無料ブログはココログ

« 『寧々~おんな太閤記』 | Main | 今年は蛍光色で行こう! »

January 04, 2009

書談:東野圭吾著『聖女の救済』

書談:東野圭吾著『聖女の救済』
先月読んだ。現時点で東野圭吾の最高傑作と言ってよい。トリックといい、動機といい、人物といい、東野ミステリーの全てが結晶している。

惜しむべくは、被害者の精神的バックグラウンドをもう少し掘り下げて欲しかったということだ。

今時、結婚は子孫を遺すためだけに存在する、それが達成できない場合は離婚すべき、との考えの男性がいるとは想定しずらい。家庭に恵まれないだけでは納得できない。

そこが、素養があるにも関わらず東野が松本清張になれない所以である。まあ、誰も望んでいないかもしれないが。

シリーズ化を好まない東野圭吾がなぜこれだけガリレオ湯川学シリーズを構成したいのか、結構なぞである。

随分ランキングが下がってしまった。なんとか取り戻したい。宜しくお願いします。人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

« 『寧々~おんな太閤記』 | Main | 今年は蛍光色で行こう! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/43642062

Listed below are links to weblogs that reference 書談:東野圭吾著『聖女の救済』:

« 『寧々~おんな太閤記』 | Main | 今年は蛍光色で行こう! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30