無料ブログはココログ

« 失敗も科学のうち | Main | 訃報:森毅先生 »

July 22, 2010

超短パルス半導体レーザ

東北大とソニーが超短パルス半導体レーザを開発,単一材料の光ディスクでテラバイト級の実現に近づく

東北大学とソニーは,Blu-ray Discで用いている波長405nmの青紫色超短パルス半導体レーザを開発した。これによって,単一材料の光ディスクへの多層記録,つまりテラバイト級の記録容量を備えた低コストな光ディスクの実現に大きく近づいたとする。「今回は原理検証ができたという段階。まだ実現時期を言える状態ではないが,実現に向けての大きなハードルをクリアできた」(ソニー)とする。

レーザに関しても何度か取り上げているので、どの技術をアップしたか、忘れてしまう。よくよく読んでみると、なんだ、まだ、実現していないわけ?と思ってしまう。

 今回の開発はこの光源を,大きさで1/50以下,レーザのピーク出力で100倍以上にした。多光子吸収の効果はピーク出力の2乗かそれ以上で効いてくるという。価格は,量産時に現在のBlu-ray Discに用いているレーザ素子と同じ数百円になるとすると,1万分の1以下という劇的なコストダウンになる。「学会発表では,(ディスクの記録技術はできても)では光源はどうするのかという質問がつきまとっていた。今回の開発で,実現性に対する従来の懐疑論を一掃できる」(ソニー)。 (中略)  具体的には,「モード同期型」と呼ばれるGaNから成る青紫色半導体レーザ素子,およびその出力をさらに増幅する半導体増幅器をそれぞれ新たに開発した。半導体レーザ素子の特徴は,導波路の一部に逆バイアスを印加し,材料による光の吸収を制御するようにしたり,一般の半導体レーザ素子にある反射層の一つを反射防止膜で無効にした上で反射鏡を外付けして,共振器長を大きくしたりした点などである。超短パルスが発生する原理は「光周波数コムと出発点が同じ」(東北大学の横山氏)という

企業はコストダウンをはかり、大学は、素子を開発した、という理解で宜しいのでしょうか。

まあ、そうでないと、大学と企業が組む意味ないもんね。

しかし、東北大学の工学部って優秀なのかしらね。ここからいろんな技術が出ていますね。

西澤潤一氏によれば、東北は昔から独創の精神が根付いているとか。
本多 光太郎のKS綱、八木アンテナの八木秀次。

・日本の十大発明家
http://www.jpo.go.jp/seido/rekishi/judai.htm

・東北大学概要
http://www.bureau.tohoku.ac.jp/koho/pub/gaiyou/gaiyou2004/33.html

まあ、東大も京大も東北大も名大も九大も北大もがんばってください。

ノーベル化学賞が取れる以前は、東大と京大、どっちが独創性に優れているか、なんて不毛な議論してましたね。ちんまい話じゃ。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 失敗も科学のうち | Main | 訃報:森毅先生 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/48946341

Listed below are links to weblogs that reference 超短パルス半導体レーザ:

« 失敗も科学のうち | Main | 訃報:森毅先生 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31