無料ブログはココログ

« 映画『マダガスカル』 | Main | フィルム映画とCG »

August 29, 2005

理系女性の未来

ヨミウリオンラインより
「文部科学省は来年度から、女子高校生の理工系進学を促進する事業に取り組む。将来の女性研究者・技術者の育成につなげる狙いがある。
(中略)同省はこれとは別に、約2億2000万円を新規に要求し、女性研究者が出産・育児休暇を取った後で研究に復帰できるよう、」
まあ、やらないより良いってか。
補助金は重要でしょう。でも復帰して、以前の仕事そのままやれせてくれんの?
大事なのは意識改革だと思うけど。
独立法人の研究所に勤める人ってすべてに保守的かもね。
日本のアカデミズム自体が保守的だってか?
それを言っちゃおしめぇよ。
私も正直名案は浮かばない。
現状理系の職場を改善して、それをアピールしていくこと。
成功している先輩が増えれば、徐々にでも志望者は増えると思う。
森山さんのいう「かっこいい女性」ってのはたぶん違うと思う。
かっこいいっていうより普通の仕事なんですよ、地道な仕事なんです、企業への進路と同列の選択肢と考えてください、みたいな方がよくなくなーい?

弁護士って法廷で議論することなんかまずなくって、デスクワーク、書類づくりが主な業務だとか、
医者は知的労働者というより肉体労働者だ、とか世間のイメージと実際の差みたいなものは結構知られつつあるが(えっ?そうでもないってか?)、
研究者は外から漏れ伝え聞くことがほとんどないってのが実状ではないの。

技術者は(っていってもいろいろあるけどさ)あんまり問題ないんじゃない?
(技術者=企業の理系会社員って感じ)
職人ってくくりにすれば、女性に向いていると思うよ。
理系研究所の研究者って魅力的な職場と思う?
私は頼まれてもいやなんですけど(誰もリクルートしてこないと思うが)。
たいへんなことばっかりで楽しくなさそう。
研究が好きだから、ってだけでは我慢できないことが多そう。イメージとして。

やっぱり、理系研究自体があんまり魅力でないでは?
「かっこいい女性」より、研究室にはいい男性(イケメンって意味じゃなくて、いやイケメンでもいいんですけど(^^;)人間としてすばらしい方がたくさんいるよってアピールできないと難しいですね、文科省プラン。

『人気blogランキング』引き続き応援お願いします。1日1回、ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】(^_^)リンク集をここ作ってあります。

« 映画『マダガスカル』 | Main | フィルム映画とCG »

「ものの考え方」カテゴリの記事

「自然科学・工学」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/5691716

Listed below are links to weblogs that reference 理系女性の未来:

» トラックバ [sachiko17]
トラックバック;理系女性の未来 [Read More]

« 映画『マダガスカル』 | Main | フィルム映画とCG »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30