無料ブログはココログ

« マッドサイエンス支援システム? | Main | 前代未聞のバカ作家 »

August 24, 2006

iPodをめぐる特許訴訟、和解

惑星の数も気になりますが、知財人としてはこの話題。

「iPodをめぐる特許訴訟、AppleがCreativeに1億ドル支払いで和解」
CNET JAPANはここ。

『Appleは、問題となっているCreativeの特許の使用料として1億ドルを支払う。今後Creativeが他社にもライセンスした場合、支払額の一部を回収できる。また和解により両社の間で起こされた5件の訴訟がすべて取り下げられる。』

『「Creativeは早期に特許を取得できて非常に幸運だった」とApple CEOのSteve Jobs氏。「この和解によって、両社の間の5件の訴訟を含むすべてのCreativeとの相違が埋められ、訴訟の長期化という不透明な障害が取り除かれる」とコメントしている。』

パームとゼロックスと違って早期解決だったみたい。

いちゃんもん訴訟(どれとはいいませんが)とか
泥沼訴訟(どれとはいいませんが)とか
にならず、特許権が特許権として有効に働き決着に至ったよい例と言えましょう。

Creative Technology社の特許はどげなものかというと。引用はここ
『この特許技術は、ユーザーがプレーヤーのディスプレイ上で、3つ以上の連続した画面を使って階層構造を続けてナビゲートする際に、1つ以上の楽曲を選択することを可能にすると同社は説明する。例えば、アーティスト、アルバム、それから楽曲が一連の画面に表示される場合、ユーザーがアーティストを選んだときに、そのアーティストのアルバムがディスプレイに表示される。アルバムの1つを選択すると、今度はそのアルバムの楽曲が表示される』

特許6,928,433号なのだが、アメリカの明細書にしては短くてわかりやすいです。

いろんなカテゴリを備えたツリー構造のファイルのアクセスしていくって普通のような気がしますが。ちゃんと読んでみないと何が新しいかわかりませんけどね。

どのような会社か詳細は知りませんが、まともに開発して、まともに特許出願して、まともに訴訟に勝った(和解した)という気がしてとてもうれしいですね。
(違うかもしんないけどさ)

って私が喜ぶことではないんだが。

日常、訴訟と隣り合わせな業務なもんで、こういうのを見に聞きするとほっとするわけですよ。

小さい会社であっても強い特許によって、成長していく、成長させていく、そういう価値ある仕事なんだっていうのが、この職種を選んだ動機の一つなわけなんですよ。

だから、まあ、そういうことなわけ。

仕事持っているといろいろあるけど、今日も明日もがんばりましょう。まあ、そういうことで「人気blogランキング」ぷちっとな、宜しくお願いします。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« マッドサイエンス支援システム? | Main | 前代未聞のバカ作家 »

「知的財産」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/11585972

Listed below are links to weblogs that reference iPodをめぐる特許訴訟、和解:

« マッドサイエンス支援システム? | Main | 前代未聞のバカ作家 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31