無料ブログはココログ

« January 2009 | Main | March 2009 »

February 27, 2009

博士の使い方

みんな間違ってるなあ。

博士さんを毎年一定数とっている会社は別にいいんだけど、これからとっていこうとする中小企業のことです


うちみたい電子機器メーカーならさ、はんだ付けでもやらせればいいんだよね。いきなりR&Dの中核メンバーに入れちゃうから持たないんだよね。同じ年の学卒より5年も世間と隔離されてきたんだから会社というものを教えるべきなんだよね。

それには、社長なり開発部長なりが非開発部門に配属する意義を教えなくちゃいけない。期待してるからこそ「試練」を与えるのだ、みたいな。そういう意味での待遇格差、贔屓はよいのだよ。

力があるなら一年後、確実に変わってくる。今まで使っていた「研究脳」以外が刺激をうけ新たな能力が開発されてくる。

それでこそ、企業で活きる博士さんになれるのだ。

大体、社会常識なんてみんな会社で教わるんだからさ。博士さんだから使い勝手が悪いわけではないんだよね。

もちろん、博士さん自身が企業で生きると決めた場合に限りますがね。

追記:本人は研究職求め、会社側は研究者として雇う。そもそも間違い。R&Dというより製品開発部に配属する、されるということなのだ。所詮新卒なんだからね。科学技術の潮流の中では、製品開発は大きな領域を占めている。また基礎研究との境目もあいまい。民間、しかも無名企業に堕ちたと思ってたらダメだね。結局、肩書きじゃなくて、自分に誇りを持てるかだと思うね。

不況って「立っている者は親でも使え」という状況でしょう。肩書きや学歴は全然通用しない。人の目利きと育成ができない会社は辛いよね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 26, 2009

書談:江上剛著『小説 金融庁』

Shousetukinyucho■『小説 金融庁』
著者:江上 剛
価格: \750 (本体 : \714)
出版: 講談社文庫
発行: 2008.11

松崎哲夫はノンキャリア金融庁検査官。幼いころに父の事業の倒産に出会う。銀行の理不尽さを肌で感じる。弟松崎直哉は、大東五輪銀行に勤める実力派銀行マン。兄と違い、父の悲しい姿は記憶にない。父代わりの哲夫によって育てられた。 合併後のガバナンスが問題となる大東五輪への検査の命が哲夫に下る。検査する側とされる側、奇しくも兄と弟との対決という形相になった。

-------------
いやね、途中で読むのやめちゃったんですよ。銀行ちゅうのは、なんて汚いとこなんだ~。こんな奴らが日本を支配しているなんて許せん!えっ、そうですよ、わかってますよ、フィクションでしょう、小説なんだから。

最近、少し経済小説づいているアマサイだが、こういうのは読みたくなかったね。銀行なんてほんとに必要なのか。ええ、ええ、そりゃ、現代は金融社会なんだから必要なんでしょうね。江戸時代の両替屋じゃ用をなさないでしょう。

読むもんがなくなって仕方なく後半から開いたら、俄然おもしろくなりました。人間ドラマが色濃くなりましたからね。会社を守るってのは、自分と組織の利益が一体になったときだけでしょう。侍の滅私奉公とは違いますね。そういうオジサン多いんでしょうね。自分には自分成りの義があると勘違いしてるのが。それは利であって義ではない。結局、それで組織が腐り、自分の居場所さえなくなる。盛者必衰の理と、歴史が教えてくれています。

最終章でやっとわかったんですが。これ実話でしょう。まあ、事実を元にしたフィクションってことで。近年の銀行合併劇ってこういうことだったのか。学者あがりの金融担当大臣って間違いなくあの人なんだけどかっこよすぎです。

哲夫、直哉の葛藤を軸に銀行検査を描いているとこがいいですね。小説にはドキュメンタリになり力があると感じました。

みなさんも是非一読を。


やはり、金融・経済を知らなければ社会人としていけませんな。人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

February 25, 2009

半導体帝國

日エレのバックナンバーが全部家にあればいいなあ、と思うのは、
σ(^^)私だけ?
あっても置く場所ないけどね。
国会図書館に行けば、全部見られます?

日エレHP、なかなかステキな特集をやってます。
日経エレクトロニクスが目撃した電子産業・歴史の現場

どれも興味深いですが、これをちょいと取り上げてみましょう。
【電子産業史】1992年:半導体に見る日本メーカーの凋落

日本の電子産業の勢いがなくなったのはいつからだろうか。半導体産業で見ると1992年が大きな転機だったことが分かる。日本の牙城といわれたDRAMにおける日本メーカーの凋落と韓国メーカーへの主役交代――これが明確になったのが,韓国Samsung Electronics社が市場シェア・トップに立った1992年である。

1980年代に日本のDRAMメーカーは品質を武器に着々と地歩を固め,世界のトップに躍り出た。しかし2005年のDRAMメーカーの売上高を見ると,Samsung Electronics社ほか海外のメーカーが上位を占める。日本メーカーはかろうじて第5位にエルピーダメモリが入っているだけだ。

1992年は日本のDRAMメーカーにとって驚愕と失意の年だった。バルセロナ・オリンピックが開かれたこの年は,それまでの経験則によると,いわゆる“シリコン・サイクル”のピークに当たっていた。日本の半導体メーカーは莫大な利益を上げられると見込み,巨額の設備投資を行っていた。ところがバブルが崩壊した1992年の日本の半導体市場は,前年比-10%程度と大きく減少,DRAMも価格がどんどん下がった。伸びると思っていたのに落ち込んだので,企業に与えたショックは大きかった。日本メーカーは「出(いずる)を制す」(大手DRAMメーカー)方針で投資を極力控えた。

電子立国ニッポンの衰退は最近のことだと思ってましたが、90年を境にダメダメになって行ったのですねえ。ああ、10数年前の「発病」が近年痛みとなってきたということかしらねえ。

かすかな記憶を引き出してみると、日本はSamsungの台頭をなめてたような気がします。自分の末弟だと思っていた奴が急に成長に体が大きくなり、実力もつけてきた、
のに、
いやいや、奴はまだまだ子供ですよ、と現実をみない振りしてたみたいな。

今更ながら、日本が研究すべき企業の1つだと思いますね、Samsung

2005年のランキングを見ると,半導体メーカーの上位にIntel社とSamsung社以下,欧米のメーカーが多数続く。1991年と比べると日本メーカーの衰退は見るに忍びないほどだ。これはインターネット関連技術などが欧米から続々提案され,パソコンや携帯電話,テレビの伝送方式などの標準化で欧米企業が主導権を握ってきたためである。

半導体やエレクトロニクスの事業戦略を立てて素直に実行する,市場を広げられるような基盤をつくる――そのような信念と執念を持った欧米そして韓国企業が2005年のトップ10に残っている。今後,日本のどの企業がこのランキングの中に記載されることになるのだろうか。

半導体事業バンバン縮小している日本企業に未来はあるのかなあ。

オリジナルの戦略あるのかなあ。

とても、とても、心配である。

半導体は産業の米、いろいろな意味があります。「農作物のように生産変動が激しい」「なくてはならない必需品である」「日本のお家芸である」三番目を思い出してほしいですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 24, 2009

書談:竹内薫著『ねこ耳少女の量子論 』

もちろん、ワタクシ
竹内薫非公式ファンクラブ事務局長ですから、
買いましたよ。

■ねこ耳少女の量子論 -萌える最新物理学-
著者:竹内 薫著
漫画:松野 時緒
価格: ¥500 (本体 : ¥476)
出版 : PHP研究所
発行 : 2009.2
内容説明
超ひも理論、量子暗号、量子テレポーテーション、光の正体とは…? 「素粒子理論」ってナニ?と思っている人のために、ストーリー漫画とビジュアル解説で、敷居の高い量子の素顔をわかりやすく紹介する。
bk1

bk1ではお届けまでに一週間かかるそうです。これって品切れ状態ってこと?

で、先日始めて開いて見てみました。
これだっ!
Nekoryoshi1Nekoryoshi2


いや、読めない読めない(^_^;)。
硬派な物理帝国主義者で通っているアマサイがこげなもの。

って、なんだか恥ずかしくない?

裸のおっきいお姉さんの絵が大写しになっているより、恥ずかしいわい。
( ̄▽ ̄;)

そのうち、読みますけどね、てか、眺めますけどね、と言うべき。

しかし、竹内物理本(物理なのか?)にしては売れているようで喜ばしい。
( ̄▽ ̄)v

物理ファンでも評価している方もおられます。
とね日記


目次もあるみたいなんで転載しときます。
って、こんなにたくさんのこと、この漫画にほんとに書いてあんの?!

はじめに - 量子がわかれば物理学なんて怖くない
プロローグ - 耳、とがってますけど!
・第1章:量子は挙動不審です
はじめに量子ありき/量子という言葉の意味
・第2章:量子は『態度』なんだよね
どこにでもある量子
・第3章:量子には個性がないのです
量子がもつ三つの性質
・第4章:量子テレポーテーション
量子と人の心の共通点
・第5章:量子はデジタルな感じデス
量子を発見した人々(1)
・第6章:光は波でツブで量子です
量子を発見した人々(2)/量子のからみあい
・第7章:超ひも理論ってなんですか?
量子と重力
・第8章:量子の天気予報
喧嘩を始めた物理学者たち/シュレディンガー方程式
・第9章:シュレディンガーはヒドイです
シュレディンガーの猫
・第10章:量子の暗号なら安心です
量子暗号
・第11章:さよなら、あいりちゃん
エピローグ - 彼女のいない世界

竹内師匠がへんな方向に行ってしまうのではないかと、心配でならない。まあ、元々異端児だから、いいか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 23, 2009

はてさて、MEMSはこれからどうなる

センサ大化けの原動力MEMS(1) 半導体の“DNA”で高性能,複合機能,高信頼へ

まずは加速度センサです。1990年ころから衝突を検出してエアバッグを作動させるために,加速度センサが使われるようになりました。またノート・パソコンでは,落下時のハード・ディスク装置(HDD)の保護にも役に立っています。加速度センサで落下を検知してHDDのヘッドを退避させます。

加速度には,XYZの3軸の成分があります。図2は米Analog Devices,Inc.の2軸加速度センサ・チップの写真です。中心部には多結晶シリコンSi(poly-Si)により,重りがバネで支えられた構造のセンサ素子が作られています1)。加速度が加わると,慣性力で重りがXYの2方向に動きます。その動きによって,くし歯構造の間隔が変わり,それを静電容量の変化として読み出します。
-----------
次は,角速度センサです。回転を検出する角速度センサは,ジャイロ・スコープあるいは単にジャイロとも呼ばれています。電子機器ではビデオ・カメラやデジタル・カメラ,最近では携帯電話機用カメラの手ぶれ防止に向けて搭載されています。これらの機器は小型になるほど,手ぶれが起きやすくなります。小型の2軸の角速度センサを用いて,レンズなどの光学系部品や撮像素子を微妙に動かしてぶれを補正します。

このような目的で米InvenSense社が作っている2軸角速度センサのチップ写真を示します。振動ジャイロと呼ばれる種類のセンサであり,チップ上で重りを常に振動させておきます。チップが回転すると,この振動と直角な方向にコリオリ力で振動が生じます。コリオリ力は,重りが慣性力で同じ方向に振動しようとするために生じる力です。生じた振動は加速度センサの場合と同様に,静電容量の変化として検出します

うちもMEMSやってますが、なかなか商品化は難しいようです。モデル機は出来てますけど、量産となると大変です。

これを見るとコストと人員は相当投入しないとダメなようですね。

こういう記事で「DNA」という言葉を使うのは一種の流行みたいですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 20, 2009

ユニクロ特許

ユニクロの防寒肌着ヒートテックの特許です。とある特許戦略セミナーで教えてもらいました。
---------------
【特許番号】特許第4208810号
【登録日】平成20年10月31日
【発明の名称】調温機能を備えた編物
【出願日】平成16年9月28日
【特許権者】株式会社ファーストリテイリング
【特許請求の範囲】
【請求項1】
第1の糸と、調温機能を備えた第2の糸がプレーティング編みされてなり、一方の面に前記第1の糸が現れ、当該一方の面と反対側の面に第2の糸が現れてなる編物本体と、
前記編物本体の前記第1の糸が現れている面に形成されたデッドエア構造と、
を有してなる調温機能を備えた編物。
【請求項2】
前記第2の糸は、融点と凝固点との差が小さい物質を含有する組成物が塗工又は分散された繊維を撚り合わせてなる請求項1記載の編物。
【請求項3】
前記融点と凝固点との差が、5℃以上、30℃以下である請求項2記載の編物。
------------------
東レと開発した、とよく宣伝されてますが、これは、ユニクロ=ファーストリテイリング単独出願です。

セミナーでは、不況の中特許で勝ち抜いている会社として紹介されてました。柳井さんの戦略なんでしょうね。

特許出願はするだけではダメで、ビジネスとリンクしてなきゃいけません。

でもさ、知財部だけでがんばってもダメなのよ。組織を横断的に動く知財でないと。まあ、いろいろうちも難しいんだけどね>独り言。

今までのアマサイの言説と逆のようだけど、今こそ知財で儲ける、ってアプローチをしなきゃらなんのよね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 17, 2009

バイオニック・ジェミー?

IBM、飛んでくる銃弾を避けるリアル「ガン=カタ」スーツの特許を取得

銃撃から身を守るための防護服といえばケブラー繊維や金属板で弾丸を止めるいわゆる「防弾チョッキ」が連想されますが、IBMが「発射された銃弾の弾道を予測して物理的に身をかわす」というなんだかすごい技術の特許を取得しました。 「Bionic body armor」と命名された特許によれば、IBMの発明は高速で飛来する金属を探知できるセンサー(ミリ波やレーザーを含む電磁波によるレーダー)、着用者の筋肉を電気的に刺激して姿勢を制御する電極つきスーツ、および各種センサーからの入力と着用者の姿勢をもとに弾道と最適な回避態勢を瞬時に演算するコントローラからなるもの。

アイデアはともかく実現可能性は?については、IBMいわく基本的には政治家などの要人や軍司令官などが狙撃から身を守る用途を想定しており、一般的に狙撃手は逃走を考え標的からある程度の距離を置くと考えられるため、発射から標的に達するまでは場合によっては秒単位(1400mで約2秒)、比較的短い200m射撃でも軍用スナイパーライフルの初速から計算して約200ミリ秒程度の猶予があり、人間の筋肉が反応する40msから80ms程度を差し引いても十分な演算時間がある、としています (少なくとも計算上では)。


また、ガセネタかと思ったら、特許になってました。

7,484,451
February 3, 2009
Inventors: Morf; Thomas E. (Gross, CH), Weiss; Jonas R. (Zurich, CH)
Assignee: International Business Machines Corporation (Armonk, NY)
Filed: March 31, 2008

--------------------------------------------------------------------------------
Bionic body armor

Abstract
A method of protecting a target from a projectile propelled from a firearm comprises detecting an approaching projectile, continuously monitoring the projectile and transmitting an actual position of the projectile to a controller, computing an estimated projectile trajectory based upon the actual position of the projectile, determining an actual position of a target with a plurality of position sensors and a plurality of attitude sensors, determining whether the estimated projectile trajectory coincides with the actual position of the target, and triggering a plurality of muscle stimulators operably coupled to the controller and to the target when the estimated projectile trajectory coincides with the actual position of the target, wherein the muscle stimulators stimulate the target to move in a predefined manner, and wherein the target moves by an amount sufficient to avoid any contact with the approaching projectile. The projectile may be detected in the detecting step by emitting an electromagnetic wave from a projectile detector and receiving the electromagnetic wave after the electromagnetic wave has been reflected back toward the projectile detector by the projectile.
----------------------------------
知財人としては、先願があることに驚いてしまいますが。いや、先願がない特許出願てのはありえないですがね。


----------------------------------
Us40047294,004,729
Rawicz , et al. January 25, 1977
Automated fire control apparatus
Abstract
Improved automated fire control apparatus includes servomotor positioned weapon(s), range-determining radar, optical sight and controller, and a data processor. Multiple, improved feedback network organizations are provided to control the optical sighting path vis-a-vis gun mount for automated lead angle implementation under overall gunner supervision. Thus, for example, optical line of sight deflection is controlled, inter alia, by radar antenna positioning, target flight projection computations as well as manual gunner signal entry.

-------------------------------------
Us60121626,012,162
Bullat January 11, 2000
High impact absorbing body armor with self actuating mode
Abstract
An article of protective clothing includes a hardened armor section such as impact shields and an underlying layer incorporating one or more inflate fluid cavities or cushions. The fluid cavities are in communication with a reservoir of fluid under pressure. The reservoir can be used in conjunction with an impact sensor that directs the fluid to the cushions upon projectile impact or can be directed to supply fluid to the cushions upon user demand. In either case, inflation of the cushions is only accomplished when needed, thereby enhancing the comfort of a user.
---------------------------------------
Us69775986,977,598
Longbottom December 20, 2005
Aircraft protection system and method
Abstract
According to one embodiment of the invention, a system for protecting aircraft includes a plurality of missile warning sensors and a turret mounted near the top of at least one support structure. Each missile warning sensor is operable to detect a missile and the turret is operable to emit a laser beam that is directed toward the missile to divert the missile from its intended flight pattern.
---------------------------------------

レーダー探知システムから防弾チョッキまでの技術を応用した発明。すごいですねえ(^^;)。

実際の開発は未定としていますが、もっといいやつを作るおつもりなのだと思いますがね。

こうやってアメリカの特許を紹介するだけで金になればいいなあ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 16, 2009

萌える?!バクテリア

科学書の世界では、萌え系が軽いブームのようだ。

大学向けの電磁気や力学の教科書に、メイドさんとおぼしき女の子が表紙になったときはさすがに、え”と思ったが、それらは要するにマンガで学ぼう、という主旨らしい。

マンガで学ぶ小学校理科、とかは普通にあるし、子供にとっても活字や実用的なイラストばかりより親しみやすい。それがドラえもん、とか、ポケモンだったらなおさら好ましいわけである。

でも、大学生になってまで、それか?

見栄ちゅうもんがないのかな、近頃にワカモノは。

ってか、それ以前にマンガと萌え、とは違うようだ。
ってか、違うの?

何が萌えなのか、未だもってわからない。
竹内さんの本を読んで研究しないとな。
【竹内薫の科学・時事放談】萌える物理学 まじめ人間・竹内薫の危機!?

*-*-*-*-*-*-*
生物学がイマイチ苦手なアマサイであるが、情報、というキーワードにはびびっとくる。

バクテリアの「知性」を研究する:情報伝達の仕組みを解明


バクテリアは「クオラム・センシング」と呼ばれる機構を利用して情報を伝達し、病原因子の増殖などを含むあらゆる活動を調整している。この仕組みは、人間が病気と闘う上で非常に大きな意味を持つ。

[クオラム・センシングとは、フェロモン様の物質(クオルモン)のやりとりによって、細菌が自分と同種の細胞が周辺にどれくらいの密度で存在しているかの情報を感知し、それに基づいて物質の産生をコントロールする機構。例えば、緑膿菌やセラチアなどの病原細菌は、感染した宿主が健康なときには病原因子を作らず、免疫の低下などによって宿主の抵抗性が低下して菌数が増加したときに、クオラムセンシングによってさまざまな病原因子を産生するようになる]

バクテリアが情報をやりとりしている例としては、発光バクテリアの一種Vibrio fischeriがある。このバクテリアは、数多く集まると発光するが、数が少ないと発光しない。発光するのは、十分な数のVibrio fischeriが集まったときに、化学物質がやり取りされるからだ。

なお、ある種のイカは、このバクテリアの発光を利用している。イカは食物を探す際にこの光を隠れ蓑にしているのだ。[イカの体表面には発光バクテリアがよく生息しており、刺身用のイカを塩水に浸して一昼夜放置すると、培養されて表面に青い光が確認できる場合がある。マツカサウオなど一部の発光魚には、発光バクテリアを増殖させるための発光器官を持つものがおり、獲物の捕獲、またはその逆で逃げる場合のめくらまし、誘導灯として用いていると考えられている]

(中略)

Bassler氏はさらに、バクテリアのコロニーが[クオラム・センシングを通して]多細胞生物であるかのような行動をしていることに触れ、これを通して、多細胞生物が生きる上でのルールを解明できる可能性があると述べた。バクテリアがどのように多細胞的に活動しているかのルールを解明することができれば、この知識を、人間の行動や病気の解明にも応用できる可能性もあるのだ。

そうだなあ、単純なシステムがわからないとそれ以上複雑なことはわからない。というか、けしてバクテリアは単純なのではないようだ。

松本元先生の著書に親しんだアマサイとしてはイカは身近なのある生物であるだが。
(^^;)。

発光バクテリア、発光生物というと先のノーベル化学賞・下村脩先生が思い出される。

まだまだ、これからの研究ですね。


ひょっとしてこういう感覚が萌え、というものか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 13, 2009

知財を守るとは人を守ること

世界不況が企業の知的財産流出に拍車をかける - McAfee調査

「マカフィーは2月6日、1月29日(スイス時間)にスイス・ダボスで開催された「世界経済フォーラム年次会(ダボス会議)」で同社が発表したセキュリティレポート「無防備な経済: 重要情報の保護(Unsecured Economies: Protecting Vital Information)」の概要について、プレス向け説明会を都内で行った」

同氏はつづけて、同レポートの研究結果について発表した。それによれば「昨年だけで、調査対象となった企業の知的財産損失額は46億ドルに上ると推定される。この数字から、McAfeeの"控えめな"見積もりでも、世界全体の企業の損失額は1兆ドルを超えると推定」(Humphrey氏)とされる。これは麻薬犯罪などを大きく上回る額だという。

さらに昨今の景気低迷が企業の知的財産損失のリスクを増大させているという面もある。「調査対象者の39%が、現在の経済情勢において、これまで以上に重要な情報が危険にさらされていると考えている」(Humpherey氏)というが、具体的な"脅威"としては「自暴自棄になった求職者」「解雇した元従業員」「経済的に苦しい従業員」などが挙げられている。とくに「解雇した元従業員」を警戒している企業は多く、調査対象者の42%が「解雇した従業員が重要情報に対する最大の脅威」と回答している。

また、コスト削減の一環で多くの企業で採用している「アウトソーシング」もデータ盗難の危険度が高い。同レポートによれば「平均的な企業は、1,200万ドル相当の機密情報を国外に保有している」といい、知的財産については「1社あたり1,700万ドル相当が国外で管理/保管」されている状態だという。米国企業からアウトソースされることが多いインドでは、調査対象者の18%が「情報資産を保護するための規制は存在するが、実際には機能していない」と回答している。Humphrey氏は「これは文化的な要因によると思われる」とするが、プライバシーに対する感覚の違いなどが、データ流出につながった事件も多い(インドのコールセンター職員が、新聞社に聞かれるがままに市民の個人情報を教えた、など)。現地従業員の教育/訓練は、国外で情報を扱う際の大きな課題のひとつだろう。

不況になると犯罪が増加することは、いろいろな資料で言われていることです。それは主に、窃盗、暴行、殺人など、利益を目的にしたものでありました。マカフィーはそれが知財にも起こっていると発表しています。

同社の発言をまとめると、

1)不況になると人の心が荒む
 人員削減、無謀な配置転換の対象になった人々が自暴自棄になり、会社の秘密を漏洩する、あり得ることです。

2)アウトソーシングにおけるデータ盗難等
 ここでは、海外に委託することによってそのリスクが高まる、と言っていますね。ちょっとこれは不況に関係あるんだろうか、という疑念はあります。あるとしたら、1)の人の心の問題ですね。顧客リストでも売っぱらって、小銭でもちょうだいしよう、てなことです。米国から受注が多いならインドは、お客さんを失わないために、そそうはしないと思うのですが。

3)国自体に秘密保持の観念が薄い。
 いや、これはどうでしょうね。中国とか、不景気だから模倣品どんどん作っちまおう、秘密書類売っちゃおう、ってなりますかね。もともとそういうお国柄なんだから不況における固有性はないですよね(^^;)

秘密保持の意識の向上、教育とか言いますけど、日頃から社員を大切にしてたら、あまり1)のようなことは起こらないのでは?経営者が不況を乗り切る意気込みを見せないと、そりゃ、なんでもありの世界なんじゃねえの。

やっぱりさ、「人は石垣、人は城」なんだよね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 12, 2009

比較技術論

竹内さんの「日立評論」でのインタビューまだ続いていた。
月一回なので、お知らせしてくんないと読まないのよねん(^_^;)。
HPのアップは月遅れなのかな。

アマサイ注目は、技術評論家の森谷正規さんです。放送大学でも講座を持たれています。著書も読みましたが、アマサイはあまり同意できる部分がなかったです。教科書的なものだったからかなあ。

森谷 日本が強さを発揮できる産業や製品は,次の三つの条件を満たすものです。一つ目は「長年の技術蓄積を生かすことができる」こと,二つ目は「高級な製品,高度な製品が存在する」こと,そして三つ目は「製品に多種多様なものがある」ことです。

森谷 工業製品の基本的性質は,「インテグラル型」と「モジュラー型」に区分けでき,技術蓄積が生きてくるのは前者のほうです。その典型例は自動車で,まず機種ごとに専用の部品を開発,設計し,それぞれを最適に組み合わせていく。「すり合わせ型」とも呼ばれ,多種多様な部品をすり合わせるように開発,生産するには,非常に高度な技術や技能が要求されます。深い技術の蓄積がなければ,高品質な製品はつくれず,製造装置などから簡単に技術が流出することがないのも強みになります。一方,後者はパソコンに代表される製品です。各部品は標準仕様でつくられているため,必要な部品を調達して組み立てるだけで,求める性能を満たすことができる。核となる技術は部品そのものにあり,製品として生産するにはそれほど高度な技術は必要ないのです。

なんだか、後付け論、という気がしないでもないが、分析としては優れているとは思う。

竹内 意外に感じたのが,ローテクという言い方もされる機械産業が,これから日本の強みとなるということです。 森谷 私は少々あまのじゃくなところがありまして(笑い),ハイテクがもてはやされてきた中で,あえてローテクが重要なんだと言ってきた。両者の区分けは難しいところもありますが,一般的にハイテクと言うとエレクトロニクス・情報技術ですね。その分野は日本が強かったのですが,新興工業国の台頭で,現在は国際的に厳しい戦いを強いられています。対して,機械産業はローテクなどと言われますが,実は深い技術の蓄積,職人的な技の蓄積,技術者のスキルなど,無形の知的財産が重要な分野なのです。

職人芸ですね。それは、これからも日本は強いと思いますよ。高性能コンピュータ付き工作機械がどこまでできますかね。上記の多種多様に適用するにはまだ時間がかかると思うのですが。

森谷 企業内でも,企業間連携でも,日本の強みであるチームワーク,「組織力」を発揮することです。そこで重要となるのは,組織内の個の成果にしっかり応えること,そして,向かうべき目標です。欧米に追いつけ,追い越せという時代が終わった今,それぞれの組織が,どれだけ高い目標を共有し,一丸となれるか。そのような基礎となる部分が堅固ならば,日本企業はこれまでの強さを維持でき,日本は技術立国としてのさらなる成長を実現できるはずです。

日本の組織力が強みだったのは、人材の流動が少なかったからではないですかね。第2新卒とか言って若者がどんどん転職しちゃう今の日本ではどうでしょう。大企業も人育てなくなってるし。

一律に新卒の青田買いしてるようじゃダメだと思うんですけどね。

それこそ、人材コントロールの新しいモデルが必要です。

「人は石垣、人は城」という古くて新しい教訓を思い出さない限り、技術立国なんて不可能です。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 11, 2009

阿部・謙信

先日、やっと阿部ちゃんが出てるNHKトーク番組を見ることができました。北村一輝ファンのK子ちゃんが録画しといてくれました。アマサイのビデオデッキは壊れたまんま放置してるので。

ええ、もちろん、天地人の放送は毎回見てますよ。いやいや、かっこいいですよ。阿部ちゃんの代表作になるかもしれませね。天地人。

しかし、謙信が登場するシーン、劇画っちくと思うのは私だけσ(^^;)。
原哲夫の「花の慶次」か!( ̄▽ ̄;)

今は頭を剃っているという設定ですが、始めはふさふさのちょんまげでしたよね。
あのカツラ、通常の2倍の毛髪材料を使っているんだそうです。
監督が、髪の毛が筋肉のようにうねるように、と指示したそうです。
すごい表現ですね。

たしかに、あの形相とともに頭はインパクトがありました。

「妻夫木くんや北村くんが登場するまでにいっちょ盛り上げておこうかと」
と阿部ちゃんは演技してたそうです。

武田信玄VS上杉謙信
はよく語られますが、信玄に比べて謙信って地味じゃありませんか?
でも、謙信公は地元新潟では大人気で最も尊敬されている人物だそうです。
「こりゃ、そうとう気合い入れないと申し訳ないな」と。

ふ~む。ちょっと、謙信についても調べてみようかな。

大河はやっぱり日本国民の歴史教育の一環ですね。

ああ、主人公は妻夫木くんでしたね。あのおっちょこちょいのワカモノがどのように軍師として成長していくのか楽しみです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 10, 2009

アナログ回路設計の新手法


富士通研,アナログ回路設計の新手法を提案,変更や変化への対応力を高める

複数の目的があった場合の最適化を解く手法として知られているのが,パレート・フロント(Pareto-front)という考え方である。パレート・フロントは,他の解よりも劣っていない解(つまり,適切な解)を集めたもので,実際の設計ではパレート・フロントを構成する解の一つを選ぶことになる。

 Liu氏によれば,この考え方をアナログ回路設計に適用した提案はすでに複数ある。しかし,最初にトポロジを選んでおり,その特定のトポロジに対して多目的最適化を実行する場合がほとんどだった,という。今回の提案手法では,その処理を複数のトポロジに対して実行する。これで,トポロジごとにパレート・フロントを求める。

 次に複数のパレート・フロントを一つにまとめる。これで複数のトポロジに対して,最適な解の集合(複合パレート・フロント線)が求まったことになる。次に,複合パレート・フロント曲線から,実現できる解を求める。同氏によれば,パレート・フロント曲線のつなぎ目や,複合パレート・フロント曲線が凸でない場合の処理に工夫がある

 Liu氏によれば,複数のパレート・フロントを一つにまとめることや,まとまった複合パレート・フロント曲線から解を自動的に求めらるようにしたことが,これまでに提案のあった手法との差異化ポイントだという

アマサイの仕事にも関係ありそうだが、専門的すぎてコメントできん。
(^_^;)
回路設計技術者の手を煩わせずにアナログ回路ができてしまうということか。

軽く検索しただけでは理解できませんな。

コメントしてくださる方がアマサイブログのご近所にいそうです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 06, 2009

書談:奥田英郎著『最悪』

Saiaku■『最悪』
著者:奥田 英朗
価格: ¥920 (本体 : ¥876)
出版 : 講談社
発行 : 2002.9
bk1


川谷は小さな鉄工所を営む中年オヤジ。小さいながらも仕事はそこそこうまくいき、妻と年頃の娘と息子と小市民的生活をしている。しかし、近年は仕事場の周辺にマンションが建ち近所の住民が鉄工所の騒音をなんとかしろと文句を言い始めた。それだけでも頭が痛いのに、得意先から新規工作機械を入れるよう打診され、その資金繰りに奔走する日々が始まる。

みどりは大手都市銀行かめも銀行の女子社員。実家から通う彼女は、女性蔑視の環境に耐えながらもOL生活を満喫している。拒否したい労組関係の親睦旅行もつき合いで仕方なく参加。楽しいことは望んでいないが、まさか上司にセクハラ行為をされるとは。

和也はパチンコで生計を立てるプー太郎。ほんとどパチプロの彼は、真面目に働く同世代よりも僅かに上回る収入を得ている。ときどき勝てばちょっとした豪遊ができるくらいだ。昔なじみの大阪男と工場からトルエンを盗み出そうと持ちかけられた。以前にもやったことのある悪行で、彼には手軽に金を稼げる良いバイト?となっている。成功したはいいが、相棒はやくざのチンピラで、兄貴分からとんでもない「お仕置き」を受けることになる。

この三人の迷路がどこで合流するかは後半ですでにわかるし、何がおこるかもある程度予想が付く。

が、しかし、しかし、このような顛末となるとはなあ。

さすが、奥田英郎、イカシタラストシーンである。

読者は三人のうちの誰かに感情移入できるだろう。

アマサイは川谷である。オヤジでも家族持ちでもないが、メーカーの経営者の悲哀はアマサイにもなんだかよくわかる。

みどりは「銀行という所は中年の中小企業経営者という生き物と多く遭遇する」と言っている。なんだか、弱者の最大公約数みたいな人たちだな、町工場のオヤジというのは。

もう、川谷の一途な生き方が痛々しくて途中で読みたくなくなっちゃったよ。

しかし、最後は三人とも
3分得
3分損
で終わったのが爽快だった。

人生それぞれ苦楽はあるけれど、結局決算するとみんな同じなのかな。生きるってそんな悪いことじゃないな、と思わせる良書である。

フィクションと言えども、銀行屋にはほんとむかつく。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 05, 2009

シャープLCD東京地裁では勝利

東京地裁、サムスン液晶テレビの特許侵害を認定 ~ シャープが輸入差し止めなど請求

 東京地方裁判所は30日、日本サムスンを被告としてシャープが2008年5月30日に提起した、一部の液晶テレビ/液晶モニターの輸入・販売等の差し止め請求訴訟(東京地裁2008年(ワ)第14530号)について、請求を認容する判決を言い渡した。

 韓国サムスン(三星)電子製の40型液晶テレビ/19型・30型液晶モニター各1機種に組み込まれているサムスン電子製液晶モジュールが、シャープの日本特許3件侵害しているとしたもの。東京地裁は、「コントラスト、動作速度などは良好なまま液晶の垂直配向状態を制御することにより、ディスプレイの広視野角を実現した特許」(第3,872,798号)を侵害していると認定、シャープの請求を認容する判決を言い渡した。

 シャープは、サムスン電子製液晶テレビについて、上記訴訟のほか2007年8月から米国・韓国・ドイツ・オランダの各国の裁判所において同様の輸入差し止めの申立を提起しており、現在、それぞれの裁判および手続は進行中とのこと。さらに特許侵害と認定判断されたサムスン電子製液晶モジュールを搭載するその他の液晶テレビや液晶モニター等についても、あらたに差し止め請求訴訟を提起することを検討中だ。

ターゲットはサムスンだけじゃないようですね。他の国での訴訟はどうでしょうかねえ。

日本も訴えられるだけじゃなくて、提起していることは頼もしいですが。問題のブツはこちらです。
------------------
Shapled【特許番号】特許第3872798号
【登録日】平成18年10月27日
【発明の名称】液晶表示装置
【特許権者】シャープ株式会社

【背景技術】
【0017】
図9は、本発明の原理を説明する図である。図9に示すように、本発明によれば、従来の垂直配向膜を使用し、液晶材料としてネガ型液晶を封入したVA方式において、電圧を印加した時に、液晶が斜めに配向される配向方向が、1画素内において、複数の方向になるように規制するドメイン規制手段を設ける。ドメイン規制手段は2枚の基板の少なくとも一方に設ける。また、ドメイン規制手段として機能するものとしては各種あるが、少なくとも1つのドメイン規制手段は、斜面を有するものである。なお断面が長方形で基板に対して略垂直に立ち上がる面も斜面に含まれるものとする。図9では、ドメイン規制手段として、上側基板の電極12を1画素内でスリットを有する電極とし、下側基板の電極13の上には突起20を設けている。
【0018】
図9の(1)に示すように、電圧を印加しない状態では液晶分子は基板表面に対して垂直に配向する。中間の電圧を印加すると、図9の(2)に示すように、電極スリット部(電極エッジ部)で基板表面に対して斜めの電界が発生する。また、突起部20の液晶分子は、電圧無印加の状態からわずかに傾斜する。この突起の傾斜面と斜め電界の影響で液晶分子の傾斜方向が決定され、突起20とスリットの真ん中で液晶の配向方向が分割される。この時、例えば真下から真上に透過する光は液晶分子が多少傾斜しているため、若干の複屈折の影響を受け、透過が抑えられ、グレイの中間調表示が得られる。右下から左上に透過する光は液晶が左方向に傾斜した領域では透過しにくい、右方向に傾斜した領域では非常に透過し易い、平均するとグレイの中間調表示が得られる。左下から右上に透過する光も同様の原理でグレイ表示となり、全方位で均一な表示が得られる。更に、所定の電圧を印加すると液晶分子はほぼ水平になり、白表示が得られる。従って、黒、中間調、白の表示状態のすべての状態において、視角依存性の少ない良好な表示が得られる。
---------------

なんでしょうか。基本特許なんですかね。

まあ、がんばってください、としか言いようがないですが。

地裁だしね♪日本だしね♪まだなんとも言えません。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 04, 2009

世界共通特許もどき

日米独英など10カ国で「世界共通特許」 審査情報を共有

 日米独英など10カ国が事実上の「世界共通特許」の仕組みづくりに乗り出す。各国特許当局が審査情報を共有して相互に利用する制度の試行を3月末にも開始。審査負担を減らすとともに、企業が自国以外の国で早く特許をとれるようにする。各国で審査方法が実質的に統一され、自国で認められる特許が他国でも認められやすくなる効果がある。グローバル経済で競争する企業の知的財産戦略や技術開発を後押ししそうだ。

 10カ国が始める新制度は、ある国で特許の取得が可能と判断された発明について他国でも早く審査を受けられるようにする枠組み。現在は例えば日米間の場合、日本の特許庁が発明審査で活用した情報を米の当局に提供し、日本企業が米国で特許を取りやすくなるよう協力している。新制度ではこの2国間の枠組みを多国間に広げる。h

たぶん、また勘違いされると思うのですが。一国の審査をパスすると10ヶ国すべてに特許権が得られると。ぜっっったいそのようにはなりませぬのじゃ。今まで日米欧のハーモナイゼイションと言って情報などを共有する方向で動いています。その拡大版ですね。もっと親密にはなると思いますが。特許出願料、特許権維持年金は、その国の大きな収入源になっていますからな。

この「ある国」というのが問題ですね。自国に縛るのでしょうか。そうしたらあんまり意味ないですね。10ヶ国のいずれかの国を選べると、審査の甘い国に集中するってことにはならないでしょうか。そのためにも情報を共有するんじゃないか、と言われるかもしれませんが、実際はわかりません。

また、審査請求制度はどうなるんでしょうかね。ある国とない国があるのだけれども。

まあ、現状的は日米欧州で審査の閾値が未だにバラバラですからね。もう少揃えるべきだと思います。

日経一面に知財記事が載るとにんまりしてしまう、私は根っからの特許屋さん。人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

February 03, 2009

女性上司

アメリカ:アラサーOLは女性上司がお嫌い2009年2月2日(月)0時0分配信 クーリエ・ジャポン


女性同士というだけで、会話が男性関係など個人的なものになり、彼女の個人的な悩み事をすべて聞かされる。しかも、そうした関係の延長線上で仕事が行われるのだ。深夜でもかまわず電話をしてきて大量に仕事を押し付けられたり、女性上司が上役から怒られたときに八つ当たりされたり……。

背景には、ジェネレーションギャップがある。職場で男女差別の時代を生き抜いてきた世代と、そうした環境とは無縁の若い世代とのあいだで、価値観の衝突が起きているのだ。若い世代にとって「フェミニズム」という言葉は古臭いものにすぎない。彼女たちは、「自分はこうしてきたから」「女性はこうしなければいけない」という考えを、女性上司から押し付けられるのには耐えられないのだという。もう二度と女性上司と働くのはいやだという女性も少なくない。

アメリカの話か。
いや、個人差だと思いますけどね(^^;)。
女性同士なら同じ志向性を持って協力していけるという先入観がそうさせ、そのギャップが女性上司ダメとなるだけでは?

てか世代格差なら、男性上司とも同じだよね。「女性はこうしなければいけない」と押しつけるオスの方がやじゃね?オジサンの「オレ達が若い頃」が許せるのに女性上司の「私たちこうしてきた」が許せないとしたから、若い世代の方がバチバチに頭古いんじゃん。なんか問題を無理矢理女性VS女性にもっていこうとしていないか?

アマサイの直属上司は女性ですが、非常にやりやすいですよ。今のうちのセクションは管理系部門の一部となり、その上司は知財のことはあまりよくご存じない、という特殊事情があるんですけどね。「アマサイさんのお考えよろしいと思います」とアマサイの意志を尊重してくれます。

これが、知財のプロフェッショナルだとまた違うでしょうねえ。それにしたって、その方のお人柄に依るでしょう。以前はうちの部署にオジサンが2人いて、ちっこい会社なのに、権力抗争をしていてバカみたいって思っていました。

因みにアマサイがうちの会社に雇われたというのは、事務所で特許技術者の経歴があるのと、女性だからということですね。あまり男性上司に楯突いたり、けんかをしたりしないだろうということです。

いや、一人のジジイは仕事をしないできないいいかんげん人間だったんで、暗に「くそジジイ、テキトーこいてんじゃねえ」と言動に出していましたが。
( ̄▽ ̄;)

もう来てくれなくて結構だ、とぶちぎれてましたが。おめえに雇われているんじゃねえよ。
( -_-)9 ウラ~
とんだ勘違いボケ老人で困っていました。

アマサイが入って3年後に止めてくれたからよかったよ。

アメリカは保守的な面もあるので、同性に対する厳しさは日本よりもあるかもしれませんね。

また、業種にも依るんじゃないですか。
メーカーと商社なんて企業風土が全然違うし、
メーカーでも、重機械工業、IT、化学でも違うでしょうね。

職場でのジェンダーデバイドがあるなんてアメリカも日本もまだまだ未開の地ですね。

と言ってもジェンダーを意識しない世界も考えられないけどね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

February 02, 2009

高解像度光学衛星

政府、高解像度の衛星を開発へ…40センチの物体も識別

 政府は、物体の識別能力を示す解像度で民間の商用衛星の水準を超える世界最高水準の情報収集衛星(光学衛星)の研究開発に来年度から着手する。

 2012年度に宇宙での性能を確認するための実証衛星を、14年度には新技術を搭載した光学衛星を打ち上げる予定だ。防衛目的での宇宙利用を認める宇宙基本法が昨年5月に成立したことを受けて、日本の情報衛星の性能を大幅に向上させる。

 14年度に打ち上げを予定しているのは「光学5号機」。内閣衛星情報センターが光学5号機関連として09年度予算案に68億円を計上しており、解像度の向上に加え、画像の明るさを確保するための研究を行う。このほか、実証衛星の開発のため33億円を充てる方針だ。

 商用衛星では現在、地上にある約40センチの物体を識別できる解像度40センチが最高水準とされ、これを超える性能を目標に掲げる。

 各国の軍事衛星の能力は詳細が明らかにされていないが、40センチの解像度を上回るのは、米国の軍事衛星だけと見られる。

 日本の情報収集衛星は、現在、高性能のデジタルカメラで地上を撮影する光学衛星2基と、夜間や曇天でも撮影できるレーダー衛星2基で運用しており、光学衛星の解像度は約1メートルだ。

ああ、これから作るわけね、日本もついに打ち上げたかと思ったが。宇宙基本法と関係があると。アメリカではとっくにそういうのあるよね。今更って気がするが。

秘かにJosephYoiko氏のコメントを待つ。人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ
-----------
早速に、よいこ氏がお返事をしてくれました。
http://8824.teacup.com/amateurscientist/bbs?BD=14&CH=5&ASV=eb7f2e8359eaaf23004116ff09d4b65b&M=AFF
『各国の軍事衛星の能力は詳細が明らかにされていないが、40センチの解像度を上回るのは、米国の軍事衛星だけと見られる。』

これは、各国の最重要機密なんで、たかがマスゴミ風情に正解は教えません。
まだ死にたくないので、具体的な国は書かないけど、これは嘘です。
複数の国でもっと光学解像度(=福山君が宣伝してるテレビみたいにソフト的に高解像にしない素のレンズでってこと)いいです。

ヒントは、望遠鏡と眼鏡のいい奴作っている国は強いよ。
-----------------

February 01, 2009

黒川博行著『大阪ばかぼんど 夫婦萬歳』他

黒川博行著『大阪ばかぼんど 夫婦萬歳』他
アマサイ勝手に再評価、黒川博行である。東野圭吾氏が絶賛している同業者である。アマサイは東野絶賛とは別ルートで知りました。こちらの『大阪ばかぼんど』が単行本の『よめはん人類学』のときのことです。図書館で偶然見掛けたのです。

いや〜、面白いおっちゃんやなあ、それ以前によめはんが面白いわけです。

「生まれ変わったら、またわたしと一緒になる?」
「なる。よろこんでなります」
「わたしはあかんわ」
「なんでや」
「今度はムササビに生まれ変わるんやもん」

「この本売れるかな」
「一つだけいい方法があ」
「なんやて・・・」
「名前変えるねん。赤川次郎とか西村京太郎とか」

大阪の夫婦はみんなこうなのでしょうか。奥さんは明るくていいですが、アマサイはこんなウザイ旦那勘弁です。
(^_^;)
吉本は週一でたくさんです( ̄▽ ̄;)。

もう一個の『暗闇のセレナーデ』は初期の作品です。大阪の美大生のでこぼこコンビが殺人事件を追跡。美術の闇に迫ります。

トリックもキャラクタもまとまって読みごたえがあります。映像化もされたみたいですね。

この辺の作品を探ってみたいと思います。


大阪男は好きやあらしまへん。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« January 2009 | Main | March 2009 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31