無料ブログはココログ

« やっぱり怖い『女系家族』 | Main | なんか違うと思うんですけど »

July 16, 2005

1憶3千のマーケット

「我が国には、「技術力」だけでなく新しい事業をインキュベートする(孵化させる)だけのマーケットサイズもあるのです。アメリカは日本の約2倍の2憶8000万人の人口を擁しますが、可処分所得は、日本の方が大きい。中国の人口は、13憶と言われながらも可処分所得はそんなに大きくない。韓国は、4700万人で日本の40%にしかすぎませんし、ヨーロッパには、日本より人口の多い国はありません」
三洋電機社長・桑野幸徳 『日本にしかできない技術がある』片山修著より

そうなんだよね。1憶3000万人ってすっごい大きいと思う。狭い日本とかいうけど、それだけで1つの世界と呼んでいいほど大きな共同体だと思う。技術の世界だとまず日本で全部できちゃうでしょう、みたいな。桑野さんは液晶も日本がこれだけ大きなマーケットだから開発できたのだと言っている。日本の家庭の多くは買おうと思えば液晶テレビ変えちゃうでしょう(いや、もちろん家庭個々に教育費とか家賃とかいろいろ事情があるにせよ、ね)

単一民族・単一思考とか言われているけれど、そんなバカな話はないのであって、1憶もいれば、多種多様な考えがあるはずだ。それでも、アメリカなんかに比べれば、そんなにばらつきはないという意味だとは思う。だとしたら、国家として発展していく上で、単一うんぬんはむしろメリットであるはずだ。生産性を上げよう、リスクをとろうという動きになったらがーっとその方向に行って国、国民自体が豊かになるはずだ。まあ、人間はそんな合理的には動けないので、ネガティブな方向に行きがちで、それが先の大戦なのだけれど。

特にマーケットが大きくていいのは、言語、小説の世界である。日本語を話す人口は多く、言語別にしたら、世界ランキング上位になるそうだ。国連公用語にしようと提唱している人もいる。そういう方向性もいいかもね。日本語人口が多いために、多種多様な文学が読めるというのは利点である。さらに海外ものの翻訳もそれなりに入ってきている。本屋の棚では翻訳物は分が悪いっていうけどね。英語原語がほとんどだとは思うけれど、何ヶ国ぐらいものが市場に出ているのだろう。非常に興味深いことである。マイナー言語だからといって軽視することはないだろう。韓流ブームでドラマの原作やノベライズがこんなに本屋に取りそろうなんてだれが考えただろうか。

国際化とかわけのわからないベクトルでいくよりも、世界を日本に取り組むくらいの思考がこれからは必要であろう。

『人気blogランキング』に登録しています。よかったら押してください。ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

« やっぱり怖い『女系家族』 | Main | なんか違うと思うんですけど »

「学問・資格」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/4996189

Listed below are links to weblogs that reference 1憶3千のマーケット:

« やっぱり怖い『女系家族』 | Main | なんか違うと思うんですけど »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31