無料ブログはココログ

« ゆりかもめの風景 | Main | かなりすごい生物学者:長沼毅 »

September 18, 2007

技術者の育成ーゴタク並べて-

工学院大学理事長大橋秀雄という人が昨日の日経で技術者教育について語っていた(9月17日教育欄寄稿記事)。大学教育、技術者の社会的地位など業界について漫然として話していてよくないなあ。

こういう論では、よく科学者と技術者と対比を例示するのだが、それではうまくいかないだろうと思う。科学者の多くは大学の教員であり、技術者の多くはメーカー従業員なのである。科学者の名は浮かぶが、技術者の名は浮かばない、というアンケートなんて当然のことだ。

また、科学者は基本的に経済効果を見込んで研究はしないが、技術者は基本的に今年あるいは○年以内に発売する商品について研究開発するのである。科学者は名前が出るが工業製品を作成した技術者の名前はでない。さらに、田中耕一氏が意味じくも言ったように「私だけの功績ではなく、チームの勝利だ」ということだ。チームなくしてできる工業製品はまずない。個を重視すれば、製品は作れない。「理系」論を語る人は、どうも、この「個とグループ」の問題をきちんと消化していないようだ。

だから、大橋氏結論も①若者にロールモデルを示す、②努力すれば開けることを明示する、③専門職として地位を高める、という心がけなのか、政策なのか、何が何に対して行うのか具体性が全くないものとなっている。

科学者集団というものは明示的に存在するけれども、技術者集団というものは存在しない。だから、技術者全体を向上するというのは、所詮無理である。個々がマネージメント能力を持つしかない。即物的に言えば、R&Dとして実績をしつつも、会社で出世していき、営業部、生産管理部の上にも立てるようになるということである。言うは易し、行うが難し、かなり超人的な要求ではある。しかし、それしか問題解決はなかろう。

だって、理系離れとか、技術者教育とか言っても、問題にしたいのは給料が文系に比べて安いってことなんでしょう?そう言ってしまうと労働組合での賃金交渉しかツールがなくなってしまうから、ご託並べておるわけだ(技術者だけ賃金を割増しろ、という要求が通るはずもなく)。技術者の地位について疑問を持つならば、勉強会と称して酒を飲むことではなく、自己啓発だね。最も効果的なのは起業することだけれど。

私もつまらないご託を並べています。それは否定しません、はい。今日も人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« ゆりかもめの風景 | Main | かなりすごい生物学者:長沼毅 »

「ものの考え方」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/16485841

Listed below are links to weblogs that reference 技術者の育成ーゴタク並べて-:

« ゆりかもめの風景 | Main | かなりすごい生物学者:長沼毅 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31