無料ブログはココログ

« 宇宙開発計画はどうあるべきか。 | Main | exFATのライセンス供与 »

February 27, 2010

これは酷い

http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000001002260002

入試の合格点に満たない知的障害児を、募集定員に余裕のある普通高校で受け入れるべきか否か――。県内でこんな問題が持ち上がっている。両親は「本人の学ぶ意欲を尊重して入学させて」と訴えるが、「特別支援学校で学んだ方が子どものためになる場合もある」と見る識者もいる。(吉野慶祐)
 桜川市の女性(17)にはダウン症による知的障害がある。就学時に特別支援学校を勧められたが、両親は「保育所の同い年の友達と一緒に学ばせたい」と地元の小中学校に進ませ、卒業した。
 ある県立高校の入試を一昨年から2次募集も含め計4回受けた。すべて受験者数が募集定員に満たないにもかかわらず不合格だった。同校は「総合的に判断した」と説明。両親も「点数が足りなかったと思う」と認める。
 「でも」と両親は訴える。「本人が怠けて点数が取れないわけじゃないのに、一律に点数で落とすのはどうか。中学では卓球部をやり通し、頑張る力もある。定員が余っているなら入れてほしい」
 特別支援学校の高等部に進む選択肢もあるが、「分けられた環境で学ぶと意思疎通の力が育ちにくい。健常な他の生徒にとっても、娘が身近にいた方が障害への理解も深まる」と普通高校にこだわる。

よいこ氏のとこで拾ってきたのだが。あり得ないでしょう。自分の子供のことになると冷静になれないんだね。

「本人が怠けて点数が取れないわけじゃないのに、一律に点数で落とすのはどうか。中学では卓球部をやり通し、頑張る力もある。定員が余っているなら【商業科でなくて普通科】に入れてほしい」」
と読み替えたらどうなりますか?

一律で点数で落とすのが、入試というものなのであるが。
そもそも、普通学校に行くことが彼女の幸せになるのか?
学校出たらどうするの?
同じ論法で大学は無理ですよ。てか記事にもあるように授業についていけないでしょう。
入試は非情なだけでなく、入学後にその学校のレベルのついていけるかという蓋然性を見るためでもあるのです。

仲の良かった友達は、同じように高校でも接してくれるでしょうか。
彼女に合った授業など高校ではできません。そして、友人たちの話題は、進学や将来の話が多くなるでしょう。彼女はその話題に入れますか?
ホントに仲良しならば、学校は違っても友達として休日なんかに会うことはできます。その方がいいんじゃないの?

で、学校を出たらどうすんの?

がんばりやさんだから役所にでも勤めさせますか。

でも、今の教育委員会はこういうことストレートに言えないんでしょうね。
サベツだとか訴えられかねないです。

違うことを違うと言えない社会どうかしてます。

追記:同級生だった子達は、もう三年生で一緒には学べないのでは?
幸せはその子によって違います。健常者でも高校に行かないことが幸せってこともあるし。

この人ほんとに子供のこと愛しているのかな。自分の子が普通じゃないことを八つ当たりしているとしか思えない。人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

« 宇宙開発計画はどうあるべきか。 | Main | exFATのライセンス供与 »

「ものの考え方」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/47676695

Listed below are links to weblogs that reference これは酷い:

« 宇宙開発計画はどうあるべきか。 | Main | exFATのライセンス供与 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31