無料ブログはココログ

« Yahoo!ビジネスモデル特許 | Main | 知財をめぐる由無し言 »

August 13, 2010

地球深部探査船「ちきゅう」

誰しも、宇宙、地球外観測に目を奪われがちですが、まだまだ地球本体にもなぞがあります。それを探求するシステムの1つに海洋研究開発機構で行っている「ちきゅう」があります。

地球深部探査船「ちきゅう」

「ちきゅう」は、人類史上初めてマントルや巨大地震発生域への大深度掘削を可能にする世界初のライザー式科学掘削船です。「ちきゅう」は、統合国際深海掘削計画(IODP)の主力船として地球探査を行っています。

地球が水と生命に恵まれたオアシスであることを我々は既に知っています。しかし、過去46億年の地球の歴史で繰り返されてきた、隕石衝突、地震、火山噴火、津波、異常気候の発生は、地球上の生命に多大な影響を及ぼしてきました。

過去の気候変動、生物の活動、地殻変動の経緯を如実に物語る痕跡を地球はその内部に記憶しています。「ちきゅう」は、巨大地震発生のしくみ、将来の地球規模の環境変動、生命の起源、新しい海底資源の解明など、人類の未来を開く様々な成果をあげることを目指しています。

「ちきゅう」は科学史上初めて巨大地震の震源まで掘削し、そこを直接観測し、地震がなぜ発生するのか、そのメカニズムを解明します。また、掘削した孔(あな)には観測装置を設置し、地震発生と同時に、その情報を陸上へすばやく伝えるシステムを目指しています。

先日、民放の科学番組を見ていたら、タレントがこの地球に乗っている様子が写し出されていました。

これだったのかな?
■「トヨタECOスペシャル 奇跡の海を行く!僕たちの地球大航海」
放送日時 2010年7月19日(月)14:55~16:20
放送局 日本テレビ系列全国ネット

活躍しているんだなあ、と思って見てました。

最近トラブルがあったようです。
ケーシングパイプ設置作業の再開について

8月1日(日)に紀伊半島沖熊野灘の海域において、ケーシングパイプ(孔壁保護パイプ)設置作業中にケーシングパイプ、ウェルヘッドランニングツール(孔口装置設置機器)の一部、ドリルパイプ(掘削パイプ)が海中脱落するトラブルが発生したため、作業を中断し、外部有識者を含めた原因の究明および再発防止策の検討に取り組んでまいりました。

脱落原因としては、作業海域の流速が急激に上昇したため、ケーシングパイプが水中で想定を超える潮流を受け、これにより、ウェルヘッドランニングツールに著しい応力がかかったため、破断に至ったとの結論に至りました。

再発防止策として、パイプの降下作業を黒潮から十分離れた地点で開始、警戒船の監視位置を変更、退避時の手順を明確化、および設置機器の強度を向上するなどの追加的安全対策を講じ、8月 12日(木)16時以降(予定)にケーシングパイプの設置作業を再開することといたしましたので、お知らせします。

海中の作業ですからそういうこともあるでしょうね。
HPは情報開示と情報提供に大きく寄与しています。
科学研究については、検索することでかなり様子がわかります。素人科学者としては、大変ありがたいです。

相撲協会もこれくらいの透明性、保ってください。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« Yahoo!ビジネスモデル特許 | Main | 知財をめぐる由無し言 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/49135963

Listed below are links to weblogs that reference 地球深部探査船「ちきゅう」:

« Yahoo!ビジネスモデル特許 | Main | 知財をめぐる由無し言 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30