無料ブログはココログ

« フラッシュメモリ発明対価訴訟 | Main | 『総合人間学』試験終了 »

July 28, 2006

お仕事メモ:ベイヤー配列

以前、引用文献に出てきて調べたんだけど、また忘れてしまって。

Bayerfelter[ベイヤー配列]
「セルが格子状であるカラーフィルターであって、そのセルの2 分の1 が緑、4 分の1 が赤、4 分の1 が青、で構成されるもの。緑が多いのは、緑には輝度成分が多く含まれており、人間の目は輝度に対する感度が高いためである。」

うーむ、これさえ覚えておけば良い話なんだが、なんですぐ思い出さない>自分。

案の定、イーストマン・コダックのベイヤーさんと言う人が発明されたようです。

●米国特許3971065号 "Colar Imaging Array"
(特開昭51-112228号 「カラー撮像素子」)
【要約】
カラー撮像センサアレイが、各型の要素(例えば感度特性に従う)がアレイを優先する輝度要素を有する繰り返しパターンである、独立した輝度クロミナンス感度要素を含む
好ましくは、輝度要素は、2つの直角方向(例えば水平と垂直)に均一である相対的に高い周波数のサンプリングパターンを有して、他の要素位置で現れる。クロミナンスパターンはそこに間に挿入され、相対的に低いサンプリング周波数を有して残りの要素位置を満たす。好ましい実施例としては、選択的伝達フィルタのモザイク形態は、広範囲の光感度を有する固体撮像アレイの登録位置に挿入され、モザイクのおけるフィルタ分布型が上記パターンに一致する。

輝度が高いとか低いを周波数がうんぬんと表示しているのですな。よくやる手です。

ああ、好きな分野だと時間をかけて調べてしまうのよねん。

明日、明後日、通常通りお休みです。その間も「人気blogランキング」1日1回、ぷちっとなして上げてください。宜しくお願いします。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« フラッシュメモリ発明対価訴訟 | Main | 『総合人間学』試験終了 »

自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お仕事メモ:ベイヤー配列:

« フラッシュメモリ発明対価訴訟 | Main | 『総合人間学』試験終了 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

December 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31