無料ブログはココログ

« 飲まなきゃいいのに。 | Main | 『科学史の時代』に(3) »

July 16, 2010

iPhoneふぉ~

iPhoneで脳画像、出先の医師が手術判断

病院のコンピューターから送られた脳血管の立体画像(9日、東京・港区の慈恵医大病院で) iPhone(アイフォーン)やiPad(アイパッド)などの高機能携帯電話や情報端末を、医療現場で活用する動きが広がっている。

 慈恵医大病院(東京都港区)は今月、脳卒中患者の診断に役立てる取り組みを始めた。
 同病院脳神経外科の高尾洋之医師が、脳のCT(コンピューター断層撮影)画像を医師のiPhoneに転送し、3D(3次元)画像で自由に角度を変えて見られるアプリ(ソフト)を開発。脳血管のこぶ(動脈瘤(りゅう))の形状から手術が可能かどうかなど、自宅や出先にいる医師の意見も聞きながら迅速な判断ができる。

 他の病院でも使えるようなシステム開発のため、富士フイルムとの共同研究も今月開始。同科の村山雄一教授は、「医師不足のなか、効率的な医療が可能になり、患者にも医師にとってもメリットがある」と話す。

 往診に利用しているケースもある。桜新町アーバンクリニック(東京都世田谷区)では、遠矢純一郎院長ら6人の医師・看護師がiPhoneを携帯。患者の自宅からインターネットを通じてクリニックの診療記録に接続したり、写真を撮って送ったりできる。その場で紹介状を作成し、救急搬送先の病院に直接データを送ることも可能だ。患者への説明には、画面の大きなiPadも利用している。


そうだすなあ。手術室にノートパソコン持ち込むわけにもいかず、片手で画像が見られれば便利なことは確かです。

しかし、こんな記事もあるでよ~

「iPhone 4は推奨できない」、Consumer Reports誌が表明

消費者団体が発行するConsumer Reports誌は米国時間2010年7月12日、米Appleの新型スマートフォン「iPhone 4」の受信性能に問題があるため、同端末を推奨しないという方針を明らかにした。 同誌のエンジニアが同日までに行った製品テストの結果を踏まえた結論だとしている。それによると、電波の弱い場所でiPhone 4の左下側面の黒いスリット部分に手で触れたとき、接続が完全に切れるほどに信号が著しく低下することが分かった。

でも病院で使って、電磁波の問題はないんでしょうか。

あいふぉん、なんて、あいふぉん、なんて。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 飲まなきゃいいのに。 | Main | 『科学史の時代』に(3) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference iPhoneふぉ~:

« 飲まなきゃいいのに。 | Main | 『科学史の時代』に(3) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30