無料ブログはココログ

« 江崎特許 | Main | Rubyを作った人 »

February 14, 2007

なっとう特許

簡単!特許情報を活用しよう 納豆の技術開発
このシリーズ毎回興味深いのです。

「これらの工程をベースに、納豆の持つ独特の臭い、粘り、味、またさまざまな機能性成分を調整するため、数多くの特許が出願されている。
蒸煮された大豆は大釜で発酵させるわけではなく、小分けされた容器(発泡ポリスチレン等)の中で発酵し、密封され、そのまま店頭へ出ていく。(中略)例えば、通気を調整し乾燥を防ぐために、タカノフーズでは上ぶたが一体で合わせ部分が特殊な形状の容器を考案。ミツカングループ本社では、容器上ぶた(シール)に小穴をあける技術を開発。これら容器はかさ張ることや納豆臭が付いて破棄に不便であるため、タカノフーズでは納豆の発酵が可能でかつ可燃ごみに出せるフィルムも開発している。このフィルムは特殊皮膜層を持っており、各納豆の目途とする保存状態によって変更できる。」
だそうです。

納豆菌から栄養補助製品もできるそうです。
「丸美屋はこの粘質物を多量に生産する納豆菌KA-145株に加え、血栓溶解酵素であるナットウキナーゼを多く生産する納豆菌株種(バチルス・ズブチリスに属する)を開発している。血栓溶解酵素を多く出す納豆菌は他社でもこぞって開発されている。
ファンケルは、血栓の形成予防と溶解促進する血流改善用食品をナットウキナーゼなどの納豆菌培養物と抗酸化剤であるビタミンEを活用して開発している。 」

いつも各社の製品リンク表が示されているのですが、これも眺めているとなかなか面白いです。

当業者であればこれだけでビジネスアイデアが見つかるかもしれません。

しかし、14日ならば、チョコレート産業でもよさそうなものですが。
(^_^;)

データ捏造事件があっても納豆は不滅です。自然科学ランキング、アマサイに1日1回ぷちっとな、お願いしますね。【押す】
≪コメントはここ

« 江崎特許 | Main | Rubyを作った人 »

「知的財産」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/13912288

Listed below are links to weblogs that reference なっとう特許:

« 江崎特許 | Main | Rubyを作った人 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30