無料ブログはココログ

« 非営利広告@アマサイ | Main | 親はあっても子は育つ。 »

April 21, 2006

ガリレオ裁判の記録

『その時、歴史は動いた』でガリレオのことをやっていた。
以前書いたように、ガリレオはマイヒーローである。
45分では物足りなかったが、歴史教養番組に科学者が取り上げられたこと自体画期的なことと解釈すべきでしょう。

ローマ教皇庁にはガリレオ裁判記録がまとめてある。その発刊は1984年なのだが、その後も記録文書が発見されたそうだ。これは機密文書なので公開はされない。で、NHK取材班が閲覧を許されたということらしい。

改めて特番をつくるのだろうか。

ポイントは、
・ガリレオはとある人物にはめられて宗教裁判にかけられてしまった。
・ガリレオは裁判後も物理学の情熱を絶やすことなく、物理学の成果をまとめた本を執筆する。

マイヒーローといえども、子供のころに読んだ伝記以上のことは積極的に取り入れているわけではないので、参考になる話だった。

やはり、歴史上上でガリレオほど偉大な科学者はいないと再確認してしまった。

サイト内の以下のページに結構詳細に資料が記載されています。
第250回 それでも地球は動いた
~ガリレオ・ガリレイの栄光と挫折~

* * * *

うーん、で、番組タイトルで検索をかけたら以下のようなページが見つかった。
NHK「その時歴史が動いた」との決裂

この方は、退官された日本近代史の専門家で、「ええじゃないか」に関して新説を提示されたので有名らしい。で、NHKに専門家としての出演してほしいと言われたのだが、内容をよく聞くと、それは彼の説をねじ曲げるものであったので、辞退し、その顛末が語られている。

「NHKの態度に、史実に基づいた番組ではなく、エンターテイメントだという態度が感じられるからである。」

「このトラブルは、にわか勉強のディレクターに責任があるが、旧説にこり固まった番組上層部の保守的態度が最大の原因である。」

「新聞記者もテレビ・ディレクターも本を読まないらしい。すべて耳学問である。それを自分の高校程度の知識に接木し、新発見とか新見解といって騒ぐのである。」

そういう気はたぶんにしますなあ。

NHKの慢心はちょっとやそっとでは直らないらしい。

『人気blogランキング』の「自然科学」部門に登録しています。1日1回、ぷちっとな。宜しくお願いします。今のところぎりぎり10位です。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。某女史のTV出演が目下の話題。≫

« 非営利広告@アマサイ | Main | 親はあっても子は育つ。 »

自然科学・工学」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ガリレオ裁判の記録:

« 非営利広告@アマサイ | Main | 親はあっても子は育つ。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30