無料ブログはココログ

« ジュンク堂 | Main | 猿橋賞07 »

May 01, 2007

書談:土屋賢二『ツチヤ学部長の弁明』

Tutiyagakubucho
■ツチヤ学部長の弁明
著者 :土屋 賢二
価格 : \560 (本体 : \533)
出版 : 講談社(講談社文庫)
発行 : 2006.10
bk1

ツチヤケンジという男はとんでもない奴である。哲学者と名乗っておきながら、大学で講義をしたり、駄文を出版させたりしている。哲学者とは何も生産しないものなのだ。しかし、講義は仕方ないだろう。哲学者と言えども、メシを食ったり、雨露しのげるプレハブは必要だし、外に裸で歩くわけにもいかないから青山のスーツくらい買える金は必要であろう。

しかし、一連のツチヤシリーズの駄文はなんなのだ。彼のテーマは主に女性である。女性に関して駄文を書くと言ったら、
こうしたら、デートをしてくれたとか、
こうしたら、プロポーズを受けてくれたとか
こうしたら、○らせてくれたとか
数少ない女性と成功体験を書くものである。

ところが、このツチヤと来たら、女とは理解できない、不可解である、わからない、ということを延々書き続けているのだ。それをオヤジ向け週刊誌に書いてるくらいなら許せよう。ところが、それを綴じて単行本にして売りつけた上、品切れになると文庫に下ろすとしう悪行を積み重ねている。

こんな暴挙が許されようか。

しかも、ツチヤは独立学校法人、お茶の水大学の教授を長年やっているのだ。さらに一時期は学部長という地位までせしめている。このような不埒な者の発言を一切認めてはなならぬ。

土屋賢二と名のつく書物はすべて不買運動しようではないか。

ツチヤ学部長の弁明「私は家庭及び職場で抑圧され、虐げられている。これ以上の攻撃は人権侵害というべきものである。せめて活字では好きなことを言わせてくれ」

文調のまねっこって難しいですね。1日1回ぷちっとな、お願いしますね。【押す】
≪コメントはここ

« ジュンク堂 | Main | 猿橋賞07 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/14916280

Listed below are links to weblogs that reference 書談:土屋賢二『ツチヤ学部長の弁明』:

« ジュンク堂 | Main | 猿橋賞07 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31