無料ブログはココログ

« お仕事メモ:ベイヤー配列 | Main | 科学は宗教と対立するのか? »

July 31, 2006

『総合人間学』試験終了

先に述べた総合人間学だが今日30日、試験だった。
問題は明かさない。以下雑感。

流れ的に、実存主義者、キルケゴール、ニーチェ、ハイデガー(彼自身は実存主義ではないと言っている)が大事かなと思った。カントなんて今哲学専攻者以外が学ぶ意義ってあるのかな、と思った。たぶん、偏見でしょうが。

一番気に入ったの、これからも読んでみたいのはハイデガーである。それはたぶん一番現在、21世紀に近いだからだろう。

キルケゴールは一度婚約解消したくらいで独身主義者になっちゃって、「死に至る病」とか言って短絡的だし、

ニーチェは神は死んだって言っているわりには、晩年おかしくなっちゃうし、

ということは関係ないわけだが、
哲学なんかやってもろくな事ないんじゃないか、と世間には印象つけていると思う。
二人とも非常にいいこと言っているんだけれども(って言い方もなんだな)。

人間学だからしょうがないけど自然科学のからみがでてこない哲学史ってどうもね、つまんない。デカルトくらい出てきてほしいもんである(少し出てくるけど)。やはり、哲学だったら、分析哲学、言語哲学がおもしろいなあ。教養学部なんだから、大学院の方にも科学論とか科目をおいていただけませんか?
>放送大学御中

今回使った教科書以外の本

・竹田青嗣『自分を知るための哲学入門』ちくま学芸文庫
・西研『実存からの冒険』ちくま学芸文庫
通俗書ですが、こういうの読んどくと理解が全然違います。大学(院)だからって見栄は張らない方がよいのです。

・モーリス・デュピュ『ドイツ哲学史』文庫クセジュ
意外に適当な通史が新書、文庫ではないんです。

・細川亮一『 ハイデガー入門』ちくま新書
・オリヴィエ・コーリ『キルケゴール』文庫クセジュ
は買ったまんまなので暇をみて読みます。

じゃあ、今日も「人気blogランキング」ぷちっとなしといてください。【押す】
≪コメントはここ

« お仕事メモ:ベイヤー配列 | Main | 科学は宗教と対立するのか? »

「学問・資格」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/11161357

Listed below are links to weblogs that reference 『総合人間学』試験終了:

» 『哲学』 [ななえの暴言]
『『総合人間学』試験終了(アマサイさん)』に同意。 物理学的に「あれはどうしてこうなんだろう」を突き詰めていくと、 気が付いたら哲学的な領域に入り込んでしまう。 『哲学』というのは、私にとっては最終的な境地だ。 自然現象を理解せずに哲学を語るのはナンセンスだし、 そんな哲学者は信用できない。 (と、哲学を学んでないので細かいことも書けず、  小さい声で囁いてみる。) (インチキ宗教の教祖みたいなものだ。。) (なんて口が裂けても言えないが。) ... [Read More]

« お仕事メモ:ベイヤー配列 | Main | 科学は宗教と対立するのか? »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31