無料ブログはココログ

« 書談:折原一著『螺旋館の奇想』 | Main | 書談:土屋賢二『ツチヤ学部長の弁明』 »

May 01, 2007

ジュンク堂

ジュンク堂に通うようになれば他の大型書店は行く気になれない。
※アマサイは東京在住なので、メインは池袋本店です。関東進出する以前はパソ通友達にジュンク堂のうわさは聞いていて、東京にもあるといいなあ、と思っていました。

斜め向かいにあるSデパート内の書店なんてあんなに専門書がなくて大丈夫なのかと心配だ。
※リ○ロという名称でしたね。できた当初は超大型書店として話題になりましたが。

K屋書店は、慇懃無礼なのは少し改善されたが、店員に聞いても本のことは分からないという不可思議現象はまだ残っている。それでも若い店員は対応が誠実である。新宿にもジュンク堂が出来たので変わらざる得ない。


アマサイの地元、H堂T店はトヨタ式でも導入したのか店員が親切になった。会計終了時に「またお越し下さいませ」という言葉が発せられたときは、思わず、また寄らせてもらいます、と答えそうになった、というのは少しウソだけれども。
※以前池袋西口に本店のあったあの本屋です。本店が撤退するという不思議な状況になっています。トヨタ式?を導入したのも危機感がやっと芽生えてきたのでしょう。

※他にM善がありますね。アマサイの以前の職場にはM善プレスセンター店というのがあったのですが、地図でみると現在そこはジュンク堂プレスセンター店となっています。

※老舗といはS省堂でしょう。通勤経路ではなくなったので、すっかり行かなくなりました。

今日『カンブリアの宮殿』にジュンク堂の社長さんが出ていた。このお方が日本の本好きの救世主である。

アルバイト広告をみると交通費が安く設定してあるのでバリバリの大阪商人かと思っていたが、おっとりした紳士風でちょっと安心?した。

みんな9連休?アマサイは1日だけ出勤します。じゃあ、1日1回ぷちっとな、お願いしますね。【押す】
≪コメントはここ

« 書談:折原一著『螺旋館の奇想』 | Main | 書談:土屋賢二『ツチヤ学部長の弁明』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジュンク堂:

» ジュンク堂 梅田とは? [モテやせデビュー!]
ジュンク堂について語る34 ジュンク堂 bal 店ジュンク堂書店ジュンク堂 池袋ジュンク堂 新宿ジュンク堂 福岡ジュンク堂 京都ジュンク堂 三宮ジュンク堂 大阪ジュンク堂 名古屋ジュンク堂 梅田ジュンク堂 新潟ジュンク堂 難... [Read More]

« 書談:折原一著『螺旋館の奇想』 | Main | 書談:土屋賢二『ツチヤ学部長の弁明』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30