無料ブログはココログ

« 『田辺聖子の世界展』 | Main | 組込みがらみ »

November 20, 2006

中高生秋大会のジャッジに行きました

教室ディベート連盟関東甲信越地区秋季大会

中高生の大会のジャッジをしにいきました。

ディベート甲子園とは違って学校の命運をかけた?全国大会予選ではなく、地区内大会だったのでリラックスした雰囲気でした。ジャッジに文句をいう子もいなかったみたいだし。
( ̄▽ ̄;)

【論題】
高校の部: 日本は首相公選制を導入すべきである。是か非か。

中学校の部: 日本は中学生以下の携帯電話使用を大幅に制限すべきである。
是か非か。

予選は中学校を二試合、
決勝は高校の副審をしました。

1試合目は、茨城の中学(肯定)と全国大会に良く出る学校(否定)。
どちらもよく議論を練っていて見応えのあるものでした。
メリット:出会い系サイトによる被害の減少
デメリット1:災害時のツールの欠如
デメリット2:引き籠もり対策手段がなくなる。

両者とも反駁が薄いようだったので、「予想外のメリット、デメリットでしたか?」と聞くと
「項目は予想していたけど、展開、流れは違っていたので対処できませんでした」という答えでした。
1年生が主体だからまだ試合に慣れていないのかもしれません。
「まだ、二試合ありますから、これから慣れていってください」とコメントしました。

茨城の学校は、議論の運びがとてもうまく肯定を勝ちにしたかったのですが、メリットに説明不十分な点があり、それを否定側に最後まで追求され、返せなかったのが仇となりました。メリットはあるのだろうけれど、不確かである。それ比べて、デメリットは事例が多くはないが、確実に起こりうるデメリットでそれは致命的なことであろう、ということで否定側を勝ちにしました。
(アマサイの心はいつも判官贔屓モードなのだが、実際に下す判定は飽くまでクールで理性的であります)

茨城の子たちは、試合自体経験が少なかったのでしょうか。
肯定側第1反駁は、デメリットの反駁だけでなく、攻撃されたメリットの建て直しも行う;

第2反駁は、個々の議論の反駁だけでなく、判断基準を提示し、メリット、デメリットの比較をして、自分たちが勝っていることを説明する;
ということを落としていました。
全体としてはよかったのですよ。経験が少ないにしてはすばらしいなと思ったら、上位入賞はなりませんでしたが、閉会式で奨励賞に相当するものを受けていました。
おめでとう、おねいさんもうれしかったです。

* * * *

二試合目は両校とも全国大会にでるような優秀校です。
ま、ここではおなごチーム(肯定)、おのこチーム(否定)としておきましょう。
メリット:出会い系サイトによる被害の減少
デメリット:災害時のツールの欠如

なぜか、おなごたちの肯定側立論にプランがありません。
試合後聞いてみると、顧問の先生が
「事前に付帯事項の変更がありまして、ごにょごにょごにょ」
と説明をしていました。事務ミスだなとは思いましたが、
「そうですか、しかし、いかに過酷な条件であろうとも、肯定側立論にプランは入れてください。大学生・社会人ではプランなしというのも戦略的にありえますが、中高生ではプランからメリットを発生させるという手続きは学習上重要なことだと思うので」
明言しました。

おのこチームは、リーダー格の子がチームをよく統率していました。
最新技術を(GSPと掲示板機能)を説明し、災害時の有効性を唱え、技術論-技術の不利益だけではなく、利点を最大限に利用して、身の安全を守るべきだ-を展開していたのは面白かったです。彼ら、彼にはこの論題は、物足りなかったのでしょう。身の丈にあった学習、出来る子には「上限撤廃」が可能なのもディベートが総合学習として適している理由です。

決勝戦はまた次回に。

ティーンの議論を聞いていると清々しいし、日本の未来は明るいと思いますね。じゃ、アマサイにも明るい未来を。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 『田辺聖子の世界展』 | Main | 組込みがらみ »

ディベート」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中高生秋大会のジャッジに行きました:

« 『田辺聖子の世界展』 | Main | 組込みがらみ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30