無料ブログはココログ

« September 2009 | Main | November 2009 »

October 30, 2009

りんごちゃんの反撃

ワイヤレス技術の特許侵害訴訟、Apple が Nokia に抗戦の構え

『iPhone』で使用されている技術が自社の保有する10件の特許を侵害しているとして提訴した Nokia に対して、Apple の方も引き下がる気配を見せていない。

Nokia の方にも、Apple が人気のスマートフォン iPhone において、重要なワイヤレス技術に関するライセンス供与を受けておらず、GSM、UMTS (3G WCDMA)、および Wi-Fi に関する Nokia の研究に「ただ乗りしようとしている」という主張を取り下げるつもりはないようだ。

22日の提訴を受け、Apple は米証券取引委員会 (SEC) に提出した Form 10-K に基づく最新の年次報告書の中で、訴えに対して自らの正当性を「徹底的に」主張していくと述べている。

両社にとって、この争いは高くつくと見られる。一部の法務関連アナリストは、この訴訟による損害は10億ドル相当に達すると予測している。

Nokia の主張によると、ワイヤレス技術のライセンス供与契約に関する交渉が決裂した後、Apple は公正に振る舞うことを拒んでいるという。

まあ、そうでしょうね。ジョブズおじさんがだまっているはずないです。無線技術って、特許論争なんでしょうかねえ。技術標準というものがあるしねえ。

いや、これはなかなかおもしろくなってきました。

特許訴訟、他人事なら、愉快だな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 28, 2009

よい子はまねしないでね。

数検の理事長が退任 多額商標料問題

この問題は、「日本漢字能力検定協会」の不祥事を契機に3月、文科省が財団に調査に入ったことで発覚。調査によると、協会は08年、約4千万円の赤字だったが、高田氏は「数検」などの商標料として約3100万円、さらに約2千万円の報酬を得ていた。また、商標料の支出先が理事長であることを決算書類に記載していない不備があることもわかった。このため文科省が6月、「財団の資産、収支を考えると商標料、報酬が多額」と改善を求めていた。

また、高田氏個人が登録している「数検」「児童数検」などの商標は財団が「適切な価格」で買い取ることや、理事長の長男で、昨年、財団から商標料200万円を得ていた高田忍副理事長(36)は「唯一の常勤理事として監督責任があった」として副理事長を退任するが、理事にはとどまることなどを報告した。

 文科省への報告後、高田氏は「不正を働いていたわけではない」とし、多額の商標料を受け取っていたことについては、「商標は個人の知的財産であって、権利を主張するのは当然」と話した。報酬や商標料は、ここ数年同程度の額だったという。

この件、第一報のとき、意味がわかりませんでした。数検協会、いくつ商標権もっているんだ、20個あったとしても、そんな商標出願/権利年金、そんなにかからないはずである。

と思っていたら、なぬ、自分で商標取って、協会からライセンス料取ってたわけか。それも法外な価格で。

おまけに数学検定なんて、漢字検定ほど儲からないだろ。やっぱり赤字かよ。

盗人猛々しいとはこのことだ。

それにこいつ、理科検定の理事になっているよ。

さすがに不正も理系らしい、とか言われないように祈る。

HPの高田の言葉は取り敢えず削除した方がよくないか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 27, 2009

シャコの目

ポータブルDVDプレーヤの調子が悪いんでヨドバシカメラに持っていたんだけど、店員の対応が悪くて怒り心頭のアマサイです。ACアダプタが悪いんだと思う、取り寄せにどれくらいかかるのか、価格はいくらなのか、とアマサイが訊くと「さあ、連休に入るんでわかりません」みたいな感じ。馬鹿か。平均価格ってもんがあるだろう。だいたい、売る側でふてくされてどうする。売ったらしらぬ存ぜぬかっ!

次世代DVDプレーヤーは“シャコの目”から生まれる?

次世代DVDプレーヤーの開発に、シャコが役に立つかもしれない――英ブリストル大学がこのような研究成果を発表した。
 同校によると、オーストラリアのグレートバリアリーフに生息するシャコは、12種類の色を知覚できる最も複雑な視覚システムを持っている。人間の目が認識できる色はわずか3種類(赤、青、緑)だ。さらにこのシャコは、さまざまな形の偏光(光波の振動の方向)を識別できるという。
 この優れた視覚能力は、シャコが光に敏感な特殊な視覚細胞を持っているためだ。この細胞は、DVDプレーヤーの光ピックアップなどに使われている4分の1波長板のような機能を持ち、シャコの目に光が入ってきたときに直線偏光を円偏光に(あるいはその逆に)変換できる。電子機器で使われている人工の4分の1波長板は、1種類の色に対して機能する傾向があるが、シャコの目は可視スペクトル全体でほぼ完ぺきに機能する。

シャコ、ってのはツリなんですかね。よく工学では動物○○の機能を模して技術を作る、って報道されてますが、その動物研究をしつつ考えるんですかね。だとしたら、アマサイが生物学を収得するのも、実際の発明とかに役立つかもしれません。

シャコの目の可視スペクトル、シャコって食用だけじゃないんだね。
(^^;)

製造会社に連絡したら、「販売店さんを通してもらえませんか」と丁寧に言われたので、今度はヨドバシに電話した。そいつは、普通に感じよかった。やっと、たまたDVDが見られる。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 26, 2009

さあ、どうする、りんごちゃん

やっぱり、訴訟になりましたね。りんごちゃん電話。

ノキアがアップル提訴、iPhoneの特許侵害を主張
2009年 10月 23日 14:48 JST

 訴状によると、ノキアは携帯電話や無線LANなどに関する基幹技術に関連し、自社の10の特許が侵害されているとしている。

 特許は無線データ、音声符号化、セキュリティ、暗号化などに関するもので、ノキアは、アップルがアイフォーンを投入した2007年からこれらの特許を侵害していると主張している。

 CCSインサイトのアナリストは「ノキアは膨大なパテントポートフォリオを保有しているため、今回の提訴は予想外ではない。しかし、アップルとその部品サプライヤーにとっては深刻な影響が出る可能性がある」と指摘。「競争が激しい携帯電話市場で、知的所有権が再び第二の戦場となっている」と述べた。


無線特許は今、ホットですからね。どこいらへんで和解するのかなあ。今どきこんな大型訴訟では、徹底抗戦なんてしないしね。
どういう特許か早く知りたいっす。

。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 23, 2009

物と人との間柄

久しぶりに新誠一じいやのコラムを読んだ。

じいやはなかなか筆が立つ。
物ばなれ

大学で教育を担当していると学生さんの物ばなれの激しさを痛感する。同世代の叔父さま達と飲み屋で会話すると,紙テープだ,ドラムメモリーだ,真空管だ,キャブレターなどの物の話題で盛り上がる。酔いを醒ますようで申し訳ないが,学生さんには全く通じない話題である。学生さんはレコードもカセットも知らない。過去の遺物である。そう,フロッピーディスクも死語である。

 物を知らないと学生を非難することは容易い。しかし,無知は彼らの所為なのだろうか。否,否,否。物からソフトへの流れはハンドアッセンブルをこよなく愛していた叔父さま達が作り出したものである。合わせて,トランジスタ,IC,LSIというダウンサイジングは真空管の分かりやすさを破壊した。

 子供時代に壊した玩具,時計,ラジオ。学生時代に触った自動車に,マイコンに旋盤。それが,今日の私の肥しである。しかし,今は全てが隠ぺい化されている。自動車のボンネットを開けてもエンジンは見えない。瀟洒(しょうしゃ)なエンジンカバーに隠されている。苦労してカバーを外しても,効率よくパッケージされたエンジンルームには手を入れるスペースもない。触るなと機械が人を拒絶している。

 それは,デジカメ,パソコン,ゲーム機,皆同じである。開けては駄目だと警告が並ぶ。警告を無視して開けても,見えるのは黒いゲジゲジのようなLSIだけ。しかも,高密度実装されているために,目がついていかない。それ以上に,ソフト化は機械の隠ぺい率を上げている。眺めていても動作が理解できない。

一昔前までは、パソコンNEC-PC9800をお古でもらって8インチFFDを使っていた、というのを少々自慢にしていた。しかし、そもそも今は3.5インチのFDでさえ使わない。最新版がないのだから、自慢できない。自慢しても意味が理解されない。

今世紀になってから、パソコンに凝るということはすっかり諦めてしまった。パソコン雑誌なんか立ち読みさえしない。数年前、ディベートの試合の打ち合わせをしていて、「資料は全部保存しましたから」と言ってスティックメモリを渡されたとき、目が点になった。こ、これは一体何? 確かにメモリカード(ではないな)が小さくなったというのは聞いたことがあった。これがうわさの。。。

元エレクトロニクス少女としては、無知を恥じるところだが、知らないうちに、いろいろ進歩してますな~と感心するばかりである。○ドバシカメラに行ってもパソコン・周辺機器売り場はスルーしてるんだから、情報網にこちらからシャットアウトしているのである。

FDはフォーマットという行為をしないと使えない。機種によって「耕し方」が違うので、基本的に新のFDを買うのが正しい。MS-DOSで「DIR」というコマンドを入れると、ファイル名がざっーと出てきて、おお、入っている、入っている、訳の分からない満足をしていたものである。

新じいやのころとは違うけれど、メカがなくなったわけではない。プログラムに興味を持ってパソコンを使う子供、若者がいないわけではない。物ばなれというけれど、存在しない物から離れてしまうのは仕方がない。

アマサイの子供のころは、ナイフで鉛筆を削れない子がいると、大人たちが話題にしたものだ。

鉛筆削り、というものがあるんですけど。

電子工作の月刊誌が近年創刊されるところを見ると、単なる叔父さまたちのノスタルジーではなく、必要とされているらしい。

物と人間とは離れても離れられない関係にあるようだ。

それほど心配することはないと思うぞ、じいや。

しかし、警告を鳴らすことは必要です。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 22, 2009

理系総理と理系副総理がいるのにね。

榎木英介さんのブログから

文部科学副大臣会見速報だそうです。

質問:科研費の概算要求で、ホームページにも出ている新規募集課題の停止はどういう意図で行われたのか。

若手Sは若手を育てるということで準備したが、削る必要がある。そのなかで成熟度は十分ではないものを見直していこうということになった。若手への考慮は「基盤」の方でできるではないかと考えている。そこで若手Sを選択して省いた。Sに立候補していた人は、「基盤」にも立候補している人がほとんどだ。科研費全体は減っていない。整理をしたということだ。

質問:科研費の伸びは、昨年度より落ちている。基礎研究を重視するという姿勢とは相容れないのではないか。

前政権の要求レベルは忘れてほしい。減らさなかったということだけでも評価してほしい。トータルでいけばまだまだ厳しい査定になるだろう。文科省は高校無償化を挙げているので。トータルでは、厚労省につぐプラスαになっている。本来なら、もっと切り込めということになる。これで収まったわけではない。切り込まれるところはたくさん出てくる。基礎科学については、重点項目だから切り込ませない。そういう主張をしていくつもりだ。総理大臣も重点項目だと言っている。そういう位置付けだ。

えっ、研究費は削ったけど、高校無料化になるから文科省としては、オフセットってどういうロジックだよ。

肉は減らしたけど、ごはん増やしたから、カロリーは同じ、みたいアナロジー。

それは、予算は使い切らないと、次年度減らされるから、という前政権の悪習と同源のような気がしますけど。

まあ、金を注入すれば、基礎研究振興になるとは言えないけどね。
基礎研究は大事、っていうだけなら、アホでも、議員でなくてもできるけどね。議員主導なら、方策をまずだせや。与党としては新米なので、なんて寝言言ってじゃねえぞ。

こども手当を出すためなら、なんでもありってことね。

段々くらーい世の中になる気がする。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 21, 2009

エスパーが目印です。

街の電器店、系列化加速 大手家電量販店、高齢者世帯を開拓

 ヤマダ電機やエディオンなど大手家電量販店が地域の小規模電器店の系列化を加速する。フランチャイズチェーン(FC)などへ加盟を促し、数年内にヤマダは加盟店を3倍に、エディオンは倍に増やす。家電メーカーは系列店の選別支援を進めており、量販各社はメーカー系列から外れる電器店などを低価格の商品供給で囲い込む。景気低迷で量販各社の大型店は余剰感が出始めている。大型店で集客しにくい高齢者世帯などに強い電器店を新販路に育てる。

生まれたとこ、その後、小学校までに二度引っ越しました。どこでも最寄りの電器屋さんは東芝系列でした。テレビも冷蔵庫も洗濯機も東芝でした。硬ビニルの光速エスパーの人形もらったし。「東芝日曜劇場」はコドモながらよく出来た番組だと思いました。

東芝はデンキの王様なんだな、と勝手に判断してました。
M下さん、H立さん、Sさんなんかも当然ありましたが、何しろ、東芝製品を見ることが圧倒的だったもので、
「テレビの裏側」を見るために通ったのも、もちろん、これらの電器屋です。


中学生になると、オーディオ製品なんかも興味を持つので、それこそ、SONYさんとかAIWAなんかを使うようになりました。昔は、語学学習で、ラジカセは必須と言われたのでね。多くの中高校生は、夜のラジオ番組を聞き、それを録音するために使っていたと思いますが。

で、それらは、秋葉原に買いに行ったような気がします。
町の電器屋さんじゃ、ねえ。
でも、修理は、電器屋さんに頼んだ(^^;)。
家での家電は、そこから購入してたので、引き受けてくれたのでしょう。
修理でも依頼すれば、いくらか店に入るだろうと軽い気持ちでした。

21世紀になったら、町の家電屋さんは激減しました。
数年前に母が引っ越したのですが(同じ区の区営住宅です)、そこには、歩いていける範囲に電器屋さんはなく、少々遠方の電器屋で洗濯機なんかを購入しました。

これが、みごとに使えない機械で、デフォルトのメニュー以外は設定できないんですよね。「これがお安くなってます」の店主の一言でそこの住宅の人はみんなそれ買ったようです。

○○電器さんは親切だったわ~と母は昔を懐かしんでいました。

○○電器というのは、アマサイが10歳のときからずっとうちで贔屓にしてた店だったのですが、ある日突然閉店してしまったのです。「あれだけ買ってあげたのに挨拶もないなんて」と母は言っていましたが、今思えば、夜逃げだったかもしれない。

町の電器屋さん、都心であってもないとやはり不便です。

どういう手段でも生き残ってほしいです。


○○電器のオヤジ、電器屋のくせに不器用だった。コネクタ接続なんか私がやった方がなんぼかましでした。それも今となっては思い出です。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 19, 2009

勝てばぐーぐる

マイクロソフトは10年遅れている-グーグルCEOが語る「クラウド」、そして「独占」-

10年前は、MSがどこぞの企業に対して、遅れとるがな~と言っているとこですな。

シュミット 今は(クラウド時代の到来に備えて)データセンターを構築する時期だ。それが済んだら、アプリケーションの開発競争が激しくなる。最終的にはアプリが収益を生み出すのだから。 すべての企業向けアプリは、クラウドに移行した方が使いやすくなる。20年前にその(企業向けアプリ開発の)世界にいた私が言うのだから間違いない。 グーグルは今年に入り、既に2つの企業を買収した。もっと多くを期待してもらっていいだろう。ダブルクリックのような大企業ではなく、技術力を持つスタートアップ企業の買収を検討している。 大企業の買収には時間がかかるし値段も高い。小さな企業の方が買いやすいのは確かだ。買収されるスタートアップ企業にとってもメリットがある。グーグルのブランドとシステムを利用して、自社サービスをスケールアップできるのだから。

勝ち組は何を言っても説得力がありますなあ。


 ―― 過去10年以上、IT業界は「ウィンテル(Windows+Intel)」という言葉で形容されてきました。クラウドが進展すると、この業界秩序はどう変わるのでしょうか。

 シュミット 米インテルは今後も非常に重要な役割を果たすだろう。コンピューターをさらに使いやすくし、モバイル技術の進化を加速するために、インテル製品は欠かせない。 グーグルはインテルからネットワーク部品を調達し、我々が企画している安いネットブック(いわゆる「100ドルパソコン」)も、インテルが一部を製造する。インテルCEOのポール・オッテリーニ氏は、我が社の社外取締役でもある。
 シュミット いわゆるウィンテル同盟は、既に崩れ始めているのではないか。MSだけでなく、米アップルはインテル製CPU(中央演算処理装置)を使っているし、(グーグルが来年投入予定の)クロームOSでもインテルチップを使うことになる。 グーグルやアップルはクラウド時代にうまく適応しつつあるのに対し、MSは苦労するだろう。MSがクラウド分野で存在感を高めようと努力しているのは認めるが、(クラウドへの移行は)10年か15年はかかるのではないか。 もちろん、クロームOSはまだ小さく、Windowsをスローダウンさせるのには時間がかかる。とても巨大な基盤を持っているから。だが、クラウドが非常にいいソリューションであるのは間違いない。だからこそ、グーグルはクラウドに適したOSを真剣に開発しているのだ。
 ―― ウィンテルに代わる新しいキーワードは?
 シュミット 分からないな。それはマーケティング会社とかに聞いてくれ(笑)。

ウインティル、なんだか懐かしい言葉になってしまいましたね。
そうなんだ、インテルはぐーぐるさんに心変わりしましたか。

―― 昔に比べ、イノベーションのスピードが遅くなっているという指摘もあります。
 シュミット バカげた話だ。完全に間違っている。 1970年代から「どこに新しいアイデアがあるんだ」と言われ続けてきたけれども、社会は確実に進化している。アイデアが形になるには長い時間が必要だが、振り返ってみると、5年ごとに大きなイノベーションが起きている。 グーグルはエネルギー分野に多額の投資をしているが、それは、何らかのソリューションをここで見つけられると考えているからだ。バイオテクノロジーでも多くの投資が行われている。残念ながら、私にはよく理解できないけれども。 シリコンバレーの物語は、いつだって再生可能だ。30年ぐらいのスケールで考えると、非常に多くの会社が誕生して成長している。 (SNS世界最大手の)米Facebook(フェースブック)や(“つぶやき”を配信するブログ)米Twitter(ツイッター)など、3年前には想像もできなかった企業が繁栄しているのがその証拠だ。

ええ、質問が馬鹿ですね。まあ、ブラフで言ったのでしょうが。

米Twitter(ツイッター)って一体なんなんでしょう。使っているけど。想像も出来なかった、ふーむ、単なる流行りだと思うんですが。

まあ、ぐーぐるさんも10年後はわかりません。王者の寿命が短いのが、イノベーティブな社会ですから。

おいらも勝ち組になりたい。負け組ではないとは思うが。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 16, 2009

まいど号はいずれ再び!

さいなら、東大阪生まれ「まいど1号」運用終了

東大阪宇宙開発協同組合(大阪府東大阪市)の雷観測衛星「まいど1号」が15日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)との管制委託の期限切れを迎えた。

 すでに電源は落ちている。「不景気に苦しむ中小企業に元気と自信を」と、開発された衛星は、町の気分をもり立て、若い研究者の夢を育てて9か月間の運用を終えた。数十年後には大気圏に突入して燃え尽きる。

 太陽センサーの実験に取り組む大阪府立大(堺市中区)の学生らは10日未明、アマチュア無線管制室でパソコンに向かい、まいど1号から届く最後のデータを見つめていた。受信できるエリアを過ぎると、「ピガー、ピガー」という受信音が聞こえなくなった。

「貴重な経験を次に生かしたい」と、藤本さんら学生は、同組合の加盟企業などが設立したNPO法人「関西宇宙イニシアティブ」の新たな人工衛星「KaSpI(カスピ)―1」の開発にかかわり、より小さい地球観測衛星の設計にも取り組んでいる。


次、てのはないんでしょうか。アマサイも心密かに応援していました。町工場の共同体が衛星を飛ばすってすばらしいじゃありませんか。

でも、関わった方々はすでに次を夢見ているようですね。

日本の場合、十分に技術はあるのですから、宇宙産業をどんどん盛り上げてほしいですね。有人飛行みたいにめったやたらお金がかかるのだけじゃなくて、小さくとも、宇宙探査に貢献できると思います(と言っても憶単位なんでしょうけど)。

まいど号よ、日本の夢を乗せて、永遠なれ!

民主党よ、こういうのは無駄ではないんだぞ。ばらまきなんとか手当より格段よい事業だ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 15, 2009

実名報道

少年犯罪者の実名報道。ディベート定番論題です。

こげな馬鹿者がいる限り、この先のディベータブルな論題としてまだまだ生き続けますね。
光母子殺害実名ルポ本、元少年側が差し止め仮処分申請

著者の増田美智子さんは、「元少年を一人の人間として描くためには実名報道が必要だと考えており、本人も了解していた。弁護団は取材申し込みに応じなかったのに、出版が決まったら原稿を見せるよう求めてきており、仮処分の申請に対しては戦う」と話した。

はっ?意味がわかりません。別の記事では「実名を出さないと彼がモンスターとして扱われる」と書いてありました。いや、彼の行為がモンスター的なのであって、名前は関係ないでしょ。名前には何の情報性もないです。いや、あるか。彼の親族が分かってしまいますね。この増田氏より数倍お馬鹿さんがたくさんいますから、そういう親族を攻撃する輩もいるでしょう。その意味で情報性はありますが、彼がどうして犯罪に至ったのか、同等の犯罪を防ぐにはどうしたらいいか、というヒントにはなりません。当たり前です。子供にもわかります。

過去の犯罪をジャーナリストが書き記すのは、今後のためです。実名という「事実」を書くことじゃないですよ。そもそも法律違反だろ。日本で仕事しているなら、法律を遵守しろ。

もし、彼が「実名を出してよい」と言ったなら、そんなことはできない、というのが「大人」じゃないですか。本人が言ったからって、子供の使いか?
( ̄▽ ̄;)

まあ、そういう「子供」だからの少年の彼とウマが合ったのでしょうね。

どうであれ、原稿を見せろと言った弁護団は正常だと思いますけどね。

なんだか、この人、某自称科学ジャーナリストさんと同じ匂いがする。
(^_^;)

実名じゃないと本にできないという辺り。

厳重に処分していただきたいです。

追記1
「元少年実名本」の驚く中身@週刊朝日
「著者は一橋大学職員の増田美智子氏(28)。著書は、増田氏が昨年8月4日から今年8月7日まで25回にわたり元少年と接見した際のやりとりを中心に、元少年の父親や同級生らを取材した内容を紹介している。このほかに、元少年の中学の卒業アルバムからとった顔写真まで掲載している。
実名や写真を掲載した理由について、増田氏は著書の中で、
〈匿名報道がA君の人格を理解することを妨げていると思うからだ。名前や顔写真が出ないことで、ひとりのAとは違う、いわばモンスターのようなイメージがふくらみ、それが死刑を望む世論を形成しているのではないか〉」

追記2
ディベートでよく行われているのは、実名報道原則禁止、つまり、犯罪報道などは、被害者、容疑者、加害者、全て匿名性で行うものです。これはスウェーデンで実例があり、市民団体がマスコミ報道をチェックします。実名記載を報道の自由とか言っている後進国には、あり得ないことでしょうな。
@@@(-o-)y~~~ プハーッ

この作者の単なる売名行為以外なにがあるというのか。人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

October 14, 2009

Part of CEATEC

CEATECに行けなかったアマサイです。
自分とこの関連技術の展示会にマメに行ってフォローしようと思っています。

「CEATEC」で意外に元気だった部品内蔵基板関連技術

CEATECの会場でも,新しい部品内蔵基板関連技術についての機器メーカーの反応やセットでの採用見通しを聞いてみても「機器メーカーなどの顧客がどの程度コストを認めてくれるか次第」という声しか返って来ませんでした。しかし,その割には部品メーカー側の方の顔色は悪くありません。その理由をいろいろ聞いてみてもハッキリとは答えていただけなかったのですが,どうやら携帯電話機やネットブックが進化した先にある携帯型情報端末に期待を寄せているようです。このような機器は,1990~2000年代のワークステーションにも匹敵する高性能と,各種の無線および有線の通信機能,さらにはカメラやAR(拡張現実)などの多機能の両方が必要になりそうです。この結果,セット全体のシステムとしては非常に複雑になり,各種通信機能やカメラ機能といった各機能をモジュール化して,複雑化したハードウェア設計を簡素化することが重要になります。さらに,このような機器では製品がヒットするか否かで生産量が大きく変動するために,コスト回収のメドを付けにくいというビジネス上の問題があります。この問題にも,モジュール化した部品を複数機種で共有することで,対処しやすくなります。ただし,このようなモジュールを複数,現状の携帯電話機やネットブックの大きさの中に収める必要があります。このために,従来以上の小型化や薄型化したモジュールを実現できる部品内蔵基板技術の開発に各社が取り組んでいるようです。

わざわざ記事にすることかなって思うんですが(それを取り上げるアマサイって何?とか言わないの♪)。

そりゃ、新技術でなくても、新製品は出るわけで、どの業界もより集積化、小型化になっているのですから、部品、基板技術は常にチェックしていないといけません。

以前述べたようにアマサイんとこの特許もほとんどそれを狙った改良発明ですから。

部品メーカーも生き残りのためになかなかたいへんです。

取り敢えずフラットディスプレイ展には行こうと思っています。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 13, 2009

ウィニー、、、

ウィニー開発者、逆転無罪 大阪高裁 著作権侵害当たらず

ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」を開発して公開し、映画やゲームなど著作物のデータの違法コピーを容易にしたとして、著作権法違反ほう助の罪に問われた元東京大助手金子勇被告(39)の控訴審判決が8日、大阪高裁であった。小倉正三裁判長は罰金150万円とした一審判決を破棄し、「違法利用の可能性の認識、認容だけでほう助は成立しない」として無罪(求刑懲役1年)を言い渡した。

 ■「ほう助」基準示す 

 小倉裁判長は、違法に使われた技術の提供者がどのような場合にほう助に問われるかについて「違法行為の用途のみ、または主要な用途として使用させようと勧めて提供した場合」と基準を示した。

 その上で、ウィニーの開発・公開では、インターネット上で技術検証の協力や、違法利用に対する注意の呼び掛けがあったことに触れ「著作権侵害の用途として勧めていない」と判断した。

 また開発者に不特定多数の人に違法利用される可能性の認識、認容があったとしても「どんなファイルをやりとりするかは利用者の自由。提供した行為は専ら犯罪を助けるためではない」とした。

 ウィニーの技術については「通信の秘密を守る機能や検索の効率化の機能などは違法視されるべきではない」と指摘し、「技術自体は中立で、違法利用も可能だが有用性もある」と述べた。


知財法にあまり関心のない人でもこのニュースは注目されているでしょう。

アマサイはわからんです。。。
というのは、過去の事件、判例で本件に参考しうるものはないからです。

「さしみ包丁で人殺したら、包丁製造メーカーが罪に問われるんかい」
は関係ありません。

「痴漢撃退器具(電気でびりびりする奴)だって、悪用すればできる。では販売してはいけないのか」
これはたぶんいろいろ法規制がされているんでしょうな。もちろん、テレビドラマで見るように悪人が市民を攻撃するのにも使えます。

取り敢えず、ウィニーで人が死んだり、肉体的に傷ついたりはしません。

「じゃあ、インターネット上ではコピーアンドペースト機能は使えないようにする。その類型機能ソフトは御法度」
いや、それじゃ、ネット社会の意味が半減しちまうでしょう。

で、ウィニーは無罪?
無罪ではないとアマサイは思うのです。
しかし、現行法に違反するようなことでありません。つまり、無罪ではないが、罪は問えないです。

(一審で有罪、二審で無罪ってすごく納得してしまうんだけど、司法は初めから狙ってましたか、この結果を?)

利益と弊害が両方あるのは、科学技術であれば当たり前です。しかし、悪用は十分想定されるソフトを自分自身の判断だけで、流出するのはどうなんだろうか。

ソフトウエア著作権協会と警察(サイバー犯罪を取り締まるとこ)がなんらかの協力をして、悪用を検知するシステムなんかを作るべきではないでしょうか。


アマサイは無罪だからOKじゃーん、と類似のソフトがどんどん出てしまうことを危惧します。

すいませんのう。切れ味の悪い投稿で。だって問題が難しいんだもん。でも知財人のアマサイが無視するわけにはいかないんだもん。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 12, 2009

書談:田辺聖子『欲しがりません勝つまでは』

Hoshigarimasen■『欲しがりません勝つまでは』 ポプラ文庫
著者:田辺 聖子
価格: ¥609 (本体 : ¥580)
出版: ポプラ社
発行: 2009.6

アマサイ、思い出の書です。その名のとおり、田辺さん過ごした戦中の記録です。あとがきには、あの時代の生活記なるものを誰かが書き残さねばならないという趣旨のことが書いてあります。

田辺家は比較的裕福であったので、大阪空襲までは、楽しい学生生活が続きます。学友と小説集『少女草(おとめぐさ)』の作成にいそしんだりします。10代の女の子のやることはここ何十年かわらないのだなと思います。今で言うミニコミ誌と同じようなものでしょう。漫画ではなく文章が中心であったことくらいです。その当時の少女誌を真似ているのも似ています。『宮本武蔵』を読めば剣豪ものを、蒙古活劇を読めばモンゴル帝国の建設記をというように、当時のベストセラーにすぐ影響を受けてしまいます。今のコミュニティ誌を作っている子たちもそうでしょう。しかし、読んだだけで、類似の小説が書けるというのはすごい才能です。もう作家になるべくしてなった片鱗がうかがえます。

田辺さんは当時の少女がそうであったように、軍国少女です。日本軍の必勝を祈り、いざとなったらアメリカ軍と戦う心意気です。大人たちが、この戦争は勝てんとちゃうか、みたいことをいうものなら、激怒するそんな少女です。

楽しい、と書きましたが、実はそうでなかったのかもしれません。だんだんに男衆が戦地に出向いて、死んでいくの少女といえども知らぬはずありません。軍国少女でも演じなくては日常を耐え切れません。でも、そればかりでは、心が乾きます。少しでもそれを潤すために自分たちで作った物語に没頭していったのでしょう。

子供にまで「欲しがりません勝つまでは」と強いた戦争は、結局日本全国を焦土し、一般市民を多く殺戮します。

大阪空襲では、軍人が教えた消火法など役には立ちません。生き残った人さえ、流浪し、行き倒れになることも少なくありません。幸い田辺一家は全員無事でした。

その夜、どこから女性の声がします。「トミちゃーん、トミちゃーん」生き別れになった子供を捜しているのでしょう。荒地となった都市に母の叫びが響きます。

田辺さんはしばらく経って、あの声を戦争を起こした人に聞かせたい、といいます。

結局、多くの人命を失い、国民総ざんげという不可解なフレーズで戦争は終わりました。

どんな世になろうと生きねばならない、いや、生きていたい、それは、あの当時の日本人が同じように思ったのでしょう。

反戦文学であり、青春文学である本書は、田辺さんの代表作であると思います。

「芋たこなんきん」で主演をした藤山直美が田辺さんの役でドラマ化されたことがあります

「欲しがりません勝つまでは」という歌があるんですね。本書を読んで聞くとなんだか悲しい、切ない気持ちになります。
http://www.youtube.com/watch?v=azXI6GZ5AlE&hl=ja


1977年出版当時の高橋孟さんのイラストが入っていないのが残念です。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 09, 2009

ノーベル化学賞2009

化学賞は丁度アマサイが勉強している生命科学の分野のものでした。

スウェーデン王立科学アカデミーは7日、今年のノーベル化学賞を、英国のベンカトラマン・ラマクリシュナン博士

(57)、米国のトーマス・スタイツ博士(69)、イスラエルのアダ・ヨナット博士(70)の3氏に贈ると発表した。生命の維持に欠かせない細胞内のリボソームの立体構造と機能を解明し、新しい抗生物質の開発などを大きく前進させたことが評価された。

 リボソームは、生物の細胞内にあるたんぱく質の合成工場。たんぱく質は生命活動に欠かせない物質で、アミノ酸という分子が数多く組み合わさってできている。リボソームは細胞内でDNAが持つ遺伝情報に従ってアミノ酸を並べ、たんぱく質を組み立てる小器官だ。

 リボソームは大小二つの部品でできており、巨大で複雑な分子のため、結晶化するのは不可能と考えられていた。ヨナット博士は80年に、その結晶化に成功。スタイツ博士とラマクリシュナン博士がそれぞれ、結晶にX線を当てて結晶内部の原子配列を決める手法を駆使して、リボソームの各部品の構造を突き止めた。


リボゾーム、丁度教科書の第5章細胞の出現に出てきたのでした。
(^^;)。

以下のHPはわかりやすいです。

ビジュアル生理学 細胞の構造

リボゾーム(Ribosome)-蛋白合成: 細胞質にはリボゾームと呼ばれる30ナノメートル程度の顆粒があります。リボゾームは60Sと40Sのサブユニットからなり、リボゾーマルRNAと蛋白から構成されています。リボゾームは蛋白生産の場であり、mRNAの情報をもとに蛋白を合成します。細胞質中のフリーのリボゾームはヘモグロビンやミトコンドリアの蛋白を合成します。

先の教科書には、「最近○○らの研究によって明らかになった」「このような構造である理由はまだわかっていない」という記載をみるとほんとに最先端の学問を勉強しているんだなあ、と思います。それだけに、難しく、他の参考書の説明を求めないと理解がふかまりません。がんばって勉強していきたいと思います。

生命科学、腰を入れて学んでいくことにしました。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 08, 2009

ノーベル物理学賞2009

2009年ノーベル物理学賞決まりましたね。

スウェーデンの王立科学アカデミーは2009年10月6日,2009年のノーベル物理学賞の選考結果を発表した。受賞者は,現在,米ITX Services社のChairman兼CEOのCharles Kuen Kao氏,米Bell Laboratories社のWillard Sterling Boyle氏,同George Elwood Smith氏の3人。受賞理由は,Kao氏による低損失の光ファイバの提案(1966年),およびBoyle氏とSmith氏のCCDイメージ・センサの開発(1969年)である。基本的に独立な二つの技術開発で二組の受賞者が出たことになる。

理論物理学と実験(物性)物理学が交互にとるのが暗黙の了解になっているようです。昨年が素粒子理論ですから、この公式を満たしています。
 
光ファイバについては,東北大学 名誉教授の西澤潤一氏が1964年に光ファイバの中心から屈折率を段階的に小さくする光ファイバの概念を発表した。今回,受賞したKao氏は,光ファイバのガラスの不純物が光の損失に大きく関係していると主張。1970年,米Corning社が,Kao氏の論文に基づき実際に,20dB/kmと低損失の光ファイバを開発した。

CCDがなかったら、西澤さんも入ったかもしれません。しかし、基本発明はカオ氏であることは疑いないでしょう、量産化あるいはそのための技術は、物理学じゃないね。科学研究と工業化が分けられない、分けても意味がない、技術はたくさんありますが、これは比較的それがクリアじゃないでしょうか。

と言っても、素人科学者アマサイの考えですから、本気にしないように(と逃げ道は作っておく)。

特許で一番古いのは、これでしょうか。
-----------------------
United States Patent 4,017,149
Kao April 12, 1977
Multiple access fiber optical bus communication system

Abstract
A multiple access fiber optical bus system having superior features as compared to the prior art is provided in which single fibers may be used as transmission lines in a closed loop system. A plurality of optical transmission mixers are provided, each of which mixes the inputs from one or more transmission lines to provide outputs to a multiplicity of transmission lines. Each of the mixers independently operates a plurality of transmission lines. Various degrees of reliability terminals are provided. A high reliability terminal has inputs from and outputs to the last one of the transmission lines on the output side of each of the independent mixers. A low reliability terminal has connections to only one of the independent mixers transmission lines. Any degree of reliability between the lowest and highest can be obtained depending upon the number of independent mixer loops to which such a terminal is connected.
-----------------------
追記:
高博士は、Standard Telephones and Cablesに居たから最初の特許はイギリスですね。

Publication number: GB991992 (A)
Publication date: 1965-05-12
Inventor(s): KAO CHARLES KUEN
Applicant(s): STANDARD TELEPHONES CABLES LTD

Application number: GB19630015072 19630417

Abstract of GB 991992 (A)

991,992. Waveguide bends and junctions. STANDARD TELEPHONES & CABLES Ltd. April 17, 1963, No. 15072/63. Addition to 905,774. Heading H1W. The reflecting junction of the parent Specification is modified in that the dielectric diaphragms are formed of a material the electrical constants and dimensions of which are such that, at the operating wavelength, energy incident upon them at a glancing angle is absorbed. Fig. 1 shows an H-plane section of a right-angle reflecting junction between two rectangular waveguides 1, 2 utilizing the H 01 mode of propagation. Waves incident at near-normal angles on the dielectric diaphragms 5, 6 are transmitted as indicated by typical paths ABCDE and FBTUW. Waves striking either diaphragm at a glancing angle, e.g. at P and G, are absorbed, typical paths being MNP and FG. In the Figures the angle # has been exaggerated and represents the angle (#10 degrees) of reflection which ordinary plane waves may be considered to make with the walls of the waveguide. The waveguide mode may be considered as the resultant of such waves striking the walls at an angle #=#/2a. The dielectric material has a dielectric constant not exceeding 1À2 and a loss factor of about 0À1. The thickness should be of the order of #/2. Foamed polyvinyl chloride and balsa wood are referred to. The invention may be applied to hybrid junctions and to channel-dropping filters as in the parent

Kimball兄貴のとこに書きましたが、CCDと一緒というのはちょいとげせません。

CCDの特許はあると思いますが、めんどくちゃかったので。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 06, 2009

特許侵害測定?

こういう研究は必要でしょうね。

特許侵害の有無予測 進む研究 2009/10/5 

特許侵害訴訟に勝てるか。特許の価値を測る重要な着眼点の一つだ。侵害の有無の予測手法の実証研究が始まっている。

 日本学術振興会特別研究員として京都大学大学院経済学研究科博士課程に在学中の柚木孝裕氏は現在、同大教授陣の指導のもと、特許侵害の有無を特許明細書の記載データと訴訟結果との相関性に着眼し、研究をしている。

 ◆データ量と勝率に相関

 相関があれば、判決予測や企業が持つ特許の経済的価値の推定が可能になり、企業の知財戦略および技術ライセンスや知財への投融資業務に応用できる。

 研究の第1段階として1988年から2003年の国内特許侵害訴訟で確定し、特許権者が国内企業である79事例の分析を試みた。

 具体的には、まず各事例の「勝訴」「敗訴」を「1」「0」に分類。例えば「地裁で勝訴・高裁で敗訴・最高裁で勝訴確定」なら「1・0・1」だ。そこに各特許明細書に記載されている請求項数とほかの特許での引用数(被引用数)を変数としておき、離散選択モデルで相関を見た。

 その結果、特許明細書上に記載された請求項(当該発明に欠くことができない項目、権利範囲を示す説明文)の数と勝率に正の相関があることが分かった。一般に請求項の多さは権利範囲の広さや特許権の審査・登録・維持費の多さを示し、特許に対する企業姿勢の表れとされ、予想通りの結果となった。


でも、この程度じゃ、「予想通り」の結果しか導けだせないね。

工藤さんの手法は、なかなかよいと思う。ネットで取れる情報で解析しているみたいだ。
 
クレームの文言レベルまで解析できる請求項記述言語(PCML)というのもある。侵害とリンクづけるのはたいへんだが。

民法の訴訟合戦が、幸福な社会を構築しないように、特許訴訟社会というあまり良い世界像を産みません。

WIN-WINは無理でも、中小企業・ベンチャー企業がやる気を出すような社会がいいですね。

訴訟は戦争と同じで「コミュニケーション」の一種だとは思いますがね。。。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 05, 2009

まずは審査官のレベルを標準化すべきだね。

「アルゴリズムは特許の対象外に」,Red Hatが米最高裁に意見書

Red Hatによると,ソフトウエア開発者には,作成中のコードに特許侵害があるかどうかを確かめる確実な手段がない。さらに,各特許の適用範囲は不明確なことが多く,既存特許を探したところで,新製品に特許侵害がないという確証は得られないという。その結果,ソフトウエア製品の開発という行為は高額な特許訴訟と背中合わせになり,「まるでスカイ・ダイビングのように」大きなリスクを伴う作業になると説明している。

 また,コードを共有するオープンソース・ソフトウエアが普及していることから,特許はソフトウエアの発展に不要であり,むしろ阻害要因になるとも指摘している。

 Red Hatは,この意見書をビジネス・モデルの特許性を争っているBilski訴訟の法廷助言者として提出した。米連邦巡回控訴裁判所はこの訴訟でビジネス・モデルの特許化に制限を設けたが,ソフトウエア特許については直接的な判断を下さなかった。訴訟は今後最高裁で審理されることになっている。

コードレベルで調べるのは、確かに困難ですな。
しかし特許出願の対象にすべきではない、ということには、賛成できません。
「適用範囲が不明確」なのは、米国がそれを容認してきたからでしょう
(^_^;)
ビジネスモデル発明との違いをクリアにしてこなかったんだから。
日本では、特に大きな混乱なく、運用されていますけれど。

特許に適用しなかったら、彼のいうところを混乱をを広げてしまうばかりです。
多くの技術がブラックボックス化し、ひいては、ソフトウエア開発は、師弟相伝の書になってしまう危惧さえあります。

特許化の反対のベクトルはオープンソースです。

全部公開します?

これは特許審査と標準化をうまく使っていけば解決できると思います。


特許のハーモナイゼーションは日本を基盤にすれば、いいと思うんだけど。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 04, 2009

映画DVD『球形の荒野』

映画DVD『球形の荒野』
松本清張生誕100年で映画化DVDが安くなっていたので買ってみました。

原作は以前読みました。映画、1時間半でこの作品を語るのは無理です。戦時下の国際情勢は複雑です。野上がどういう工作を行い、どのような恨みを買ったか、上手く描かれていないように思います(これは映像の限界ですかね)。久美子に近寄る影も随分と直接的です。少なくとも前編・後編でくらいないと。しかし、ラストの父娘で歌う童謡はしっかり時間をとってました。それは宜しいでしょう。

とにかく俳優陣は豪華です。芦田伸介、山形勲、乙羽信子、清張作品に相応しい役者たちです。そして主人公の島田陽子、これは彼女の絶頂期でしょう、ほんとに美しいです。現代的な良家のお嬢様、この人以上はないでしょう。そして、そして、竹脇無我、男前です。
阿部ちゃんよりも(^_^;)。あの甘いマスクだったらどこまでもついて行きます。
( ̄▽ ̄)v
彼が活躍しているころはアマサイはコドモでしたので、単に「かっこいいおじさん」という印象でした。

残酷なシーンもないですから、老若男女が楽しめる社会派作品にはなっています。

監督
貞永方久 サダナガマサヒサ

製作
杉崎重美

原作
松本清張 マツモトセイチョウ

脚本
貞永方久 サダナガマサヒサ
星川清司 ホシカワセイジ

キャスト(役名)
芦田伸介 アシダシンスケ (野上顕一郎)
乙羽信子 オトワノブコ (野上孝子)
島田楊子(陽子) シマダヨウコ (野上久美子)
竹脇無我 タケワキムガ (添田彰一)
山形勲 ヤマガタイサオ (滝良精)
岡田英次 オカダエイジ (村尾芳正)
藤岡琢也 フジオカタクヤ (伊東忠介)
笠智衆 リュウチシュウ (福竜寺住職)
田宮二郎 タミヤジロウ (ナレーター)


亡きアマサイの父が、晩年、お客さんに「薬屋さん、芦田伸介に似ているねえ」と言われて喜んでいたのを思い出しました。母と私は「似てないっ!」と却下しました。今思えば、そうだねえ、と言ってあげた方がよかったか。でも、やはりあの貫禄、父にはありませんっ!

連続ドラマにしてほしいですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 03, 2009

青春の書(*^^*)その4

Mizutohanani
■『水とはなにか〈新装版〉-ミクロに見たそのふるまい-』
著者: 上平恒
出版:講談社ブルーバックス
発行:2009/07/20
定価:(税込):903円

「水とはなにか」が新装版となって発刊された。めでたい、めでたい。多くの老若男女に本書を読んでいただきたい。

本書もアマサイの青春の書!である。

あれは、高校二年のとき。化学の先生が、科学の読み物を読んで感想文を書くようにと言われた。「このリストにないものでもいいですよ。特にブルーバックスはどれもお薦めです」とおっしゃった。

なかなかイカシた宿題である。アマサイは、高校に入ったころから講談社ブルーバックスを読み始めていた。まあ、化学の課題なので、それに該当したものがよいだろうと、本書を選びました。

題名がいいね。
水とはなにか、って、水は水じゃん。当たり前にあるよね。水。物質から言ったらごくごく普通なんじゃない?えっ、違うの?私が知らないなにか特性があるの?と問題意識をかき立てるじゃ、あ~りませんか。

そう、そんな科学心をそそられるものだったのです。

講談社HPより
----------------------------------------
いちばん身近で、いちばん不思議。
水の驚くべき性質を解き明かす!

水ほど特殊な物質はない!
水素と酸素からなる最も簡単な化合物――しかし、見かけは単純でも水は常識を超えた多様な性質を持つ。固体(氷)よりも液体(水)のほうが密度が高く、物質を溶かす能力は群を抜き、表面張力が極めて大きい。生命システムでも重要な役割を果たす「水」の不思議をさぐる。

●水の構造は絶えず変化しその平均寿命は10-12秒
●H2Oを含め18種類の水がある
●水10cc+エタノール5cc=14.6cc!?
●1日180リットルの水が体内を流れている
●20℃で凍る水、零下80℃でも凍らない水
●15、30、45、60℃は生物にとって危険な温度

目次
---------------------------------------------
第1章 分子レベルでみた気体・液体・固体
第2章 水の構造をさぐる
第3章 水溶液の構造
第4章 界面と水
第5章 生体内の水
第6章 麻酔・温度・圧力
第7章 低温生物学
----------------------------------------
立ち読みしてきましたが(じゃなくて、買えってか?)、いや~、おもしろい、おもしろい。下手な推理小説よりいいですよ、こりゃ。

これを課題図書で選んだ17歳のワタクシってかなり、科学センスがあったんじゃないの?自画自賛。このまま、成長すれば、立派な化学者か、物理学者になっているはず。はずなのに、一会社員、特許屋さんなのはなぜ?

いや、科学センスは、今も活きているのじゃ。

読んだときに、一番残ったのは、「水は凍ると体積が増える。これは物質の中でも特殊な性質である」というところ。もしかしたら、授業で教わったのかもしれないが、結構、今で言うトリビア♪みたいじゃん。

200数十ページに、水の不思議が満載です。

科学って本当にいいですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 02, 2009

松本清張『波の塔』

松本清張『波の塔』
■『波の塔』 上・下新装版
著者:松本 清張
松本清張記念館監修
価格 : \680 (本体 : \648)
出版 : 文春文庫
発行 : 2009.9

清張生誕100周年で、復刊、新装版が次々と出てうれしいアマサイです。
昔の文庫はなんであんなに字がちっこいのかなあ。まだ、老眼ではありませんが、新装版のきれいな活字はありがたい。

田沢輪香子という若い女性が、旅先で青年と出会うことから物語は始まります。取り敢えず、汚職とか不倫とかどろどろしたものはありません。その青年・小野木は新米検事です。輪香子は帰郷してから、小野木と偶然に出会います。ここでも、旅先であった若者達が交流を深める、と言ったところで、まるで青春ドラマです。しかし輪香子の父は、国土省の局長です。ここで、小野木とのなにか接触あるんだろうな、とは予想できます。しかし、この青年検事は人妻・頼子と深い仲です。そして、頼子の夫が何者か段々に明らかになると、役人、ブローカー、検事の三人の男達が徐々に近接していきます。

そして、最終章。不幸になるのは、何の罪もない者なのでありました。

殺人は全く起きません。でも、サスペンス満載。おまけにラブロマンス。もっとも清張らしく、もっとも清張らしくない作品とアマサイは思います。

すごいですね。もう6回以上映像化されているそうです。
一番最近なのは、TBSです。いや、全く記憶にないんですが。
松本清張ドラマスペシャル「波の塔」
結城頼子 (ゆうきよりこ) : 麻生 祐未
小野木喬夫 (おのぎたかお) : 小泉孝太郎
田沢局長 (たざわきょくちょう) : 風間 杜夫
田沢美子 (たざわよしこ) : 中田 喜子
田沢輪香子 (たざわりかこ) : 高橋かおり
辺見博 (へんみひろし) : 田口 浩正

小泉孝太郎が小野木ってどうなのさ。やっぱり、現代に置き換えているのかな。そうするとラストに無理があると思うけど。

映画で有名なのは、中村登監督のやつですね。
出演:有馬稲子, 津川雅彦, 桑野みゆき,

なかなか、いいですよ、波の塔の世界。要はメロドラマなんだけど。

松本清張、女性向きの物語結構あります。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 01, 2009

RNAとDNA、生命の旅路

生物系の科目をとっている関係上、今までスキップしていた記事にも目を通すようになったアマサイです。

生命進化の理由の1 つは、遺伝物質にDNA を選択した結果と判明

独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、環境の変化に適応しながら生命が進化した理由の1 つに、遺伝的多様性を獲得するための遺伝物質として、RNAではなくDNA を選択した結果であることを明らかにしました
(中略)
その結果、組み換え反応の中間状態において、4 種類すべてのタンパク質が、DNAに共通の構造変化を誘起することを見いだしました。さらに、誘起した構造は、RNAなどほかの遺伝物質では誘起することができないものでした。つまり、相同組み換え反応は、DNA の化学構造に依存した反応であることを突き止めました。
インフルエンザウィルスなど、RNA を遺伝子として持つ原始生命は、変化に富む変異を頻繁に起こすものの、進化に関与する相同組み換えは起こさず、実際に、高等生物へと進化していません。研究グループは、今回の結果がこれらの事実とも深い関係があると考えています。本研究成果は「原始生命はRNA から始まったにもかかわらず、なぜ進化した高等真核生命は遺伝子としてDNA を使用しているのか?」という問いに対する1 つ
の解を示唆したと期待されます。

元々、生命の起源には興味があったので、アマサイの好奇心のど真ん中です。
今まで研究手法などは、読んでも意味がよくわかりませんでしたが、これからは少しは生物ツウになれるかな?

3.今後の期待 化学物質や放射線によるDNA の損傷や、DNA 複製時のエラーなどにより生じる変異が、生命の進化に欠かせない事象であることは広く受け入れられています。しかし、変異だけでは進化を説明することはできません。事実、RNA ウイルスでは変異は頻繁に起こりますが、高等生物へと進化していません。高等生物へと進化した生物は、DNA を遺伝子として持つ生命だけです。今回研究グループは、相同組み換えがDNA だけで起きる反応であることを示しました。これとよく一致して、RNA ウイルスでは相同組み換えは観察されません。現在のところ、相同組み換えがどれほど生命の進化に寄与する反応であるのかは議論の余地がありますが、進化に欠かせない事象であることは間違いありません。
このへんのことも印刷教材に書いてありました。

増田さん、美川さん、がんばってください。期待しています。
( ̄▽ ̄)v


文武(物理・生物)両道のアマサイです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« September 2009 | Main | November 2009 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30