無料ブログはココログ

« 放送大学院科目『法システムⅢ-情報法-』 | Main | 科学教育書バリバリ現役2人のご老体 »

June 04, 2008

投影画像の光学的補正

最近のホットな科学ニュースと言えば、星出彰彦さんの乗ったスペースシャトル「ディスカバリー号」の発射らしいが、アマサイ的には、まあ、がんばってください、程度である。

公的研究所HPをみていたら、国立情報研究所のトピックスが目にとまった。

■佐藤いまり准教授が電子情報通信学会論文賞を受賞
受賞論文:
「人間の視覚特性を考慮した投影画像の光学的補正」
マーク・アシュダウン(マサチューセッツ工科大)、佐藤いまり(NII)、岡部 孝弘(東大)、佐藤 洋一(東大)
電子情報通信学会論文誌 D Vol.J90-D No.8 pp.2115-2125
----------------
うーむ、相変わらず、学術論文は素人には手に入らない(ぐぐったらありました)。IEICEの論文誌はR&Dで買っているが、Dカテゴリはないな、まっ、いいか。いつものように特許公開公報で。

この論文の前段階の発明らしいが。

2007322671■特開2007-322671(P2007-322671A)
【発明の名称】投影画像補正システム及び補正情報生成プログラム
【出願日】平成18年5月31日(2006.5.31)
【出願人】大学共同利用機関法人情報・システム研究機構
【出願人】国立大学法人 東京大学
【発明者】佐藤 いまり、佐藤 洋一、岡部 孝弘、マーク・アシュダウン
【背景技術】
【0002】
従来、プロジェクタを利用する際には照明を落とした部屋に設置した専用スクリーンが用いられることがほとんどであった。しかしながら、プロジェクタの小型化、低価格化、高輝度変化などが進んだ結果、オフィスや居間の壁など、暗室内の専用スクリーンのように必ずしも理想的な特性を持つとは言えない場所への画像投影を実現する技術に注目が集まっている(非特許文献1、7参照)。
【0003】
このような場合、投影される面(投影面)が専用スクリーンのような均一かつ高い反射率を持つことは稀であり、また、環境光の色や明るさなどの影響もあり、投影されるべき元の画像と投影された結果の画像とが大きくずれてしまうという問題が生じる。

【発明が解決しようとする課題】
【0019】
これら特許文献1、2に記載の技術は、プロジェクタの投影面であるスクリーン全体の色に画像の背景色を合わせることにより、スクリーンの黄ばみ補正やピントボケの補正を行うのみである。従って、特許文献1、2に記載の技術では、投影面がカーテンや壁などの場合において、カーテンや壁に地模様や地色が含まれている場合には、対応することができないという不都合があった。
【0020】
実世界内のさまざまな場所にプロジェクタで画像を投影するとき、不均一な反射特性を持つ被投影面や環境光などの影響により、正しい色で表示可能な画像のコントラストが制限されてしまうという問題がある。
【0021】
これに対して、本発明では、観測者に知覚されにくいような色成分と輝度成分の変動を積極的に利用して、よりコントラストの高い画像を表示することを可能にする手法を提案する。
【課題を解決するための手段】
【0024】
本発明は、投影面に画像を投影するプロジェクタで投影すべき画像を補正する投影画像補正システムにおいて、プロジェクタの入力に対する投影面の輝度の応答に基づいてプロジェクタへの入力と投影面の輝度の応答との光学的な調整を行う調整手段と、プロジェクタの入力である原画像を輝度信号及び色信号で表される色空間へ色変換をする色変換手段と、この色信号に対して、人間の視覚特性に基づいて観測者が知覚できない許容範囲まで色信号の色と輝度信号の輝度の範囲を拡張させて補正処理を行い、上記補正処理により得られる補正画像を上記プロジェクタの入力とする補正手段と、を備えたことを特徴としている。

なんか、こまい技術のような気がするんですが、そんなことないんですかね。メーカーのプロジェクタチームの1人か2人が担当している程度に思えますが。共願者が書いていないので、国立大学、研究所のみでやっているようです。売るつもりですかね、法外なライセンス料とって

それとも、観測者、と書いてあるので、認知工学に有益な研究なのでしょうか。

まあ、アマサイ的には読んでおもしろい特許公報なんでいいんですが。

----------
この公報、出願人、代理人、発明者の順で項目が列挙されています。一番大事なのは発明者だと思うのですが。なぜ、発明者の前が代理人?

裁判で相当の対価を多くふんだくってやろう、って考え方には反対ですが、発明者に名誉を抜いたら何も残らないわけで、発明の名称の次は発明者名って当たり前と思うわけですよ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 放送大学院科目『法システムⅢ-情報法-』 | Main | 科学教育書バリバリ現役2人のご老体 »

知的財産」カテゴリの記事

自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 投影画像の光学的補正:

« 放送大学院科目『法システムⅢ-情報法-』 | Main | 科学教育書バリバリ現役2人のご老体 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30