無料ブログはココログ

« 人気blogランキング | Main | 書談:『量子コンピュータ』ブルーバックス »

February 22, 2005

科学は誰のものか2

学習院大田崎先生HP「日々の雑感的なものタイトル付き」というのにいいことが書いてあった。
ここ

「人類が、その能力のすべてを尽くして、自然をできうる限りもっとも厳密に理解しようとして築き上げた壮大な(しかし、未完成の)体系が物理だったんじゃないのか? おもしろさを味わうためには、装備を整えて高い山に登るがごとき覚悟をもって、基礎を獲得しつつ高見を目指すしかなかったのではないのか?? もちろん、山の登り方が一通りでない以上に、物理のフロンティアへのアプローチは多彩であり、必ずしも皆が同じ道筋で基礎を身につけてフロンティアへ進む必要はない。しかし、どんな道を選ぼうと、それが険しく厳しい道であることに変わりはないはず。厳しいからこそ、本当の意味で、おもしろいのだ。」

とある物理本シリーズの批判なのだが。

そうだねえ。素人が物理を理解するのにも(素人だからこそ)装備が必要ですね。

でも、この批判されているシリーズ本嫌いじゃないのです。
買ったことないけどね。

「いずれも、百ページ前後のちゃちな小冊子。これで、何が書けるんだろうという感じ」

まあ、そう思うからなんだけれども。
ホントに知りたかったら、それで終わらない。次の本格的な教科書に挑むと思うわけ。
要するに間口としていいんじゃないかと。
(間口だけで奥には入れないようになっている、という批判なら当たっていると思う)

でも、このシリーズ自分の書棚に全部、もしくはたくさんあるとしたら、その人は間違っているかもね。

しかし、しかし、そうだとしら、そういう人の気持ちもなんとなく分かってしまう。装備を収集して満足してしまうのと、ちょいと似ている。

『人気blogランキング』に行きます。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

« 人気blogランキング | Main | 書談:『量子コンピュータ』ブルーバックス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然科学・工学」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 科学は誰のものか2:

« 人気blogランキング | Main | 書談:『量子コンピュータ』ブルーバックス »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30