無料ブログはココログ

« 100円ローソン | Main | 今度は118番目 »

October 16, 2006

書談:『アルキメデスは手を汚さない 』

■アルキメデスは手を汚さない
著者:小峰 元
価格 : \620 (本体 : \590)
出版 : 講談社文庫
発行 : 2006.9

言わずと知れた、青春ミステリの金字塔である。
私が高校生のころから文庫で売られていたが、そのころはミステリに興味はなかったので、変わったタイトルだなあ、としか思わなかった。

今では、直木賞作家!!!東野圭吾をミステリ作家にした小説、として知られている。
(東野ファンとしては喜ばしいことである)

一人の女子高校生が病死する。中絶に失敗し(実際は子宮外妊娠で、その処置に肉体的、精神的に耐えられなかったとされている)死に至ったことはたちどころに知れ渡る。娘の敵討ちとばかり、父親は「犯人」探しを始める。これがメインかと思ったら、まもなく、クラスメイトの弁当に毒が入るという事件が起こる。そして、関係者のある男が殺される。

てっきり、少年探偵団のような話かと思っていたら、全然違っていた。実は担任の教師が首謀者ではないかと推理までしてしまった。
( ̄▽ ̄;)
青春というか、その当時、70年代の高校生の風俗模様、、、まあ、そういうの青春小説っていうな。

21世紀の今、こういう動機は成立しないな、と思ったけれど、そうでもないかも。

若者には時代時代の代議名文というものがあるから、マイナーリペアすれば、今でも使えるシュチエーションである。

驚いたのは、東野圭吾のほとんどの作品は、この『アルキメデス』の精神を踏襲していることだ。
それはオリジナルがないということではなく、「大人のやることなんて全部うそっぱちだ」みたいな『理由なき反抗的な精神』を持っているということだ。

小峰元も東野圭吾も普遍性を備えた作家だと思う。

みなさんは週末どう過ごされましたか。人気ランキングぷちっとな。【押す】
≪コメントはここ

« 100円ローソン | Main | 今度は118番目 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/12308096

Listed below are links to weblogs that reference 書談:『アルキメデスは手を汚さない 』:

» 小峰元:「アルキメデスは手を汚さない」 [りょーちの駄文と書評]
アルキメデスは手を汚さないposted with amazlet on 06.11.13小峰 元 講談社 売り上げランキング: 586276Amazon.co.jp で詳細を見るりょーち的おすすめ度: こんにちは、シーナ&ザ・ロケッツの鮎川誠です(嘘です)。 ミステリー好きを自認するりょーちでも、当たり前だが..... [Read More]

« 100円ローソン | Main | 今度は118番目 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31