無料ブログはココログ

« 科学のお値段 | Main | 市ヶ谷の桜2 »

April 12, 2006

科学のお値段2

昨日の投稿をしたのは、このサイトを見つけたせいもあり、
富士山高所科学研究会
発展利用に関するアピール

「しかし、この70年来有人観測を続けてきた山頂剣ヶ峰の富士山測候所では、1999年にレーダー観測が停止され、2001年にはレーダードームも撤去されました。」
1932年に気象台管轄になって、その前は私人というか、個人の観測で始まったようですね。
現在は無人観測台で、NPO(認可申請中)で運営しているらしい。

「気象観測の必要性が低下したとしても、富士山頂に観測施設を設けておくこと自体の価値がなくなったのではありません。」

後継者がいなくなっちゃうとノウハウが消滅するということですね。

産業界(気象観測も寄与しているといえるでしょう)に意味をなさなくなると(意味が低下すると)お上の財布からははじかれちゃうということですな。

「ある意味国家として、国民としての文化程度とか精神的余裕とか懐の深さを表してると思うですよ。」@応接室:温泉カワセミさま( 投稿日:4月11日(火)23時36分42秒 )文化的寄与はいかに参酌するが問題になりますね。

私は有人にして技術を継承すべきと思いますが、気象・地学系統の意義から言うとかなり順位は下で、無人であるのは致し方ないです。

NPO運営がうまくいってくれることを望みます。


『人気blogランキング』の「自然科学」部門に登録しています。1日1回、ぷちっとな。宜しくお願いします。ランキング表の紹介文も時々変わっておもしろいよ。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。めちゃくちゃ柔らかい掲示板です≫

« 科学のお値段 | Main | 市ヶ谷の桜2 »

自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 科学のお値段2:

« 科学のお値段 | Main | 市ヶ谷の桜2 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30