無料ブログはココログ

« テレビの裏側 | Main | 今日は大雪、東京なのに、3月なのに »

March 03, 2005

特許侵害訴訟「一太郎」

職務発明に言及しようと思ったが、それより重要な判決が出ているのでそれについて。
「一太郎」くんのことである。
松下電器VSジャストシステムである。

私の感想は、松下ずるっこしいな、である。

今野浩氏は、これをソフトウエア特許を認めたことが因であると述べている(日経新聞2005年3月2日)。
今野氏はずっと以前からソフトは数式に結びつき、それを認めることは特許法の定義でもある「自然法則」を応用したものという根底が崩れてしまうと主張してきた。
しかし、それは極端というものである。ソフトウエアが科学技術である以上、特許法の下に保護されるのは、当然のことである。

それ以前に、みんな「特許」というものを過信している。特許庁という国の機関が認めたと思っている、法律上そうであるけれども。実際には一審査官、一人間が認めたにすぎない。この事実を軽くみてはいまいか。今野氏の記事には「裁判官は特許庁が特許を与えている以上十分に特許に値するものであるはずだと判断した」とある。裁判官は「特許庁の審査官」がと考えるべきなのだ。このように裁判所にまで上ってきた特許は是非を再び問われるべきであると考える。

また、誰もこんなことは言いはしないが、特許法は紳士的行為を前提に成り立っている。松下のようなことは誰でもしようと思えばできる。松下特許のようなことを特許明細書をつぶさに見ていけば絶対みつかるのである。しかし、それは面倒であるし、そんなことをするより製品開発をし、新特許出願を考えて方が効率がいい。第一、かなりネガティブな行為ではないか。松下は別のようだ。時間も金も余っているから、人を追い落とすことで金儲けをしようとしている。使わなくなった特許を盾に損害賠償を請求しているのだから。ここに注意してほしい。松下はジャストの製品によって不利益はないのだ。こんなこと特許法に照らし合わせなくても明らかではないか。法律に準拠しようとしまいと汚いことは汚いのある。

それを特許法(ソフトウエア特許の適用)の不備であるとか、裁判官の無知であるとか、いうのはずれている。

松下は汚ねえなっていう話である。
汚ねえ奴を基準に法律を改定していては切りがないではないか。

[ちょっと、今日はドラフト的に書いてみました。後々補正するかもしれません。2005.3.3]

『人気blogランキング』の投票にいきます。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

« テレビの裏側 | Main | 今日は大雪、東京なのに、3月なのに »

「知的財産」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31