無料ブログはココログ

« 最新科学論文@竹内英語塾 | Main | 謹賀新年2006 »

December 31, 2005

総集編『義経』他

(実際に書いているのは元旦十数時間を過ぎた頃である)

『義経』総集編を撮っておいたが、さくさくと気分よく見ていたのは第1部までである。牛若の成長を見るのは楽しい。神木隆之介君いいわぁ~、もっちょっと隆之介を見たかったんだけど。

もう鵯越にはいると画面を直視できない。彼の人生の頂点に近いほど下りも早いからである。何度も書いているように、頼朝贔屓のアマサイは義経くんにはあまり興味がなく、タッキー会いたさに日曜8時にテレビの前に鎮座していたのだ。と言っても判官贔屓になることはなく、タッキーが余計に好きなっただけの話である(中井貴一の頼朝よかったけど、頼朝様の評判がまた落ちるような気が、、、いや、貴一のせいじゃないと思うけど)。

タッキーの芝居がうまいか否かはなんかびみょーですね。まあ、若さで演じるのでよいのでしょう。風貌から言って他に義経は考えられないよね。また、他の競演者も言っていたが、彼の身体能力は義経そのものでしょう。無駄に短距離とか格闘技とかやっているんではなく(当該アスリートの皆さんごめん)、ジャニーズとして飽くまで見せるダンスをやっていたことが、テレビドラマという世界で活きたのだと思います。

また、三部に入る時、義経タッキーと滝沢秀明くんがすれ違い「これは悲劇なのか」と滝沢くんが義経に問う場面があります。大河ファンのオジサマ方には不平がでそうですが、滝沢義経を強く意識させ、とてもよい演出だったと思います。

今回の大河を見て義経を好きにならない人はいないでしょう。私など歴史の転換期というと戦国時代を想いますが、日本を変えたのは武士の台頭とそれを確立させた源平の争いだったのですね。

その時代のヒーローが義経を演じることにより義経伝説は増強していくことを感じました。


* * * *

30,31日は各局とも自慢の高視聴率ドラマを再放送していた。『積み木くずし』はベースが元々好きくないんだな。『ドラゴン桜』は阿部ちゃんが出ているとはいえ、お話の内容がお粗末である。出ている人はハセキョーにしても、小池徹平くんにしても悪くないのである。長澤まさみの魅力もこれで初めて知った。やっぱり『女王の教室』がピカイチですね。春にスペシャルとやるというので楽しみです。和美ちゃん、ビデオかなんかのコマーシャルに出てますね。馬場ちゃん(ここの所属。子役ではなくもう女優さんの域ではないか。)は『功名が辻』で一豊の妻の幼少時代をやって言います。

『人気blogランキング』1日1回ぷちっとな。2006年も宜しくね【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 最新科学論文@竹内英語塾 | Main | 謹賀新年2006 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/7945166

Listed below are links to weblogs that reference 総集編『義経』他:

« 最新科学論文@竹内英語塾 | Main | 謹賀新年2006 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31