで海外代理人とコミュニケーションはとれるのか。
という疑問がふつふつ湧いた。

結局、事務所というには非常識な社会に適合できない人間の寄せ集めということを自ら認めているわけだな。

また前弁理士会会長は
「近年、特許出願が減っております。特許出願数は日本の国力を示すものです。是非企業のみなさんには特許出願を増やしていただきたい」
というようなことを言っておった。
はぁ?それって特許事務所をお助けくださいって意味の他に何がある。 得するのは事務所だけだろうが。
特許を出すには出すだけの理由があり、出さない、あるいは件数を減らすには理由がある。それも考えないで、大企業は件数減らしてるから中小企業が出願するように仕向けようとか、特許が無理なら、商標でも守れる権利があるとか、ぼぉーと生きている弁理士が何と多いことか。

とここまで言っても特許業界の人間は
「それのどこがおかしいのか、普通のことではないか」
と思う人も多いであろう。
あなた、業界に毒された老害だから気を付けた方がいいぞ。

そんな酷い業界になぜアマサイは入ったのか?
そうじゃった、そうじゃった、それが、この文章を書き始める動機であった。

次こそ本題に入るぞ。(続く)

やっぱりアマサイは知財の仕事が好きなんだなと思う。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

January 28, 2019

たまには特許の話をしよう。その1

【たまには特許の話をしよう その1】

去年あたりにフォロワーさんに
「アマサイさんって新卒のころから知財業界にいたの?」
と聞かれた。不意を突かれた感じで、
えっ、どうだっけ、若いころからいたけど、新卒じゃなかったな?
あれ、私いつから知財業界にいるのか?と考え込んでしまった。備忘録的にちょっと書いてみようと思う、

ところで、今の団塊ジュニア世代が、特許や知財について”きらきら輝くもののように”語るのにはびっくりしてしまう。

20世紀(80年代くらいかな)に弁理士資格を取っている人はよほどの変人である。てか、特許事務所に勤めるってアタマおかしいんじゃないのか(S先生ごめんなさい)?

企業の特許部に行く人なんてそもそもダメである。特許部なんて技術者として薹が立って社内のどこにも行くとこがなくなった人の流し場である。そこでもうまくやっていけなくてとどのつまりで行くのが特許事務所である。反面、若くして弁理士試験に受かって事務所を創設する人は、自分の適応性のなさに早くから気づき、自分の技能を活かせる場を見つけた点で、なかなかエライ人である。そういう数パーセントのエライ人とダメダメな人が集うのが特許業界なのであーる。

この認識は間違っていると誰にも言わせはしないぞ(/・ω・)/

で、なんで若い世代は”きらきら”していると思っちゃうのか。

それは時代のなせる業であろう。

小泉内閣の元、知財立国を掲げ、知財に関してかなりの金を使った。
弁理士試験も難易度が低くなった。
出願するということが、権利を取るということがことのほか価値のあるように考えられるようになった。
私なんかにしてみれば、法科大学院ならぬ、知財大学院ってなんじゃ、そりゃである。
時代は知財、特許を高く高く持ちあげていたのである。

あともう一つの時代趨勢は、「職務発明裁判」である。

中村修二氏は、技術系の人なら誰でも知っていたが、
まさか、学生、一般市民にも知られるようになるとは思いもよらなかった。

うちの母親でさえ、
「お姉ちゃん(私のこと)も裁判起こすと1億円くらいもらえるの?」
という始末である。どこから訂正していいかもわからない。

たくさん、文字を打ったので、今日はここまで。

久しぶりに思いのたけを述べました。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

January 23, 2019

【訃報】米澤富美子さん

https://www.asahi.com/articles/ASM1P6F02M1PULBJ011.html

米澤富美子先生が亡くなられました。


 慶応大名誉教授で、女性で初めて日本物理学会長を務めた物理学者の米沢富美子(よねざわ・ふみこ)さんが17日、心不全のため死去した。80歳だった。葬儀は親族で行った。後日、お別れの会を開く予定。喪主は長女ルミ子さん。

 日本の女性科学者の草分け的存在で、アモルファス(非結晶物質)研究の第一人者。一般向けのエッセーも多く、社会と科学を結ぶ活動に貢献した。朝日賞の選考委員も務めた。

業績もさることながら、どれほど、女性科学者に勇気を与えたことでしょうか。
理系女性の末席を汚しているアマサイも先生のエッセイにどれだけ激励されたかわかりません。
アモルファスの本も夢中になって読みました。

その先生がもうおられないと思うと寂しくなります。

でも、先生が残してくださった実績はくずれません。
次々と男女問わず、物理学の門をたたくでしょう。

(アマサイも叩いてはいるのですが、応答されず(´・ω・`))

先生の著作をまた読み返したいと思います。

●日経スペシャル 私の履歴書
https://www.bs-tvtokyo.co.jp/rirekisyo/27.html

●猿橋勝子という生き方 (岩波科学ライブラリー)
https://www.amazon.co.jp/dp/4000074970/

●二人で紡いだ物語 (中公文庫) 文庫
https://www.amazon.co.jp/dp/4122054605/

●人物で語る物理入門 (上) 岩波新書 新赤版 (980)
https://www.amazon.co.jp/dp/4004309808/

今からアモルファスに参入するのは無理かしら。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

December 23, 2018

林真理子2点『ビューティーキャンプ』、『花』

Hayashimairikon


●林真理子「ビューティーキャンプ (幻冬舎文庫)」
https://www.amazon.co.jp/dp/434442770X/
内容紹介
ミス・ユニバース日本事務局で働く由希のボスは、NYの本部から送り込まれた美の伝道師エルザ。愛車ジャガーで都内を飛び回り、メディアにひっぱりだこの強烈な個性を放つ人物だ。彼女の元に選りすぐりの美女12名が集結し、いよいよ運命の2週間が開始。苛酷で熾烈なキャンプで嫉妬に悶え、男に騙され、女に裏切られ。そして最後に残るのは?

●林真理子「花(中公文庫)」
https://www.amazon.co.jp/dp/4122045304/
内容紹介
女の幸せとは何なのだろうかーー芸者だった祖母と母、二人に心を閉ざしキャリアウーマンとして多忙な日々を送る知華子は、祖母の死をきっかけに、母と祖母の背負った哀しい運命を遡ることになる・・。大正から現代へ、美貌の女三代の血脈の物語。
-----------------
久しぶりに林真理子の小説を2つ読みました。
まりりんの小説も好きで結構読んでいます。
世間でどういうイメージなのかわかりませんが、彼女を伝統的な日本女流作家です。
「女の一生」モノは非常にうまいという意味です。
「ビューティキャンプ」は「女の一生」の一時期を切り取ったものですが、私はこれも「女の一生」モノです。

「ビューティキャンプ」は林真理子しか書けないんじゃないかな。女の美しさ、姑息さ、醜さ、かわいさ、これを全部抽出しちゃったのが本書です。

ラストはそう来たか~!林氏の小説の最後はちょっとした裏切りがあるのが快感なんですよね。ミスユニバースを目指す女たちの経歴はそれこそ美女白書、といった感じです。

女ってたいへんよね。

また引き続き読みたいと思って買ったのが「花」です。
女三代記を綴るところなど有吉佐和子の「紀ノ川」を思い起こしますが、似て非なるごとくです。花柳界のことをよく調べてあるなあ、と思いました。

世代的に孫の千華子に共感しますが、祖母・タエ、母・幸子の生き方も素晴らしくスジが通っていて素敵です。

タエが「私はドラマが大嫌い、昔の女を描いたドラマだ。その中で女たちいつもりりしく自分の運命と戦い、自分の選んだ道を歩もうとする。でも私から見ればあんなものは嘘っぱちだ。あの頃ふつうに育った娘たちがどうして親に反抗できただろうか。どれほど理不尽なことを言われたとしても、親の言うことは絶対だった。いいも悪いもない、そういう時代だったのだ」という言葉に感銘をうけました。

そうだろうな、平塚らいちょうとか、与謝野晶子、林芙美子とかは特殊すぎるくらい特殊だったかもね。

またタエのいう「娘には女子大を出て社会で活躍するようなえらい女になってほしい」という理想が痛いほどわかってしまいます。私は母に「えらい女に」とは言われなかったけど、似たような期待はされましたね。結婚するしないは別にいいけど、手に職をもった、後に言われるようなキャリアウーマンになってほしい、みたいなことは言われました。

小学生のころ「私は漫画家になりたい!」と言ったら、
「そんな不安定な職業ダメに決まってるでしょう!」と叱られました。

いいますかね、10歳の子に将来を考えろとか、まあ、言うんでしょうね。
だってさ、小学校のころの夢なんて叶わないのが相場なんだから、
「そうね、いいわね」と言っておけばいいと思うけど。

「花」を読んだ女性はみんな自分の身において考えてしまうと思うな。

日本小説は多様で芳醇で旨みがあってとってもいいな。と思った次第です。


そう言えば、年頭に『正妻』を読んだのであった。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫


December 18, 2018

筒井康隆展@世田谷文学館

もう先週になってしまいますが、世田谷文学館(https://www.setabun.or.jp/)で「筒井康隆展」を観に行きました。

Tutui001

Tutui002


最終日でした。土日だけのようですが、筒井康隆の映画を2本上映していて、テレビインタビューも流されていてこの入場料にしてはお得感満載でした。「スタア」https://movie.walkerplus.com/mv17486/ という筒井康隆原作脚本のはちゃめちゃコメディでたいへん楽しかったです。うーむ、80年代はこんなむちゃくちゃな映画を配給し、それを観に行く客がいたんだからおおらかな時代でしたよね。
そういえば、昔の映画館は2本立てだったような気がするが、映画は落ち目と言われていても作っていたんだよなあ。

幼少のことは筒井康隆と眉村卓の区別があいまいだったのは「時をかける少女」と「なぞの転校生」がごっちゃになっていたせい。高校生くらいになったら、はちゃめちゃな方が筒井康隆だと区別できました。

以前はよくテレビにも出てたんだが。今の若い人には筒井康隆なんて読まないんだろうな。でも会場には20代、30代の人も多かった。いつの時代にもマニアックな人っているから。

卒研口頭試問の疲れを癒してくれるひと時でした。

地方でも展示会、やるといいですね。

Tutui004

Tutui005

追伸:お友達から筒井康隆は関西方面のテレビで大活躍だそうです。
https://www.asahi.co.jp/be-bop/


そろそろ科学の話題も出しますよ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

December 12, 2018

藤子不二雄A展

藤子不二雄A展示会に行ってきました!
https://tcv-fujiko-a-ten.roppongihills.com/top.html

Fugikoa01_2

嵐の番組でA氏が出ていてそれでこの展示会を知りました。
ほぼ撮影自由です。こういうのはあまりありませんね。
ベルばら展は壁に印刷された週刊マーガレットの表紙一覧まで撮影禁止でした。

A氏立体像と写真を撮りました。
係の方が「お撮りしますよ」と言われ機嫌よく撮ってもらいました。
「実物はファイルにしてお渡しします。有料で300円です」
と聞いてずいぶん安いなあ、と思いながらポージングをしていたのですが、
支払窓口にいくと

1300円です、と!

なんと!一けた増えているではないか!と心の叫び。
でも、プロらしき方に撮影していただいたので我慢するか。

お腹が出ているのがつつみ隠すことができませんw!

A氏のときわ荘再現デスクにも座ってみました。
幼いころ藤子先生に弟子入りしようと夢見ていたことが叶いました。
ブラウスのしわが残念な感じですが、係の方に撮っていただいたので修正を申し入れるのはちょっと。。。

笑うせぇるすまんや魔太郎がくる!!など、A先生独自の世界を楽しみました。
アニメがもう2本くらい見られるといいのだけれど。
満喫しましたが、何か物足りない。

そうか、私の好きなのは、A氏、F氏ではなく、二人そろった、

藤子不二雄なのだ、

パーマンやジャングル黒べえも一緒に見たかったな。

そうか、余暇に美術館に行くという娯楽があったか、

と今更気づいたアマサイなのでした。

Fugikoa02

Fujikoa03

Fujikoa04

藤子不二雄ミュージアムは川崎市にあります。高岡市には藤子F不二雄ふるさとミュージアム。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

December 02, 2018

アジア特許情報研究会10周年記念講演会

https://asia10.kaisei1992.com/13/

アジア特許情報研究会10周年記念講演会というのに行ってきました。
2日間あったのですが、都合により2日目だけ出席でした。
それでも消化不良になるくらいの内容でした。

特別講演5「人工知能(AI)技術を活用した特許分類付与支援の取組概要」
講演者:日本特許庁・調整課 企画調査官 近藤様

特別講演6「IPランドスケープ2.0」
講演者:三井物産戦略研究所 知的財産室長 山内様

一般講演5「3i研究会の紹介と成果の1例ー技術情報を用いた他社コア技術の特定手法開発」
講演者:3i研究会 三沢様

一般講演6「知財AI研究会研究内容のご紹介」
講演者:知財AI研究会 平尾様

一般講演7「テキストマイニングと深層学習を用いた英文技術文書の分析ソリューション」
講演者:株式会社NTTデータ数理システム 岩本様

第2部(座長:アジア特許情報研究会 西尾)

一般講演8「化合物検索ツールの検討」
講演者:PLASDOCオンライン研究会 井手様

一般講演9「俯瞰解析ソフトの比較」
講演者:日本PLASDOC協議会 新井様

一般講演10「IPI-FORUMで報告された知財情報解析事例」
講演者:IPI-FORUM(関西) 田平様

第3部(座長:アジア特許情報研究会 伊藤)

一般講演11「機械学習を用いた特許文書分類-文書ベクトルを使用した分類器の実装例-」
講演者:アジア特許情報研究会 西尾

一般講演12「DeepLearningを用いた効率的な特許調査-発明の要素毎の根拠箇所抽出と適合判定への応用-」
講演者:アジア特許情報研究会 安藤

2日目はAIがらみの話でした。これは別にはやりだからではなく特許情報とAIは密接な関係にあり、以前から先端的な検索ツールが使われていたのです。

私が修論で題材にしたテキストマイニングも古くから、と言っても10年前くらいですが、使われていました。

AI・機械学習はとても便利なツールですが、気を付けて使わねばいけません。
結局は確率統計を利用しているからです。
90%は網羅できても、漏れたあと10%に大事な情報が隠れているかもしれません。

なにかAIの欠点がよくわかるセミナーでした。

いずれは発表側に回りたいです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

November 27, 2018

16眼カメラ?

特許情報とは無縁の生活を送っているのでチェックしてませんでした。

16個ものレンズを持つ「16レンズカメラ」搭載スマホをLGが計画中、特許は既に取得

Appleの「iPhone XS」に搭載されているメインカメラは異なる2つのレンズを搭載した「デュアルカメラシステム」を採用しており、Huaweiの「P20 Pro」では1つのカメラに3つのレンズが搭載された「トリプルカメラ」が採用されています。レンズの数が増えればそれだけさまざまな撮影シーンに適したレンズを用いることが可能になり、より高品質な写真が撮影可能になりますが、韓国のLGはなんと「16レンズカメラ」の開発に取り組んでおり、既に特許を取得済みであることが明らかになっています。

2018年には次期iPhoneが3つのレンズを搭載したトリプルレンズカメラを採用するのではないかと報じられたり、Nokiaの5つの異なるカメラを搭載したスマートフォンと思われる写真がリークされたりと、スマートフォンに複数のカメラやレンズを搭載することは一種のトレンドとなっています。

海外メディアのLetsGoDigitalによると、LGは2018年11月20日にアメリカ特許商標庁から16レンズカメラに関する特許を取得しました。特許には「16個の各レンズはマトリックス配列内の特定の曲率で配置され、異なるレンズを用いて複数の視点から写真を撮影することが可能。また、例えばユーザーが特定のレンズのみを選択して写真を撮ることもできる」と記されています。
Lge002

異なるレンズで撮影された写真同士を組み合わせることで、例えば人の頭部だけ別のレンズで撮影した高品質なものに置き換えることもできます。顔認識機能も存在しており、選択した顔と同じものがスマートフォンのメモリ内に存在していないかを検索することが可能であり、そのまま別の写真の同一人物の顔部分だけを持ってくることもできます。
Lge001


カメラ16とは限定してないと思うのですが。
-------------------------
United States Patent 10,135,963
Kim , et al. November 20, 2018

Applicant: LG ELECTRONICS INC.
Assignee:LG ELECTRONICS INC. (Seoul, KR)
Family ID:
1000003663989
Appl. No.:
15/021,411
Filed: April 15, 2014
PCT Filed: April 15, 2014
PCT No.: PCT/KR2014/003246
PCT Pub. No.: WO2015/056854
PCT Pub. Date: April 23, 2015

The invention claimed is:

1. A mobile terminal comprising: a touch screen; a camera provided with a plurality of lenses arranged along a plurality of lines such that each lens is located at a different positon; and a controller configured to: record a plurality of moving images using a plurality of images captured by the plurality of lenses; cause the touch screen to display a first image of a first moving image captured by a first lens among the plurality of lenses; extract partial images corresponding to a same subject with a part of the first image from other moving images taken from lenses other than the first lens among the plurality of lenses in response to a first touch input selecting the part of the first image; cause the touch screen to display thumbnail images respectively corresponding to the extracted partial images with the part of the first image; cause replacement of first part images corresponding to the same subject in the first moving image with second part images corresponding to the same subject in a second moving image captured by a second lens among the plurality of lenses in response to a second touch input selecting a thumbnail image related to the second moving image from among the displayed thumbnail images; and synthesize the first moving image and the second moving image captured at a same time by the first lens and second lens, respectively, after receiving the first touch input such that the first part images are replaced with the second part images; and generate a single moving image with the synthesized first and second moving images.

2. The mobile terminal according to claim 1, wherein the controller is further configured to: cause the touch screen to display the plurality of images captured via the plurality of lenses, the plurality of images comprising the first image; and cause the first lens corresponding to one of the plurality of images to capture an image when the one of the plurality of images is selected, wherein: the plurality of lenses comprise more than two lenses; and the first lens is different from the second lens.

3. The mobile terminal according to claim 2, wherein: the second lens is selected in a state that the image is being captured by the first lens; and the controller is further configured to capture an image received from the second lens subsequently to the capturing of the image by the first lens in response to the selection of the second lens.
-------------------
PCTだから日本で公開されてますかね。
もう日本は市場として見捨てられてる感がありますが。

以前の会社でカメラの実装もやっていたので、こういう特許を手掛けてみたかったですね。

やっぱり画像処理はおもしろいです。

いずれ特許関係の仕事もしますが、今はヒミツです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫


November 26, 2018

ロシア語の世界―黒田龍之介氏の講演―

黒田龍之介先生の講演会にいってきました。
JICロシアセミナー
もう一つの『ロシア語だけの青春』
https://www.jic-web.co.jp/study/stay/pdf/semi_TYO.pdf

黒田先生のことは最近知りました。もうおじいちゃんかと思っていました。
名前からして。
ばりばり現役の言語学者なんですね。

ソ連時代のロシアにアマサイは感心があります。
黒田先生はなんでロシアに興味をもったのだろう。それはご著書に書いてあると思うのですが。『ロシア語だけの青春』は、これはおもしろいと思ったのですが、書籍代は節約しているので買うことはできません。文庫になったら買いますw。

黒田先生が、ロシア語を始めたのはソ連がアフガンに侵攻した年、同級生は極めてすくなかったのです。

留学せず、語学を学ぶ方法、これは簡単で難しく、難しくて簡単。
ひたすら教科書を暗唱して先生に発音を直してもらうこと、これしかないんですね。
外国人とお茶を飲みながらマスターはできません(そういう場も必要なのですが)。

若い男性でロシア語ができる人は少なく黒田青年は大活躍。国家間レベルの通訳もしたそうです。通訳の資質は体力。お客さんの荷物を両手にもって新幹線のホームを端から端まで走ること。これは案外本質的なことなのかも。

ロシア語を勉強している人、ロシア留学を考えている人のためのセミナーでしたが、他の語学を学んでいる者にも役に立ちました。

・フランスなんかに行くと、「日本人はいつも英語なのね」と言われる。
「ボンジュール、今日はお仕事」「いえ、観光です、南フランスを回ろうと思って」「素晴らしいわ」「どうもありがとう」くらいフランス語で言えってことですな。

・発音練習をする場がなくて困っている⇒そうだ、語学はある程度大きい声でいわないと練習にならない、なんとかいい場所を見つけてください。音楽レンタルボックスがあればいいけど。カラオケボックスでロシア語朗読していると変な人に思われるから気を付けてくださいw。

・留学は慎重に。慌てていかなくてもよい。初めは旅行で言ったらどうか。ある程度日本で訓練していく。それでも留学疲れがする人がいる。留学してロシア語、あるいは外国語が嫌いになってしまっては元も子もない。

なるほど、私の英語勉強法、ドイツ語を始める理由も重なります。

黒田節、初めて聞きました。痛快です。

私もああいうふうにお話ができるといいなあ。そして英語以外にも何か国語が使えるいいな。

ロシアは行ってみたいけど寒がりの私にはちょっと。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪コメントは応接室にお願いします。≫

«訃報 ミスター半導体 西澤潤一

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30