無料ブログはココログ

« 君も天文学者に | Main | ARが神の目ですと? »

September 02, 2009

これがARだ。

拡張現実(AR)はモバイルへ:各種プロジェクトを紹介

ゲームやマーケティングにARを用いるための製品を開発している米Ogmento社の創業者の1人Brian Selzer氏は、ARを携帯端末で利用できるようにする必要性を感じている。同氏によると、Ogmento社が近い将来の完成を目指すいくつかのプロジェクトは、スマートフォンのアプリケーションでARを実現し、一般向けの映画宣伝に利用するものだという。例えば、街に貼られた映画のポスターに『iPhone』のカメラを向けることで、iPhoneで予告編を見たり、さらにはバーチャルな宝探しをしたりできるかもしれない。

「スマートフォンなら今すぐ、一般の人々にARをもたらすことができる」とSelzer氏は言う。「2010年にはすべての大作映画が、携帯端末でARを用いたキャンペーンを行なうようになるだろう」

「われわれの生活はより一層モバイルになってきており、ARは究極のインターフェースになるだろう」と予測するのは、カリフォルニア大学サンタバーバラ校のTobias Hollerer准教授(コンピューター科学)だ。「われわれはより一層デスクトップから離れる一方で、コンピューターからの情報を物理的世界で使えるようになるだろう」


ああ、これで、ARがだいぶイメージできるようになりました。

Layer社の創設者Martin Lens-FitzGerald氏は、「このアプリは、メディアとインターネットとデジタル情報を、初めて現実と結びつけるものだ」と語る。「今までは見たことのないものを見ることができ、より多くのものを知り、探すことができるようになる。ARはウェブより大きなものになると予測する人々さえいる」

一方、フィンランドの大手携帯電話メーカーNokia社は現在、『Point & Find』というARアプリケーションをテストしている。カメラ付き携帯電話で現実の物体を指定すれば、そこにバーチャルなタグを埋め込むことができる。携帯電話の画面で、ほかの人が付けたタグを見ることもできる。ARのクラウドソーシングと言ってもよいだろう。

そうでしょうね、ユビキタス社会って気がするな~。

ゲームはあんまり興味がないんでいいです。

でも、アマサイはそんなめんどくさいもの「今のところ」いらないです。
ローデジタル技術で十分です(^^;)。

そもそも、iphoneなんて幅を利かせるのはいや。

ビルも好きじゃないけど、ジョブスオジサンはもっと好きになれない。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 君も天文学者に | Main | ARが神の目ですと? »

自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference これがARだ。:

« 君も天文学者に | Main | ARが神の目ですと? »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30