無料ブログはココログ

« エプソンの再生カートリッジ特許 | Main | 小学校での知財教育 »

July 07, 2006

小学校英語必修提言について

いろいろ騒いでいるがアマサイは反対である。

なぜなら、

他の教科の時間が減るから、
もしくは英語を学ぶに十分な時間は宛われないから
である。

小学何年生からはじめようと計画しているのかしらないが、8,9歳なら、一応の日本語の読み書きはできるし、もう一つの言語を受け入れる脳の領域は残っているだろう(脳科学でなんというか知らないが、「赤ん坊は習わなくても日本語/英語を覚える」っていう力がまだ残っているのではないか。もちろん、赤ん坊のようにはいくはずないが)

つまり、10歳未満から外国語を学ぶこと自体は反対ではない。現行小学校の授業数は20年前より確実に減っていて(土曜日登校がなくなったんだから当たり前である)、どこに英語の時間つっこむんじゃいって話である。土曜日を英語の日にして毎週授業を行うなら別である。やった方がいいかもしれない。

小さいうちから英語をやると日本人としてが、アイデンティティっていう人いるけど、日本人だらけの日本国に居てどうして日本人として自覚が無くなるのだ。だとしたら、元々アイデンティティなんて存在しないんだろう。なんか、それが正しいような気がして、怖い。
(まあ、アイデンティティというのは「他者」がいてこそ、育つのだから、日本では持ちようがないかもしれん)

それにしても、日本語力の減退が叫ばれているのになんで文科省は何もしないだろうか。(回答はここにすでに書いてあるが)

新しい科目、つまり英語、を導入して効果が全くない、なんてあり得ない。なんらかの効果はあるだろう。文科省はそれを狙っているのだ。

漢字の読み書きができない子が増えることも、九九ができない子が増えることも、

だってさぁ~、

小学生がABCソングを

みんな歌えるようになるんだから

いいじゃな~い

で全部オフセットする、

そんなばかげた言い訳を奴らに許さないためにも小学校の英語必修科目は絶対許してはならない。

・東京新聞
5年生からを想定しているみたいですね。

* * *

ところで柳田先生のとこにトラバしたせいかずいぶんアクセス数が上がった。

でもさ、ここに来たら、

ぷちっとなしていってくれよ~

30分後くらいにアマサイブログに10点加算されます。そういうするとアマサイ@家主はうれしいのです。

君たちに何ら不利益はなかろう。
( ̄▽ ̄;)

あんまり言うとセキララのおっさんみたいに下品なブログになるからこれくらいにしようっと。

『人気blogランキング』の自然科学部門に登録しています。科学者・研究者の中で素人ながらがんばってます。だから。今日もぷちっとな。宜しくお願いします。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« エプソンの再生カートリッジ特許 | Main | 小学校での知財教育 »

「学問・資格」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/10828108

Listed below are links to weblogs that reference 小学校英語必修提言について:

« エプソンの再生カートリッジ特許 | Main | 小学校での知財教育 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31