無料ブログはココログ

« 書談:昨日買った本041111 | Main | 生きてゆくわたし(1/2) »

November 15, 2004

知財検定

受けてきました2級。
先に書いたように、これようの勉強は一応しました。なんとなく。
うーむ、ある意味難しかった。なんだか瞬発力を試す試験かい。
これをきっかけに知財を学ぶことは価値があるが、試験自体はどうだろう。

ほとんど事例問題である。
実務家としては、当社の開発技術はどのようなもので、相手企業はうちとどの程度のつき合いなのか、とかいうことを考えてしまう。
それはちょっと考えすぎだが、状況説明4行くらい書いてあって、次のうちもっとも適当なものを選べ、って安直すぎやしないだろうか。そういうのもあるってならいいけど、そればっかりなんだよ。

傾向と対策本はすぐつくれそう、である。

こげな本でファーストフード屋さんで勉強してました。20041115.jpg

知財関係者って相変わらずえらそーだな、ってのが感想。

・問題冊子持ち帰り禁止。
 →試験のノウハウ(?)を開かしたくないのでしょう。以前の弁理士試験のごとく。

・受験要項が不親切
 地図が正確じゃない。正門とやらが記載されているからそこへ行ってたら、「ここは入れません。北門に移動してください」どういうことよ。いろんな試験受けたけどそんなの初めて。この正門にいくのも迷った。大学だからどこからでも入れると思って駅から近い方に行ったんだけど、そうなってなかった。
 集合○時ときちんと書け。12:30~書いてあったから、それまでにいけばいいのかと思った。あれ、これは試験時間だと気づく。小さく、「試験説明がありますので15分前にご着席ください」なーにー。
 上記の主催者側の二重のミスにより、試験開始時間に始められなかった。

(ええ、ええ、でも、それは私が早く家を出れば済むことですね。はいはい。近いんですしね。事実、ほとんどの人が私の到着時は、基本事項のマークシート記入が終わっていましたよね。自己責任ってやつですか)

主催者は、難しい権威のある検定試験に仕立てたいわけだ。2級じゃなくて1級はね。弁理士会が後援ていうのもうなずける。弁理士試験はこれから難易度が低くなる。そして今、会の中核にいる人たちは、司法試験並の難関と言われたときに合格した方々。その恨み(?)をこの検定試験で晴らそうしているのでは。

いや、これは下司の勘ぐり。私もこの業界でまだ生きていくので、へたなことは言えない。書いてしまったが。

« 書談:昨日買った本041111 | Main | 生きてゆくわたし(1/2) »

「学問・資格」カテゴリの記事

「知的財産」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/1968807

Listed below are links to weblogs that reference 知財検定:

« 書談:昨日買った本041111 | Main | 生きてゆくわたし(1/2) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31