無料ブログはココログ

« アキバ今昔 | Main | 理系の教養@岩波『科学』 »

January 06, 2006

感銘を受けた科学上の発見

とむ影さんにお渡ししたイメージバトン、先日お答えを頂きました。

本来はバトンは戻らないものだと思いますが、Q2「イメージしたお題」が面白かったので、お答えすることにします。

「感銘を受けた科学上の発見を教えてください」
これは、実質的にもわたくしに宛てられたものではないかと(^^;)

科学といえば、物理、物理と言えばアインシュタイン。故に相対性理論と答えたいとこですが、理解するのが精一杯で感銘とまではいきません。

プレートテクトニクスは、じみぃ~と思っていた地球科学にわたくしを振り向かせた偉大なる理論。感銘を受けたことには間違いありません。

ワトソン、クリックが発見した二重らせん。すばらしい業績です。いや、それよりもメンデルの遺伝の法則の方が画期的でないの。

しかし、感銘というならば、ガリレオ・ガリレイがピサの斜塔で行った自由落下の実験即ち、
「物体の自由落下の速度は物体の質量に依存しない」
が一番かな。

すごいです。重い物が早く落ちるという常識に挑戦。正しく科学ではないですか。

小学校のとき読んだ子供向け伝記『ガリレオ』がわたくしの人生を方向付けたと言っても過言ではありません。野尻抱影先生が書かれていたので、子供だましの本ではないと信じています。科学と西洋史に興味を持ったのはこれが始まりです。今もその興味が尽きないのは、原点がしっかりしていたからかなと思います。

ニュートンでもファインマンでもなく、わたくしの中のNo.1スーパースターはガリレオです。

もう入手できませんが、これです。いや、改訂する前のバージョンだったか。

しかしながら、この実験、実際には行われておらず、弟子の創作であることが確定しているようです。確かにあの程度の高さで落下時間を正確に計れるかは疑問です。でも、似たような実験をしたらしいとは言われています。このピサの斜塔実験がなくとも思考実験に止まらず実証を重んじた彼から近代科学の父という称号を外すことはできず、偉大なる科学者(その当時は哲学者ですが)には変わりありません。

でも、アリストテレスは長い間悪者であると誤解していました(^^;)。

『人気blogランキング』なかなか5位に戻れません。引き続き応援お願いします。1日1回、ぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。新年会を計画しています。■新年会■の投稿を見てください。≫

« アキバ今昔 | Main | 理系の教養@岩波『科学』 »

自然科学・工学」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 感銘を受けた科学上の発見:

» 名言のプレゼント ガリレオ [インサイト ブログ]
私は、何も学ぶべきものがないほど愚かな人に会ったことはない。 ガリレオ・ガリレイ (イタリアの天文学者、物理学者) 1月7日  1610年の今日、ガリレオ・ガリレイは木星の衛星イオ、エウロパ、カリストを発見しました。  こういった「誰からでも学べる」という態度をもってこそ、自然からも多くを学べたのかもしれませんね。  「自分は知っている」と思っている人は、何も学べないことでしょう。  ちなみに、ガリレオと言えばピサの斜塔で落体の法則を証明した話が有名ですが(実話ではない... [Read More]

» ブーメラン・バトン? [海の底の昼下がり]
「感銘を受けた科学上の発見を教えてください」 ええ、これはもちろんバトンの前走者 [Read More]

« アキバ今昔 | Main | 理系の教養@岩波『科学』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30