無料ブログはココログ

« かつての憧れ一眼レフ | Main | 半押しオートフォーカス? »

July 15, 2009

言葉のあやですね。

知財ビジネスというといちゃもんをつけたくなるアマサイです。
これも例外ではなく。。。

特許群 一括供与のサービス拡大

 パテントプールとは、ある製品の製造に必須となる特定技術分野の特許を複数の権利者から集めて特許群を組成し、複数の製造業者などに対して一括供与する業務。シズベル社は特許のライセンサー(権利提供)企業とライセンシー(権利利用)企業の探索と選定、契約、特許群の組成、管理などにあたり、ライセンスの管理料を得る。業界関係者によると、規模や分野によるが、1パテントプール構築で年間に数万ドルから数千万ドルが動くともいわれる。

 利点は、シズベル社が前面に立つため、クロスライセンスのように企業同士が相対で直接交渉する必要がなく、公平で合理的な契約を可能とし、速やかな技術の普及を図れること。ほかに米国のヴィア・ライセンシング社やMPEG LA社の名も知られる。

ではなぜ日本企業に合った仕組みなのか。二又社長は、欧米はもとより中国、韓国の企業と日本企業を比較して、国際的な知財権利交渉の場で、英語のディベートができる人材が少ない点を指摘する。「日本人は相手を徹底して攻撃する交渉を好まない。だが交渉能力は実践で身につくものであり、日本人の交渉能力はなかなか伸びない。パッケージ化され厳しい権利交渉が不要になるパテントプールは日本人向きなのだ」という。

パッケージって、バルクってことじゃないの。
交渉が必須なのに、交渉を避けて第三者のめききに頼るわけですか。
ほんとにいい特許なら、交渉でもなんでもするべきでしょう。
そんな魅力的な特許はないということじゃないの。
バルク売りつけることじゃないくて、交渉できる人材を育成することが知財を開くことじゃないのかな。
ディベートできる人がいないとか決めつけないように。

必要だったら、交渉力でもなんでも身につけられますよ。人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

« かつての憧れ一眼レフ | Main | 半押しオートフォーカス? »

知的財産」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 言葉のあやですね。:

« かつての憧れ一眼レフ | Main | 半押しオートフォーカス? »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30