無料ブログはココログ

« 産学連携が正しいという結論ですか? | Main | 大予言と言えば、 »

December 24, 2009

視覚全色域カメラ

アマサイはイロモノが好きなのでこういう記事に目がいってしまいます。

「視覚全色域カメラ」と銘打つ業務用デジタル・カメラ,開発したベンチャー企業・パパラボに聞くパパラボ

画像処理技術や光計測技術などを開発するベンチャー企業・パパラボは,「視覚全色域カメラ」と銘打つ業務用デジタル・カメラ「YC-3300」を開発した。「人間の眼で見るのと同じ色で撮影できる」(同社)ことを特徴とし,デジタル・アーカイブや医療などの用途を想定する。 同社 代表取締役の加藤誠氏に,今回のカメラについて聞いた。

――「視覚全色域カメラ」は,どのような特徴を持ったカメラですか。
加藤氏 人間の眼と同じ色域で,見たままの映像を撮影できるカメラだ。これまで,マルチバンド方式を利用した大掛かりな撮影装置によって同様の特徴を実現したものはあったが,実用的な撮影に使えるシンプルなカメラは存在しなかった。 我々の評価では,視覚全色域において,色差1以下の精度で撮影できることを確認している。

――どのような技術によって実現したのですか。
加藤氏 静岡大学 下平研究室の研究成果である,3バンドの等色関数(S1,S2,S3)を利用した。これは,人間の眼の感度である標準的な等色関数を線形変換して得られたもので,三つのバンドがすべて正の値を持つことや,それぞれ単独のピークを持つこと,互いのピークの重なりが最小であることが特徴だ。 この三つのバンドに対応したカラー・フィルタを開発し,カメラに組み込んだ。これにより,視覚全色域の撮影を可能にした。


この下平研究室がすごいみたいです。

色再現の技術では有名な先生みたいです。
パパラボとの共願もあるみたいです。
------------------
【公開番号】特開2008-228197(P2008-228197A)
【発明の名称】撮像装置の校正方法及び撮像装置
【出願日】平成19年3月15日(2007.3.15)
【発明者】下平 美文/加藤 誠
【背景技術】
画像技術や通信技術が著しく発達した現代社会では、遠隔医療・診断、電子商取引、色を取り入れた各種デザインなど、厳格な色管理が必要な分野が成長している。このような用途に対して、現在のイメージングシステムは要求を満たすだけの充分な特性を持っていない。そこで、人が見ることのできる全ての色を正確に取得し、正確に再現することが可能なイメージングシステムの開発が望まれている。
【発明が解決しようとする課題】
被写体の色情報を正確に取得するための色忠実な撮像装置として、CCDなどの撮像素子と、測色計とを組み合わせた撮像装置が特許文献1に記載されている。しかしながら、この文献1に記載された装置では、例えば、撮像素子によって取得される被写体の画像内の任意の位置について測色を行いたい場合に、そのような測色を充分な位置精度で行うことができず、結果として、被写体の色情報を充分な精度で取得することができないなどの問題がある。
本発明は、以上の問題点を解決するためになされたものであり、被写体像内の任意の位置について高い位置精度で測色を行うことを可能とする撮像装置の校正方法、及び撮像装置を提供することを目的とする。
2008228197

【要約】課題:被写体像内の任意の位置について高い位置精度で測色を行うことを可能とする撮像装置の校正方法、及び撮像装置を提供する。
解決手段:撮像素子16と測色計22とを備える撮像装置1Aにおいて、光分岐ミラー14で分岐された光像のうちの所定位置の光成分を測色計22で計測するとともに、光分岐ミラー14での分岐方向を調整することで測色位置を調整可能な構成とする。また、撮像装置1Aの校正処理において、被写体としてスクリーンを設置するとともに、測色計22への光入力手段に校正用光源を接続し、光源から供給され光入力手段から出力されて光分岐ミラー14及びスクリーンで順次反射された後に光分岐ミラー14を通過した校正光の撮像素子16での撮像位置を取得して、測色計22での測色位置と撮像素子16での撮像位置との対応情報を取得する。

ふーむ、色が付くと画像処理も複雑ですな。
熟知している技術ではないのであまりえらそーなことは言えない。


色再現の特許出願もしたいな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 産学連携が正しいという結論ですか? | Main | 大予言と言えば、 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/47101980

Listed below are links to weblogs that reference 視覚全色域カメラ:

« 産学連携が正しいという結論ですか? | Main | 大予言と言えば、 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31