無料ブログはココログ

« ほんとにつぶやき | Main | アクセス5000達成! »

May 09, 2005

NHK大河『義経』時子と政子

書く時間は無いけど、ネタはあるんよ。

昨日のNHK大河『義経』
清盛がいよいよ臨終。

夫人である時子に親族が詰め寄る。
「殿は何か言葉を残されませんでしたか?」
時子曰く、
「皆の者よく聞け。大相国様は仰せになった。この世に思い残すことは何もない。ただ、伊豆にいる頼朝の首をこの目で見ることができずにいることが無念である。大相国様のご恩に報いるために、頼朝の首打ちとらんがため直ちに出陣せよ」
一同、はははぁ~と伏せる。

うーん、これどっかで見たことある。
そうそう北条政子の承久の乱のときの演説じゃん。
「頼朝公の恩は海よりも深く、、、」
ってあれだよ。

時子もほんとにそう言ったのかなあ。平家物語に書いてあるのかあ。
何となく『吾妻鏡』を読んでから付け加えた気がするが。

でも、前にも書いたけど、平時子と北条政子は似ているよね。

渡哲也さん、清盛役ご苦労様でした。
素晴らしかったです。『西部警察』を凌ぐ代表作になったと思います。

『人気blogランキング』に投票して下さい。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

« ほんとにつぶやき | Main | アクセス5000達成! »

「学問・資格」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/4053705

Listed below are links to weblogs that reference NHK大河『義経』時子と政子:

» かのようにの哲学〜Philosophie des "Als ob" [夢のもつれ]
 森鴎外に「かのように」という小説があります。  華族の御曹司が神経衰弱気味で両親が心配しています。洋行でもすれば良くなるかと思って、ドイツに留学させたのですが、帰国してもあまり変わらない。実は御曹司は国史を自分の畢生の事業としようとしているんですが、その中で神話や上代を学問としてどう扱うか、それと皇室の藩塀たる「お父さん」とどう折り合いを付けるかで悩んでいるのです。その解決策として『�... [Read More]

« ほんとにつぶやき | Main | アクセス5000達成! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31