無料ブログはココログ

« 書談:松井孝典編著『宇宙で地球はたった一つの存在か』 | Main | 書談:長沼毅著『宇宙がよろこぶ生命論』 »

August 11, 2009

AR拡張現実技術

愛読webTech総研ですが。

AR(拡張現実)技術で近未来をつくるエンジニアたちって、なんでしょうね。

ARは「拡張現実」と訳されるように、現実世界を、コンピュータを使って増強、拡張する技術である。AR技術分野における第一人者、東京大学大学院情報学環教授、暦本純一氏によると、「ARは新しい技術というわけではない。60年代から研究されてきた技術だ」と言う。既に実用化も進んでいる。暦本氏の研究がベースとなって開発されたプレイステーション3用ゲームソフト「THE EYE OF JUDGMENT」(2007年発売)はその一例だ。  そんな古い技術であるARが今なぜ、注目を集めているのか。「昨年ごろより、マーカ型のARを使ってニコニコ動画に初音ミクが躍ったり歌を歌ったりする動画が投稿されたことで、一気に注目が高まったのです」と暦本氏。  ARの核となる技術は位置認識、画像認識、方角認識の3つである。これらを処理するため、従来なら高性能のコンピュータが必要だった。ハードウェアの性能が上がった現在は、ノートPCはもちろん、携帯機器でも処理が可能になったのだ。また「ARToolkit」が提供されたこともARの普及に大きく貢献した。プログラミングに関する基本的な知識さえあれば、誰でも容易にARを再現することができるようになったからだ。  「リアルなビジネスはこれから」(暦本氏)ではあるが、ゲーム以外にどんな分野に活用が考えられているのだろうか。AR技術に携わるエンジニアに、AR技術の可能性およびこの技術に携わる面白さを紹介していこう。

暦本純一さんの業績は以前取り上げました。
(ここでアマサイは以前から名前知ってた、て書いているけど、何で知ってたのかなあ(^^;)。今は思い出せない)

AR技術を応用したサービスであるセカイカメラ。このサービスを開発するにはどんなスキルが必要なのだろうか。 「研究室で行われるような、何か特殊なことをしている訳ではありません。ある程度の規模のコミュニティ系Web サービスの設計・開発・運用経験があれば、力になってもらえると思います」と宮下さん。欲をいえば同サービスはiPhoneなどの携帯端末で提供されるだけに、端末系のネットワークや3D表現を使ったアプリケーション開発に携わった経験があると、より力を発揮できるという。

「その場、そのときでなければ見られない情報を提供するのがセカイカメラ。そういう点では不便だけど、そこが面白さだと思うんです」と宮下さんは言う。しかもその情報は空間上にどんどん蓄積されていく。大勢の人に使ってもらうことによって、セカイカメラの面白さも加速されていくというわけだ。
 セカイカメラのサービスインはこの夏を予定している。iPhoneやアンドロイド携帯のユーザーであれば、もうすぐ同サービスを体感できる。


なにがおもしろいのか、アマサイにはイマイチよくわからない。いや、実物を見てみればわかるんだろうが。どうも、アマサイには、ソフトウエア製品の評価がうまくできん。
拡張現実は確かにおもしろそうと思うのだが。

「ARは拡張現実と訳されますが、これは人側からの視点。しかしモノ側から見ると、人間の能力が拡張する技術とも言い換えることができます。実際、ARの3つのコア技術としている位置認識、画像認識、方角認識は人間がもともともっている技術です。それを自分に密着したインタフェースにより拡張する。私が目指すAR技術とは、サイボーグ009の世界。人間の進化を支援する技術というイメージです」 (中略) 「ビジネスとするにはまだまだ課題もありますが、ARは非常に面白い技術。プログラミングの知識があれば誰でも開発できる」と暦本氏。  敷居の低いAR技術。ぜひ試してみて、その可能性をみなさん自身で、探ってみてはいかがだろう。

サイボーグ009、、、イメージを漫画やアニメで置き換えるのは、40代以降の特徴ですね。
でも、009じゃイメージできんよ(^^;)。

でも、プログラミングができるなら、誰でもできるですと。
それじゃ、是非。。。乗りやすいアマサイ。

確かに現実とコンピュータをリンクさせているというのはおもしろいです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 書談:松井孝典編著『宇宙で地球はたった一つの存在か』 | Main | 書談:長沼毅著『宇宙がよろこぶ生命論』 »

自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference AR拡張現実技術:

« 書談:松井孝典編著『宇宙で地球はたった一つの存在か』 | Main | 書談:長沼毅著『宇宙がよろこぶ生命論』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30