無料ブログはココログ

« JBDF20周年記念イベントのご案内 | Main | アクセス数3万達成! »

October 31, 2005

書談:『ホーキング、宇宙のすべてを語る』

■『ホーキング、宇宙のすべてを語る』
著者:スティーヴン・ホーキング、レナード・ムロディナウ
翻訳:佐藤 勝彦
出版社: ランダムハウス講談社
----
まあ、読んで損はないなという著書である。宇宙論の過去、現在、ちょっと未来が書かれているのは案外ない。宇宙論を何冊か読んでいる人にとっても有益だと思う。オンライン書評家が「肩すかし」と述べていたが、そんなことはないだろう。玄人は玄人として、素人は素人として得るところはあるはずだ。邦題の「すべてを」は私もうそつき!と思うが原題は"A Briefer History Of Time "なのだから、合っている!わけである。

本著だけでも満足できるし、好奇心のある人にはもっと勉強したいと思わせる、やはり良書であろう。相対論、量子宇宙論、超ひも宇宙等を深く知りたければ、それらの啓蒙書が出ているのだからお買い求めになればよいわけである。

「第1章 宇宙について考える」「第3章 科学理論の本質」は本書に重厚さを与えている。歴史を時系列に並べているだけではないのだ。一貫して、宇宙の誕生に神は必要ないよ、言っているようにも思えるのだが、深読みでしょうか。

私だけでなく、多くの人がそう思っていると思うが、
ホーキングの著作・論文をムロディナウさんが編集したわけでしょ、と。
ええ、もちろん、そうであっても、共著に違いないですけどね。

本著の最も正しい使い方は、
原著とオーディオCD(アマゾンさんで売ってます)も購入して、
英語の教材とすることである。間違いない!

序文
第1章 宇宙について考える
第2章 進化する宇宙像
第3章 科学理論の本質
第4章 ニュートンの宇宙
第5章 相対性理論
第6章 曲がった空間
第7章 膨張している宇宙
第8章 ビッグバン、ブラックホール、宇宙の進化
第9章 量子重力理論
第10章 ワームホールとタイムトラベル
第11章 自然界の力と物理学の統一
第12章 結論


『人気blogランキング』引き続き応援お願いします。1日1回、ぷちっとな。【押す】

【アマサイは勝手に2005年国際物理年に参画しています】
(^_^)リンク集をここ作ってあります。

« JBDF20周年記念イベントのご案内 | Main | アクセス数3万達成! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/6768340

Listed below are links to weblogs that reference 書談:『ホーキング、宇宙のすべてを語る』:

» 自然科学とその面白さ [自然科学と、近頃の私]
最近、科学関係の雑誌を読んでいると、よく、宇宙の話を目にします。 ※その手の議論それ自体がお好きな方には、これ以上は余計なことだろうと思います。他人様が何を楽しいと感じられるかまでは、口を挟むつもりはまったくありません。 ですが、僭越かもしれませんが....... [Read More]

« JBDF20周年記念イベントのご案内 | Main | アクセス数3万達成! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31