無料ブログはココログ

« June 2005 | Main | August 2005 »

July 31, 2005

環境マネジメントの試験

放送大学大学院選科の表題の科目の試験を受けてきました。
うぅー、中間レポートを出してから全く勉強できんかった。つまり、試験の出題範囲となるらしき後半(9~15章)1週間切っているというのに見てもいないという状況なのであーる。15章までなんとか読み終わったのが試験開始10分前、最悪である。対策も何もあったもんじゃない。
唯一の救いは、印刷教材持ち込み可なこと。
予想はできたが、地球温暖化の章で、米国が京都議定書に参加すべき根拠、その対策を問われた。
「独りよがりの考えではなく、教材から数値等を引用すること」
と明記されているのは、好感が持てた。
研究というのは、そういうものだから。作文するんではなく、参照文献を明らかにして自説を論じるのだ。
教材は充実しているというか、ただ読むだけでもしんどかった。
うーむ、もうちょっとちゃんと勉強したいなあ。環境マネジメント。
一応投問に答えて解答用紙を埋めたが、
たぶん、良くてぎりぎりC。
再試験の可能性もある。
自己分析するに、私が担当教官だったら、落とす、ような内容である。
いやはや。

『人気blogランキング』に登録しています。応援してくださいね。1日1回、ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 30, 2005

ディープインパクト

日本の科学啓蒙普及を担っている『サイエンス・ゼロ』だが、テレビだからと言って侮っていけない。それなりに真剣に見ないとレポートに真意は理解できないし、時には関連文書を探して読まなくてはいけない。

というわけでやっと見終わった「ディープインパクト」の回。
帰宅してからだと疲れて10分もしないうちに眠くなっちゃうんだねえ。井田茂東工大助教授が話し出すと。。。
(科学オタクと言ってもその程度です)

彗星に物体ぶつけて、飛び散った物質を探査機によって観測する、うーむ、ずいぶん思い切った実験だわい。私が興味を持ったのは、どうやって観測しやすいように衝突させるかの工夫。ちゃんと日向になるとこにしないと観測できないそうだ。おまけに1回発射でぶつけるのは難しいので、途中でジェット噴射して方向を変えることもしている。

私は一応エンジニアリングの人だからこれがすごいと思った。アイデアは昔からあったのかもしれないが、技術革新一定水準に来たからできたのかもしれないね。

まだ、観測結果を解析している過程だが、彗星生命飛来説を裏付ける方向になっているらしい。

そうそう私が言っているのはこういう研究なのだにゃあ。

でも、スペースシャトル、
週末のニュース番組で映像みたら、結構感動した(^^;)
まっ、有人探査もたまにはいいかな。

ディープインパクトの報告はここに詳しい

『人気blogランキング』に登録しています。引き続き応援お願いします。1日1回、ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 28, 2005

なぜ有人飛行か?

当方も科学系ブログなので言及しますが、実は興味ないです、ディスカバリー。無人探査機が一定の成果を出しているのに、なぜ有人飛行なのでしょう。大気圏外に出て何をやる気なんでしょう。いや、やるべきことは無数にあるとは思いますよ。しかしながら、膨大な予算と、時間と人件費、そして乗組員を危険に晒す意味はどこにあるのでしょう。
『ディスカバリー』、再び宇宙へ
まあ、
「優れた技術力という米国のプライド、米国の宇宙計画の命運、宇宙開発そのものの将来がかかっていた」
という無味乾燥なお題目でしょう。
タイルの破損
というのも技術的に十分か否かではなく、プロジェクトメンバーがそういう考えについていけないという現れでしょう。

もっと探査・観測機器に投資して、有人は10年に1回程度でよろしいのではないでしょうか。スペースシャトルに乗れば英雄ですからいくらでも乗組員は調達できますが。

宇宙への夢、結構だと思いますが、人間が地球から飛び出すにはまだまだ「未熟な」ような気がします。

スペースシャトルは手段であって目的ではないずです。もう少し考えるべきことがあるでしょう。何をか、って?それは専門家たる皆さんがお考えになってください。

『人気blogランキング』に登録しています。今後とも応援お願いします。1日1回、ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 27, 2005

漫画家集団CLAMP

漫画家集団CLAMP。
『カードキャプターさくら』なるものを書いている人がそんな名前だということは知っていた。それが複数の漫画家であることを知ったのはごく最近とむ影さんとこの掲示板。

その人たちがNHK『トップランナー』に出るというのでみた。

女性(たぶん30代中盤から後半)4人が映ったのを見て、
ああ、いるいる、女子校には必ずいる女性版おたくグループ。
いつも昼休みとか放課後に集まって見たことない冊子(コミケ誌つーんですか)を手にああじゃこうじゃ言っている人たち。
趣味がそっちに行っているだけでごくごくふつーのお嬢さん方のことです。

アシスタント制ではなく、独立した漫画家複数でグループをつくり1つの作品を仕上げる。マンガ大国日本であれば、容易に思いつくビジネスモデルでありますが、成功例はほとんどないでしょう。ましてアシスタントを使わないなってまずありえない。

漫画家はクリエータですから、独立心が強いはず。完全分業体制はなじまない。補助的な人を雇うにしても話から構成、作画まで一人したいと思うのが人情でしょう。事実CLAMPも最初は6人、漫画家になりたいという理由で2人出ていったそうです(その人たちはいずこ)

メンバーの一人が「漫画家に成れるとは思わなかった。向かないと思っていた」という発言しているのも興味深いことです。

なんで彼女らは成功しているのか。
解答はないですが、女性だけ、というのは一つの要因でしょう。
マンガ完全分業プロダクション制を作ったのはさいとう・たかをさんだそうですが、考えてみれば男の発想って気がしますね(ビジネス的発想というべきか)。女の子は仲良しグループでわいわい・がやがややっていきたい。もちろん、そんなのは学生時代の一時で生業になるとそうはいかないでしょう。

CLAMPはこれからどう変遷していくのでしょう。

なんか絵はさ、うまいんだけど、いかにもコミケ誌出身という感じはしますなあ。

『人気blogランキング』に登録しています。ぐすん、またランクが下がってきました。哀れな子羊に愛の手を。1日1回、ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 26, 2005

単なるつぶやき20050725

最近、つぶやきはテレビネタである。毎日更新は難しく、記事の内容も薄いような気がする。そもそも科学系ブログと名乗っていいのかという疑問もある。まあ、いいことにしよう。「ぷちっ」とな運動宜しくお願いいたします。

TBSドラマの『幸せになりたい』を見た。なかなかおもしろい。これはよそさそうだ。でも、べた。ああ、TBSってこうだよな、みたいな感じ。『女系家族』効果もありドラマTBS復活の兆しがあるそうだ。そうそう、べたが一番なんだな。でも深キョンと松下由樹を使ってあれかい?って気がしないでもない。そもそも、谷原章介(中途半端な男前)みたいドジというより、何か欠陥があるような男がテレビ局にいるであろうか。

『女系家族』録画したけど、怖くて見られない。
(原作小説もかなり怖い)

『女王の教室』なんだか、だんだんすごいことになっている。
(このURLを教えてくれたのははっしーさんじゃなくてKimballさんでした。失礼)
よく考えてみればこれは日テレ。
「同情するなら金をくれ」の路線ではないか。
別に不思議はなかった。

『人気blogランキング』に登録しています。応援してください。ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 24, 2005

オフコンをなぜ知らぬ

「死語」の世界があるとは知っていたが、こんな身近にあるとは。

とある異業種文化交流会にて、

アマサイ「OさんてN社で何をやられているいるんですか」

0さん「まあ、オフコンの調整ですね」

Mくん「オフコンてなんすか」

Tさん「わかんないですよ。専門用語使われても」

アマサイ「えっ、、、、」

Oさん「えっ、オフィスコンピュータですよ、知ってますね、アマサイさん」

アマサイ「もちろん、君たちはなんで知らないわけ???」

Oさんは私と同年代(だと思う)
Mくんは24,5歳(医学部卒)、今年就職した。
Tさんは30代前半、Mくんの先輩である。

オフコンて専門用語じゃねーよ、一般語だろうが、
と思っていたが、今はオフコン使わないのである。
数年前からすべてパソコンに置き換わっている。
Oさんの部署も顧客から数年間は保守してほしいと言われていて存続しているものである。

はあ、ちょっとびっくりした。
私もオフコンのある会社に勤めたことはないが、常識として知っている。

朝カルで博士課程在籍、やはり20代のMさんにも聞いてみたが、分からなかった。略語とわかってもどの分野のものかは見当がつかないといった感じだった。「科学用語ですか?」と聞き返されてしまった。「コン」はコンピュータの略とも思われないようだ。

考えてみれば、これは死語の世界ではなく、死物の世界のようだ。

ふーむ。

ところで、上記文化交流会の現役作家A見さん
「(オフコンて)アマサイ語、なんじゃない?」
とは酷い物言いでないか(^^;)。
その昔、OLだったころお使いになりませんでしたか、
コンピュータ。
それがたぶんオフコンですよ。

・IT辞典 オフコンとは

・オフコンシステムの移行

・NECオフコンの最新情報(個人ページ)


『人気blogランキング』に登録しています。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 23, 2005

竹内薫講演会+サイン会

竹内師匠が初の?サイン会をするので宣伝をば。

------------------

■講演会タイトル■
「竹内薫 講演会 ~ループ量子重力入門 刊行記念~」

■講演会日時  8月19日(金曜日) 18:30開演 (18:00開場)
*講演は1時間程、その後ご希望の方にはサインも致します。

■講演会会場  三省堂書店神田本店8階特設会場

■参加条件   三省堂書店神田本店5階にて、上記書籍お買い上げの方先着60名(最大80名) に整理券を配布

------------------

普通、いつも難しいものを書いている人は一般向けにターゲットを広くして書いたものでサイン会を開くのだが、ループ量子重力ってわかる人、何人いるのか。大丈夫ですか、先生。

補足:ぐぐってみたがループ量子重力を適切に解説しているらしい日本語ページはないようだ。師匠の仕事はこの分野の先駆的なものとなっている。

『人気blogランキング』に登録しています。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 22, 2005

頼朝像は頼朝様でないの?

NHKの『新日曜美術館』いい番組なので毎回みたいが、TVを見る時間はなるべく減らしたいという理由でわたし的にカットになっている。

が、これは見ねばなるまい。
頼朝像、偽物説を扱っているのだから。
偽物というのは誤謬ですな。頼朝ではないく尊氏の弟足利直義であるという説があるということである。見てから時間もたっているのでおぼろげながらになっているが、

・現行頼朝像支持派
 鎌倉幕府成立後数十年後に書かれたとする。根拠はそのように伝わっている、という他にその時代に流布した中国の画法を取り入れている。さらに百年以上も時代が後になるとはまず考えられない。

・足利直義像支持派
 この時代は、原画を描いてそこから肖像画や木像彫刻をつくる。足利家の人々の木造像は頼朝肖像画に非常によく似ている。一方現行残っている頼朝の木造像は僅かに残っているがそれと肖像画は全く違った印象である。

ということらしい。細かい点は
米倉 迪夫 『源頼朝像-沈黙の肖像画』

を読むしかないと思う。

うーむ。私には似ている、似ていないは個人の認識による違いであって、それを根拠にすることはできないと思うが。米倉氏は「似ているでしょう、明らかに」と言っていたが、そんなこと言ったら、足利一族みんな似ているじゃんねえ(^^;)。

さらに米倉氏は「美術の手法ばかり強調されて、似ている、という誰しもわかることが見逃されてきた」と発言している。

なんかねえ、それを言っちゃおしめえよ、という気がするけどねえ。

ザンバラ頭で乗馬する足利尊氏もほんと違うという話だが、
尊氏さんはどうでもいいんで、頼朝様は、あの頼朝様でないとね、
と思う右兵衛びいきのアマサイである。

ありのみ01505さん他いろんな人がブログでこの話題を載せています。

『人気blogランキング』に登録しています。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 20, 2005

アジア共通教科書はできるか?

欧州では共通歴史教科書なるものが出版されているそうだ。編者の一人フレデリック・ドゥルーシュ氏のインタビューが新聞に載っていた。

どれだけの学校が採用しているのか、基本教科書としての位置づけられているのか、知りたい点はいろいろあるが、そのようなものが実際に出版された意義は大きいだろう。

欧州統合なんて絶対無理、というのが一般論ではなかったろうか。東西冷戦構造の崩壊と、米国やアジアに経済的に対抗しなくてはいけないという危機感が動機だろうか。

としてみると、アジア共通歴史教科書をできないのか、と誰しも考えるところであろう。
ドゥルーシュ氏も家永三郎氏や北京大学教授、ソウル大学教授らと提案したそうである。日本の出版社からは時期尚早ということでうやむやになったようだ。

うーむ。無理でしょう。日朝、日中の関係があげない具合だと。

っていうか、アジアってのは、確か欧州の地理学者が勝手にした「区分け」であって、アジアは1つという概念はないのではなかろうか。欧州はかつてローマ帝国という1つの時代があったわけで、そういう意味からは何か精神性の統合を保ちやすいのである。

このあたりはいくらでも議論があろう。

で、歴史が無理なら、数学や理科はどうでしょうね。国が変わったからといって四則計算やニュートン法則が変わるわけではない。アジアは概ね教育熱心なのであまり障害がないような気がする。

うーんと分厚いやつを作ってかなり学年の幅をもたせるようにすればいい。

あの日本の質の悪い絵本みたいな教科書は止めよう。
なんで、日本人は簡単→薄い教科書、なんだろう。
厚さと難易度は比例しないと思うが。
いいかげん気づくべきである。

『人気blogランキング』に登録しています。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 18, 2005

民放科学番組

日本テレビでやっていた『記憶のちからⅡ』の録画をやっと見終わった。ほとんど義務感で。ネタはこの手のものが好きな人は機知の情報だろう。大してこの分野には興味のない私にとっても新しい事実または為になることはあまりなかった。なんか、つぎはぎ感を拭えない。
(強いていえば、デジャブは前頭葉の誤動作、というのを詳しく知りたかった)

他の民放科学番組にも言えることだが、なんか間延びしてないだろうか。視聴者を飽きさせないためにアニメを挿入したり、有名タレントが司会をしたりしているが、あまり効果的でないように思う。しかし、そういうのがあるから科学番組でも見られるという人も数多くいるだろうから、欠点とはいえないのかもしれない。

比べること自体間違っているとは思うが、その点、NHKのものは大抵納得がいく科学番組を作っているような気がする。ええ、どうせ科学オタクですからあまり気にしないでください。

20数年前カール・セーガンの『コスモス』を放映したのは確か某民放。制作したわけじゃないけれど、最新科学を積極的に伝えよう意思が民放局側にあったのではないか。近年の民放の作り方には、科学にはあまり夢を託せないという心情の現れ、という気がしないでもない。理科離れはあらゆるところに存在している。

『人気blogランキング』に登録しています。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 17, 2005

なんか違うと思うんですけど

はっしーさんが
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050716-00000020-spn-ent
の件について書いてね、とおっしゃるので。

これには賛否両論と書いているが、
どっちもおかしいでしょう。

真矢先生の理論
「日本で優遇されてるのは全体の6%。そのなかに入るには勉強して成績を上げろ」
はほんの局所的に適用されるものであって、一般論化できない。
仮に勉強していい学校入って、東大のことでしょうね、その中のどれくらいが国民を牛耳る側になれるのか、甚だ疑問です(東大入ってもどうやら搾取される側にいるらしい人と月二回お会いしているので。。。)。その6%の半分以上が有名校出身だというデータがあれば説得性も出てきますが、そんな現実はないわけで。東大行ったって大抵は会社員か官僚になるわけだ。それで高級官僚(事務次官?ですか)になれば、搾取する側になれるでしょうかね。国会議員、大臣になれば、搾取する側ですか?私はそんな気がしないんですけど。そもそも6%って何やっている人の数?

有名校の学歴が社会ピラミッド(私は日本にそんなものはないと思うのですが)の上にいく、アイテムにはなるけれど、パスポートにはなり得ないと考えています。
(この場合、東大より有名私立大の方が「強いアイテム」ではなかろうか)

真矢先生は正しいと発言する視聴者は何をもってしてそう言っているんでしょうね。

そして反真矢先生の方々。
いや、これドラマだからさ。たぶん、生徒たちが真矢をやっつける結末に進んでいくのでしょう。水戸黄門と同じで、悪さをしてくんないと印籠だせないでしょう。人権侵害の行為だ、放映するな、って言っている人いますけど、だから退治されるわけで。
真矢先生のことですから、完璧にはやられないと思いますけどね。

(天海ちゃんと同じ宝塚出身の真矢みきと同じ「まや」ですが、これはわざとでしょうか)

『ドラゴン桜』の桜木も真矢理論に近いですが、こちらは、東大バカにするなら東大に入れ、ブスとバカこそ東大いけ(芸のないやつは大学にいけ)という考えですから、まだ、加担できる考え方です。

しっかし、今頃、東大に入れば「持てる者」になれるって誰が信じるんでしょうね。

『人気blogランキング』に登録しています。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 16, 2005

1憶3千のマーケット

「我が国には、「技術力」だけでなく新しい事業をインキュベートする(孵化させる)だけのマーケットサイズもあるのです。アメリカは日本の約2倍の2憶8000万人の人口を擁しますが、可処分所得は、日本の方が大きい。中国の人口は、13憶と言われながらも可処分所得はそんなに大きくない。韓国は、4700万人で日本の40%にしかすぎませんし、ヨーロッパには、日本より人口の多い国はありません」
三洋電機社長・桑野幸徳 『日本にしかできない技術がある』片山修著より

そうなんだよね。1憶3000万人ってすっごい大きいと思う。狭い日本とかいうけど、それだけで1つの世界と呼んでいいほど大きな共同体だと思う。技術の世界だとまず日本で全部できちゃうでしょう、みたいな。桑野さんは液晶も日本がこれだけ大きなマーケットだから開発できたのだと言っている。日本の家庭の多くは買おうと思えば液晶テレビ変えちゃうでしょう(いや、もちろん家庭個々に教育費とか家賃とかいろいろ事情があるにせよ、ね)

単一民族・単一思考とか言われているけれど、そんなバカな話はないのであって、1憶もいれば、多種多様な考えがあるはずだ。それでも、アメリカなんかに比べれば、そんなにばらつきはないという意味だとは思う。だとしたら、国家として発展していく上で、単一うんぬんはむしろメリットであるはずだ。生産性を上げよう、リスクをとろうという動きになったらがーっとその方向に行って国、国民自体が豊かになるはずだ。まあ、人間はそんな合理的には動けないので、ネガティブな方向に行きがちで、それが先の大戦なのだけれど。

特にマーケットが大きくていいのは、言語、小説の世界である。日本語を話す人口は多く、言語別にしたら、世界ランキング上位になるそうだ。国連公用語にしようと提唱している人もいる。そういう方向性もいいかもね。日本語人口が多いために、多種多様な文学が読めるというのは利点である。さらに海外ものの翻訳もそれなりに入ってきている。本屋の棚では翻訳物は分が悪いっていうけどね。英語原語がほとんどだとは思うけれど、何ヶ国ぐらいものが市場に出ているのだろう。非常に興味深いことである。マイナー言語だからといって軽視することはないだろう。韓流ブームでドラマの原作やノベライズがこんなに本屋に取りそろうなんてだれが考えただろうか。

国際化とかわけのわからないベクトルでいくよりも、世界を日本に取り組むくらいの思考がこれからは必要であろう。

『人気blogランキング』に登録しています。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 15, 2005

やっぱり怖い『女系家族』

怖い、怖い、ドラマ『女系家族』やっぱり怖い。

「あの人に子供が生まれたら10憶上げなくてはいけないのよ。それを考えたら1000万円なんて安いものよ」
高島礼子、鬼のようだ。(もはや役名は忘れている)

「ちょっと帯が緩いんじゃないかしら。着物を美しく着るには多少の苦しさは仕方ないわ。もっとぎゅっとやってみて」
おーい、文乃が妊婦と知っているだろうーが、瀬戸あさかぁ~。

「あら、私たちは貴方に子供を堕ろせといっているわけじゃなのよ。矢島家を背負っている私たちがそんなことするわけないじゃありませんか」
ひゃ~、からくりTVでボケかましてる浅田美代子とは思えん。

第2話はこんなふうだったわけだよん。

原作の山崎豊子氏は「本書は唯一私の作品でモデルのないもの」と言っている。
そんなわけは絶対ないと思うね。三姉妹の呉服屋というモデルがないだけで、大阪で自分が見聞きしたことを組み合わせて矢島三姉妹を作っていると思うね。
でも、それさえも公言してしまったら、モデル探しでえらいこってす。

怪談より怖い『女系家族』真夏に向かって涼しさ全快!

大映映画の若尾文子主演の『女系家族も見てみたい』

『人気blogランキング』に登録しています。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 14, 2005

トンデモ科学事始め@自分史

『失われた文明 一万二千年前の世界』(講談社現代新書)
http://www.bk1.co.jp/product/65116
アレクサンドル・ゴルボフスキー著
中山 一郎訳
が中学生のときに感銘を受けた一冊である。
とある秘密結社(*)で「お薦めの3冊」を発表する機会があったので、お薦めいたしました。
はたと気づいたが、
これってトンデモ本なんすか。
洪水、古代高度文明、神話は
トンデモ歴史書の三要素だそうで。

うーむ。子供でもそんな感じはいたしましたが、
紛らわしいです。そんなもの、講談社現代新書に入れないでください。
なんかロジカルに書いてあったようなので信じてしまった。
いえ、それ以来再読していないのでよく内容は覚えていないのです。

↓このサイトには結構まともに扱っていました。
http://www.spaceguard.or.jp/asute/a19/Special19H/Special19.html
ここがどのようなHPかはイマイチわからないのですが、

Gorbovski Aleksandr Al′fredovich
で調べるとロシア語らしきページがたくさんヒットするです。
読めへん。

私がトンデモ科学を好きな子供であったことは認めます。でも地球外生命(宇宙人)が古代文明を創造したとは信じてませんでした。もちろん、今も。

*秘密結社なので詳細を明かすことはできない。ただ猫に関わるネーミングであることは開示してもよいだろう。分かる人には分かる、分からない人には分からない。


『人気blogランキング』に登録しています。応援してくださいね。1日1回、ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 12, 2005

"造反"議員?!

何に対しての造反なんでしょうねえ。
党内の派閥ですか。それは造反て言わないでしょう。
議員が対峙するべきは国民であって、国民のためになるかならないかで票を投じるべきでしょうね。私利私欲のために郵政民営化に反対するのならば「造反」です。
議員自体はそう考えていない、考えているように見えないのがいけないのですが、マスコミもわざと論点をずらして報道しているように思えますね。
政治離れするように作為的にニュースを作っているような気がします。

政治を監視するには、まずマスコミのバイアスを解除していかないと。

『人気blogランキング』に登録しています。いつも応援ありがとうございます。1日1回、ぷちっとな、お願いいたします。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 11, 2005

またもやゆとり教育について

日経に大きく教育記事が載っていた。
ゆとり教育→改悪教育推進の張本人と言われる寺脇研も久々登場(つーか私は1年ぶりくらいに紙面で見た)別に変な人ではないと思う。官僚として真っ当である。ただ彼の所属している文部科学省が異常なので彼も変な人に見えるだけである。。。

「学力が下がり子供の心が荒れ、家庭や地域の状態も悪化したのなら、ゆとり教育は失敗だったと言えるがまだそうではない。失敗しでない以上、責任はない」日経2005年7年10日

ね、官僚以外こんな言葉はかないよね。「売り上げが激減し、事業部を縮小し、大幅リストをやった上に会社更生法を適用されるような状態でなければ、失敗ではない。失敗でない以上、私に引責する理由はない」って会社社長が言っているのと同じと思いませんか。
そりゃそうだよね。文科省の打ち出しが悪くて、青少年の犯罪率が上がったって立証できないよね。つーかさ、そうなったらもう遅いじゃん。じゃあ、教育の成功って何?何か具体的に示してくださいよ。子供が心豊かになった、じゃわかりませんよ。なんていうと教育効果とは、数値や具体的記述で示せるものではない、っていう逃げ道が用意されているんだよね。

そんなこと議論したって仕方がない。現行教育の問題点は、文科省と教育現場が分離していることにあるのだ。現場の声は全然、指導要領に反映されないし、役人も現場は知らない(視察なんてお利口さんな学校のお膳立てした授業しか見ないんだし)。だから交流させればいいのだ。文科省の役人は、学校の教員を経験することを義務付け(2年くらい)教員には文科省に勤務できる枠をつくる。別に最善策ではないけれど、閉塞状態を改善することができるのではないか。

前も書いたけどさ、こんな前時代的なこと通用しているのは日本の文科省だけだよ、絶対。なんとかしろ。

『人気blogランキング』に登録しています。いつも応援ありがとうございます。1日1回、ぷちっとな、お願いいたします。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 10, 2005

負け犬という誤用

昨年の『負け犬の遠吠え』という本。
こんなものは売れるわけがないと思った。
30歳以上・独身・子無しの女性は負け犬だそうな。
ふざけんじゃねえ、と思うのが普通でしょ。
でも、そこそこ売れて、流行語になって、ドラマまでできた。
どういうことよ。

本内容は一種の女性論的エッセイになっているらしい。
もちろん、私が読むわけないだろうが。
内容なんてどうでもいい。この負け犬という単語が問題でしょう。

作者が女性で、自分も負け犬だと認めているところが、この単語が流布した要因であるらしい。そして、使っているのも女性らしい。
(らしい、と続くのはテレビでそういっているだけで、私の周辺でそんな用法を使っている人間はいないので)男性が書いたものなら別の意味で否定的な意味で話題になっていただろう。
流行になることを見込んでタイトルをつけたのだとしたら、この作家(or編集者)はかなり偉い。

でもどうして日本人はこう自虐行為が好きなんだろうね。
誰か心理分析してちょうだいな。

なぜ今頃、こんなことを書くかというと先日の日経に米国人の学者(K・キャンベル氏)にインタビューしているんだな、日本の家庭論みたいのことを。
「日本では負け犬と言われたりもしますが」という問いに対して
「米国には『負け犬』に相当する言葉はありませんし、私は結婚しないことが『負け』」とは思いません」と解答するのだ。

そりゃそうだろう。
恥ずかしいだろうが、そんなこと聞くなよ、外人さんに。
日本通だから意味するとこがわかってくれたのかもしれんが。
彼は(日本人)男はもっと積極的に家庭にかかわるべきだと主張している。
ああ、なんでこんなこと外の人に言われきゃならないんだ。

でも、キャンベルさん、「負け犬は男のせい」と断言してくれてありがとう(記者の編集だけどね)。その通りであるし、先進国と呼ばれる国でそんな指摘をうけるのは日本だけでしょう、たぶん。

日本の自虐的表現を世界に知らせるのはやめないさい。>日経新聞

今日の新聞によると、先の本は34万部の売上げ、酒井順子氏は続編を出したようだ。

『人気blogランキング』に登録しています。いつも応援ありがとうございます。1日1回、ぷちっとな、お願いいたします。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 09, 2005

『女系家族』

文庫本買いました。ドラマの初回は後半しか見ていないので、
・長女が出戻ったのはなぜか、
・次女の婿は如何にして社長候補になったのか、
・亡くなった主は如何なる人物か、
など分からない点が多い。これから明らかになることもありましょうが。しかーし、ドラマはやっぱ無理がある。昭和三十年代を今にして、舞台を大阪から東京日本橋にするなんて。。。
すでに小説の背景となっている時代に矢島家は「他の家に比べても異常」であったわけなので。今の日本橋にあんなに手広く商売をできる家などあるはずがない。。。

『人気blogランキング』に登録しています。いつも応援ありがとうございます。今後とも、1日1回、ぷちっとな、お願いいたします。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 07, 2005

単なるつぶやき050707

元子ママでしっかり悪女が板に付いた米倉凉子。
次になる作品は『女系家族』かぁ。
原作は読んだことないけど、さっきちらっとテレビを見た感じ、恐ろしげ。
なんかドラマポスターも怖いもんな。
クールな弁護士をやっていた瀬戸朝香ちゃんもすごいセリフをはいていたなあ。
まあ、高島礼子はもうとっくに、極道の妻だし。

米倉って、悪女顔だよね、あのくっきりした目鼻立ちがさぁ。
だいたい2年前にやったタケゾウの女ってのが無理があったよねえ。
あのときは、新しい武蔵像をつくるために脇役もあえて現代的な人を使ったんだろうが。
でも米倉の『奥様は魔女』はよかったよ。

おっ、そう言えば、タケゾウをやった歌舞伎役者とはどうなったんだ。

* * * * * * * * *

天海ちゃんの教師もの『女王の教室』。おもしろいんだけど、暗いなあ。
天海ちゃんは見ていてスカッとする役がいいんだよねえ。
今回は新境地を開くということで女優としてランクアップできるでしょう。

以前娘役をやってた子が教え子になるんだぁ

教師といえば阿部ちゃん。
『ドラゴン桜』期待しとるよ。

『人気blogランキング』に登録しています。いつも応援ありがとうございます。今後とも、1日1回、ぷちっとな、お願いいたします。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 05, 2005

都議選を終えて

争点がないと言われた都議選だが、そもそも、近年地方自治選に具体的なテーマがある方が珍しい。もちろん、不透明な未来に提議すべきことはたくさんある。私たちは、区市町村/都道府県レベルの政治をもっと厳重にチェックすべきである。地方自治を国政の足がかりにしか考えていない新米区議出身者は近い将来手痛い審判を受けることは間違いないだろう。

私の応援した人はひとまず当選したので万々歳。

共産党が自身の目標に届かなかった理由を
「二大政党が政治不信を招いた」と言っている。
要するに、投票率が低かったので、自分たちの票が延びなかったと言っているのだ。
あほちゃうか。
二大政党の反投票として共産党はあるんとちゃうの。あんたたちが出馬したら本来は投票率が延びるんと違うの。
自分たちが力のない、やる気のないことを他党のせいにしてどうするよ。
さっさと党自体を解体してしまえ。

一番あほなのはこの男
当初から予想していた最下位争いを展開し、敗れました。
ほう、よかったやないか。
予想が当たって。
どこ遊説したの?車さえ1回も見なかったよ。
同じ党のおばちゃんは、必死こいてたよ。形振りかまわなかったよ。
(まあ、当選してほしくなかった人だけどさ)
うたれ弱いなあ。所詮苦労知らずのぼんぼんなんだよね。
この政党、この手の男多いよね。

珍しく政治的発言でした。

『人気blogランキング-自然科学-』に登録しています。着々と票が増えています。これからも応援してくださいね。1日1回、ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 03, 2005

ネットが繋がらない理由

2,3ヶ月前から、電話をかけるとジィジィとノイズがしてた。インターネットの繋がりも著しく悪い。電話回線の工事をしていたからその影響であろうか。先日はたまたま家にいたので、NTTに問い合わせてみた。管理側は異常がないそうである。そちらの回線をみないと原因がわからないと言われた。次の休みでも来てもらおう。なぜか、NTTにかけてから音がしなくなり、ネットの繋がりも向上した(やっぱ、NTT側になんかあったんじゃない?)。

放って置いた。とすると突然、月末になって再びノイズの大合唱となった。ネットなんか使用できる状況ではない。そして、30日、ぷつっと切れた。電話も通じない。慌てる、慌てる。で、ふと、棚を見たら、先月の電話代の請求書が。「はっ?ノイズは請求期限が切れたらからかい?」そんなばかなと思ったが、払わねばいけないものだからコンビニで支払った。


さて、今日は土曜日。どこにお願いすればいいのやら。そもそも電話ができないのだから。通常の113とかを携帯からかけると使用しているauのサービスセンタに行ってしまう。請求書の用紙をよくよく見ると0120でかかるところがあった。早速お電話。二時間ほどで修理に来てくれるそうである。

で、結論。
接続側のモジュールコネクタ内の接続端子が腐蝕、つまり金属疲労/老化していたんである。そうだよね。ありがちだよね>って気づけ!自分。
NTTの初期のコネクタでかなり旧式らしい。サービスマンのおじさんの話によれば。

はあ、これで通常のネット生活が送れる。やっぱ光ファイバにするかな。

でも、月末に切断されるってなんかできすぎてない?


『人気blogランキング-自然科学-』に登録しています。着々と票が増えています。これからも応援してくださいね。1日1回、ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

July 02, 2005

アクセスできず

パソコンが使えない状況。どうしようかと思ったが携帯があった。はぁ、でも右手疲れる(-_-;)。復旧するまで↑↓上か下をぷちっとな、して投票していただければうれしいな(^_^;)。ずうずうしいアマサイ。

« June 2005 | Main | August 2005 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30