無料ブログはココログ

« 書談:松本清張『ゼロの焦点』 | Main | 出会い(サイトぢゃないよ) »

June 07, 2005

『環境マネジメント』

今期はこいつを取りました。
さっき郵便局に行って、通信レポート速達にして送ってきたところです。
こないだの日曜日に初めてテキストに風を通した。。。
著者は岡敏弘、山口光恒、両先生

環境経済学+環境政策論みたいな科目です。そのまま環境マネジメントって呼ばれていますが。
レポートはLCA(ライフサイクルアセスメント)の投問に答えることと、ボモール=オーツ税の計算問題。これでいいんだろうかと疑いながら回答しました。
環境影響評価については、知財取引講習で特許評価というのを習ったので、その意味合いが理解できます。数値処理しているようですが、処理者の主観的価値観が入るので、そのまま信用はできないのです。

経済学を誤解している人が世の中には多いみたい。
経済予測、なんてのは経済占いと換言してもそう変わらない。
当たった、外れた、って普通に使うよね。
統計学とか難しそうな数学を使うから、その通りになるはずだと思っているらしい。そもそも、その数学をどのように適用するかは、その人の主観によるのだから。
当の数理経済学者は当然わかってやっていると思うが。
テキストでも「LCAの限界」って章があるくらいで。


なんでも、環境なんたら学ってつけるのは流行かい?!
と思っていたけれど、そうではなくて、それだけ、いろんな分野を総動員しなくては、環境というものはとらえられないのである。
自然科学がいくら定性・定量にすぐれていると言ったって、それだけではわからない。人間が生きている以上、経済も政治も関わってくる。もっと大枠な、哲学とか思想も環境を考える上では必要だ。
それだけいろんなエキスパートがいても
巨象を目をつむって数人で撫でているようなものであり、
(そういうことわざあったよね)
各々が違う感想を述べて全体像がわからないのである。
いやさすがに環境学は学際を越えて統合性を持とうとしているから、象の形くらいはなんとなくわかっているのだ。

そんなに楽しい科目じゃないけど、一社会人として、エンジニアリングの現場に勤めるものとして、有益な勉強だ。

前から読みたかった古林 英一著『環境経済論』も読むことにする。
bk1

『人気blogランキング-自然科学-』に登録しています。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

« 書談:松本清張『ゼロの焦点』 | Main | 出会い(サイトぢゃないよ) »

「学問・資格」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/4466382

Listed below are links to weblogs that reference 『環境マネジメント』:

« 書談:松本清張『ゼロの焦点』 | Main | 出会い(サイトぢゃないよ) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31