無料ブログはココログ

« やっぱり迷走していた。。。 | Main | たんなるつぶやき(TV番組) »

May 31, 2005

「情はあってもよいが、なくてもよい」

義経「わたくしは、家臣には情をもって接するべきと思います」
頼朝「家臣への情はあってもよいが、なくてもよい。情は必要だが第一ではない。私に従う者どもは、源氏にはゆかりのない御家人である。御家人が私に奉公を尽くすならば、その者達に所領を安堵する。私は、新しきもののふの姿、いや新しき国をつくりたいのだ」
(後半はうるおぼえ)

今回(第21話)の『義経』ひじょ~~にいいです。平安末期の政治状況、武将たちの思いの交錯が一気に見て取れ、密度の濃い内容になっています。
過去の大河ドラマでここまで当時の人々の心情を表現したものがあったのでしょうか。勉強になる番組であります。
これで、頼朝様の深き思想が理解され、悪役から脱することができるでしょう、
と右兵衛贔屓は思うのであるが、だから頼朝様は嫌われちゃうんだよね、
ともいえるなあ。
あれじゃ、血も涙もない人みたいだもんなあ。
判官贔屓がまた増えちゃうかな。

政子、あそこまで政治に口出ししてたのか、ってのがちょっと腑に落ちない。

中央志向の木曽義仲、
これ見ていると全然魅力的じゃないんだけど。
義仲も結構人気あるんだよね。
どこがいいのか。あのお馬鹿さんなとこがかわいいのか。

小池栄子がんばってるけど、巴御前、うざい。

でも、この時代、頼朝がいるから義経がいる、義経が活躍するから頼朝が光る、という気がいたします。光と影、政治上は頼朝が光だけど、大衆人気は義経が絶大だし。
コントラストがはっきりして、戦国時代よりおもしろいな。

バカ殿・宗盛、賢将・知盛もまたよろしい。
阿部ちゃん、素敵!

『人気blogランキング』に投票して下さい。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

« やっぱり迷走していた。。。 | Main | たんなるつぶやき(TV番組) »

「学問・資格」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/4352747

Listed below are links to weblogs that reference 「情はあってもよいが、なくてもよい」:

« やっぱり迷走していた。。。 | Main | たんなるつぶやき(TV番組) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31