無料ブログはココログ

« 画像モーメントセンサ | Main | 決着つきました、ノキアVSクアルコム »

July 24, 2008

書談:『スティーブ・ジョブズ神の交渉力』

Stjobs■『スティーブ・ジョブズ神の交渉力-この「やり口」には逆らえない!-』
著者:竹内 一正
価格 : ¥840 (本体 : ¥800)
出版 : 経済界:リュウ・ブックスアステ新書
発行 : 2008.6

けっして、ウインドウズ、ビル・ゲイツ讃賞する気はないのだが、マックは使ったことないので、ジョブズのことはほとんど知らなかった。

しっかし、こいつ、

む ち ゃ く ち ゃ 性 格 悪 い や ん け ~

そもそも元祖アップルを作ったのは、友人のウォズニアックなのだが、全部オレ様がやったんだ、と一環して言い放つ、

自分がリストラを許可しといて、オレは知らない、全部社長スコッティがやったことだよ、と言い逃れるとか(実際スコッティ氏は、社員の反撃にあい、その地位を追われている)、

契約を破るなんておちゃのこさいさいである。

自分で気に入ってスカウトしてきた社員でさえ、何かカンに触ることがあると、その場でクビ。誰だって近寄りたくないよねえ。

なぜ、こげな男がアップル帝國を築くことができたのか。

本書によるとジョブズにものすごい吸引力、エネルギーがあるかららしい。

ジョブズはウケル製品をデザインする能力については、天才的である。パソコンがこんなに厚くていいいわけはない、熱発散モーターがうるさすぎる、形はもっとスタイリッシュに、ただ音楽を聴くだけなのに何故3つの操作が必要なんだ、などなど。

これらは、マーケティング調査で引き出したデータではない、消費者がほしいと思っている製品でもない、

おお!我々はこういうアイテムが必要だったんだ、と気づかせるモノなのである。

しかし、ジョブズはプログラミングも回路設計もしない。こういうのを作れ、それも最短時間で、と命じるだけである。商品発表日に間に合うことの方が奇跡な工程だ。

しかし、ジョブズは、このパーツがないとできない、この技術さえあればできる、というメンバーからの要求には応える、調達はやってのける。単に号令をかけるだけであったなら、いくら天才といえども誰もついてきはしないだろう。

彼の側にいけば、世界最高の製品が必ず作れる、そのジョブズに吸引された天才達が、アップルコンピュータ、iPodを世に出したのである。

本書の著者竹内一正氏は言っている。

「日本は今、個人所得も伸びず、ビジネスにも閉塞感がただよう。なにか、宙ぶらりんの状態だ。だからこそ、熱いジョブズの生きざまが、読者の目の前の悩を吹き飛ばし、一歩先へ進む勇気となれば、こんなうれしいことはない。」

本書の読後には、ジョブズなんかと知り合いになりたくはない、しかし、彼のファンになったという人が増えるのではないか、私もその一人である。

人に好かれるような善人は前人未踏の領域には入り込めないのねん。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 画像モーメントセンサ | Main | 決着つきました、ノキアVSクアルコム »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/41957387

Listed below are links to weblogs that reference 書談:『スティーブ・ジョブズ神の交渉力』:

« 画像モーメントセンサ | Main | 決着つきました、ノキアVSクアルコム »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31