無料ブログはココログ

« 09後期科目『生命環境科学Ⅱ』 | Main | 山手線。 »

September 23, 2009

映画盗撮防止光線

これはよい発明です。映画コンテンツが鑑賞料を払わない第三者に多く流出してしまうというのは知的財産権の由々しき問題です。それも一般撮像装置が小型化していますから、特に技術を持たなくても簡単に盗撮出来てしまいます。

盗撮した映画に“見えない”光くっきり──目とセンサーの違い利用し新技術

国立情報学研究所(NII)は9月17日、映画館で上映中の映画などをビデオカメラで盗撮するのを防ぐ技術をシャープと共同で開発したと発表した。人間の目とイメージセンサーの違いを利用し、カメラには写るが目には見えない赤外線をノイズとして投影スクリーンに重ねて表示し、盗撮映像を無意味なものにしてしまう。今後、映画館などへの導入に向けて改良を進めていく。

 新技術は、人間の目と、CCDやCMOSなどのイメージセンサーの分光感度特性(光の波長ごとの感度)の違いを活用する。人間の可視域は380ナノ~780ナノメートルで、それ以外は目に見えない(感度がない)が、イメージセンサーは暗闇などでの感度維持のため、可視域より広い約200ナノ~1100ナノメートルに感度がある。目には見えないがセンサーに写る光を映像に重畳させ、映画の視聴には影響を与えず、盗撮した映像を台無しにするのが狙いだ。

 試作した盗撮防止システムでは、ピーク波長870ナノメートルの近赤外線LEDを映画用スクリーンの裏側に組み込み、妨害の視覚効果を高めるために10Hzで点滅させた。人がスクリーンを見ている限りでは映像が投影されているだけだが、デジタルビデオカメラなどで撮影するとLEDの光が映像にくっきりと写り込む。


Tousatuboushi(NII報道資料より)

これまた、人間の目で捉えられなくて、撮像装置だと写るというのは非常にいいですね。
情報技術を使って是非、無体財産を守ってください。NIIさん。

国立情報学研究所の解説はここ。

情報学研究所、なかなかがんばってますな。結構、結構。人気blogランキング、ずいぶんと下がりました(ρ_;)にぷちっとな、お願いね。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 09後期科目『生命環境科学Ⅱ』 | Main | 山手線。 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/46291743

Listed below are links to weblogs that reference 映画盗撮防止光線:

« 09後期科目『生命環境科学Ⅱ』 | Main | 山手線。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31