無料ブログはココログ

« 宣伝:お買い得製品 | Main | 再生インク・カートリッジ・キヤノン逆転勝訴 »

January 31, 2006

書談:『科学史から消された女性たち』

ニューホライズンというと英語の教科書を思い出してしまう昭和某年製造のアマサイです。

マスマテカ嬢のお勧めもあって、これ読んでいます。

026290070000
書名:『科学史から消された女性たち』
著者:大江 秀房著
出版:講談社ブルーバックス
発行:2005.12

bk1

アマサイはこの手のもの避けていた節があります。女性科学者の業績だけピックアップしても、科学史の全体像はわかりらないですし(数が少ないので当たり前ですが)、社会学(女性学/ジェンダー論)の人のバイアスがかかっているようで好きになれなかったのです。

それは極端な指向性であり、正眼視にかけるというのはわかってはいたのですが。

まだ、一章しか読んでいませんが、いい感じですね。
大江さんの『早すぎた発見、忘れられし論文』もわかりやすくてよかったです。ブルーバックスのマジョリティな読者を理解している気がする。

一章は、女性科学者と言えば、この人ロザリンド・フランクリン(1920-1958)。

1940年代当時新規技術だったX線回折技術をパリ大学で習得し、その道のエキスパートとなる。ロンドン大学のランドル教授の研究室で特別研究員として招聘される。ここでDNA二重らせんの撮影に成功する。ワトソンとクリックはこの写真を不正な方法で取得し、論文を書いたと言われている。彼女の功績がなければ、彼らは二重らせんの発見者になることもノーベル賞を得ることもなかった。ロザリンドは、その後研究室を移り、37歳で亡くなるまでポリオウイルスの研究に尽くした。ワトソンが自著でロザリンドを貶めるような描き方をしたのは有名な話である。

一言感想。

ワトソン、きっさまぁ~、むちゃくちゃ汚いやんけ!

である。

まあ、なんか元々強欲な感じがするよな。面構えからして(これは単なる偏見だな)。

昔、この話を聞いたとき、ワトソンってやつは名誉欲が異常に強く科学者の典型だなと感じたのを思い出した。ああ、そうだ、この手の話は読んでいて不愉快だったから、遠ざかってしまったのだった。

先日、松本清張氏の「古代史は情報量が少なすぎて、実体がよくわからない。現代史は情報量が多すぎてどれが本当かわからない。わからないという点ではどちらも同じでだからこそ作家の想像力を発揮する余地がある。」の言葉が紹介されていた。

この章を読んで、同じことを思った。個々のことは、私が聞きかじったこととは微妙に違うので、あれ?と思うことが少なからずあった。DNA第3の男、ウィルキンズの立場、言動などはそうである。

まあ、この辺が違ったとしても、

ワトソン、きっさまぁ~、むちゃくちゃ汚いやんけ!

というのは変わらない。

ロザリンドが不幸な女性科学者だと思わない。寿命は天命である。長生きが無条件ですばらしいわけではない。彼女がノーベル賞級の仕事をしたことを認めない者はこんにちではいない(皮肉なことにこれはワトソンが自著で彼女を悪役として登場させたことによって、知名度を高めてしまったのだ)。最後まで研究に情熱を燃やし、充実した人生だったに違いない。

そして、彼女の跡には真理の探究を後継する者が生まれ、このように語られることによって、多くの女性を勇気づけているではないか。それは先駆を拓いた彼女の願いではあったと思う。

ってな具合に、一人づつ感想をアップする、予定ではありませんが、気づくことがあったら二章以降も感想を述べます。

『ジェンダーと科学-プラトン、ベーコンからマクリントックへ -』
これも持っているのですが、ちょこっとしか読んでいなかったな

『人気blogランキング』の「自然科学」に登録しています。アマサイ心意気だけはプロの科学者に負けまへん。だから、だからさぁ、1日1回ぷちっとな。宜しくお願いします。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。めちゃくちゃ柔らかい掲示板です≫

« 宣伝:お買い得製品 | Main | 再生インク・カートリッジ・キヤノン逆転勝訴 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「自然科学・工学」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/8437536

Listed below are links to weblogs that reference 書談:『科学史から消された女性たち』:

« 宣伝:お買い得製品 | Main | 再生インク・カートリッジ・キヤノン逆転勝訴 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31