無料ブログはココログ

« 模様替え | Main | 書談:昨日買った本041202 »

December 03, 2004

"科学"と"学習"

モギケーンの日記で思い出した。
http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2004/11/post_46.html
(某掲示板では勝手にスーパーオヤジマン3号と呼んでいる)
(^。^)

小学校高学年のとき、区の科学クラブなるものがあった。
学校のクラブ活動じゃなくて、1校につき2,3名が募集され、何校かが集まって課外活動をするというものである。初めは理科専任教員の実験概論みたいなクラスがあって各自実験計画を立てて半年に渡って研究を行い、年度末に発表するというものである。全区大会みたいのもあって、多分、全都、全国大会みたいのもあったんでしょうね。そういうレベルじゃないから知らないけど。

なんかこう書いてるとスーパーサイエンススクールみたいだよね。小学生なのにすごいよねって思うでしょ。でも集まってるのが私程度ガキだからお遊びですよ。

私は「ゴムの研究」というのをした。子供のころから物質に興味があったんですな。身近にある、スーパーボールとか、輪ゴムとか、破棄処分の運動靴なんかを素材にした。酸性液体につけたり、引っ張って強度を測ったりした。もうここまで書いてネタバレだが、実験サンプルの形状とか重さとか全然揃っていない。圧縮機とか形成機とかはもちろんないわけだから、本来実験にならないものなんである。いくら小学生のやることとはいえ、よくこんなものが認められたものである。ちゃんと、指導しろよな、教員たちよ。こういう場合、植物や天体・気象観測なんかがよいでしょうね。小学生でもなかなかのものができるはず。

私は理科(物理・化学系のみ、植物とか動物は嫌い、地道を旨とする観測も嫌い)が好きだったんで、この応募を聞いたとき、すぐやりたいと思った。担任の教師はちょっと怪訝そうな顔をしていた(自分のお気に入りの生徒を推薦したかったみたい)。おとなしいというよりは自閉気味、授業中もぼんやりしていることが多く忘れ物ばかりする間抜けなお子様だったからだ。まあ、積極的なことはよいことだとその担任は思ったのでしょう。私の主張はすぐさま受理された。そんな奇特な子は私だけだったらしく、他のクラスや学校はこの応募人数を満たすのに苦労していたみたいだ。中には中学受験で心証がよくなるからやっておきなさいと暗に言われた子もいるらしい。

科学学習とはとてもいえないけれど、この体験はとてもよいものだった。あとから、中学高校に入ってから、ああ、あのときこうすればよかったんだと思うことが多い。物質研究するには原子・分子の概念が必要だし、文献である程度背景を知ることも欠かせない。また、別に科学者ではないので、自分の知っている範囲の事柄から探って何か発見をするという行為も重要である。半年とか1年の短期間においては、結果がある程度予測可能なことに挑戦するべきなのである。といったことである。

学習というのはある期間内にある事柄を習得することである。それは間違いない。でも、そのときわからなくても、後でわかるということもあるのだ。タイムラグ学習・熟成学習とでも呼ぼう。例えば、漢詩の丸暗記なんて役に立つとはとうてい思えない。特に現代は意味の分からないことを暗記させるのを嫌う。でも、暗記しようとしたこと、僅かでも残留した記憶が何れその人の人間形成に影響をもたらすのである。学校教育はいつもタイムラグ・熟成を見逃してしてまい、予測できない、配慮できないのでうまくいかないんではないだろうか。

なーんちゃって。

今日は教育評論家モードのわたくしでした。

« 模様替え | Main | 書談:昨日買った本041202 »

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/2138944

Listed below are links to weblogs that reference "科学"と"学習":

« 模様替え | Main | 書談:昨日買った本041202 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31