無料ブログはココログ

« February 2009 | Main | April 2009 »

March 31, 2009

書談:竹内薫著『理系バカと文系バカ』

Rikeibunkeibaka■理系バカと文系バカ PHP新書
著者:竹内 薫
構成:嵯峨野 功一
価格: \756 (本体 : \720)
出版: PHP研究所
発行: 2009.3

---------------------
北地方某理学大学教員のブログに以前コメントしたら「書いてないこと読み取られても答えられない」とお叱りを受けた。大の大人がいうようなことぢゃないね。要するに「自分の知性が及ばないので答えられない」だけなのだ。こんな奴が准教授とはちゃんちゃらおかしい。

で、そういうことをうちの応接室でかいたら、前記ブログの取り巻きが「アマサイって奴が先生のことを揶揄してます。酷いですよね」って言い付けていた。

馬鹿、あれは揶揄とは言わない、批難・批判というのだ。

前者が理系バカで、後者が文系バカとアマサイは理解している。

自分の文章が悪いのを読み手のせいにする。是・非の二値化表現を「揶揄」という自分でも意味の解せない用語で、正しくあてつける。

そんなバカ同士で構成しているバカブログには近づかない方が懸命である
---------------

題名からすると、理系、文系、互いに足りないところを補って、バランスのとれた思考法を身につけましょう、みたいな結論だと思うが、

違う。

筆者は筋金入りの理系バカなので、文系の人にはちょっとおもしろくないかもしれませんな。

アマサイ的に本書の狙いは、理系も文系も「バランス感覚を持った」理系になりましょう、ということだと思う。

筆者は、そうではない、というかもしれないが、そんなものは読み手にゆだねられるものなのだから、アマサイの言うことが正しいのだ。

先に述べた「書いてもいないことを」などと能書きをたれる理系バカは本のなど書く資格はない(まあ、あの人は単著なんて書けない、依頼はないと思うので心配ない)。

「理系、文系なんて分け方は無意味だ。他にもカテゴリはあるはずだし」という弁は、ここでは有効ではない。実際に多くの現場で(主に学校であるけれども)この二値化が働いているのだから、否定しても仕方がないことである。

また敢えて誤解を恐れずに言えば、文系的思考はあまり具象化できないに対し、理系的思考はなんとはなしに形態があるものである。また、後者は努力しなければ習得できないものであろう。

本書を読むとなんとなくその思考法の全貌が見えてくるのはお得である。

それにまた、多くに国の政治、行政に理系出身者が幅を利かせているのは注目に値する。
因数分解は社会に出たらいらないでしょう、
iPS細胞なんて知らない、
ノーベル物理学賞、へぇ~、すごい、なんだかわからないけど、

このような考えはすでに時代遅れである。

筆者が体験した、報道番組制作部での理系知識の無さには、ちょっと背筋が寒くなる。

数学、理科が得意な人間はえばっていいのだ、少なくとも、英語ができる人間くらいには。

本書中に資料として、「理系白書」のデータが使われているがこれは飽くまでデータとして使われてるだけですから。あそこが文系バカだということは、あちこちで暴かれている通りであるから。

理系バカも文系バカも、どちらでもないと自負する人も読むべき一書でしょう。

これは売れてほしいし、売れるんじゃないかと思います。。人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

March 30, 2009

次のドラマ化は『夜光の階段』

次ののドラマ化は『夜光の階段』
本屋に行って発見したわけですが。藤木くんが『夜光の階段』やるらしいですね。

若い美容師が、女を利用して金と利権を手に入れるというものです。

アマサイも読んだときこれは現代的な話だから、ほぼ変更なく平成の話としてもってけると思いましたよ。男優が主役のドラマってなかなかないから、イケメンを据えて良いドラマになります。

テレ朝のHP

以下はドラマニュースページより

●佐山道夫…藤木直人
新進気鋭の美容師。一流の技術とセンスで女性たちを虜にし、美容界の頂点を極めようと考えている。

●福地フジ子…夏川結衣
週刊誌編集者。恋愛に興味を失い、中性的な格好をしている。道夫の過去を…。

●村瀬みな子…荻野目慶子
道夫が勤める美容室のオーナー夫人。

●丸岡房江…余貴美子
東京高等検察庁の検事。過去の事件に深くかかわっている…!?

●波多野雅子…室井滋
証券会社社長夫人。佐山の客の一人。夫の金を使って暇をもてあそぶ有閑マダム。

●桑山信爾…小林稔侍
東京高等検察庁の検事。ちょっとした偶然から佐山に興味を持ち、その暗い過去にメスを入れようと調べまわる。

藤木くんなら文句はありません。

春は楽しみです。


清張作品をやっている限りドラマのネタは事欠かないですな。人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

March 27, 2009

お仕事メモ:電気光学結晶KTNスキャナ

アマサイのお仕事に関係ありそうな技術です。KTNって見たことあると思ったんですが、別に過去には取り上げていませんでしたね。

光を自在に曲げる光学結晶を用いた従来比100倍高速光スキャナーの発売および従来比1000倍高速可変焦点レンズの実現
日本電信電話株式会社
NTTアドバンステクノロジ株式会社

 NTTは、光を自在に曲げられる電気光学結晶KTN(タンタル酸ニオブ酸カリウム、KTa1-xNbxO3)を用いて小型で高速な光ビームスキャナーの基盤研究に取り組んでまいりました。  この度、NTTアドバンステクノロジ株式会社はNTTより本技術を取得し、従来製品の1/100以下のサイズで100倍以上の高速動作が可能な光偏向モジュール「KTNスキャナー」を研究機関向けに評価用サンプルとして販売いたします。 ・・・1  また、NTTのフォトニクス研究所ではこのKTN結晶を用いた新機能デバイスの研究を進め、電圧に応じて焦点距離を変えられる可変焦点レンズを開発し、既存デバイスの1,000倍高速で焦点距離を変えられることを実証しました。本件は、3月30日~4月2日に筑波大学で開催される応用物理学会にて発表されます。

・KTN結晶を用いたKTNスキャナーの特徴
 現在、レーザ加工、イメージング、プリンタ・コピーなどで光を曲げるのに使われているスキャナー素子としては、ポリゴンミラーやガルバノミラー、MEMSなどが広く用いられています。これら従来の素子は、ミラーを機械的に駆動するため、素子のサイズや動作速度に限界があり、また、ランダムに光の方向を制御することは困難でした。KTN結晶を用いた光スキャニングは原理的にはこれらの問題を一気に解決し、素子体積1/100、動作速度100倍と、いずれも2桁向上することができるという驚異的な性能が期待できます。

NTTさんの特許公開公報は見あたりませんでした。この製品に基づく出願はまだ公開されていないのかもしれませんが、以前から研究しているなら、KTNでひっかかるはずなんですが。

他の出願人のものはありましたので、それを引用してみます。

■特開2008-85960
【発明の名称】ブレ補正装置、撮像装置、ブレ補正方法、撮像方法およびプログラム
【出願日】平成18年9月29日
【出願人】カシオ計算機株式会社
-------------
【0005】
ところで、光学材料(電気光学結晶)の一例として、屈折率を変化可能な光学材料が報告されている。従来、絶縁体と考えられていたKTN(タンタル酸ニオブ酸カリウム)からなる40mm角サイズの電気光学結晶に電流を注入することによって、屈折率のグラデーションを誘起するという新しい動作原理(空間電荷制御モード)を利用して、スキャン効率(長さ1cm、厚さ1mmの結晶に、1kvの電圧をかけたときに生じる光のスキャン角度)が12度となり、従来EOビームスキャナと比べて80倍という高効率の超小型・超高速なEOビームスキャナなどの開発が報告されている。
【0006】
電気光学結晶の一例であるKTN結晶は、カリウム(K)、タンタル(Ta)、ニオブ(Nb)と酸素(O)から成る透明な光学結晶であり、1950~60年代に初めて合成され、2次の電気光学効果(カー効果)が極めて大きい材料であることが知られていた。しかし、結晶成長が難しく、昨今まで実用化が阻まれていた。
【0007】
2003年、温度の精密制御を行うことなどにより、KTNからなる大型結晶の作製成功が報告され、40mm角という実用的な大きさを達成するに至った。KTN結晶の電気光学効果の大きさを表す電気光学係数は、600pm/V以上で、従来材料のニオブ酸リチウム(LiNb03)などの20倍(電界60V/mm以上の場合)以上に達するため、電気光学結晶による素子のサイズや駆動電圧を一桁以上向上させ、光スイッチなどでは、駆動電圧を1/10にできると発表されている(NTT発表資料、NTTフォトニクス研究所)。
【0008】
また、2006年5月に、KTN結晶(タンタル酸ニオブ酸カリウム、KTa(1‐X)Nb(X)03)を用いて光を自在に曲げられることができる現象を発見し、従来技術に比べて80倍のスキャン効率を有する超小型・超高速なEO(E1ectro‐opt1c=電気光学)ビームスキャナが開発された(2006年5月18日、前述NTT報道発表資料)。
【特許文献1】特開昭62-47012号公報
-----------
<動作原理>
図1を参照して、電気光学結晶からなるブレ補正素子の動作原理と特性の例について説明する。
200885960
【0024】
KTN結晶(タンタル酸ニオブ酸カリウム、KTa(1‐X)Nb(X)03)からなるブレ補正素子の動作原理は、従来、絶縁体と考えられていたEO結晶に電流を注入することによって、屈折率のグラデーションを誘起するという概念に基づくものである。従来型EOビームスキャナと比べて80倍という高スキャン効率を達成しているとされる。また、ポリゴンミラーやガルバノミラーなどの現行のスキャナ素子と比べると、素子サイズと動作速度について、KTN結晶からなるブレ補正素子は、素子体積1/100、動作速度100倍と、2桁性能を向上することが期待できる。
【0025】
なお、このような結晶に、電界を加えることにより材料の屈折率が変化する現象を「電気光学効果」といい、加えた電界に屈折率変化が比例する効果を「1次の電気光学効果」(ポッケルス効果)、加えた電界の二乗に屈折率変化が比例する効果を「2次の電気光学効果」(カー効果)と呼ばれている。
【0026】
また、この「電気光学効果」により、結晶に電圧をかけることにより、その屈折率が変化する特性を有する結晶を「電気光学結晶」(EO結晶、Electro‐optic結晶)という。なお、KTN結晶(タンタル酸ニオブ酸カリウム)結晶の場合には「2次の電気光学効果」(カー効果)を示す。
【0027】
次に、図1(A)はブレ補正素子の一例を示す斜視図である。図1(A)に示すように、ブレ補正素子11は、前述のようなKTN結晶などの電気光学結晶を直方体形状の平行平板として作製され、その対向する両面13a,13bに導電体金属やITOなどの電極15a,15bが形成され、検出したブレ量に応じて補正量を算出し、補正量に従って電極15a,15b間に印加する電圧を可変制御することで、そのまま電子制御可能な光屈折素子を実現でき、ブレ補正素子として利用できる。
【0028】
前述の屈折率のグラデーション分布(空間電荷制御モードEO効果)を用いる場合には、光軸(図1に示すA-A’線)上に電極15a,15bを設けないので、従来の電気光学結晶による偏向子のように必ずしも透明電極にする必要はなく、電極15a,15bによる透過率劣化や光量の損失もない。
【0029】
次に、図1(B)は図1(A)に示すブレ補正素子11に電圧波形を印加した場合に発生する屈折率分布の様子を示す模式図であり、図1(C)はこのブレ補正素子11の層厚方向と屈折率の変化を表すグラフである。
【0030】
このKTN結晶を用いた屈折率変化の動作原理は、図1(B)に示すように、電気光学結晶の対向する両面に形成された電極15a,15b間に所定の電圧波形を印加することにより、電気光学結晶内に電子を注入すると、屈折率は電極対間に誘起された電界の大きさに応じて線形に変化し、結晶の層内で屈折率のグラデーション分布が発生して(「空間電荷制御モードEO効果」と呼ばれる)、入射光は方向を変えながら進み、方向変化の蓄積により、出射光の角度が変化するので、ブレ量を検出しておけば、このブレ量に応じて撮影光軸を傾斜させ、撮像面への像ブレをキャンセルする新しい光学式のブレ補正装置を実現することができる。この現象は、電気光学結晶一般に適用できるといわれているが、KTN結晶では、誘電率10000以上という巨大な誘電率を有するので、顕著に発現することができる。
【0031】
次に、図1(D)はブレ補正素子の例として、KTN結晶とニオブ酸リチウム(LiNbO3)の電界-屈折率変化の特性を示すグラフである。
【0032】
図1(D)に示すグラフの勾配は、電気光学定数に相当し、勾配が急なほど屈折率の変化がより大きく、より低電圧で同などの屈折率変化を起こすことができることを示している。
【0033】
屈折率は、任意の直交座標系では楕円体の表面(屈折率楕円体)で示される。この楕円体の主軸の長さが主屈折率を示す場合が多いため、結晶の光学特性を説明する場合にこの屈折率楕円体がよく用いられる。ここで、光学パラメータ(1/nij2)を電界で展開すると、次式となる。
(1/nij2)=(1/nij2)+γijk・Ek+gijkl・Ek・El(1)
------------------
【0037】
すなわち、室温相である強誘電相のγ定数は、高温相である常誘電相における2次電気光学定数(カー定数)gに自発分極Psによるバイアスがかかったものといえ、誘電率(ε)の高い強誘電体は1次電気光学定数γが大きいことを示している。屈折率(n)やg定数といった基本的な値は、多くの強誘電体結晶に共通しているBO6型の酸素八面体構造に強く関係していて、特にg定数(カー定数)は結晶構造によらず略一定の値である。従って、上記(2)式から、γ定数(ポッケルス定数)が大きい強誘電体結晶を探すには、自発分極Psが大きく、かつ、誘電率εの大きなものが1つの指針となる。
------------------------
光学体を移動させずに合焦する技術は他にもありますが、KTNは有力候補の1つなようです。

NTT研究所関係はチェックしておかねばいけませんな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 26, 2009

ホリエモン

ホリエモン、好きじゃないけどいいこと言うな。

堀江貴文「エンジニアは誇り高くあれ」@Tech総研

今、非正規雇用の増加やいわゆる「派遣切り」が社会問題になっていますけど、僕が前の会社(ライブドア)で社長をやっていたときは、技術者派遣やSI会社の常駐社員などは一切使わなかったし、逆に自社の社員を派遣することもしなかった。社内ではこうしたシステムを利用するようにかなり説得されたけど、ここだけは頑固に譲らなかった。

ここまで非正規の社員を雇わなかった理由はいくつかあるけれど、ひとつは派遣とか常駐が人材のピンハネだから。経営者の思想として、派遣されるほうも派遣するほうも相いれないと感じていたし、こうしたシステムが産業構造の空洞化を招くとも思っていた。もうひとつは、社内の技術力を低下させるから。いずれにせよ、とても嫌だった。
また、正社員には福利厚生費などの負担や将来への責任が生じるから、派遣を使うという声も聞きます。だけど、それらを社員に与えるのは企業の責務じゃないですか。こんな当たり前のことを実現できないで利益を出そうとするのは、既に商売ではないと思う。そう言うと、「企業努力の末に高品質で安価な製品が提供されているんだ」と返されるかもしれないけれど、ならばその考えが間違っている。消費者におもねりすぎです。

派遣社員に必ずしも反対ではないです。通訳・翻訳を中心とした専門分野に固定した10数年前の職種に限ればいいと思います。電気業界とか偽装派遣の温床は断たなくてはいけません。

アマサイは、経営者は社員の生活を保障しろ、と思います。それができないのは、会社経営しちゃいけません。その根本はホリエモンの「福利厚生の負担は企業の責務」と同じ意味だと思っています。

結構昔気質だったんだねホリエモン。

プログラマとして、自分でゲームを開発するなどはしなかった、というよりできなかったですね。僕がプログラミングをしていたのは2000年までで、残念ながらもう長いこと書いていませんけど、昔からゲームを作るってすげえなって思っていました。ですから僕は、大したプログラマじゃないんです(笑)。

 ひょっとしたら、その弊害がライブドアの事業に出てしまったかもしれない。自分は優秀なプログラマではないというコンプレックスや、Perlが主流になるかわからないといった思い切りの悪さが、ライブドアをGoogleにできなかった大きな理由かとも感じています。なぜなら、1998年ごろにはライブドアでも検索エンジンを開発していたのですが、その事業を徹底して続けられなかったから。


技術者と経営者との板挟みになっていたということかな。技術者出身の経営者の誰もが遭遇する悩みなのかな。

しかし、自分たちは本来ならばGoogleになっていた、と言うあたり、相変わらず自信過剰な気がする。
(^^;)

ただ、エンジニアの苦労を一般の人は知らない。エンジニアのすごさは、彼らの仕事を知らないとわかってもらえないと思う。ボール盤を回すとか(笑)。普通の人は、どんな技術で自分たちの生活が成り立っているか想像できませんよ。僕だってハード系は電子工作くらいまでで、機械設計なんて今回のロケット開発で初めて触れましたから。

 世間に仕事の中身を理解されることが少ないから、エンジニアは地味な存在になってしまい、脚光も当たりにくくなる。自分たちもそれを知っているから、派手になれずに、プライドをもちにくいのかもしれない。でもそれは違う。もっともっと自信をもっていいと思う。


エンジニアは自分の仕事にもっとプライドを持っていいと思う。製品になっているならば、これは俺が作ったんだぞ、って自慢していいと思うけどな。まあね、テレビとかコンピュータとか車ならその威力がすぐわかってもらえるけど、ちょっとマイナーなものになると、説明もしずらいかもね。

小さい技術かもしれないけど、大きな技術の一部かもしれないけど、それによって科学技術を推進し、世の中を変えていっているんだ、とアマサイがいうような大風呂敷winkを、エンジニアが全員が言うようにならないと、なかなか世間に通りにくい。

エンジニアの諸君、みんなで身の丈を越える大風呂敷を広げよう。

でも、やっぱり、ホリエモンは好きくない。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 25, 2009

趣味の発明・研究は自分の金でやれよ

発声練習さんからたどってきたわけだが、

はてな匿名ダイアリー:おめーらそのくだらねえプライドをなんとかしろよ
からです。

あなたのテーマは面白いと思うけど(これはウソのこともあるけど、とにかく)、もう少し一般的に、素人が読んでも、なるほど、この研究は意味があるんだね、と思ってもらえるようなリサーチクエスチョンとか、イントロダクションを、最初と最後には入れたほうがいいよ。(最後は、この研究が完成したときのインパクト、みたいな項目が実際にあるしね)
----------
このテーマに興味がある、というだけで、なぜいけないんですか?自分は、そうやって素人に媚びるようなことはできない。

前段の様子からすると学振特別研究員とやらに応募する人の話ですね。


えーと、要項がぐちゃぐちゃ書いてあってよくわからんのですが、審査されるのは、やはりこれからする研究内容なんですよね。

えーと、日本学術振興会というところから、お金が出ると。それは、お国からですよね、つまり、我々の税金ですよね。

。。。

素人に媚びるのやなら、自分の金で研究しろ!

こんなことが、トピックになるなんて研究の場って一体なんなんでしょうねえ。不思議です。

もっとも、企業の特許出願の場でもこういうことは、あります。

「俺様の発明はすごいものだ。すぐ出願しろ」

ええ、オジサマやお兄さまたちにアマサイはよく言われます。

何度か書いていますが、

Q1「実施例をもっと具体的に記載してもらえますか?」

Q2「従来技術はどんなものありますか?」

Q3「○○社のこれ、××社のこれと同じじゃないですかね。違う?では、違うところを教えていただけますか?」

てなことを聞くわけですよ。

たいていの人はQ1で音沙汰なくなります。

実施例が書けないのは、そもそも発明じゃないじゃん!

Q2に至っては、「俺様のものは画期的すぎて従来例なぞない」とおっしゃる素晴らしい方もいらっしゃいます。だいたいQ1のお答えはいただけません。

Q3をクリアできたら本物です。ほんとうにクリエティブな人はこれらの質問に答えることはなんでもないことですからね。

これらの質問は要するに貴方の発明は当社にどのような利益をもたらしますか?ということをいろんな角度から訊いているのです。

「そげな素晴らしい発明ならどうぞ、ご自分で出願なさってください。ご自分で特許明細書を書けば数万で出願できますよ」

アマサイは親切だからやり方まで教えてあげます。

だからさ、

特許出願はあんたの名誉のために出すんじゃねえんだよ。

会社の利益、ひいてはこの業界の技術発展のために出すもんなんだよ、

お遊びは自分のうちでやってくんな!


こんなおばかさんは全体の数%と信じたいです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 24, 2009

クロスライセンスにはご注意を

先週第一報が出てアマサイ的には気になるニュースでした。

「クロスライセンス上何ら問題ない」,Intelの主張に対しGLOBALFOUNDRIESのCEOが主張

「クロスライセンス契約に問題があるとは考えていない」---半導体ファウンドリー米GLOBALFOUNDRIES社のCEOであるDouglas Grose氏は,米Intel Corp.が米Advanced Micro Devices,Inc.(AMD社)に特許クロスライセンスの契約違反を通知したことに関して,契約違反ではないとの見解を示した。

GLOBALFOUNDRIES社は,AMD社がアブダビ首長国の投資会社Advanced Technology Investment Co.(ATIC)と合弁で設立した半導ファウンドリー(関連記事)。Intel社は,GLOBALFOUNDRIES社がクロスライセンスの対象となるAMDの子会社に相当せず,ATICとの取り引きも未公開条件に違反したと主張している(関連記事)。これに対してGrose氏は,日本の報道機関向けの事業説明会で「クロスライセンス契約については,GLOBALFOUNDRIES設立時に多くの弁護士に相談した上で問題ないと判断した」と語った。「今後は予定通りに事業を進めていくだけ。Intelが訴えたのは(独禁法違反などの調査で)追い詰められた窮余の策ではないか」として,事業に影響はないとの姿勢をアピールした。

問題ないって、、、(^^;)。そりゃ、通告された方はそういうわな。設立時に弁護士に相談したって、当たり前である。ライセンス許諾した後に問題というものは起こるのであるからにして。Intelの苦肉に策とか言わない方がいいんじゃないの、Groseおじさん。ん?その子会社設立時にIntelに相談しなかったの?もちろん、契約書みたわけじゃないし、公開もされないだろうけど、AMD側の不始末という気がしますです。

IT用語辞典より

IT業界や家電業界では、技術の革新的進歩に伴って、新しい特許技術の開発が目覚しい。そのような業界事情を背景に、企業間のクロスライセンス契約が結ばれるケースも増加している。ただし、クロスライセンス契約が結ばれた技術の優位性や、相手方の特許技術への依存度合などが原因となり、後々いさかいとなるケースもある

子会社の扱いには気を付けないとね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 23, 2009

情緒と論理

藤原正彦氏がお茶大で定年を迎えられるそうです。

アマサイブログのアクセス解析のリンクを辿っていったらなにげにぶちあたりました。
藤原正彦先生最終講義

彼の出世作代表作が「国家の品格」になってしまったことに納得がゆかないアマサイです。藤原先生の人生及び著述業の原点は『若き数学者のアメリカ』でしょう。
あんな説教本を前に出したくはありませんな。20年来のファンとしては。

鈴木光司さんの近著『情緒から論理へ』なんて帯が
「藤原正彦氏『国家の品格』に異議アリ! 」
だもんね。
-----------------
ベストセラー『国家の品格』で藤原正彦氏は、「論理より情緒」と喝破した。
本書は、これに異を唱える。

論理的に考えず、情緒的な希望的観測に引きずられた指導者たちの過ちによって、
過去、いかに多くの国民が不幸に見舞われたことか。

いまの日本人に必要なのは、「情緒より論理」と言うべきなのだ。

「僕が『情緒より論理だ』と言うのは、もともと日本人は情緒を好みすぎる民族だからです。
日本人は放っておけば、ますます情緒に惹かれます。だからこそ、必要なのは論理と僕は声を大にして言いたいのです」
--------------------
売るためのうたい文句というのはわかっていますが、そんなのケースバイケースでしょう。
(^^;)
ビジネス、行政、政治には論理より優位なものはないわけで。
日常生活にはもっと情緒をもって潤いのある生活が必要でしょうね。

もっとも、藤原先生はきっとビジネスでさえ情緒が必要とおっしゃると思いますけど。

教育の現場に関しては、両方とも必要なのに徹底されていないんじゃないですかね。

国語には、大別して、文学と論説があると思うのですが、国語の教師は大抵日文の出身なので、論説とかエッセイ(情緒のない方ね)とかは教えるの苦手かもね。論説文、国語でちゃんと教わった覚えがない。

それに、今は違うかもしれないけれど、国語は教わるもんじゃない、読書の過程で身に付くものだ、と信じていて、あんまり授業らしいものしない人も多かったね。

それじゃ、情緒も論理を身に付かないでしょう。

じゃあ、数学や理科で論理が身に付くかというとちょっと違うね。

理系の論理は主に数学の裏付けがあり、言語の論理とはまた違うからさ。
実験という裏付けもあるんだけど、高校過程までの実験ってどうなんでしょう。ちゃんとお膳立てができていて、おお、実験指導書のとおり結果がでたぞ、じゃ、科学的証明の感覚って養えない。
実験をしない、極端に少ない学校は問題外の外です。

なんだか、情緒も論理も学校で教えられない、教える場ではないと認識されているのは問題なような。

ああ、藤原先生長いこと教員生活ご苦労様でした。
今後のさらなるご活躍に期待しております。

といっても、60年代、70年代や旧制高校時代の教育に現代の規範を求めるは絶対間違っていますからっ!。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 21, 2009

君にも見える?ウルトラの星

Kimball兄貴に教わってきました。

M78星雲が実在することは知っていました。
天文学でもそんな有名ではないけれど、何か特徴があるはず、なんだっけ、と思い出せずにいました。

ウルトラマンのふるさと@三菱電機HP

このM78星雲が実在することをご存じだろうか。M78星雲のMはメシエと読む。18世紀のフランスの天文学者シャルル・メシエが編んだ星雲状天体のカタログ:メシエカタログの番号になっている。M78星雲は、このカタログの78番目に登録された天体で、実在している。場所は西に傾き始めたオリオン座にある。 筆者は昔から、どうしてこんなちっぽけな星雲がウルトラマンの故郷になったのか、不思議だった。とりたてて何の特徴もないし、天文ファンでさえ、あまり好んで見ようとするものではない。いってみれば無名の星雲である。メシエ天体の中から、同じ種類の星雲を選ぶとすれば、オリオン大星雲M42のほうがずっとよかったはずである。どうして、こんな何でもない天体を選んだのか、ずっと疑問だったのである。

その謎を解く鍵は、実は東から上ってくる春の星座:おとめ座にあった。おとめ座は、われわれから最も近いおとめ座銀河団と呼ばれる銀河の集団である。その数も規模も半端ではなく、われわれの銀河系が属する集団がせいぜい50個に満たない局部銀河群であるのに対して、おとめ座銀河団は優に千個を超える。まさに銀河の宝庫であり、その研究には欠かせないフィールドになっている。おとめ座銀河団の中心にどーんと居座っている巨大な楕円銀河がM87である。通常の渦巻銀河が十個以上も集まったような巨大な銀河で、非常に強い電波やX線が放射されていることも異常であった。もともと普通の楕円銀河の中にはほとんどガスや塵がなく、比較的古い星ばかりなので、密度が薄くすかすかなはずである。そんなすかすかな銀河の中から、どうして強い電波が出るのか、かつてはたいへんに不思議だった。(ちなみに現在では、楕円銀河が回りの銀河を次々と飲み込んで、その中心にある巨大なブラックホールに物質が吸い込まれるときに強い電波やX線が発生すると考えられている。)

それでM87が誤植でM78星雲になってしまったそうです。

円谷英二先生が何の根拠もなるウルトラの星を選ぶはずはありません。
(^^;)
ちなみにアマサイの非公式出身地は「M78星雲のはす向かい」です。


【o(o|o)/しょわっち】アマサイの個人メールにはこれを必ず入れてます。。人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

March 19, 2009

油断ならじITワールド

今、旬の人の話っておもしろいねえ。特に大学院行って研究者になっているみたいな表通りを歩いてこなかった人の話ね。そもそも、はまちやって何者じゃ!?

はまちや2/明日に向かってプログラめ@Tech総研

最近のmixiは全然知らないんですけど、当時は同じタイトルで日記を書くのがはやっていて、例えば誰かが「ラーメン」で日記を書いたらマイミクの人が同じ「ラーメン」の日記を書くとかですね。それを見てひらめいたのが、無理やりこの現象を発生させたら面白いのかなと。その手法を考えて、試しに日記の内容を単純に外部からポストさせるページをつくったら、すんなり通ってしまった(笑)。  こうしたセキュリティホールの存在は知っていましたが、昔からCGI掲示板などでも、リファラを見てその投稿フォームからの同じページでないとリクエストを受け付けないとか、各サイトで対策はなされていたんです。まさかmixiでやっていなかったとは思わなかったから、びっくりした。  最初はそのページに行ったら自分の日記が勝手に書き換えられるものでしたが、続けてひらめいたのが、換えられる日記の中にさらにURLを書いておけば、無限に連鎖するのではないかということ。それで広がったんです。

はあ?mixiともあろうシステムがそんな穴があったとですか!ほんとびっくりしちゃいますねえ。でも、あれって、大学生の兄ちゃんが始めたベンチャーですよね。彼、技術も法律もあんまり知らない感じですね。経営センスはあるかしらね。

夜間限定でパソコン通信のホストを立ち上げて、掲示板がメインだったんですけど、やっぱり変わったことがやりたくなるんですね。エスケープシーケンスという制御文字を使うとカーソルを移動させたり、文字に色を付けたりできるので、その機能でアニメーションをつくったりしていました。 今だってエンジニアと呼ばれるのはおこがましいんですよ。専門的な学校でアナやデジの回路を学んだり、Web関連の技術を勉強したりもしましたけど、ヘッドハントされて今の会社に来たのが2年前ですからね。「mixiのはまちやさん」あてに「人口無能 酢鶏」の開発者から連絡がきて、「よかったらおいでよ」と。よくわかってなかったけど、「やるやる」って答えて入りました。

ITって人の流れが良い感じですよ。だから若い成功者が生まれやすい。その何百、何千倍も落伍者が生まれるわけですが。

アマサイは窮屈ながらもソリッドな世界が合っているので、そげな水商売はいやですばい。

景気の反映かTech総研の特集イマイチな感じが。がんばれTech総研。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 18, 2009

レノボってなんだっけ?

レノボ、未だに慣れない名称です。どこのバッタもん?!と思ってしまいます。

フォトレポート:レノボ、ミニノートPC「Pocket Yoga」の画像を公開

Lenovoが「Pocket Yoga」というミニノートPCの画像の一部を公開している。

 このところ、Lonovo製小型ノートPCのプロトタイプを思われる数枚のリーク画像が出回っていた。外見はソニーの「VAIO type P」シリーズにいかにもよく似ていて、ワイドスクリーンやエッジがフラットなキーボードを搭載している。サイズも同じくらいだろうか。

 こうしたリーク画像に続き、LenovoのFlickrストリームに複数の精細な画像が公開された。このデバイスはPocket Yogaと呼ばれ、タブレットスクリーンを搭載し、デジタイジングペン、移動時にユニットに巻きつける小型のレザーベルトが付いているという。レザーベルトはまた、折りたたんでマウスになるという。画像では、ディスプレイがコンバーチブルタブレットのようにひっくり返る様子も示されている(これはVAIO type Pとはまったく異なる機能だ)。

そうそう、愛するThinkPad、 旧IBMのPC部門でしたね。

手持ちのThink Pad、もう少し使うつもりですが、次の新機にはミニノートPCも候補です。東芝リブレットを愛用していたので、あのキーボードピッチ間が懐かしい。

まあ、家では、メール見てブログのアップとその関連情報のアクセスくらいしかしないので、そんな重要アイテムではないんですけどね。

以前は、三次元ソフトでさくさく作図をしてみたい、という希望があったなあ。
そういえば、VusualBasicでゲームソフトを作るなどという野望も。。。

すべて忙殺される毎日に埋もれてしまった。


今は携帯でできることは携帯で。iPhoneは絶対買わないけど。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 17, 2009

書談:『テーマ別英単語 Academic [上級] 自然科学編』

いや、我ながらびょーきです。
こげな本、英語でサイエンス、みたい本はすぐ買ってしまいます。ペーパーバックの科学書でも読めばいいやん、と思うのですけれどね。何か「お勉強」という形がすぎなのですねえ、アマサイは。Z会のは大学受験学習書で成功しているから良くできている。

Adbancesci■『テーマ別英単語 Academic [上級] 自然科学編』
著者:中澤幸夫
価格:1800円(税別)
発行:2009年1月
出版:Z会

類書はいくつか持っているのですが、これは冒頭に「科学一般」と題して科学哲学的テーマが入っているのです。4つのエッセイを収録しています。

Bhomgenshoおお!いきなりデイビット・ボームかい。"Science,Order and Creativity"って渋すぎない?Frangematation of Science ですよ。

アマサイブログ:デイビット・ボーム

Samir_okasha「科学とニセ科学」は今トレンドでポッパーの反証不可能性が出てくるのは普通なんだか、読んだことある文章だと思ったら、Samir Okasha"Philosophy of Science"でした。オックスフォードの入門シリーズですね。

「黒鳥の論理」は、論理学で出てくる、「黒い白鳥がいないということは証明できない。しかし、黒い白鳥が居るということは、その一羽でも見つけてくれば足りる」という話かと思いました。まあ、そういう論証から起因しているのだけれど、Nassim Nicholas Taleb という人の「The Black Swan」/という著書から引用しており、本書は経済学書のようですね。全然知りませんでした。いくらなんでも、経済学までは網羅してませんので。勉強になる本だ。

以後、「科学各論」「環境問題」「医学・医療」のセクションと続く。

しかし、不満はある。物質科学、数学、工学の文章が少なすぎることだ。「科学各論」には、暗号理論の基礎があるだけで、あと3つは遺伝子、生物、心身問題とバイオ系ばかりである。

自然科学編と書いてあるのにこれでは困りますなあ。

天文学、物理学の章があってもよいくらいだ。

そうそう、このように私の満足する科学英語学習書が出ないので次々と買ってしまうのである。

中澤幸夫さんて大学教授とばから思っていましたが、著述業・予備校講師という肩書きなのですね。受験勉強教授法に魅入られた人って予備校の先生に多いですよね。単にそれしか自分に有効な職はなかったという以外に。中澤さんもそうなのかしらね。

しげる先生の『速読速聴・英単語Business1200』も宜しくね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 16, 2009

高速連写カメラ

ソニーのサイバーショット20倍ズーム機です。

感嘆の声を静かに響き渡らせた,ソニー初の高速連写カメラ

―― DSC-HX1は1080/30pの動画をH.264で符号化して記録できる。キヤノンのSoC「DIGIC 4」は1チップ処理だが,ソニーのSoC「BIONZ(ビオンズ)」にはまだ,H.264をたやすく処理できるほど演算資源はないはずだ。LSIを追加したのか。

 そうだ。自社開発のH.264コーデックLSIを積んだ。DIGIC4と異なり,過去と将来を参照するフレーム間予測「Bフレーム」も利用してビット・レートを抑えている。HD動画のファイル・サイズは,ともすればユーザーにとって受け入れがたいほどHDDの容量を食ってしまう。それをできるため避けるため我々はBフレームも使った。

 具体的なビット・レートは,まだ公表できない(プレス・リリースに掲載されることが多い特定記録容量における録画時間という情報も未開示)。低消費電力を念頭に開発したとはいえ,今回のコーデックLSIの演算能力は,DSC-HX1で実装した仕様で手一杯というわけではない。将来に向けた余裕を持たせた。

―― 高速連写と画像合成によってノイズの少ない高感度撮影を可能にしている。何個のフレームから1フレームを合成しているのか。

 6フレームから1枚の写真をつくっている。薄暗い中,自然光で被写体ブレなく,ノイズも抑えて写真を撮るために,この機能はとても有効だ。

―― フル画素の連写を,なぜ秒間10コマに限ったのか。

 CMOSセンサ特有の画像の歪みによって,ユーザーを落胆させたくなかったからだ注1)。この問題は,撮像素子の前にメカ・シャッターを置くことでしか解決できない。その限界が今回,秒間10コマだった。

注1)CMOSセンサは画面中の上の画素行から順々に光電変換を終える。CCDのように全画素が同じタイミングで終了するわけではない。このため,例えば高速移動する車中から木を撮ると,木のてっぺんと根本では水平方向の位置が横にずれてしまう。

―― 連写で困るのは,撮影後の選別だ。自動選別あるいは選別アシスト機能はあるのか。

 アシスト機能を備えた。写真中の顔のスマイル度がどの程度かといった顔のデータを使って,自動的に推薦するものだ。推薦した写真には王冠マークが付く。写真中に顔がないとカメラが判断したときには,連写を始めた最初の一枚に王冠を付けた。顔がないときの推薦には改善の余地があるかもしれないが,ユーザーに不快な思いをさせたりはしないはずだ。

CMOSセンサはお仕事で使っているだけでさほど詳しいわけではない。てか、一特許屋さんが把握するのは難しすぎる。ですからお仕事メモです。

ところで、
イメージセンサ2009が近々開かれるようです。

Fossum氏なるひとは初めて知りました。

本年は米国撮像素子界の巨人,Eric R. Fossum氏などを迎えて,イメージ・センサ開発の次なる姿を探ります。

 Fossum氏は,JPL(NASA ジェット推進研究所,現在はカリフォルニア工科大学の機関)でCMOSセンサの基礎をなす技術を開発。自ら創業したPhotobit社の売却に成功した後も研究を続け,特許を累計119件も取得しました。現在はSamsung社のコンサルタントも務めています。

日本でも移行して特許になっているがいくつかあります。

「本願に記載の発明は、NASAとの契約に基づいた研究を行ってなされた発明であり、契約当事者が所有権を保持することを選択した一般法96-517(合衆国法典第35巻202条)の規定に基づいている。」
って書いてあるなんだかすごい発明と思ってしまいますが。
(^^;)。
結局誰の所有になるんだろう。

お仕事メモを結構しているので、実務に役立っちゃってます。アマサイブログ人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 13, 2009

■書談:奥田英朗著『ガール』

『マドンナ』に続き、奥田英朗の会社員人生シリーズ?第2段が文庫になりました。今回は全員30代中盤の女性が主人公です。アラフォーとアラサーの間くらい。

Okudagirl■『ガール』 講談社文庫
著者:奥田 英朗
価格: ¥580 (本体 : ¥552)
出版 : 講談社
発行 : 2009.1
http://www.bk1.jp/product/03078832
・ヒロくん
武田聖子は、大手不動産会社の営業部。この度目出度く、第三課の課長に任命されることとなった。聖子の実績に、年次昇進廃止と女性積極起用の社の方針が後押しした。若い男女4人の部下とはなんとかやっていけそうだが、年上で課長昇進間近と思われていた今井とはどうも初めからしっくりいかない。おたくでのんびりした聖子の夫・博樹とは正反対のバリバリの体育会系だからかもしれない。

・マンション
石原ゆかりは、大手生保会社の広報課勤務。友達のめぐみがマンションを購入したことから、自分も賃貸アパート生活から抜け出たいと思い始める。しかし、独身女がマンション購入となると、周りはいろいろ騒がしい。

・ガール
滝川由紀子は、広告代理店の企画部。仕事柄、通常の会社ではとてもお目にかかれない、個性的な人材がそろう。6歳年上のお光こと光山晴美もその一人。仕事はかなりできるのだが、格好も身のこなしも20代のかわいい乙女系。愛読書は「CanCan」。由紀子は、お光も見て、女性はいつまで「ガール」でいられるのか、不思議に思う。

・ワーキングマザー
平井孝子は自動車メーカーの営業部員、かつ小学一年生の息子をシングルマザーでもある。若いころは、職場に「母親」を持ち出す先輩社員に嫌悪感を抱いていた。自分が母となった今、決して家庭を言い訳にしない仕事ぶりを目指してきた。しかし、そこは母一人、子一人、ひずみが出ないわけがない。

・一回り
小坂容子は老舗文具メーカーの営業部。社のしきたりに従って、新人の教育係を仰せつかる。長年勤めていればだれしも通る道。しかし、その新人がイケメンさわやか青年である慎太郎であることから、容子の日常は少し違ったものとなってきた。
-----------
どれもよかったが、ヒロくんが秀逸だった。
今井に仕事を任せたはいいが、チームを組んでいる女子社員をアシスタントとしかみなさない。課長として客先に出席した聖子の立場を無視して話を進めようとする。さすがの聖子もここで切れる。コインを取り出し「表か裏かどっちか賭けて。負けた方が明日辞表を出すの」と言い放つ。唖然する今井。「女の上司がいやなら、相撲協会にでも転職すれば?どこに行っても女はいるの。女の子じゃない。大人の女性がね」と啖呵を切る聖子。

いや~、かっこういいですな。ハンサムウーマンです。
女性を仕事の補助としか思わないなんてトンデモない男です。全員抹殺です。
( ̄▽ ̄;)

聖子は、夫よりも収入がよく、今回の昇進で博樹よりも先んじて役付になった。思い切って夫に聞いてみる。
「女房の方が給料多ってどう思っているの?」
「ほんとのこと言っていい?」
「うん、言って」
「全然やじゃない」

割れ鍋に綴じ蓋ですね。社会でどうあっても、神様は、その女と釣り合いのいい男を差し向けるのか。聖子は夫・博樹、ヒロくんがいることの幸せを感じるのでありました。

どの話もリアルさを感じます。

ってか、奥田英朗って、なんでこんなお年頃の女性の気持ちがわかるのだ?
それも全部パターンが違う女性である。
ひょっとして、
変態なのか(^_^;)?

夫、恋人、上司のしての自分を射影して見えてくる女性像なのか?

奥田先生、このシリーズ、どんどん続けてください。

先日は精神科医伊良部シリーズの「町長選挙」が文庫になり買いました。っちょっと奥田英郎付いています。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 11, 2009

ブラックホールの連星

最近、宇宙天文ニュースを取り上げていないが、いろいろ出ているようである。だが、それがホントに決め手かどうかわからんのだよね。

衝突間近のブラックホールペアを発見

新しい研究によると、100年に1度という周期で互いの周りを回っている2つの超大質量ブラックホールのペアが、3分の1光年という距離を徐々に詰めているという。 (中略) 天文学者によると、このブラックホールの連星系は、アインシュタインの一般相対性理論を検証するまたとない機会を与えてくれるかもしれないという。一般相対性理論では、高密度で高質量の天体、つまり今回のようなお互いの周りを回っているブラックホールなどは、光速で伝播する“時空のさざ波”を引き起こすと予測されている。

 新発見の連星ブラックホールは、前出のボロソン氏とその同僚であるトッド・ラウアー氏が1万7000個以上のクエーサーに関するデータを調査中に突き止められた。そのデータは、全天の25%以上を画像化している宇宙地図作成プロジェクト、スローン・デジタル・スカイサーベイ(SDSS)によって観測されたものだ。

 クエーサーの正体は、遠く離れた銀河の中心にある超大質量ブラックホールなのではないかと考えられている。クエーサーは極めて明るいが、その理由は物質がブラックホールに落下するときに過熱されて、莫大なエネルギーを放出するためと考えられている。しかし、調査データに含まれていた1つのクエーサーは、2つの異なるエネルギーが異なる速度で放出されていた。ボロソン氏らはそれを、2つのブラックホールがお互いに周囲を回っているものと解釈したのである。

アインシュタイン、一般相対性理論とかいうとワクワクしちゃうよね。なんだかすごいことなんじゃないかと思うよねん。

ボロソン氏によると、今回の連星ブラックホールは合併の重要な局面にあるかもしれないという。理論上は、近接する2つのブラックホールは星やガスとの重力的な相互作用により接近が加速される。しかしある特定の時点に達すると、ブラックホールと相互作用する対象が存在しなくなる。なぜなら、近くにある物質をすべてブラックホールが飲み込むか、追い払ってしまうからだ。そうなれば、なんらかの外部作用があるまで2つのブラックホールは近くにありながらも身動きがとれなくなってしまう。

 問題のブラックホールは、そのような時期をある程度は通り抜けているらしい。ボロソン氏は、「今回のようなブラックホールの連星系は、最終的には1つの巨大な天体として統合される」と結論付けている。

う~む、だからなんなのだろう。「そのような連星系が確認されれば、今までなぜそのような現象が観測されてこなかったのか解明したいと科学者なら思うだろう」これは記者がわかっていないのかなあ。「観測されてこなかったか」解明したいと思う?この連星がどのような軌跡を辿るか、理論どうりなのか、を知りたいんじゃないの?

科学者もその都度、丁寧な説明をしてくれるわけじゃないだろうから、速報は速報として、週の終わりに解説記事でも出したらどうかな。

最新科学をビビットに理解する、感動する、ってのはまだまだ難しいそうだね。

即理解する必要もないのかもしれない。

http://page-only-one.cocolog-nifty.com/imotora7/2008/09/http.html
こげな例もあるし。

それでも、宇宙科学はロマンなのだ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 10, 2009

講演会:鈴木光司×竹内 薫「自爆する思考」

第127回 新宿セミナー @ Kinokuniya
『知的思考力の本質』刊行記念講演会
鈴木光司×竹内 薫
自爆する思考 知的思考力をどう養うか

行ってきました。お二人の対談本発刊記念だったんですよね。
本は買わずにきたけど(^_^;)

初め鈴木光司さんにはあまり興味はなかったので(エッセイは読んだことあります)。
お話は面白かったです(ただのハッタリおじさんではないようだ)。

若いときは、間違いは誰でもする。その失敗に目をそらしていたのではダメで、それをよく分析し、次回は同じ轍を踏まないようにする。
よく言われることですが、「それが論理的思考というものだ」という帰結には結構目からうろこでした。
---------------
今の日本がよくないのは、政治家、行政府が論理的に考え行動しないからだ。

らい病予防法なんかが良い例。
らい病がなんの害もないことはわかっていたのに、この悪法を排除しなかった。何か変えると責任を問われるから。担当部署の人間はただじっとして、任期を待つだけ。次期担当者も同じ。その間にどれだけの人が無意味な差別に苦しんだか。

今の政治家は、世の中が複雑系であることをわかっていないのではないか。ここを押せば、こうなる、ということは一切ない。問題解決のためには、詳細に分析して根気よくその障害を取り除いていかなれけばならない。
-------------
日常生活は、固定すべきルーティンワークと変革すべきチェインジ(チャレンジ)の部分にわけるというのは、興味深い話でした。

『リング』『らせん』『ループ』はロジカルな小説とお聞きしましたので、読んでみますね。

竹内さんと鈴木さんが仲良しというのはブログでしっていましたが、なるほどねえ、持っている知識領域は違うけど方向性は同じだったのねん。

やはり機会があれば、いろんな人のお話を聴きに行くべきなのねん。今回は思わぬ収穫がありました。

『知的思考力の本質』も買いますです。はい。


で、サインをしてもらったのは、こっちの本。荒野さんことGripenさんはいらしたので。Toumeininngennshomei


鈴木さんの方が竹内さんより年上なんですねえ。いや、なんでもありませんhappy02。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 09, 2009

ディスプレイ特許

日経マイクロデバイス:ディスプレイの国内特許出願数はセイコーエプソンが2004年から首位を維持,光産業特許動向調査報告から

ディスプレイ分野での日本で出願公開された特許件数を見ると,2004年以降セイコーエプソンが連続して首位を守っている。2008年の出願件数は864件であり,2位シャープとの差は400件近くある。3位にソニー,4位にエプソンイメージング,5位にパナソニックと続く。2008年の米国における登録特許件数は,1位が韓国Samsung Electronics Co., Ltd.の145件。2位のセイコーエプソンとの差はわずか10件程度である。3位は韓国Samsung SDI Co.,Ltd.,4位は米Microsoft Corp.,5位は半導体エネルギー研究所だった。2008年に欧州で公開された特許件数については,1位がSamsung SDI ,2位がSamsung Electronics,3位がLG Electronics Inc.と韓国企業が1~3位を独占した。日本企業では,4位にシャープ,6位にパナソニック,7位にソニー,8位にセイコーエプソンがランクインしている。日本公開特許,米国登録特許,欧州公開特許のいずれにおいても,2005~2006年を境に件数が増加から減少に転じている。また近年は,船井電機など,これまで出願人ランキングにおいて上位にいなかった企業が登場している。

2006年には1000件越えてますね。すごいと思ったのだが、米国特許では8位とは。何件特許になったのだろう。日本で出願して国際優先権主張するのは普通1年後だからタイムラグがあるとしても、もうちょっと上位であってもよくないかい?てか、そういうすると日本にこんなに出願しているのはなんのため?こういう場で国内出願件数トップです、と公表するため?だとしたら、随分高い広告費ですぞ。

もうこうなると中身ですね。どれだけ有効な発明であるかの。

今回,同協会はディスプレイ分野での注目分野として,有機ELの日本国内特許動向を報告した。2008年の出願件数は,1位がセイコーエプソンの561件,2位がソニーの407件,3位キヤノンの177件,4位が半導体エネルギー研究所の158件,5位がシャープが146件と続く。2008年は,ソニーが出願件数を前年から164件増やしてその差は縮まったが,2003~2007年の間には,1位セイコーエプソンと2位のソニーとの出願件数の差は,2倍以上あった。セイコーエプソンの出願件数のピークは,2005年の860件。それ以降は減少している。出願件数の上位企業の変動は,ほとんどないが,凸版印刷,コニカミノルタホールディング,オプトレックスの件数増加が目立った。

 有機ELに関する出願動向の特徴として,インクジェットに関連した出願が減り,印刷に関する出願件数が増えたことを挙げた。太田氏によると,特許出願の技術分野における「インクジェット」は,有機材料を溶媒に溶かして塗布する方法,「印刷」は,それ以外の版を利用した描画方法などを指している。この出願分野の変化は,凸版印刷の印刷法に関連した成果がまとめて出てきたことの影響が大きいとした。

もうこうなるとやはり「こんなにたくさん特許出して偉いでしょう」的にしか捉えられませんな。

こういう企業さんが多いと、アマサイの職種がまだまだ生き残る証でもあるので、良いことであります。

金融不況の中どれだけ件数戦略?活きるか、見物ですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 07, 2009

エバネッセント光

なんかすごい研究のようなのでメモっておきます。

半導体中で発生した光を高効率で外部へ取り出す方法を発見[産総研]

物質表面で全反射が発生すると反射面の近くにだけ存在するエバネッセント光と呼ばれる特殊な光が発生することが知られている。エバネッセント光は、表面に沿って波長より短い距離を進むとすぐに物質内部に戻るため、通常、外部の空気中へ取り出すことができない。今回、微小なV字型の溝を持つ基板上にナノ構造を持つ半導体発光材料を形成したところ、二つのエバネッセント光が互いに干渉して、極めて高い効率で空気伝播(でんぱ)光に変換される現象を見いだした。

 今回用いた試料は、図1に示すように、微小なV字型の溝を持つヒ化ガリウム(GaAs)基板上に有機金属気相成長法を用いてGaAs/ヒ化アルミニウム・ガリウム (AlGaAs)系のナノ構造を形成したものである。V字型溝間の平坦部分の下に形成したGaAs量子井戸層(図1で赤い部分)の発光特性をフォトルミネセンス法で評価したところ、平坦面の横幅Wを1µm以下に狭くすると、発光の強度が急激に増大することが分かった(図2)。また、データを定量的に解析した結果、平坦面の横幅が約0.5µmの試料の場合、量子井戸で発生した光の50%以上が発光材料から空気中に放出されていることが判明した。これは従来の平坦基板を用いた半導体発光材料に比べて20倍も高い効率である。

Sansoken090303


エバネッセント光。。。初めて聞いたような。単なる勉強不足ですかね。

今日はホントメモなんで、特許検索したりはしません。土曜日だしね。

人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 06, 2009

無線LAN特許訴訟群

今回の日経エレクトロニクスの特集非常に気になるであります。

特許で揺らぐ無線LAN 2009-3-9号

無線LAN装置やストレージ機器,メモリなど,パソコン周辺機器の製造販売を手掛けるバッファロー。愛知県名古屋市に本拠を置く同社が今,世界中の大手機器メーカーから注目されている。同社が,ある大型訴訟の矢面に立たされているためだ。オーストラリアの国立研究機関であるCommonwcalth Scientific and IndustrialResearch Organisationサイロ(CSIRO)から,バッファローに突然連絡が入ったのは2003年のことだった。CSIROが保有する無線LAN関連特許のライセンス契約を持ち掛けられたのだ。バッファローの無線LAN関連製品が,CSIROの特許技術を利用しているとの主張である。「かなり大きな金額だぞ」。突然の申し出に,バッファロー社内は大いに揺れた。「期限までに契約しないとライセンス料を上げる」とCSIROは迫った。しかし結局,バッファローは首を縦に振らなかった。「CSIROの特許の無効性を主張できる致命的な欠陥と思えるものが見つかった」(バッファローの知的財産担当者)からだ。ライセンス契約できないことに業を煮やしたCSIROは、2005年2月2日,バッファローとその米国子会社Buffalo Technology(USA),Inc.がCSIROの米国特許WirelessLAN」(米国特許番号:5,487,069)を侵害したとして米国テキサス州東部地区裁判所に訴えた。

無線関係特許訴訟は身近な問題であります、以下省略。

IEEEが特許プールを設立へ、2009年の試験運用は通信関連技術に焦点(2008/12/10)
http://eetimes.jp/article/22637/
と関係があるんでしょうかねえ。

当該US 5487069は日本でも出願され特許になってました。

【特許番号】特許3438918号
【公開番号】特開平6-296176
【発明の名称】ワイヤレスLAN
【出願日】平成5年(1993)11月19日
【優先権主張国】オーストラリア(AU)
【出願人】コモンウェルス サイエンティフィック アンド インダストリアル リサーチ オーガニゼーション
【要約】
目的:本発明は、多重通路伝送環境内において10GHzを越える周波数で動作可能なワイヤレスLAN、ピールツーピールワイヤレスLAN、ワイヤレストランシーバ及びデータの伝送方法を提供することを目的とする。
構成:これは、伝送の情報ビットレートの逆数は多重通路伝送通路の重要なものの間の時間遅延差に比較して短い多重通路伝送通路の存在における適当な性能を可能にする技術の組み合わせによって達成される。LANにおいて、移動トランシーバは各々は対応する演算能力を有する可搬電子装置に接続されそれにより駆動される。
------------------
バッファローがどのような判断をしてきたのか知りたいです。

日エレを他の従業員よりいち早く手にしなくては。

てか、自分で金出して買えばいいんだよね(^_^;)

本日は情報提供のみにて。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 05, 2009

iPodなんかいらない

ゲイツおじさんはやっぱりりんごちゃんが嫌いなそうです。
(^_^;)
Apple forbidden fruit in Gates household

Microsoft founder Bill Gates has banned iPods and iPhones from his household, the software billionaire's wife, Melinda, has revealed.

The rivalry between Microsoft and Apple, and Gates and Apple founder Steve Jobs, is legendary, but the pair have made valiant efforts to conceal any animosity. A rare public appearance together at a conference in 2007 was described by journalists as a "love fest".

But behind the scenes, Apple is the forbidden fruit in Microsoft quarters.

"There are very few things that are on the banned list in our household. But iPods and iPhones are two things we don't get for our kids," Melinda Gates said in a recent interview with Vogue.

But the rule has evidently been difficult to follow for Gates now that the Apple wundergadgets are the talk of the town.

"Every now and then I look at my friends and say, 'Ooh, I wouldn't mind having that iPhone,' " she said.

Melinda Gates, 44, is the co-founder of the Bill & Melinda Gates Foundation, the world's largest philanthropic organisation with about $US35 billion in assets. The Vogue interview centred on her efforts to enhance global health care and to reduce extreme poverty.

すいません、めんどいんでGoogleさんの自動翻訳で
-------
マイクロソフトの創業者ビルゲイツ会長は自分の家庭から、ソフトウェアの億万長者の妻、メリンダ、明らかにしたiPodやiPhoneを禁止している。

The rivalry between Microsoft and Apple, and Gates and Apple founder Steve Jobs, is legendary, but the pair have made valiant efforts to conceal any animosity. MicrosoftとAppleとの競争で、ゲイツ氏とアップルの創業者スティーブジョブズが、伝説の勇敢な努力をされているペアの憎しみを隠すためにしている。 A rare public appearance together at a conference in 2007 was described by journalists as a "love fest". 2007年の会議では珍しい外観を一緒に公共のジャーナリストで、 "愛の祭典"として説明された。

But behind the scenes, Apple is the forbidden fruit in Microsoft quarters.しかし、舞台裏では、アップルマイクロソフト四半期では禁断の果実です。

"There are very few things that are on the banned list in our household. But iPods and iPhones are two things we don't get for our kids," Melinda Gates said in a recent interview with Vogue . "我々の家庭では、禁止リストに載っている非常にいくつかのことをしている。しかし、 iPodやiPhoneを入手していない私たちの子供のための2つのことをしている"とメリンダゲイツヴォーグでは最近のインタビューで述べている 。

But the rule has evidently been difficult to follow for Gates now that the Apple wundergadgets are the talk of the town.しかし、このルールは明らかにされてゲイツ氏は、 Appleは現在、町の話をしているwundergadgetsに従うのは困難でした。

"Every now and then I look at my friends and say, 'Ooh, I wouldn't mind having that iPhone,' " she said. "すべての今を見て私は友人と言って、 'ああ、私は、 iPhoneのことは気にならないだろう"と述べた。

Melinda Gates, 44, is the co-founder of the Bill & Melinda Gates Foundation, the world's largest philanthropic organisation with about $US35 billion in assets.メリンダゲイツ、 44 、コロラドは、ビル&メリンダゲイツ財団は、約$では、世界最大の慈善団体の創立者でUS35億ドルの資産です。 The Vogue interview centred on her efforts to enhance global health care and to reduce extreme poverty. ヴォーグ誌のインタビューは、彼女の努力と世界的な保健医療を強化する極端な貧困を削減するために集中。
------------------

そりゃ、そうでしょうな。手作り自家製味噌を売りにしているとこが、○ルコメみそ、とか使っちゃだめでしょう。

いや、以前にあったんですよ、ドラマで。

味噌製造会社がある町が舞台で、そこの主人が頑固者で町の発展の妨害をするみたいなのでした。

最後に女性主人公が味噌屋の亭主に「そんなだからあんたのとこで作る味噌はまずいんだ。あんたの奥さんだって、あんたとこの味噌なんか使いやしないじゃないか」と言い放つんですね。
( ̄▽ ̄;)かわいそうな味噌屋の亭主。

メリンダさんは偉いですね、iPodを使わないんですから。

まあ、住んでるとこは豪邸でしょうから、iPodの1つや2つあってもわからないでしょうね。

そんなもの無くたって十分文明的な生活は送れます。アマサイは持ってませんよ。ポータブルCDプレーヤーが今でも通勤の友です。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 04, 2009

異分野融合-TD-

日経ネット技術系コラムは内容がないよー的なものばかりなので読む価値がありません。と言いながら、ときどき見てますけど。印刷媒体を買ってもらう宣伝ならもう少し、まともなのをまぜとく方がいいと思います。

日立評論の方がいいですね。
「人間を探究するイノベーションの新展開」
-異分野の知の架橋・融合による実践方法論-
小泉英明 日立製作所フェロー

今,求められているイノベーションには,ある分野とある分野の境界線上で自然発生的に派生するものではなく,より意識的,自発的に,それぞれの分野の「コアとなるような知」どうしを架橋・融合させ,新たなパラダイムへと止揚させることが必要となるように思います。私は,それを「トランスディシプリナリティー(Trans-disciplinarity:TD)」と呼んできました。実は,こうした異分野の知の架橋・融合への試みは,200年以上前のフランスに源流をたどることができます。フランス革命時,数学者であり政治家でもあったコンドルセは,「学問分野における共和国」という,非常に先駆的な構想を提唱し,その実現に向けて次の三つのテーマを取り上げました。第一に人口統計表の作成。人口分布と平均寿命に関する統計をつくることで,人口問題と食料問題の解決の糸口にしようとしたわけです。二番目はリサイクル社会の構築,そして三番目に提案したのが効率のよい燃焼方法,すなわち省エネルギーのための工夫です。

自然発生的になんて今どき考えてる人いるんですかね。でも、多いみたいですね。対談の後半にはそのように書いてあります。

今は異分野の融合というは自然にやってますね。小泉さんが開発されたMRIなんかそうですし。青色発光ダイオードなんかも化学の知識なくてはできない電子部材です。

では,どのような論理方法で解を求めればよいのか。社会科学の分野では,このような複雑な問題では,まず全体を俯瞰して法則性を導き出すという方法があります。例えば,多くのデータから帰納的に何らかの相関(因果関係とは限らない)をまず見いだすのです。そこから出発し,法則性の中から演繹的なモデルをつくる。さらに,モデルの不足する部分を埋めるため,今度は帰納的な方法論に沿って具体的研究を推し進める。このように,演繹・帰納的なアプローチを繰り返すことによって,うまく収束させることができれば,最終的な解に至る。一般に,帰納的アプローチに長けているのは社会・人文科学系であり,演繹的アプローチに長けているのは自然科学系です。前者は現実の多数のパラメーターを扱い,後者は限定された少数のパラメーターを厳密に扱うことが多いからです。言い換えれば,社会・人文科学と自然科学の間を振り子のように往復しながら,より精度の高い仮説を形成していくのです。実際に,この方法論を試行した国の研究プロジェクトを進めています。「漸近的仮説形成法(Asymptotic Iterative Abduction)」と呼んでいますが,これが一つのイノベーションの方法論となるかもしれません。

自然科学的手法と人文・社会科学的手法の往復。事例はないことはないですが、あまり、研究手法、イノベーションに汎用できないのではないかと思います。引用されている脳科学とあとは情報科学かしらね。

前世紀の終わりから、これらの学際的な分野の発展には目を見張るものがあります。分野を越えてきたから進んできたのでしょう。

また、このような領域に組み込まれないと、行き詰まって、単なる技術の積み重ね、一代限りの職人技なっていまいます。もちろん、それが悪いわけではありません。そのような分野は必要不可欠です。

しかし、小泉さんは、よく勉強されているようですね。チャールズ・パースとはすぐに出てきませんよ、普通。日経のMOTをかたる奴らとは深さが違います。

まあ、その話を引き出せるインタビュアがいいからでしょうね。
褒めときました。竹内師匠(^_^;)

ソニーの高速連写カメラが話題ですね。レポートが全部できてから検証することにしましょう。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 03, 2009

書談:松本清張著『けものみち』

ついに読んでしまいました。けものみち。

Kemonomiti『けものみち』 新潮文庫
著者:松本 清張
価格: \660 (本体 : \629)
出版: 新潮社
発行: 2005.12
bk1
-----
成沢民子は、脳軟化症のために動けなくなった夫を養うため、旅館で住み込みの女中をしていた。週一回帰宅する民子に夫は、猜疑心をもちいたぶる行為に及ぶ。ある日、旅館に滞在した有名ホテル支配人小滝がやってくる。小滝は民子にもっと金になる良い仕事を世話すると持ちかける。それは政財界にフィクサー鬼頭洪太の愛人になることだった。民子は、新しい生活に望みをかけ夫が在宅していることを確認し、家に火を放つ。鬼頭家に仕える民子。そこにいる人間たちは誰もが民子と似たような境遇を持っているのだった。
--------
清張作品を読む前のアマサイは、この作品が松本清張を象徴していると思っていました。金と権力と色欲が渦巻く畜生の世界です。おのこの世界ですなあ。象徴というのはあながち間違いではないです。清張先生がのりのっている昭和30~40年に書かれた作品だからです。

この作品が原型なんでしょうかねえ。このあとにも政財界の黒幕うんたらかんたらって作品はありますよね。それとも鬼頭のモデルなる人物がいるんでしょうか。戦時中、特に日本占領下の中国大陸はなんでもありなんですねえ。

いや、こわ~い話ですよ。人の道を一度外した人間は同類と集い、同じけものみちを歩む。本当のけものはなわばり争いだけで、こんなふうに仲間を殺戮したりしませんが。

おもしろいと言えばこれほどおもしろい小説もありません。人間の欲望をとこんとまで追求してますからね。しかし、こんなばかり読んでいると心がすさみます。
( ̄△ ̄;)。

歴代の映像化キャストはなかなか興味深いです。

●1965年 東宝映画
成沢民子:池内淳子
小滝章二郎:池部良
鬼頭洪太:小沢栄太郎
久恒義三:小林桂樹
秦野重武:伊藤雄之助
成沢寛次:森塚敏


●1982 NHKテレビ
成沢民子:名取裕子
小滝章二郎:山崎努
鬼頭洪太:西村晃
久恒義夫:伊東四朗
秦野重武:永井智雄
成沢寛次:石橋蓮司

●1991 NTV火曜サスペンス
成沢民子:十朱幸代
小滝章二郎:草刈正雄
鬼頭洪太:大滝秀治
久恒義夫:河原崎長一郎
秦野重武:名古屋章
成沢寛次:森本レオ

●2006 キャスト
成沢民子(30):米倉涼子
久恒春樹(40):仲村トオル
成沢寛次(35):田中哲司
秦野重武(47):吹越満
鬼頭供太(72):平幹二朗
小滝章二郎(44):佐藤浩市
-------------
キャストのポイントは民子の夫・寛次と鬼頭じゃないかな。情けなくイカレタ男をどの男優で表現しているのか、というとこ。

鬼頭は言うまでもなく、その時代の大御所が演じています。

清張作品に語るときに、アマサイ、ほぼ毎回言及していますが、年齢です。鬼頭はもうよぼよぼで、あちらの方はてんでダメだが、スケベ心だけは生き生きと、という老人なのですが、原作では60を過ぎていると記しています。今の60代ってかなり元気です。まあ、60はすぎて70くらい、という意味かもしれませんが。しかし、「もう27,8の年増だよ」という表現はびっくらこいてしまいますが。

テレ朝版ではわざわざ年齢を記しています。

米倉凉子は一連の清張作品で演技力がついたでしょうね。
悪女顔で得してます(^^;)
あんまし好きじゃないけど。

やはり、あまりにどろどろしちゃったんでもうちょっとさわやかなのを読みました。同じ松本清張だけど。人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

March 02, 2009

インターネットの課題と未来

「インターネットの父」V・サーフ氏が語るインターネット--その課題と未来
まあ、偉い人の話は聞いておきましょう。

Googleのバイスプレジデント兼チーフインターネットエバンジェリストであり、「インターネットの父」の1人として広く知られるVint Cerf氏は先々週、現在インターネットが直面している問題は、インターネットが登場する前の時代の問題と同じくらい複雑だと語った。
・インナークラウド

クラウドというアイデアに対して人々が憂慮する最大の問題の1つは、プライバシーが損なわれることだ。しかしCerf氏によると、プライバシーは比較の問題だという。「われわれの医療記録がオンライン上にあるとしよう。見知らぬ街で病気になり、救急治療室に行ったとする。救急治療室にいるときには、医療記録のプライバシーのことなどほとんど考えもしないだろう。まず考えるのは、その救急治療室の医師が、病気の治療に必要となるかもしれない情報を細大漏らさず持っていることを確実にするということだ」Cerf氏が説明した警告は、「その情報へのアクセスに対し時間制限」を設ける能力だ。例えば、救急治療室のアクセスは24時間に制限し、一方でかかりつけの医師にはもっと長時間のアクセスを許可する。


翻訳のせいか、あんまり比喩がうまいとは思えないんですが。タスクに関わり合いのない情報は必要ないってだけのことでしょう。かかりつけ医師だとどうして長時間アクセス可なんでしょうか。

・未来の広告  「画像を高度に反応させることが可能になり、その画像を見た人が興味を持った場合、クリックできるようになったとしたら、どんなことが起こるだろうか」とCerf氏は問う。さらにこの理論的概念を進め、次のように述べた。「たぶんその時点でビデオエンターテインメントが停止し、こんなウィンドウが立ち上がるかもしれない。『こんにちは。画面に映っていた小さなMacintoshに興味をお持ちのようですね。これはMacBook Proです。今はオンラインに接続中ですね。6ブロック先のApple Storeには、このMacBook Proの在庫が6台あります。ここでお買い上げになりますか?』」

今時点でもかなりこれにちかい。我々はテレビCMに慣れているからね。工夫さえしてもらえれば、広告自体もエンタメなんじゃないでしょうか。

・腐敗ビットの蓄積

 「想像してみてほしい。今は西暦3000年で、Google検索を実行したところ『PowerPoint 97』ファイルを発掘したとしよう。あなたが今使用しているのは『Windows 3000』だ。問題は、Windows 3000がこのPowerPointファイルを解釈する方法を知っているかどうかだ。答えはおそらくノーだろう」(Cerf氏)Cerf氏によれば、この情報を維持保存するためには、アプリケーションソフトウェアやOSはおろか、アプリケーションが認識できるようにハードウェアのエミュレーションまで保存する方法を見つけ出す必要があるという。「同じこと(将来も確実にデータを利用できるようにすること)をしておかなければ、われわれの子孫は、われわれや21世紀についてどう思うだろうか。彼らにとってわれわれは、単なる巨大な腐敗ビットの堆積物になってしまうだろう」(Cerf氏)

ジャンク情報は、ネットに今でさえ溢れています。3000年の世界で97年当時のパワポ情報が必要とはおもわれません。動画単体以外はPDFにでも保存しておきますか。言情報を全て維持するというのは間違いですね。1000年後に必要な情報は、残るようになるはずです。

インターネットの未来を語ること自体、古びているような。人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

« February 2009 | Main | April 2009 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31