無料ブログはココログ

« 書談:福江純『シネマ天文楽入門 』 | Main | 違反コピーはいかんぞい »

February 08, 2007

青い鳥

日経の一面、また教育に関するコラムを始めた。
医科大学専門予備校で面接対策のために志望理由を書かせたところ、
「何で医師になりたいのかわからない」
「ある程度稼げれば医者以外でもいいと思う」
などと書かれているそうだ。

ちょっと正直すぎ(^^;)
20年前も40年前もたぶん、受験生の実体てそうだと思うけど、カモフラージュする想像力がないのかしら。

受験期に、小論文対策の本を読んでいたら、
「医学部に志望者の小論文をみていると、"幼い頃、難病を持っていった弟が医師によって救われた。そのころから医学部を"というパターンをよく見かける。うそではないだろうが、もう少し工夫が必要である」
みたいなことが講師コメントであった。

まあ、それはステレオタイプは好まれないというアドバイスであろうが。

小論文とか面接って学力以外の人間性を問うはずなんだけど、すぐ対策講座ができて、そこで練習すれば、人間性も何もあったもんじゃないんだよね。志なんて計測できないでしょう。

最近は大学受験でも論理的思考を問う小論文もあるらしいので、それはそれで演習をこなして合格しちゃえばいいんだと思う。

そして、日経の記事には、今の若者はあまりに志がないと嘆いているわけだ。年輩の人がそれを言うのはおかしいね。だって、動機付けより、成果(お金)で示せってしてきたのはどこのだれよ。今の10代はどこか日本以外の国から流れてきたわけじゃない。あなたたちと同じ空気を吸い、あなたたちと大して変わらない親に育てられてきたのだよ。それを非難するというのは天に唾することだよなあ。

いや、アマサイも中年に差しかかってきて、
「おんどりゃ~、どこでどうやって育ってきたらそんな口がたたけるんじゃい。親の顔がみたいわい!」
といいたくなることはあるけれど。

学びの本質なんて大学にも社会にもない、自分の心に中にしかないのさ。
(-.-)y-゜゜゜

※これ、タイトル「青雲の志」にしようと思ったんだけど、それって功名心のことなんだね。なんか、若者の清い気持ちの意味かと思っていたのに。

アマサイは医薬系志望じゃありませんでしたよ。人気blogランキング自然科学へ、ぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 書談:福江純『シネマ天文楽入門 』 | Main | 違反コピーはいかんぞい »

「ものの考え方」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/13833673

Listed below are links to weblogs that reference 青い鳥:

« 書談:福江純『シネマ天文楽入門 』 | Main | 違反コピーはいかんぞい »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31