無料ブログはココログ

« Part of CEATEC | Main | まいど号はいずれ再び! »

October 15, 2009

実名報道

少年犯罪者の実名報道。ディベート定番論題です。

こげな馬鹿者がいる限り、この先のディベータブルな論題としてまだまだ生き続けますね。
光母子殺害実名ルポ本、元少年側が差し止め仮処分申請

著者の増田美智子さんは、「元少年を一人の人間として描くためには実名報道が必要だと考えており、本人も了解していた。弁護団は取材申し込みに応じなかったのに、出版が決まったら原稿を見せるよう求めてきており、仮処分の申請に対しては戦う」と話した。

はっ?意味がわかりません。別の記事では「実名を出さないと彼がモンスターとして扱われる」と書いてありました。いや、彼の行為がモンスター的なのであって、名前は関係ないでしょ。名前には何の情報性もないです。いや、あるか。彼の親族が分かってしまいますね。この増田氏より数倍お馬鹿さんがたくさんいますから、そういう親族を攻撃する輩もいるでしょう。その意味で情報性はありますが、彼がどうして犯罪に至ったのか、同等の犯罪を防ぐにはどうしたらいいか、というヒントにはなりません。当たり前です。子供にもわかります。

過去の犯罪をジャーナリストが書き記すのは、今後のためです。実名という「事実」を書くことじゃないですよ。そもそも法律違反だろ。日本で仕事しているなら、法律を遵守しろ。

もし、彼が「実名を出してよい」と言ったなら、そんなことはできない、というのが「大人」じゃないですか。本人が言ったからって、子供の使いか?
( ̄▽ ̄;)

まあ、そういう「子供」だからの少年の彼とウマが合ったのでしょうね。

どうであれ、原稿を見せろと言った弁護団は正常だと思いますけどね。

なんだか、この人、某自称科学ジャーナリストさんと同じ匂いがする。
(^_^;)

実名じゃないと本にできないという辺り。

厳重に処分していただきたいです。

追記1
「元少年実名本」の驚く中身@週刊朝日
「著者は一橋大学職員の増田美智子氏(28)。著書は、増田氏が昨年8月4日から今年8月7日まで25回にわたり元少年と接見した際のやりとりを中心に、元少年の父親や同級生らを取材した内容を紹介している。このほかに、元少年の中学の卒業アルバムからとった顔写真まで掲載している。
実名や写真を掲載した理由について、増田氏は著書の中で、
〈匿名報道がA君の人格を理解することを妨げていると思うからだ。名前や顔写真が出ないことで、ひとりのAとは違う、いわばモンスターのようなイメージがふくらみ、それが死刑を望む世論を形成しているのではないか〉」

追記2
ディベートでよく行われているのは、実名報道原則禁止、つまり、犯罪報道などは、被害者、容疑者、加害者、全て匿名性で行うものです。これはスウェーデンで実例があり、市民団体がマスコミ報道をチェックします。実名記載を報道の自由とか言っている後進国には、あり得ないことでしょうな。
@@@(-o-)y~~~ プハーッ

この作者の単なる売名行為以外なにがあるというのか。人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

« Part of CEATEC | Main | まいど号はいずれ再び! »

「ものの考え方」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/46492989

Listed below are links to weblogs that reference 実名報道:

« Part of CEATEC | Main | まいど号はいずれ再び! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30