無料ブログはココログ

« M$がドル箱たる所以 | Main | 科学イラストレーションの魅力 »

May 10, 2008

今どきマドンナはないと思うが。

女性しかわからない科学がある

東京理科大学では、理工学が発展することで、日本そして世界が豊かになっていくと考えています。現在、理系は男性の研究者、職業者はたくさんいますが、女性は少ないのが現状です。本学は、理工学が発展する為にも、もっと女性に理系に進んで欲しいと願っています。

女子中高生の皆さんが、将来の進路を考えるときに参考になるように、平成18年度から「ウーマンサイエンティスト体験講座」を実施してきました。この講座では、理系の職業に進んだ方の講演会、女子大生達との交流会、そして様々な実験体験を通じて、多くの女子中高生の「理系って?」の疑問から、「もっと様々なイベントに参加したい」、「もっといろいろな理系の人たちと話をしたい」という意見をいただきました。

もっと多くのイベントを、もっと様々な企画で女子中高生の皆さんが理系を理解する機会を増やそうと考え、平成20年度から、名前を「科学のマドンナ」プロジェクトと変え、東京都新宿区の神楽坂キャンパス、千葉県野田市の野田キャンパス、そして北海道長万部町の長万部キャンパスで様々な企画を実施します。

本企画は、「女性ならではの科学」を武器として、強いプロ意識のもとに新たな科学・技術を創出する人材の育成を目指しています。そのために、理科をもっと身近なものにする道筋を3段階に分け、「10年後の自分に目覚める」手助けを試みていきます。


なんだか、なんだか、って思うのって私だけ?

要するにさ、少子化で特に理工系が定員割れになってさ、理科大みたいなあこがれの単科大学でも(私はそうではないが、薬学とか理学志望者にはそうだと思うよ)学生集めに苦慮して、学校の成績なんか気にしないで、理科系に来てね、おもしろくなれば、学力もあがるから、なんておいしい言葉を振りまいてだけなのではないか。

そうそう、高校生の半分は女の子なのだから、ここを開拓しない手はない、ということではないでしょうか。

理系離れなんだから、男子学生にも罠張っておいた方がいいんじゃないの。

女子は理工系としてカウントされていない、みたいな側面があったなあ、昭和時代。

それを考えると浅ましいというかいやらしい大人の画策になんだか、ため息がでちゃうよねん。

で、今どき、「~マドンナ」なんて何時代のおじいさんが考えたフレーズですか?
まったく(^_^;)

ええ、女性が理系に進みことは良いことですよ。はいはいはい。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« M$がドル箱たる所以 | Main | 科学イラストレーションの魅力 »

理系の現場」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今どきマドンナはないと思うが。:

» 科学のマドンナ [M.HAYASHI's Diary]
 理系進路選択支援事業「科学のマドンナ」プロジェクト http://www.tu... [Read More]

» 【閑話休題】「科学のマドンナ」の謂れは何? [Science and Communication]
東京理科大のマスコットに「坊ちゃん」が使われているから,それで「科学のマド ンナ」と命名したのかも知れない. [Read More]

« M$がドル箱たる所以 | Main | 科学イラストレーションの魅力 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30