無料ブログはココログ

« これがARだ。 | Main | テレビドラマ『ホストの女房』 »

September 04, 2009

ARが神の目ですと?

ふ~む、ARがはやりだったとは。

ARという「神の眼」は許されるか

まるでSFのような世界が近い将来,現実になろうとしている。鍵になるのは,「拡張現実感(AR:augmented reality)」技術だ。ARは1990年代前半に生まれた技術で,既に映画やテレビではよく使われている。例えば,スタジオにいる解説者が,あたかも大自然の中にいるかのように背景の映像を合成する。テレビ以外では,暗視スコープや戦闘機のパイロット向けの標的表示など軍事技術として発達し,医療分野でも2年ほど前に実用化されている。

 そして近い将来,ARは我々の日常生活にも深く入り込んでくる。これは,画像処理関連のアルゴリズムが洗練され,必要とする演算量が減ってきた一方で,マイクロプロセサやグラフィックス処理LSI(GPU)の性能が飛躍的に高まってきたことが大きい。「ARToolkit」と呼ぶ,AR向けC言語ライブラリを無償で公開したことなどで知られる,奈良先端科学技術大学(NAIST)教授の加藤博一氏は「今はiPhoneでさえ,1990年代のワークステーション並みの演算能力を持つ」と指摘する。

 ARの民生品としての実用化は,早ければ2009年中にも一部の携帯電話機や印刷物で始まる見通しだ。そして数年のうちに家電製品にも広がり,「大きな変化」をもたらす。


ARToolkitって、JosephYoikoさんが教えてくださったプログラミングツールですね。まだ、試していないのですが、楽しそうです。

もちろん,この,人へのタグ付けが悪用された場合は困ったことになります。ある漫画では,人の顔を見ただけで,その人が隠している個人情報を見ることのできる「神の眼」を持った主人公が登場しました。まさにそうしたことが現実になるかもしれないからです。小学校のいじめのように,誹謗中傷を書いたタグを勝手に体に張り付けられるようなことも起こりえます。そのタグが,周囲の人には見えるのに,それを付けられた本人には見えない,となれば最悪です。使い方次第では,人を深く傷つけることになります。

まあ、便利なものというのは、悪用もしやすいわけです。RFタグがイマイチ伸びないのは、個人情報を悪意をもって収集される恐れがあるからです。これは、RFタグがバーコードを凌駕するほど広まらないと悪用もできないのですが。

これだけ報道されれば、ARの実態がかなりわかってきました。

確かに便利で楽しそうです。しかし、その後には何があるのか、まだよくわかりません。


日エレ早速読まなくては。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« これがARだ。 | Main | テレビドラマ『ホストの女房』 »

自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ARが神の目ですと?:

« これがARだ。 | Main | テレビドラマ『ホストの女房』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30