無料ブログはココログ

« 中村裁判後記 | Main | 書談:松井孝典編著『宇宙で地球はたった一つの存在か』 »

August 08, 2009

書店の効用

書店の効用
最近の日本文学文庫本表紙は一体なに?


本好きの大半は書店好きと思う。近場に大型書店がないと仕方がないが、ネットで蔵書をそろえるって、アマサイには信じられないなあ。南米系で買うのは、洋書と絶版品切れの古本だけです。

書店は本を見る買うだけでなく、リラックスであり、思索の場です。今日はどうも体がどんよりするので池袋のジュンク堂に散歩に行きました。好きな本に囲まれてるだけでアマサイは幸せな気分になります。

また、パラパラとめくっているだけでいろいろいんすぱや〜されるです。生活の簡単なことから、仕事、お勉強まで。

高校生までは、2月に一度1日紀伊国屋、1日三省堂なる日を設け、開店からほぼ閉店までいました。買える本が限られていたので、その埋め合わせ、今で言うネットサーフィンも兼ねていたのでしょう。

書店は娯楽施設でもあったのです。

アマサイの趣味は本、それ自体であります。

ジュンク堂は特にエライ本屋だ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 中村裁判後記 | Main | 書談:松井孝典編著『宇宙で地球はたった一つの存在か』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書店の効用:

« 中村裁判後記 | Main | 書談:松井孝典編著『宇宙で地球はたった一つの存在か』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30