無料ブログはココログ

« 書談:『よくわかる最新量子論の基本と仕組み』 | Main | 関ヶ原 »

November 03, 2006

ニフティサーブの時代

初めて知ったネットワーク「ニフティサーブ」の魅力

この連載は技術者にとっての懐かしモノの連載なのですが、
そうですか、パソコン通信も懐かしいですか。
まあ、そうだな、私自身もニフティのフォーラムから撤退して5年くらい経つかなあ。

私も文中の高田さんと同じ時間軸でパソコンを使っていましたな。NEC/PC9800シリーズが事始です。ノートパソコンに切り替えたとき、情報がいろいろ必要でした。彼もいっているように、フリーソフトの最新版がダウンロードできるのが、魅力でした。またパソ通は会議室に参加しないとあまり意味がありません。一番落ち着けるのが読書フォーラムでした。他にも翻訳フォーラムや試験関係のフォーラムを毎日巡回していました。情報の質は現在のインターネットやSNSとは全然違います。信頼性の高いものでした。

そうそう、WIN95になって東芝リブレットを買ったので、文中松木さんが言うように周辺機器の選択などにニフティ会議室を活用しました。今はパソコンメーカーごと異なる情報が必要ってことあまりないですよね?そういうこともあってWIN黎明期は、二台目も同メーカーを使う人が多かったのではないかな。

そう考えるとまだパソコンはオタクだったのかしら。

今のインターネット(+検索エンジン)の方が全体的に考えるとメリットが多いでしょうが、時々、ニフティの「親密性」が懐かしくなります。

@niftyももう少し、新ネットワーク時代を見据えた移行を考えて欲しかったと思いますが、個ではなくフォーラムというグループをベースとしたシステム構築は限界だったのかもしれませんね。

インターネット時代になっても
個人ホームページ→日記→ブログ
と結構変遷してますね。ブログ時代でも前者2つがなくなったわけではないです。

次にはどんな情報発信形態があるのか、少し楽しみでもあり、このままでブログ形態が続いてほしいという気持ちもあります。

A型だからすぐ昔を懐かしんでしまうのよ。あれ?血液型性格診断はニセ科学?まっ、とにかく、人気ランキングぷちっとな。【押す】
≪コメントはここ

« 書談:『よくわかる最新量子論の基本と仕組み』 | Main | 関ヶ原 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニフティサーブの時代:

« 書談:『よくわかる最新量子論の基本と仕組み』 | Main | 関ヶ原 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30