無料ブログはココログ

« 続・字幕翻訳の世界 | Main | 言葉のあやですね。 »

July 14, 2009

かつての憧れ一眼レフ

カメラ小僧(いや小娘?)になりたかったのですが、資金がなく達成しえませんでした。

小学生になって、小遣いでインスタントカメラを買いましたが(昔でいうところのバカ○ョ○カメラ)遠足での写真を撮るくらいしか用途がなく、
えっー、絞りとかないの?天体写真撮れないじゃんっ、
と失望しちゃったんでありますね。

また、人形を部屋の中で少しづつ動かして、アニメ的写真を撮ろうと思ったのですが、挫折、です。

デジカメとパソコンがあれば、子供ころ描いていた夢が実現できますね。

でも今は、趣味は方々に広がって、一極集中はできないんですね。

仕事で、カメラ、画像処理のようなことは少し入っていくるので、それだけで結構満足です。

こういい特集があるとじっくり読んじゃう程度がには好きです、カメラ

小型一眼レフ、ペンタックス「K-7」開発秘話--“隙のないモノづくり”の裏にあるもの

――撮影支援機能も搭載されていますね。 手ブレ補正機構「SR」(Shake Reduction)の動作図 若代:シャッター速度換算で最大約4段分の効果がある手ブレ補正機構「SR」(Shake Reduction)を利用した「自動水平補正」と「構図微調整」というものを搭載しています。どちらも写真の作り込みという意味では面白い機能だと思います。

 そもそもK-7に搭載した「SR」は、撮像素子を動かしてレンズから入射された光軸のズレを調整するというシステムです。つまり、撮像素子が動くのです。この動きを利用することで自動水平補正と構図微調整を実現しました。まず、構図微調整機能とは、三脚を使ったライブビュー撮影で効果を発揮する機能です。

 十字キーを使って左右上下に構図を微調整できます。本来であれば、カメラ自体を動かさなければならないような状況であっても無理なパースをつけずに調整することが可能なのです。そしてもう1つの自動水平補正とは、自分でも気づかないようなわずかな傾きをカメラが自動で相殺し、水平に近づける機能です。

 どちらも、撮像素子が動かなければ成し得なかった機能と言えますね。

――手ブレ補正機構である「SR」を利用して新しい機能に活かすという発想は面白いですね。
若代:お客様からセンサを動かせるようにしてほしいという要望が来るわけがありませんので、こういった機能のアイデアは、開発陣から出てきます。ただ、すんなり機能の搭載が決まるわけもなくて、レンズによるケラレ(画面の一部が暗くなる)の問題をどうするか?といった良い意味でのアンチ意見などもあり、紆余曲折を経た結果として搭載した機能です。機能のON/OFFがあるのはそういった経緯からです。妥協せず、常にチャレンジしたいと思っているんです。


撮像素子自体を動かすんだ。ふ~ん。
とある光学機器では、走査するとうぃ~んと光学体が移動するのがよくわかりましたが。
物理的に補正するのが一番確かなんですね。

参考:アマサイブログ『手ぶれ補正』

このおじちゃんはオリンパスがお好きなんだそうです。


デジカメ、画像処理はおもしろい。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 続・字幕翻訳の世界 | Main | 言葉のあやですね。 »

自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference かつての憧れ一眼レフ:

« 続・字幕翻訳の世界 | Main | 言葉のあやですね。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30